FX取引高で世界トップ3に君臨するFX会社のスプレッド比較

スプレッド比較

2012年~2017年の6年連続でFX取引高【世界第1位】を達成したGMOクリック証券、FX取引高【世界第2位】でトップを追い上げるDMM.com証券、2012年第9位から2013年【世界第3位】と大躍進したYJFX!の3強によるスプレッド競争が激化しています。
このページでは3強FX業者が取り扱っている全通貨ペアのスプレッドをまとめて比較しています。口座開設の参考にしていただけますと幸いです。

FX業者のスプレッド縮小状況&キャンペーン情報にも注目!

また、世界トップ3の業者の情報に加えて、FX各社が開催しているスプレッド縮小キャンペーンも紹介。低スプレッドで業者を選ぶのであれば、ぜひご確認を!

3強FX会社の全スプレッド比較

※スプレッドはすべて原則固定(例外あり)

【最終更新日:2018年10月3日】

FX会社 [GMOクリック証券]
GMOクリック証券

(19通貨ペア)
[DMM.com証券]
DMM.com証券

(20通貨ペア)
[YJFX!]
YJFX!

(22通貨ペア)
USD/JPY
(米ドル/円)
0.3銭 0.3銭 0.3銭
EUR/JPY
(ユーロ/円)
0.5銭 0.5銭 0.5銭
GBP/JPY
(ポンド/円)
1.0銭 1.0銭 1.0銭
AUD/JPY
(豪ドル/円)
0.7銭 0.7銭 0.7銭
NZD/JPY
(NZドル/円)
1.2銭 1.2銭 1.2銭
CAD/JPY
(カナダドル/円)
1.7銭 1.7銭 1.7銭
CHF/JPY
(スイスフラン/円)
1.8銭 1.8銭 1.8銭
TRY/JPY
(トルコリラ/円)
1.9銭(※)
ZAR/JPY
(南アフリカランド/円)
1.0銭 1.0銭 1.3銭
EUR/USD
(ユーロ/米ドル)
0.4pips 0.4pips 0.4pips
GBP/USD
(ポンド/米ドル)
1.0pips 1.0pips 1.0pips
AUD/USD
(豪ドル/米ドル)
0.9pips 0.9pips 0.9pips
EUR/CHF
(ユーロ/スイスフラン)
1.8pips 1.8pips 1.8pips
GBP/CHF
(ポンド/スイスフラン)
2.8pips 2.8pips 2.8pips
USD/CHF
(米ドル/スイスフラン)
1.6pips 1.6pips 1.6pips
EUR/GBP
(ユーロ/ポンド)
1.0pips 1.0pips 1.0pips
USD/CAD
(米ドル/カナダドル)
1.8pips
NZD/USD
(NZドル/米ドル)
1.6pips 1.6pips 1.6pips
GBP/AUD
(ポンド/豪ドル)
1.6pips 1.6pips
EUR/NZD
(ユーロ/NZドル)
3.5pips
EUR/AUD
(ユーロ/豪ドル)
1.5pips 1.5pips 1.5pips
CNH/JPY
(人民元/円)
3.0銭
HKD/JPY
(香港ドル/円)
3.0銭
AUD/CHF
(豪ドル/スイスフラン)
3.0pips
CAD/CHF
(カナダドル/スイスフラン)
3.0pips
USD/HKD
(米ドル/香港ドル)
3.0pips

(※相場状況を鑑みてGMOクリック証券ではトルコリラ円のスプレッドの原則固定を適用対象外としています)

GMOクリック証券(19通貨ペア)よりもDMM.com証券(20通貨ペア)の方が通貨ペア数が多く、それよりもYJFX!(22通貨ペア)が若干取り扱いが多くなっています。
上記の表を見れば一目瞭然なのですが、GMOクリック証券、DMM.com証券、YJFX!で被っている通貨ペアのスプレッドは同水準となっています。

