70ティックチャートが使えるFX業者特集/MT4やFX会社のツールを紹介

70ティックチャートが使えるFX業者特集

ボブボルマン氏の『FXスキャルピング』で紹介されている「70ティックチャート」を利用できるFX業者を紹介しています。対応している各社の取引ツールや、MT4で70ティックを表示できる会社も紹介。

ティックは値動きの最小単位のことで、一般的なティックチャートでは取引価格が変わるごとに1ティックと数えていき、折れ線グラフによって表示されることが多いです。相場の値動きがあるたびにラインで繋げ、動きが高速でスキャルピング向けのチャート。ですが、一般的なティックチャートでは70ティックチャートを表示させることはできません。

そこで活用していただきたいのが、ティック数を指定してローソク足を形成させる機能を搭載しているチャートツール。ティックのカスタマイズ機能ですね。この機能を使えば、例えばティックの数値を「50」に設定した場合、50回の値動きがあるたびに1本のローソク足が形成されることになります。このチャート足のカスタマイズ機能なら『FXスキャルピング』で使われている70ティックチャートが利用可能です!

『FXスキャルピング』の70ティックチャート!

ボブ・ボルマン氏は『FXスキャルピング』の中でティックチャートを駆使したプライスアクショントレードを解説していて、そこで使用されているのは「70ティックチャート」です。

ボルマン氏が使用しているチャートは「ProRealTime」で、国内FX業者ではIG証券で口座開設すると日本語版を利用可能です。1ヶ月に4回以上の取引をすれば無料で使えます(それ以外の場合は月額4,000円の利用料が必要)。

ProRealTimeチャートのティックチャート
『FXスキャルピング』に登場するProRealTimeチャートはIG証券で使える

 

70ティックチャートが表示できるFX業者一覧

書籍の中で登場するのはProRealTimeですが、それ以外のツールでも70ティックチャートを表示することができます。特に、OANDA JapanとJFXでは「MT4(メタトレーダー4)」で70ティックを表示することが可能。また、マネーパートナーズでは取引ツール「Hyper Speed NEXT」にて70ティックチャートを表示することができます。70ティックチャートを表示できるFX会社をお探しの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

MT4以外のツールで70ティックを表示できるFX会社

FX会社 対応ツール 利用手数料 対応OS 70tick
表示方法
公式サイト
[IG証券]
IG証券
プロリアルタイムチャート 使用月に4回以上取引で無料(通常4000円) Windows
Mac
[解説] 詳細
[マネーパートナーズ]
マネーパートナーズ
Hyper Speed NEXT 無料 Windows [解説] 詳細
[マネックス証券]
マネックス証券
マネックストレーダーFX 無料 Windows
Mac
[解説] 詳細
[インヴァスト証券]
インヴァスト証券
リッチクライアント版 無料 Windows [解説] 詳細

 

MT4で70ティックチャートを使えるFX会社

FX会社 対応ツール 利用手数料 対応OS 70tick
表示方法
公式サイト
[OANDA Japan(オアンダジャパン)]
オアンダジャパン
MT4 無料 Windows [解説] 詳細
[JFX]
JFX
MT4 無料 Windows 詳細

 

70ティック対応FX会社・ツールの特徴

IG証券「ProRealTimeチャート」

IG証券

IG証券では、ボブ・ボルマンも利用している「ProRealTime(プロリアルタイム)チャート」が使えます。しかも日本語対応!ProRealTimeチャートは設定できるtick数に上限がないので、ボブ・ボルマンの新刊『FX 5分足スキャルピング』で使用されている200ティックチャートなども設定可能です。チャート利用料は月額4,000円となっていますが、使用当月中に4回以上の取引をすれば月末にこの月額使用料を全額払い戻されるので実質無料で利用できます。

ProRealTimeチャートで70ティックチャートを表示した画面

IG証券のProRealTimeチャート

IG証券が主要7通貨ペアのスプレッドを大幅縮小!

IG証券が主要7通貨ペアのスプレッド縮小を実施。米ドル/円0.2銭、ユーロ/米ドル0.4pipsなど、遂に業界最低水準のスプレッド提供が実現しました。このスプレッドが適用される場合の1回の発注上限は100万通貨に制限されていますが、取引上限なしの大口取引でも米ドル/円0.6銭などの低水準スプレッドでお取引していただけます。

魅力的なスプレッド、FXやCFDの豊富な銘柄、70ティックチャートも使える高品質プラットフォーム…。上級者向けの取引環境を求めておられる方はぜひIG証券をチェックしてみてください!

(※上記スプレッドは午前9:00~翌午前3:00にて原則固定、例外あり)

IG証券の特徴
  • 自動トレーディング機能やトレンドライン自動描画を搭載!
  • ティックを含む8種類の単位で表示期間を自由に設定できる!
  • ワンショット発注の上限設定がなく、大口投資家も注目!

IG証券 公式サイト

OANDA Japan(オアンダ・ジャパン)「MT4」

OANDA Japan(オアンダ ジャパン)

OANDA Japan(オアンダ・ジャパン)は取引ツールとしてMT4(メタトレーダー4)提供しており、同社はMT4でティック足を表示できるインジケーターの「TickChart」を無料で提供しています。このTickChartは指定したティック数で足が形成されるもの。指数移動平均線20EMAも表示され、最新の足があと何ティックで完成するのかが表示されます。ティック足の生成にかかった時間や開始時刻も分かるようになっています。

このインジケーターを使用すれば、「70ティックごとに足を形成する」という設定が可能ですので、70ティックチャートをMT4上で利用することができます。足を形成するティック数に制限はないので、70ティック以外にも200ティックチャートや、フィボナッチ数である233を使った233ティックチャートなど、100以上のTick数を設定したい方にもおすすめです!

