【MT4】スプレッド徹底比較!メタトレーダー4対応のFX業者特集!

MT4対応業者のスプレッド徹底比較

この記事では、MT4(メタトレーダー4)を取り扱っている国内FX業者のスプレッドを徹底比較しています。各社公式サイトで原則固定スプレッドが公開されている場合はそのデータ掲載。変動制スプレッドを採用している業者に関しては、配信実績を公表している業者に限りデータを掲載しています。

「日本No.1最狭スプレッド挑戦計画」を発表しているゴールデンウェイ・ジャパンの「米ドル円0.1銭」やOANDA(東京サーバー)の「米ドル円0.3銭」に注目。大手ネット証券で唯一、MT4を取り扱っている楽天証券なら「米ドル円0.5銭」と比較的低水準のスプレッドで取引できます。

当ページは新しい情報が入り次第、随時更新。スプレッドの狭いFX業者でMT4を使いたい!という方は業者選びにぜひ参考にしてみてくださいね。

(※:スプレッドはいずれも原則固定・例外あり)

MT4業者の主要通貨ペアスプレッド比較

【最終更新日:2021年7月29日】

FX会社 米ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 ユーロ米ドル 公式サイト
[ゴールデンウェイ・ジャパン]ゴールデンウェイ・ジャパン 0.1 0.3 0.6 0.4 0.2pips 詳細
[楽天証券]楽天証券 0.5 1.1 2.0 1.2 0.6pips 詳細
[OANDA Japan]OANDA(東京サーバー500K) 0.3〜0.4 0.5 0.9〜1.2 0.6〜0.8 0.5pips 詳細
[OANDA Japan]OANDA(NYサーバーベーシック) 0.4 0.7 1.4 1.0 0.5pips 詳細
[YJFX!]YJFX! 0.2 0.5 1.0 0.7 0.4pips 詳細
[外為ファイネスト]外為ファイネスト 0.4~0.8 0.4〜0.8 0.9〜1.6 0.7~1.1 0.4〜0.8pips 詳細
[JFX]JFX 0.2 0.4~0.6 1.0 0.6 0.3pips 詳細
[FOREX.com]FOREX.com 変動制 変動制 変動制 変動制 変動制 詳細
[EZインベスト証券]EZインベスト証券 変動制 変動制 変動制 変動制 変動制 詳細
[FOREX EXCHANGE]FOREX EXCHANGE 変動制 変動制 変動制 変動制 変動制 詳細

(※:ゴールデンウェイ・ジャパン、楽天証券、OANDA Japan(一部除く)、YJFX!、FOREX.com、JFX(一部除く)の上記スプレッドは原則固定・例外あり)
(※:ゴールデンウェイ・ジャパンのユーロ円とポンド円の上記スプレッドは2021年7月30日取引終了時までのキャンペーン適用値)
(※:OANDA Japanのスプレッドは2021年7月27日同社調べ。2種類の取引コースのデータを掲載)
(※:JFXとYJFX!のMT4は分析専用ツールで発注機能には対応していません。比較表では通常FXサービスのスペックを掲載しています)
(※:YJFX!の上記スプレッドはam9:00〜翌am3:00の時間帯にて適用)
(※:JFXの上記米ドル円とユーロ米ドルのスプレッドはam9:00〜翌am3:00の時間帯にて適用、ユーロ円は2021年6月1日〜2021年6月30日の配信実績に基づいたスプレッド)
(※:外為ファイネストのスプレッドは2020年9月同社調べ)

 

MT5業者のスプレッド比較はこちら!
MT5業者のスプレッド徹底比較

当ページではMT4業者のスプレッド比較を行っていますが、MT5業者のスプレッドが気になる方もいらっしゃるかと思います。そこで、当サイトではMT5業者のスプレッド比較に特化したページもご用意。

「原則固定スプレッドを採用しているMT5業者は?」「変動制スプレッドの業者は?」「各社のスプレッド実績は?」といった疑問にお答え。MT5対応業者のスプレッドが気になる方は、ぜひそちらのページも参考にしてみてくださいね。

 

ゴールデンウェイ・ジャパン「FXTF MT4」

!ゴールデンウェイ・ジャパン(FXTF MT4)

おすすめポイント!
  • 米ドル円0.1銭!最狭水準の原則固定スプレッドで選ぶならココ!
  • 「日本No.1最狭スプレッド挑戦計画」を宣言、毎月スプレッドを検証!
  • 40種類以上のオリジナルインジケーター・ツール(無料)もおすすめ!