3強FX会社のスプレッド縮小ニュース

【2017年8月〜】GMOクリック証券が11通貨ペアの通常スプレッド縮小

GMOクリック証券スプレッド縮小

2017年8月1日午前6時より、GMOクリック証券「FXネオ」にて11通貨ペアの通常スプレッド縮小が実施されました。ユーロ/円0.5銭、ポンド/円1.0銭、ユーロ/米ドル0.4pips、ユーロ/ポンド1.0pips、南アフリカランド/円1.3銭など(全て原則固定、例外あり)。FXサービスのさらなる低コスト化を実現。これはキャンペーンではなく継続的な縮小です。対象の通常スプレッドにおいて、DMM.com証券、YJFX!の2社に差をつける結果になっています。今後もスプレッド競争に注目です。

→GMOクリック証券GMOクリック証券

【新基準】DMM FXの11通貨ペア基準スプレッドが縮小!

新基準スプレッド一覧DMM.com証券は2017年8月からスプレッド縮小をキャンペーンとして実施していたのですが、同年11月からはそれが新基準スプレッドとして提供されるようになりました。
ユーロ円0.5銭、ポンド円1.0銭、NZドル円1.2銭など、11通貨ペアの基準スプレッドが縮小。

→DMM.com証券DMM.com証券


【期間限定】YJFX!もスプレッドを大幅に縮小!

ワイジェイFXスプレッド縮小

YJFX!は15通貨ペアの原則固定スプレッドをさらに縮小して提供しています(各営業日午前9時~翌午前3時)。GMOクリック証券、DMM.com証券が提示するスプレッド幅と横並びの状態に。

→YJFX!YJFX!

基本スプレッド縮小&注目キャンペーンの開催情報!

次に、新たに基本スプレッドの縮小や、期間限定の縮小キャンペーンを開催しているFX業者を紹介。狭まっていく各社のスプレッドと、期間限定で見逃したくないキャンペーンに注目です。(※スプレッドはすべて原則固定)

外為どっとコムが9通貨ペアの標準スプレッドを縮小!

外為どっとコムが2018年4月2日より、9通貨ペアの標準スプレッドをまとめて縮小!ユーロ/米ドルが0.4pips、ユーロ/円0.5銭まで狭められるなどしました。

通貨ペア 従来スプレッド 2018年4月2日〜
ユーロ/円 0.6銭 0.5銭
ユーロ/米ドル 0.5pips 0.4pips
ポンド/円 1.1銭 1.0銭
NZドル/円 1.4銭 1.2銭
ポンド/米ドル 1.1pips 1.0pips
南アフリカランド/円 1.4銭 1.0銭
※2018年7月2日に縮小
豪ドル/米ドル 1.1pips 0.9pips
NZドル/米ドル 1.7pips 1.6pips
ユーロ/豪ドル 1.6pips 1.5pips

※スプレッドはすべて原則固定(例外あり)

→外為どっとコム外為どっとコム

FXプライムbyGMOが9通貨ペアのスプレッドを縮小!

FXプライムbyGMOが2017年12月4日より「選べる外貨」にて9通貨ペアのスプレッドを最大55%縮小。ユーロ/円0.9銭やユーロ/米ドル0.6pipsなどの原則固定スプレッドが狭められました(例外あり)。高い約定力や情報力に定評があり、勝ち組トレーダーからも評価されているFXプライムbyGMOのサービスに注目です。

通貨ペア 従来スプレッド 2017年12月4日〜
ユーロ/円 1.3銭 0.9銭
スイスフラン/円 4.0銭 1.8銭
ユーロ/米ドル 1.0pips 0.6pips
ポンド/米ドル 3.0pips 1.8pips
豪ドル/米ドル 3.0pips 1.4pips
NZドル/米ドル 3.0pips 1.9pips
ユーロ/ポンド 2.0pips 1.0pips
ユーロ/豪ドル 3.0pips 1.9pips
ポンド/豪ドル 3.0pips 1.9pips

※スプレッドはすべて原則固定(例外あり)

→FXプライムbyGMOFXプライムbyGMO

FXブロードネットの業界最狭水準スプレッドに注目!

