ゴールデンウェイ・ジャパン「バイトレ」iPhone対応バイナリーオプション・スマホアプリ徹底特集

iPhoneでバイトレ

ゴールデンウェイ・ジャパン(旧FXトレード・フィナンシャル)「バイトレ」のウェブアプリ版ツールがバージョンアップ。取引画面のデザインが刷新されただけでなく、高機能チャートツールのTradingViewが新たに搭載されたのが見所です。バイナリー対応のスマホツールで、これだけ高い性能のチャートツールが使えるのは貴重。

バイトレでは6種類の通貨ペアによる取引に対応。バイトレラダー、バイトレレンジ、バイトレタッチと3種類の取引タイプにも対応していますので、状況に応じて使い分けることが可能です。

他にも1画面で取引が完結する利便性や、判定時刻を知らせてくれるカウントダウン機能など便利な機能を搭載。進化するバイトレのウェブアプリに注目です。

ゴールデンウェイ・ジャパン 公式サイト

ログインとホーム画面

ログインとホーム画面ゴールデンウェイ・ジャパンの公式サイトから、スマホ対応のウェブアプリにログインできます。ログインIDとパスワードは保存が可能。
LIVE口座へのログインもできますし、クイックデモでバイトレのデモ取引をすることもできます。クイックデモはメールアドレス等の登録は不要ですぐに使えます。気になる方はお試しください。

ホーム画面では入出金や振り替え、各種設定を行えます。バイトレでは1,000円か10,000円のいずれかからペイアウト金額(払い戻し金額)を選べますが、その設定はここで実行可能。ワンクリック注文のオンオフ、カウントダウンの表示切り替えも設定できます。


購入は1画面で完了

購入は1画面で完了こちらはラダーオプションの取引画面です。チャートが表示されており、その左上には購入締め切りまでの残り時間が配置。
チャートの右に並んでいる目標レートを選択すると、下にあるLOWとHIGHのボタンも変わります。購入金額と倍率、売却の価格は随時変動。

購入枚数を選択し、右下の購入ボタンをタップすると購入確認の画面が表示されます。設定でワンクリック注文をオンにしておくと、購入確認はなくすぐに購入が実行されます。


バイトレレンジとバイトレタッチ

バイトレレンジとバイトレタッチ従来のiPhone/Androidアプリではラダーオプションのみ対応でしたが、ウェブアプリ版ではバイトレレンジとバイトレタッチでの取引にも対応。取引タイプの切り替えは画面の右上のボタンから行います。

ラダーでもそうでしたが、レンジオプションでも赤色と青色を使ってチャートが色分けされるのが見やすいです。


TradingViewを搭載

TradingViewを搭載バイナリーオプション取引用のチャートとは別に、分析に特化したチャートとしてTradingViewも内蔵。TradingViewは豊富な分析機能を備えた高機能チャートツールであり、これをバイナリー取引に活用できるのは大きなメリット。

足種はデフォルトで1分・5分・10分・15分が用意されていますが、時間足の数値を手動で入力することも可能。1440分足まで自由に設定していただけます(単位は分足のみ)。


カウントダウン機能を装備

カウントダウン機能を装備バージョンアップしたウェブアプリの新機能として、カウントダウンと締め切り前通知の機能があります。
カウントダウンは判定時刻の10秒前からスタートするもので、チャートに大きく秒刻みのカウントダウンが表示されるもの。
締め切り前通知は購入締め切りが近づいていることをお知らせします。10分前・3分前・2分前・1分前の4パターンがあり、これもチャートに表示されます。
いずれも設定で表示のオンオフを変更可能。


豊富なマーケット情報にアクセス

豊富なマーケット情報にアクセスマーケット情報からはバイトレの過去の判定結果の一覧、経済カレンダー、バイトレみんなの損益結果、セミナー情報、テクニカル分析の解説、FXTFデータラボのコンテンツへアクセスできます。

みんなの損益結果は実際に取引したユーザーの判定結果に関する概要が掲載されています。取引人数の多いオプション、ペイアウト受取率の高い回号など、リアルな情報をチェック可能。


まとめ
  • ラダー・レンジ・タッチ、3種類の取引タイプ!
  • 高機能チャートのTradingViewを内蔵!
  • ペイアウト金額をスマホでも選択可能!

ゴールデンウェイ・ジャパン 公式サイト

バイナリーオプション比較ナビ
タイトルとURLをコピーしました