MT4を国内で提供しているFX業者はたくさんありますが、その中でも「主要通貨ペアで一番狭いスプレッドを提供する」と公言しているFX会社がゴールデンウェイ・ジャパン(旧FXトレード・フィナンシャル)です。

ゴールデンウェイ・ジャパンの「FXTF MT4」ではメタトレーダー4取り扱い業者でありながら、「米ドル円0.1銭」という驚きのスプレッドを配信中。その他にも、ユーロ円0.4銭、ポンド円0.7銭、ユーロ米ドル0.2pipsという業界最狭水準スプレッドでサービスを提供。

(※:スプレッドはすべて原則固定・例外あり)

日本No.1最狭スプレッド挑戦計画

ゴールデンウェイ・ジャパンが最狭スプレッドにこだわるのは「日本No.1最狭スプレッド挑戦計画」というプランを公表しているから。この計画は、主要通貨通貨ペアでゴールデンウェイ・ジャパンよりも狭いスプレッドを提示しているFX会社がある場合、速やかに最狭水準ないしは同等までスプレッドを縮小するというもの。

MT4業者は基本的に自前で取引システムを用意しているFX会社に比べれば、スプレッドが広くなりますが、ゴールデンウェイ・ジャパンはMT4業者でありながら通常のFX会社よりも狭いスプレッドを配信。

40種類以上のオリジナルインジ・ツールが無料で使える!

さらに、40種類以上のMT4オリジナルインジケーターやスクリプトも口座開設者は無料で利用可能。オリジナルのミニターミナルや定型チャートなどMT4のトレードが一段とやりやすくなるツールも豊富に用意されています。「とにかくスプレッドにこだわりたい」という方はゴールデンウェイ・ジャパンをまず最初にチェックしてみてください。

 

FXTF MT4のキャンペーンに注目!
ゴールデンウェイ・ジャパンのキャンペーン

ゴールデンウェイ・ジャパンでは現在「投資デビュー応援!口座開設と対象通貨ペア取引で最大10,000円GET!キャンペーン」を開催中です。新規口座開設+対象2通貨ペア(米ドル円とポンド円)それぞれ新規1取引の条件を満たせば最大10,000円をプレゼント!この機会をお見逃しなく!

スプレッド縮小キャンペーン

さらにゴールデンウェイ・ジャパンではFXTFアプリのリリースを記念してスプレッド縮小キャンペーンを実施中です。ユーロ円とポンド円のスプレッドがさらに低水準に。キャンペーンは2021年7月30日取引終了時までの期間限定です。この機会もお見逃しなく!

ゴールデンウェイ・ジャパン「FXTF MT4」全通貨ペアスプレッド

米ドル円 ユーロ円 英ポンド円 豪ドル円
0.1 0.3 0.6 0.4
ユーロ米ドル NZドル円 ランド円 トルコリラ円
0.2pips 1.0 0.9 15.0
豪ドル米ドル ポンド米ドル メキシコペソ円 加ドル円
0.6pips 0.7pips 0.3 1.6
スイスフラン円 ユーロ豪ドル NZドル米ドル ユーロ英ポンド
1.7 1.5pips 1.6pips 0.8pips
米ドル加ドル ポンド豪ドル 豪ドルNZドル 米ドルスイスフラン
1.5pips 1.4pips 1.9pips 1.5pips
ユーロNZドル ポンド加ドル 豪ドルスイスフラン ユーロ加ドル
2.9pips 4.2pips 2.9pips 2.1pips
ユーロスイスフラン ポンドNZドル ポンドスイスフラン 豪ドル加ドル
1.7pips 3.9pips 1.9pips 3.0pips
NZドルスイスフラン NZドル加ドル
3.9pips 3.0pips

(※:ゴールデンウェイ・ジャパンのスプレッドは日本時間am8:00〜翌am5:00の時間帯にて原則固定・例外あり)
(※:ユーロ円とポンド円は2021年7月30日取引終了時までのキャンペーン適用値)

ゴールデンウェイ・ジャパン 公式サイト

OANDA Japan(オアンダジャパン)

OANDA Japan(オアンダ ジャパン)

おすすめポイント!
  • スプレッド競争より「公平・公正な取引環境」の提供を重要視したサービス!
  • NDD方式採用、約定力100%(※)・約定拒否&再クオートなしの取引環境!
  • 「MT4」「MT5」「fxTrade」、高性能プラットフォームで取引できる!