FXブロードネットは業界最狭水準

スプレッド幅の狭い業者をお探しであれば、ぜひFXブロードネットのサービスもチェックしてみてください。米ドル/円0.3銭原則固定をはじめ、ユーロ/円0.5銭原則固定ユーロ/米ドル0.3pips原則固定の幅を提示(例外あり)。基準の値としてはGMOクリック証券などの数値よりも狭く設定されています。

FXブロードネット 主要通貨ペアのスプレッド(例外あり)

米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 ユーロ/米ドル
0.3銭原則固定 0.5銭原則固定 1.0銭原則固定 0.6銭原則固定 0.3pips原則固定

→FXブロードネットFXブロードネット

インヴァスト証券のトライオートFXがスプレッド縮小を敢行!

トライオートFXの業界最狭水準また、インヴァスト証券のトライオートFXではサービスをリニューアルし、原則固定スプレッド幅の大胆な縮小を敢行。米ドル/円0.3銭ユーロ/円0.5銭、そしてユーロ/米ドルは0.3pipsへ狭められるなど、力の入れようがヒシヒシと感じられます!

トライオートFX 主要通貨ペアのスプレッド(原則固定 例外あり)

米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 ユーロ/米ドル
0.3銭
(提示率97.70%)
0.5銭
(提示率97.95%)
1.0銭
(提示率98.04%)
0.3pips
(提示率98.29%)

(※提示率は2016/8/1〜2016/8/30までの実績です)

→インヴァスト証券インヴァスト証券

3強FX会社のチャート機能/ニュース 比較

言うまでもないことですが、実際にトレードする際の環境は非常に重要。自分好みの足種やテクニカルが取引ツールには備わっているのか、配信されるニュースはどうなのか。比べてみましょう。

FX会社 GMOクリック証券
[GMOクリック証券]
DMM.com証券
[DMM.com証券]
YJFX!
[YJFX!]
チャートの種類 ティック、1分足、3分足、5分足、10分足、15分足、20分足、30分足、1時間足、2時間足、4時間足、6時間足、8時間足、12時間足、日足、週足、月足、年足 ティック、1分足、5分足、10分足、15分足、30分足、1時間足、4時間足、8時間足、日足、週足、月足 ティック、1分足、5分足、15分足、30分足、1時間足、2時間足、4時間足、日足、週足、月足
ツールのテクニカル種類 38種類 29種類 31種類
マーケット情報、ニュース Market Win24, 日本証券新聞, ダウジョーンズ GlobalInfo24ニュース, 時事通信社 GlobalInfo24ニュース

3強FX会社の独自サービス/特徴 比較

基本的なFXサービスについて比較していきました、他にも3社によって独自のキャンペーンを展開していたり、他にはない取引システムを提供するなどしています。バイナリーオプションの取り扱いがあるかないかという違いもあり。

FX会社 GMOクリック証券
[GMOクリック証券]
DMM.com証券
[DMM.com証券]
YJFX!
[YJFX!]
独自のサービス ヒストリカルデータのダウンロード、FXツールバー 取引通信簿 MT4チャート、リミッター設定
バイナリーオプション 外為オプション なし オプトレ!
トレードランキング トレードアイランド なし なし


ここで紹介したGMOクリック証券、DMM.com証券、YJFX!にはまだまだ人気の秘密はあると思いますが、その概要はお伝えできたのではないかと思います。
FX会社で迷われている方はまず、非常に高い実績を誇る3強FX会社での口座開設をご検討してみては、いかがでしょう。とりあえず、気になった方は公式サイトへ!

→GMOクリック証券GMOクリック証券

→DMM.com証券DMM.com証券

→YJFX!YJFX!