OANDAのMT4で70ティックチャートを表示した画面

OANDAのMT4で70ティックチャート

OANDA Japanの特徴
  • 70ティックチャートの表示もできるインジケーターを無料で使える!
  • 業界最狭水準スプレッドの環境でMT4が使える!
  • TickChartの他にも多数のオリジナルインジケーターを提供!

OANDA Japan 公式サイト

マネーパートナーズ「HyperSpeed NEXT」

マネーパートナーズ【パートナーズFX】【パートナーズFX nano】

マネーパートナーズには2種類のFXサービスがあるのですが、その1つで約定力の高さが魅力のパートナーズFX口座にて提供されている「HyperSpeed NEXT」で70ティックチャートの表示が可能です。分足や時間足はもちろん、ティックも1〜100の間で自由に設定しローソク足として表示できます。また、26種類のテクニカル指標を用いて売買ルールを作り売買シグナルを表示したりバックテストも可能な高機能ツール。足単位もM1、M2と2種類の設定を保存しておける機能も便利です。

HyperSpeed NEXTで70ティックチャートを表示した画面

マネーパートナーズ「パートナーズFX」のHyperSpeed NEXT

まとめ
  • パートナーズFXは約定力No.1の実績を毎年更新中!(矢野経済研究所調べ)
  • HyperSpeed NEXTではオリジナルのストラテジの作成も可能!
  • 米ドル円0.3銭原則固定など業界最狭水準スプレッド!(例外あり)

マネーパートナーズ 公式サイト

マネックス証券「MonexTraderFX」

マネックス証券「MonexTraderFX」

マネックス証券の高機能ツール「MonexTraderFX(マネックストレーダーFX)」でも70ティックチャートが使えます。IG証券やOANDAのインジケーターとは違い、マネックス証券のツールでは足種を選ぶ項目に「70TICK」が最初から追加されています(下記画像)。ですので、チャートを開いて選ぶだけですぐに70ティックチャートを表示できて簡単。

MonexTraderFXはブラウザ対応ツールでWindowsでもMacでも使えて、ProRealTimeチャートやMT4のようにインストールの必要がないのも特徴的です。ただ、ティック数は固定なのでカスタマイズはできません。

MonexTraderFXで70ティックチャートを表示した画面

マネックス証券「MonexTraderFX」

マネックス証券の特徴
  • MonexTraderFXでは項目を選ぶだけで70ティックチャートが使える!
  • MonexTraderFXはインストール不要のブラウザ対応ツール!
  • 業界最狭水準スプレッドも魅力!

マネックス証券 公式サイト

JFX「MT4」

JFX「MT4」

JFXではメインの取引ツールに加えてMT4(メタトレーダー4)も取り扱っています。ただしチャート分析専用のツールとして提供されているので、MT4で発注することはできません。それでもMT4が使えるのは大きな魅力。

JFXはMT4用のオリジナルインジケーターを無料で提供しているのもポイント。その中に「70ティックチャート」が含まれており自由にお使いいただけます。「70ティックチャート」という名称なのですが、ティック本数は任意に決められるのもメリット。ちなみにJFXでは「10秒足チャート」というインジケーターも提供しています。JFXはスキャルピング公認のFX会社ですので、スキャルピング取引をしたい方におすすめ。

JFXで使えるオリジナルMT4インジケーター

JFX「MT4」

JFXの特徴
  • 分析専用ツールとしてMT4を取り扱い、オリジナルインジケーターの提供も!
  • JFXはスキャルピング公認のFX会社!
  • 業界最強水準スプレッドや約定スピードも魅力!

JFX 公式サイト

インヴァスト証券「リッチクライアント版ツール」

インヴァスト証券 FX24のティックチャート

1〜100ティックで設定できるティックチャートは、分足や時間足においても自在に設定可能で、50種類ものテクニカル指標を搭載!チャートタイプも11種類、描画ライン機能も21種類と高機能なツールでカスタマイズ性も抜群!

リッチクライアント版ツールで70ティックチャートを表示した画面

インヴァスト証券 FX24のティックチャート

インヴァスト証券の特徴
  • ティック数を1〜100から選択して70ティックチャートを表示!
  • トライオートFX、シストレ24、トライオートETFのサービスも注目!

インヴァスト証券 公式サイト

 
 

MT4で70ティックチャートを利用したいならこちらのブログも!

上記、OANDA Japan(オアンダ ジャパン)の『TickChart』は、OANDA MT4でのみ表示させることができる仕様になっていますので、他社のMT4では利用することができません。
OANDA以外のMT4で70ティックチャートを試してみたい方は、こちらのブログでも無料で配布されていますので、ぜひチェックしてみてください。

 
 

ボブ・ボルマンの新刊「FX 5分足スキャルピング」では、200ティックチャートも。


世界中のスキャルパーから大きな支持を受けているボブ・ボルマン氏の新刊が2015年8月8日に発売されました!
プライスアクションの原則から手法まで、主にユーロ/ドルの5分足チャートを使ってさまざまなテクニックが詳しく紹介されていますが、本書では、ボラティリティがないときは200ティックチャートを薦めています。

タイトルとURLをコピーしました