OANDAは世界6ヵ国に拠点を持ち、20年以上グローバルな金融サービスを提供している世界的な金融プロバイダーです。そんなオアンダは「0.1pipsのスプレッド競争より、公平・公正な取引環境を提供することが重要」と公言しているFX会社。

この宣言通り取引システムはNDD方式を採用し、約定力100%(※)、約定拒否・再クオートなしという環境を提供しています。オアンダでは、すべての注文がその時点における有効な市場価格で約定されるため、非常に透明性の高いレートで取引が可能。

【約定スピード(東京サーバー 2021年7月3週のデータ)】

約定スピード

【スリッページ発生状況(東京サーバー 米ドル円 2021年7月3週のデータ)】

スリッページ発生状況

取引ツールは「MT4」と「MT5」に加え、オアンダオリジナルの取引ツール「fxTrade」を用意。それぞれに取引コース(口座)が分かれており、ニーズに応じて選択することができます。

「スプレッド競争には参加しない」と宣言しているオアンダですが、MT4(東京サーバーコース500K)は、米ドル円0.3銭(原則固定・例外あり)、ユーロ米ドル0.5pips、ユーロ円0.5銭という非常に狭いスプレッドを配信(※)。スプレッドも魅力的です。

もっとも、MT4(東京サーバーコース)は1回当りの最大発注数量が50万通貨、取引通貨ペアも40種類なのでご注意を。スプレッドは少し広くなりますが、MT4(プロコース)であればワンショット300万通貨まで可能、69種類の通貨ペアで取引ができます。

50種類以上のOANDAオリジナルインジを提供!

その他にも、オアンダはMT4オリジナルインジケーターやEAを豊富に用意。特に、全世界のオアンダを利用しているトレーダーのポジション比率、売買比率が分かるオープンオーダーは有用的。一目でどのレートに注文が集まっているのか、意識されている価格帯はどこかが判断できるため、優位にトレードを進めることができます。

魅力的なポイントがたくさんあるオアンダ。気になる方は別記事にて詳しく解説しているので、そちらもぜひご一読を。

(※:指値注文・スリッページを設定している場合を除く)
(※:OANDA Japanのスプレッドは2021年7月27日同社調べ)

OANDA Japan「東京サーバーコース 500K」主要通貨ペアスプレッド

米ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円
0.3〜0.4 0.5 0.9〜1.2 0.6〜0.8
ランド円 ユーロ米ドル ポンド米ドル 豪ドル米ドル
1.0 0.5pips 0.8〜0.9pips 0.9pips

OANDA Japan「ベーシックコース」主要通貨ペアスプレッド

米ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円
0.4 0.7 1.4 1.0
ランド円 ユーロ米ドル ポンド米ドル 豪ドル米ドル
1.3 0.5pips 1.1pips 1.1pips

(※:OANDA Japanのスプレッドは2021年7月27日同社調べ。上記スプレッドのうち単一数値のみ記載しているものは原則固定・例外あり、それ以外は変動制)

オアンダジャパン 公式サイト

楽天証券「楽天MT4」

楽天証券のメタトレーダー4

おすすめポイント!
  • 大手ネット証券会社でMT4を使いたい方におすすめ!
  • 米ドル円0.5銭などの低水準スプレッドで取引できる!
  • FX以外にも株式や債券など、多彩な金融商品を取り扱い!

ネット証券会社でFXを取り扱っているFX会社はたくさんありますが、その中でも楽天証券はMT4(メタトレーダー4)を扱っている数少ない業者です。大手ネット証券6社(※)の中でMT4を扱っているのは楽天証券だけ。

楽天証券は通常のFX口座とMT4口座の2つの口座があり、楽天MT4口座はメタトレーダー4を取引ツールとして採用している口座です。楽天MT4口座では、「米ドル円0.5銭」「ユーロ米ドル0.6pips」「英ポンド米ドル1.2pips」など低水準スプレッドを実現。

楽天証券のメタトレーダー4

また、高金利通貨ペアとして注目されているメキシコペソ円の基準スプレッドが0.7銭という点にもご注目。高金利通貨のスプレッドが狭いのも楽天MT4の魅力です。取引通貨単位は1000通貨から可能、もちろんEA(自動売買)も利用できます。

楽天証券は証券会社なので、FX以外にも株式から債券、先物OP、NISAまで豊富な金融商品が取引可能(※)。カスタマーサポートも充実しているため、FX初心者から上級者まで安心してトレードすることができます。MT4業者でありながら、大手ネット証券ならではのサービスが受けられるのが楽天FXの魅力です。

