FX会社10社を10通貨ペアの最新スプレッドで一覧比較(米ドル円、ユーロ円からトルコリラ円、メキシコペソ円まで)

スプレッド比較

ここではFX業者10社の最新スプレッドを一覧比較しています。多くの国内FX業者が米ドル円0.3銭の原則固定スプレッドを提供しており、その点では多数のFX会社が同水準となっています。ただ、他の通貨ペアに目を向けてみると業者によって少しずつ違いが見えてきます。

ユーロ円ではみんなのFX(トレイダーズ証券)マネーパートナーズの基準スプレッドが0.4銭原則固定で他社と差をつけていたり、ユーロ米ドルでもみんなのFX(トレイダーズ証券)マネーパートナーズ(パートナーズFX)が0.3pips原則固定と魅力的なスプレッドとなっていたりします。また、SBI FXトレードでは1万通貨までの取引に限定されますが、米ドル円0.27銭原則固定という低水準でサービスを展開。少額トレードをされる方におすすめです。

当ページでは、米ドル円やユーロ円、ユーロ米ドルをはじめ、高金利通貨ペアのトルコリラ円やメキシコペソ円を含む10通貨ペアの各社最新スプレッドをまとめて掲載しています(比較表は5通貨ペアずつ、2つの表に分けて掲載)。スプレッドの狭いFX会社で取引をしたい!人気FX会社のスプレッドが他社と比べてどの程度の水準なのか知りたい!という方は当ページをぜひご活用ください。

(※:掲載スプレッドは一部を除いてすべて原則固定・例外ありです)

スプレッド一覧比較表(米ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、NZドル円)

【最終更新日:2019年7月25日】

FX会社 米ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 NZドル円
[GMOクリック証券]GMOクリック証券 0.3 0.5 1.0 0.7 1.2
[DMM.com証券]DMM.com証券 0.3 0.5 1.0 0.7 1.2
[SBI FXトレード]SBI FXトレード 0.2銭〜 0.3銭〜 0.7銭〜 0.4銭〜 0.9銭〜
[みんなのFX]みんなのFX 0.3 0.4 0.9 0.4 1.0
[外為どっとコム]外為どっとコム 0.3 0.5 1.0 0.7 1.2
[ヒロセ通商]ヒロセ通商 0.3 0.5 1.0 0.7 1.0
[マネーパートナーズ]マネーパートナーズ(パートナーズFX) 0.3 0.4 0.9 0.6 1.2
[IG証券]IG証券 0.3 0.5 1.0 0.7 最小:2.0
通常:4.0
[ゴールデンウェイ・ジャパン]ゴールデンウェイ・ジャパン 0.3 0.6 0.9 0.6 1.1
[セントラル短資FX]セントラル短資FX 0.3 0.4 0.9 0.5 2

 

 

スプレッド一覧比較表(トルコリラ円、メキシコペソ円、ユーロ米ドル、ポンド米ドル、豪ドル米ドル)

【最終更新日:2019年7月25日】

FX会社 トルコリラ円 メキシコペソ円 ユーロ米ドル ポンド米ドル 豪ドル米ドル
[GMOクリック証券]GMOクリック証券 1.7 0.3 0.4pips 1.0pips 0.9pips
[DMM.com証券]DMM.com証券 取扱なし 取扱なし 0.4pips 1.0pips 0.9pips
[SBI FXトレード]SBI FXトレード 1.4銭〜 取扱なし 0.3pips〜 0.8pips〜 0.8pips〜
[みんなのFX]みんなのFX 1.7 0.3 0.3pips 0.8pips 0.8pips
[外為どっとコム]外為どっとコム 1.9 0.5 0.4pips 1.0pips 0.9pips
[ヒロセ通商]ヒロセ通商 1.7 0.4 0.4pips 0.8pips 0.8pips
[マネーパートナーズ]マネーパートナーズ(パートナーズFX) 1.9 0.5 0.3pips 0.8pips 0.9pips
[IG証券]IG証券 取引画面で確認 最小:0.6
通常:1.0
0.4pips 取引画面で確認 0.6pips
[ゴールデンウェイ・ジャパン]ゴールデンウェイ・ジャパン 15~50 取扱なし 0.5pips 1.1pips 1.9pips
[セントラル短資FX]セントラル短資FX 1.7 0.3 0.3pips 0.8pips 0.7pips

 

 

各社のスプレッドに関する注釈

各FX会社は上記のようなスプレッドを基準としていますが、業者によっては適用時間帯に制限があったり、取引数量によって原則固定スプレッドが変動する場合もあるのでその点は要チェック。例えば、みんなのFXは原則固定スプレッドの適用時間帯を午前8:00〜翌日午前5:00までとしています。また、冒頭で少し触れましたがSBI FXトレードでは1万通貨までの米ドル円取引では0.27銭の原則固定スプレッドが適用されますが、1万1通貨〜100万通貨までは0.29銭の原則固定スプレッド、100万1通貨以降は変動制となります。当ページに掲載している10社について、スプレッドに関する注釈を以下にまとめましたので参考にしてみてくださいね。