(※:大手ネット証券は楽天証券を含めたSBI証券、GMOクリック証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券の6社を指しています)
(※:スプレッドはすべて原則固定・例外あり)
(※:FX以外の金融商品を取引するには総合取引口座の開設が必要)

楽天証券「楽天MT4」全通貨ペアスプレッド

米ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円
0.5 1.1 2.0 1.2
NZドル円 ランド円 トルコリラ円 メキシコペソ円
2.8 1.2 6.8 0.7
加ドル円 スイスフラン円 ユーロ米ドル ポンド米ドル
2.0 2.8 0.6pips 1.2pips
豪ドル米ドル NZドル米ドル 米ドルスイスフラン ポンドスイスフラン
1.2pips 2.0pips 1.6pips 3.6pips
ユーロポンド ユーロスイスフラン 豪ドルスイスフラン NZドルスイスフラン
1.0pips 1.6pips 2.4pips 2.8pips
豪ドルNZドル 米ドル加ドル
2.8pips 2.0pips

(※:上記スプレッドは原則固定・例外あり)

楽天証券 公式サイト

YJFX!

YJFX!

おすすめポイント!
  • 米ドル円0.2銭などの業界最狭水準スプレッド!(※)
  • FX取引で毎月最大80万円相当のPayPayが貰える!
  • メキシコペソ円やトルコリラ円の高水準スワップも魅力!

YJFX!は米ドル円0.2銭やユーロ米ドル0.4pipsなどの業界最狭水準スプレッドで取引が可能。ただし、YJFX!のMT4は分析専用ツールとして提供されているため、MT4上での発注には対応していませんのでその点はご留意を。

MT4で分析をしつつ、取引はYJFX!の別のツールで行うという流れになります。MT4はチャート分析にしか使わないから問題ない方、それよりもスプレッドが狭い業者を使う方が重要だという方におすすめです。

YJFX!のスプレッド提示率
YJFX!のスプレッド提示率(公式サイトより抜粋)

YJFX!は基準スプレッドがただ狭いだけではなく、その提示率が高いこともメリットの1つ。上に掲載しているのは公式サイトで閲覧できるスプレッド提示率の一部なのですが、いずれも100%近い実績となっています(基準スプレッドの適用は各営業日の午前9時から翌午前3時の時間帯のみ)。

PayPayか現金あげちゃう!

YJFX!はMT4の取り扱いや業界最狭水準スプレッドもメリットですが、他にも多くの利点を兼ね備えています。

まずおすすめしたいのが毎月開催中の「PayPayか現金あげちゃう!キャンペーン」。その名のとおりYJFX!でのFX取引に応じてPayPayか現金が貰えるもので、取引数量が多くなるほどランクが上がって貰える額も上がっていくお得なキャンペーンです。現金よりもPayPayの方が貰える額が多いですので、PayPayユーザーの方は要チェック。

また、YJFX!はメキシコペソ円やトルコリラ円などの高金利通貨ペアを取り扱っており、いずれも高水準のスワップポイントを維持しているのも魅力です。さらに、MT4以外のPCツール・スマホアプリも高機能でおすすめ。

YJFX!「外貨ex」全通貨ペアスプレッド

米ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円
0.2 0.5 1.0 0.7
ユーロ米ドル NZドル円 南アランド円 トルコリラ円
0.4pips 1.2 1.3 取引画面で確認
豪ドル米ドル ポンド米ドル メキシコペソ円 加ドル円
0.9pips 1.0pips 0.4 1.7
スイスフラン円 ユーロ豪ドル NZドル米ドル ユーロポンド
1.8 1.5pips 1.6pips 1.0pips
米ドルスイスフラン 豪ドルスイスフラン ユーロスイスフラン ポンドスイスフラン
1.6pips 3.0pips 1.8pips 2.8pips
ポンド豪ドル 香港ドル円 人民元円 加ドルスイスフラン
1.5pips 3.0 3.0 3.0pips

(※:am9:00〜翌am3:00の時間帯で原則固定・例外あり)

YJFX! 公式サイト

外為ファイネスト「MT4・ZERO」

外為ファイネスト

おすすめポイント!
  • 最狭水準スプレッドを実現、かつスキャルピングOKのFX業者!
  • NDD方式を採用、透明性の高いトレードをしたい方におすすめ!
  • EA利用可能・指値制限なし・最大1,000万通貨まで発注が可能!

国内MT4業者の中でも、コアなファンが根強く支持しているFX会社が「外為ファイネスト」です。香港で金融サービスを展開しているHantecグループの日本法人である外為ファイネストは日本で営業を始めて10年以上のMT4業者。

外為ファイネストの特徴は変動制を採用した狭いスプレッドです。原則固定制のMT4業者とは異なり、変動制を採用しているためスプレッドは流動的に変化します。スプレッドは米ドル円0.4~0.8、ユーロ円0.4〜0.8、ユーロ米ドル0.4〜0.8pipsなどです。

原則固定制のMT業者と比べれば、通常時のスプレッドはやや広め。ただし、変動制の強みは「相場の急変時にスプレッドが広がりにくい」という点。特に、外為ファイネストはドルストレートの通貨ペアでスプレッドが狭いことが大きな魅力です。この点は、独自取材でも確認済み。

外為ファイネストのメタトレーダー4

さらに、約定システムはNDD(Non Dealing Desk)方式を採用。ディーリングデスクを設置していないため、トレーダーの注文は直接カバー先やLP(リクイディティプロバイダー)に送られます。「クロス円以外も取引をする」「透明性の高いトレードがしたい」という方には最適です。

もちろん、MT4のEAも利用可能、指値制限無し、スキャルピングも公認されており1回当りの最大発注数量は1,000万通貨まで可能。FX中級者~上級者の方から根強い人気があるのも納得のサービスを提供しています。

外為ファイネスト「MT4・ZERO」主要通貨ペアスプレッド

米ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円
0.4~0.8 0.4〜0.8 0.9〜1.6 0.7~1.1
NZドル円 ユーロ米ドル
1.1〜1.6 0.4〜0.8pips

(※:外為ファイネストのスプレッドは2020年9月同社調べ)

外為ファイネスト 公式サイト

FOREX.com(フォレックス・ドットコム)

com(フォレックス・ドットコム)のメタトレーダー4

おすすめポイント!
  • 世界180ヶ国でサービスを展開するワールドクラスの実績!
  • 業界最多レベルの84通貨ペアをMT4で取引できる!
  • 条件達成で「EAホスティング」無料提供、自動売買におすすめ!

FOREX.comは2009年からメタトレーダー4を取り扱っているFX業者。世界180ヵ国で金融サービスを提供している世界最大のMT4プロバイダーでもあります。FOREX.comのスプレッドは時間帯で基準値が異なり、主要10通貨ペアの基準スプレッドのみ公式サイトで公開しています。

フォレックスドットコム

フォレックス・ドットコムは業界最多レベルの84通貨ペアを取扱い、クロス円やドルストレート以外の通貨ペアでも取引される方には最適。さらに、24時間、EAを稼働させられるVPSサービス「EAホスティング」も無料提供しています。

EAホスティングでは、トレーディング用VPSサービスの「Beeks Financial Cloud」が利用可能。2GBのメモリを標準搭載したトレード専用VPSが無料で使えます。MT4で裁量トレードだけでなく自動売買やEAを使われる方にオススメなのがFOREX.comです。

FOREX.com 公式サイト

 

MT4対応業者のスプレッドに関するよくある質問

MT4対応各社のスプレッドを知りたいです。

当ページではゴールデンウェイ・ジャパンやOANDA Japanなど、MT4対応業者の主要通貨ペアのスプレッドを一覧表で比較していますので、そちらをご参照ください。また、各社のスプレッドは公式サイトや取引ツール上などでもご確認いただけます。

MT4業者の主要通貨ペアスプレッド比較表

スプレッドの狭いおすすめのMT4対応業者は?

ゴールデンウェイ・ジャパンは「日本No.1最狭スプレッド挑戦計画」を発表して以来、業界最狭水準スプレッドでのサービス提供に注力しており、低水準スプレッドを重視される方におすすめです。ゴールデンウェイ・ジャパンを含めたMT4対応各社のスプレッドは一覧表にまとめていますので、そちらもご参照ください。

MT4業者の主要通貨ペアスプレッド比較表

原則固定スプレッドと変動制スプレッドの違いは?

原則固定スプレッドはレートが変動した際にも、スプレッドが原則一定を保つ方式です。ただし市場の急変時や市場の流動性が低下している場合などには、通常よりもスプレッドが拡大する場合があります。変動制スプレッドはレートが変動するのと同時に、スプレッドが常に変動する方式となります。

タイトルとURLをコピーしました