  • GMOクリック証券・・・大口取引モード(Exモード)は上記スプレッドとは異なります。トルコリラ円は原則固定スプレッド対象外
  • SBI FXトレード・・・取引数量によって基準スプレッドが変動(例:米ドルの場合、1~1,000通貨は0.2銭、1,001~100万通貨は0.27銭、100万1〜300万通貨は0.49銭、300万1〜1,000万通貨は1銭となります)
  • みんなのFX・・・上記原則固定スプレッドはAM8:00~翌日AM5:00の時間帯にて適用。豪ドル円のスプレッドは2019年8月9日までのキャンペーンスプレッド
  • 外為どっとコム・・・上記原則固定スプレッドはAM9:00〜翌日AM3:00の時間帯にて適用
  • ヒロセ通商・・・原則固定スプレッドはAM9:00〜翌日AM2:00の時間帯にて適用。トルコリラ円のみPM3:00〜翌日AM1:00の時間帯にて適用
  • マネーパートナーズ・・・掲載スプレッドはパートナーズFX口座の数値。同社のパートナーズFX nano口座とはスプレッドが異なります。原則固定スプレッドはAM10:00〜翌日AM4:00の時間帯にて適用
  • IG証券・・・NZドル円とトルコリラ円とメキシコペソ円を除く7通貨ペアの上記原則固定スプレッドはAM9:00〜翌日AM3:00の時間帯にて適用。掲載している基準スプレッドは100万通貨までの注文に適用されますが、100万1通貨以降は米ドル円0.6銭原則固定などに変動。詳しくはこちらのページでご確認を
  • ゴールデンウェイ・ジャパン(FXTF MT4)・・・上記原則固定スプレッドは1,000通貨コースの数値。原則固定スプレッドはAM9:00〜翌日AM4:00の時間帯にて適用。トルコリラ円は原則固定スプレッド適用対象外
  • セントラル短資FX・・・上記スプレッドはAM8:00〜翌日AM5:00の時間帯にて適用

 

SBI FXトレード

SBI FXトレード【SBI FXTRADE】

SBI FXトレードでは基準スプレッドが、取引数量によって4区分に分けられています(下記表)。1通貨〜1,000通貨までの少額取引であれば、0.20銭原則固定(例外あり)という業界最狭水準の基準スプレッドで取引が可能。1,001通貨以上であっても100万通貨まで0.27銭原則固定(例外あり)の低水準。0.3銭原則固定としているFX業者が多い中、取引数量はある程度限定されてはいますが、SBI FXトレードが各社に差をつけるカタチとなっています。米ドル円だけではなく、ユーロ円やポンド円、豪ドル円、ユーロ米ドルなどでも最狭水準スプレッドを実現しています。同社のスプレッドについてさらに詳しい情報は公式サイトをご確認ください。スプレッドの狭さを重視されるのであれば、ぜひSBI FXトレードをチェックしてみてくださいね。

SBI FXトレードの米ドル円スプレッドについて

 

SBI FXトレードの注目ポイント

SBI FXトレード 公式サイト

みんなのFX(トレイダーズ証券)

みんなのFX(トレイダーズ証券)

みんなのFXは「スプレッド最狭水準宣言」と題して、米ドル円をはじめとした主要6通貨ペアにて魅力的な基準スプレッドを実現しています。ユーロ円、ポンド円、豪ドル円は競合他社に差をつけており、上記の比較表でも目立っていますね。また、みんなのFXでは高金利通貨ペアのスワップポイントが高水準なのですが、トルコリラ円ではスプレッドの狭さも魅力。

 

みんなのFXの注目ポイント
  • 競合他社に差をつける業界最狭水準スプレッド
  • みんなのFXはトルコリラ円や南アフリカランド円のスワップも魅力
  • セミナー開催や24時間サポートなど嬉しいサービス充実

みんなのFX 公式サイト

GMOクリック証券(FXネオ)

GMOクリック証券

GMOクリック証券はFX取引高で世界第1位の連続記録を更新中(※)の人気FX業者。知名度の高さと口座開設数と取引数量の多さからも分かるとおり、多くのFXトレーダーから支持されています。そんなGMOクリック証券はスプレッドが業界最狭水準。原則固定で例外ありですが、いくつかのFX会社のように原則固定の適用時間帯を限定するといったことはしていません。

ちなみに、GMOクリック証券では通常の取引モードに加えて、500万通貨までの発注が可能となる大口取引モード(Exモード)がありますが、そちらはスプレッドが異なります。Exモードのスプレッドは公式サイトでは伝えられておらず、取引画面で直接確認していただくことになります。実際に見てみると分かりますが、通常モードの業界最狭水準スプレッドより広めの水準です。

GMOクリック証券はGMOならではの技術力を活かした取引ツールは初心者でも扱いやすく、サポート体制も充実。年々バージョンアップして常に最先端のサービスを提供しています。スプレッドの狭いFX業者で取引したい、人気のFX業者を使いたいという方はGMOクリック証券を要チェック。

GMOクリック証券の注目ポイント
  • FX取引高世界第1位の記録を連続更新中(※)
  • 米ドル円0.3銭原則固定(例外あり)など最狭水準スプレッドを長く継続
  • アップデートを繰り返すPCツールとスマホアプリは常に最先端

(※:2012年1月〜2018年12月 ファイナンス・マグネイト社調べ)

GMOクリック証券 公式サイト

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)

外為どっとコムも業界最狭水準スプレッドを継続して実現。外為どっとコムはキャンペーンの充実も魅力で、2019年3月1日〜2019年6月1日までの約3ヶ月間は8通貨ペアのスプレッドを一気に縮小するキャンペーンを開催中です。ポンド円0.8銭や、ユーロ米ドル0.3pips、高金利通貨ペアのトルコリラ円1.7銭など魅力的なスプレッドがズラリ。上記の比較表でも目立っています。期間が長いですので、これから口座開設される方も間に合います。もしかすると、キャンペーンが好評であれば延長されるかも?

外為どっとコムはスプレッドも魅力ですが、パソコン、スマホとiPadにも最適化された高機能ツールもメリット。また、最新ニュースとレポート配信、動画コンテンツなどのマーケット情報も非常に充実しています。初心者の方がトレードを学ぶためのコンテンツも用意されていますので、これからFXを始められる方におすすめ。

外為どっとコムの注目ポイント
  • 業界最狭水準スプレッドを継続中。キャンペーンも積極開催!
  • PCブラウザ、PCリッチアプリ、スマホアプリ、iPadにも最適化したツール
  • 情報配信専用コンテンツ(外為情報ナビ)は初心者にも経験者にもおすすめ

外為どっとコム 公式サイト

ゴールデンウェイ・ジャパン(FXTF MT4)

!ゴールデンウェイ・ジャパン(FXTF MT4)

ゴールデンウェイ・ジャパン(旧FXトレード・フィナンシャル)は取引ツールとして「MT4(メタトレーダー4)」を採用しているFX会社です。MT4は世界各国で利用され、多くのトレーダーに愛用されているチャートツール。ゴールデンウェイ・ジャパンはそんなMT4で取引できる国内業者で、しかもそのMT4を業界最狭水準のスプレッドでお使いいただくことができます。

米ドル円0.3銭、ユーロ円0.6銭、ポンド円0.9銭など、MT4業者としては非常に魅力的なスペックです(すべて原則固定・例外あり)。業界最狭水準スプレッドが適用されるのは1,000通貨コースのみであり(他に1万通貨コースを用意)、適用時間帯も限られてはいますが、低水準スプレッドの環境でMT4を扱えるのは大きなメリット。MT4取り扱い業者については、別ページで比較を行っていますので興味のある方はそちらもぜひチェックしてみてくださいね。

 

ゴールデンウェイ・ジャパンの注目ポイント

ゴールデンウェイ・ジャパン 公式サイト

 

MT4対応業者のスプレッドは?

MT4対応業者のスプレッドは?
FXTF MT4は業界最狭水準スプレッド!

MT4は世界のトレーダーに愛用される高機能チャートツールで、国内でも複数のFX業者にて取り扱われています。上記の比較表ではMT4取り扱い業者であるゴールデンウェイ・ジャパン(FXTF MT4)のスプレッドを掲載していますが、別ページでは同社を含むMT4対応7社のスプレッドを一覧比較しています。

MT4のツール自体のスペックは変わらないのですが、取引ルールには業者によって違いがあります。スプレッドも異なりますので、MT4業者の口座開設を検討されていて、かつ各社のスプレッドを比較したいという方は、ぜひ以下のページをチェックしてみてくださいね。

 

当ページではFX業者10社について、10通貨ペアのスプレッドをまとめて比較していきましたが、いかがでしたでしょうか。米ドル円0.3銭原則固定だけでなく、他の通貨ペアにも注目してみると、意外と業者によって異なるポイント、魅力的な点が目に付いたのではないでしょうか。頻繁に取引される通貨ペアに注目していただいたり、少額取引をされるのであればSBI FXトレードに注目していただいたり、ご自分のスタイルに合ったFX会社を選んでもらえればと思います。スプレッド以外のスペックを比較したいということであれば、ぜひ他のページもチェックしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました