【FX】国内業者の最大ロット・最大取引数量を徹底比較!発注上限額が高い大口注文におすすめの業者を紹介

この記事には広告・プロモーションが含まれています

【FX】国内業者の最大ロット・最大取引数量を徹底比較!

ここでは、国内FX業者の最大ロット・最大取引数量を徹底比較しています。

大口取引と言っても人によって発注数量は異なるはずなので、当記事では以下3パターンの発注数量に分けておすすめのFX業者を紹介。

・1取引あたり「100万通貨以下」の発注におすすめの7社
・1取引あたり「300万通貨以下」の発注におすすめの5社
・1取引あたり「1,000万通貨以上」の発注におすすめの4社

発注上限や建玉上限はFX業者によって異なりますし、当然ながらスプレッドも業者によって設定が異なります。さらに、注文数量に応じてスプレッドが変動する業者もありますので、その点にもご注目を。

「最大注文数量の多いFX業者はどこ?」「大口取引におすすめの業者は?」などの疑問をお持ちの方は、ぜひ当記事を参考にしてみてくださいね。

 

【IG証券】注文数量・建玉数量は「原則上限なし」
IG証券は発注上限も保有上限も「無制限」!

最大ロット数・取引上限の高い国内業者をお探しであれば「IG証券」がおすすめです。というのも、IG証券は1取引あたりの最大注文数量と最大建玉数量が「原則、上限なし」となっているからです。

IG証券は発注上限も保有上限も「無制限」!

上記画像はIG証券の公式サイト内、FX取引条件とルールより抜粋した表の一部です。一部の標準銘柄を除き、注文上限が原則上限なしとなっています。

ちなみに、IG証券は株価指数や商品などのCFD取引も取り扱っているのですが、それらのサービスでも最大注文数量が原則上限なし。

大口発注が可能な国内業者を探している方、発注上限を気にせず取引したい方はIG証券をチェックしてみてくださいね。

IG証券 公式サイト

1取引あたりの発注数量ごとにおすすめ業者を比較!

発注数量ごとにおすすめのFX業者を比較!

早速、大口取引におすすめの国内FX業者を紹介していきます。

冒頭でもお伝えした通り、3パターンの発注数量(1取引あたり)に大別して、それぞれのおすすめ業者をピックアップ。気になる項目をチェックしてみてくださいね。

「100万通貨以下」の発注におすすめの7社

まずは、1取引あたり100万通貨以下の発注におすすめのFX業者を紹介。

下記表では建玉上限と各社の特徴と共に、1取引あたり100万通貨の発注に対するスプレッドを掲載しています。

FX業者 スプレッド
(米ドル円)
スプレッド
(ユーロ米ドル)
建玉上限 業者の特徴 公式サイト
[IG証券]IG証券 0.2 0.4pips 原則上限なし 1日の発注上限、建玉上限共に「原則上限なし」 詳細
[外為どっとコム]外為どっとコム 0.2 0.3pips 5億通貨 スキャルピング公認(※1)、1日の「取引上限なし」 詳細
[ヒロセ通商]ヒロセ通商 0.2 0.3pips 1,300件 スキャルピング公認、NDD方式 詳細
[みんなのFX]みんなのFX 0.2 0.3pips 5,000万通貨 TradingView対応、高水準スワップ 詳細
[GMOクリック証券]GMOクリック証券 0.2 0.3pips 4,000万通貨 大手ネット証券、高機能ツール 詳細
[ゴールデンウェイ・ジャパン]ゴールデンウェイ・ジャパン 0.2 0.3pips 500件(※2) TradingView&MT4対応限定MT4インジプレゼント 詳細
[GMO外貨]GMO外貨 0.2 0.3pips 4,000万通貨 GMOインターネットグループ、高水準スワップ 詳細

(※:「スプレッド」は1取引あたり100万通貨の発注に対する基準値を掲載。いずれも原則固定・例外あり)
(※:IG証券の上記スプレッドはAM9:00〜翌AM3:00(英国通常時間)に適用。外為どっとコムの上記スプレッドはAM9:00〜翌AM3:00に適用。ヒロセ通商の上記米ドル円スプレッドはAM10:00〜翌AM4:00に適用。みんなのFXの上記スプレッドはAM8:00〜翌AM5:00に適用。GMO外貨の上記スプレッドはAM8:00〜翌AM3:00に適用)
(※1:業者のシステムの正常運用に支障をきたすおそれがある行為など、取引約款に抵触する行為には制限がかかる場合があります)
(※2:ゴールデンウェイ・ジャパンには「FXTF GX口座」と「FXTF MT4口座」があり、表内の建玉上限は前者のスペック。MT4口座では20億円相当額が建玉上限となります)

「300万通貨以下」の発注におすすめの5社

次に、1取引あたり300万通貨以下の発注におすすめのFX業者を紹介。

下記表では、1取引あたり300万通貨の発注に対するスプレッドを掲載しています。

IG証券、ヒロセ通商、みんなのFXは大口発注に対応している「大口銘柄(ラージ銘柄)」の情報を記載。

同じ業者でも、ワンショット100万通貨の場合とはスプレッド設定が異なる点に注目してみてくださいね。

FX業者 スプレッド
(米ドル円)
スプレッド
(ユーロ米ドル)
建玉上限 業者の特徴 公式サイト
[IG証券]IG証券 0.8 0.6pips 原則上限なし 1日の発注上限、建玉上限共に「原則上限なし」 詳細
[外為どっとコム]外為どっとコム 0.6 0.5pips 5億通貨 スキャルピング公認(※1)、1日の「取引上限なし」 詳細
[ヒロセ通商]ヒロセ通商 1.9~3.4 1.9pips 1,300件 スキャルピング公認、NDD方式 詳細
[みんなのFX]みんなのFX 0.6 該当銘柄なし 5,000万通貨 TradingView対応、高水準スワップ 詳細
[サクソバンク証券]サクソバンク証券 1 0.9pips 2億5,000万通貨 TradingView連携対応、150通貨ペア以上対応 詳細

(※:「スプレッド」は1取引あたり300万通貨の発注に対する基準値または参考値を掲載)
(※:IG証券、みんなのFX、サクソバンク証券の上記スプレッドは2024年2月16日時点に取引画面で確認した数値。いずれも変動制スプレッドですので、取引の際は最新のスプレッドをご確認ください)
(※:外為どっとコムの上記スプレッドはAM9:00〜翌AM3:00に適用。100万通貨超の注文では、100万通貨以下の注文における原則固定スプレッドに一定値を加算したスプレッドが適用、ただし例外あり)
(※:ヒロセ通商の上記スプレッドは2024/1/1~1/31の期間における実績値)
(※1:業者のシステムの正常運用に支障をきたすおそれがある行為など、取引約款に抵触する行為には制限がかかる場合があります)

「1,000万通貨以上」の発注におすすめの4社

つづいて、1取引あたり1,000万通貨以上の大口発注に対応している、おすすめの国内FX業者を紹介。

下記表では、1取引あたり1,000万通貨の発注に対するスプレッドを掲載しています。

1度に1,000万通貨以上の発注ができる国内業者は少数派ですので、気になる業者があればぜひチェックしてみてくださいね。

FX業者 スプレッド
(米ドル円)
スプレッド
(ユーロ米ドル)
1回の発注上限 建玉上限 公式サイト
[IG証券]IG証券 0.8 0.6pips 原則上限なし 原則上限なし 詳細
[サクソバンク証券]サクソバンク証券 1.9 1.4pips 原則上限なし 2億5,000万通貨 詳細
[外為ファイネスト]外為ファイネスト 0.8 0.5pips 1,000万通貨 2,000万通貨 詳細
[アヴァトレード・ジャパン]アヴァトレード・ジャパン 変動制 変動制 1,500万通貨 1,000ロット 詳細

(※:「スプレッド」は1取引あたり1,000万通貨以上の発注に対する基準値または参考値を掲載)
(※:IG証券、サクソバンク証券、外為ファイネストの上記スプレッドは2024年2月16日時点に取引画面で確認した数値。いずれも変動制スプレッドですので、取引の際は最新のスプレッドをご確認ください)
(※:サクソバンク証券は米ドル円の場合1回の発注上限が無制限、ただしストリーミング注文は2,500万通貨まで)
(※:アヴァトレード・ジャパンは「プロフェッショナルコース」のスペックを掲載)

 

大口取引におけるスプレッドの変動について

大口取引におけるスプレッドの変動について

上でも何度か言及していますが、IG証券や外為どっとコムなどにおける、100万通貨や300万通貨などの大口発注では、注文数量によってスプレッド水準が異なります。

例えば、IG証券では米ドル円などの主要銘柄を中心に「標準銘柄」と「大口銘柄」の区分を行っています。

大口取引におけるスプレッドの変動について

前者の「標準」は100万通貨以下の発注のみ対応ですが、低水準スプレッドで取引可能。後者の「大口」は発注上限が原則なしですが、標準銘柄よりもスプレッドが広めとなります。

外為どっとコムに関しては、1,000ロット(100万通貨)以下の注文であればスプレッドが特に低水準ですが、1,001ロット〜3,000ロット、3,001ロット〜5,000ロットと注文数量が増えるに従って、適用スプレッドの水準も変動する仕様です。

大口取引におけるスプレッドの変動について

ヒロセ通商では主要銘柄において、通常銘柄とは別に「大口銘柄」を提供。上記画像は公式サイトから抜粋した、大口銘柄の注文数量に関するルールです。大口銘柄は通常銘柄よりも注文可能数が多いですが、スプレッドは広めになります。

また、みんなのFXも米ドル円のみ、大口銘柄に該当する「ラージ銘柄」を取り扱っています。これも通常より発注上限が多いですが、スプレッドは広めの水準。

公式サイトなどで業界最狭水準スプレッドとアピールされているけれど、実は適用される注文数量が限定されていて、大口発注だと意外とスプレッドが広い…ということもあり得ますので、ご注意ください。

大口取引におすすめのFX業者はココ!

IG証券

IG証券

おすすめポイント!
  • IG証券は発注上限・ポジション上限が原則上限なし!
  • ドル円なら標準銘柄で0.2銭、大口銘柄でも低水準スプレッドで取引可能!
  • 高機能チャートツールや独自の注文サービスが充実!

最大取引数量で国内のFX業者を選ばれるのでしたらIG証券は要チェックです。IG証券なら、なんと1度の発注における最大取引数量も、ポジション保有上限も「原則上限なし」。

他のFX業者では上限が設定されているのが普通ですが、IG証券に関しては公式サイトのFX取引ルールにて「原則、上限なし」と明記されています。また、IG証券へのインタビューでもこの点については確認済み(インタビュー記事はこちら)。

また、IG証券は取引数量に上限がないというスペックも魅力ですが、低水準のスプレッドも魅力。同社では米ドル円やユーロ円などの一部銘柄に限り、「標準銘柄」「大口銘柄」の分類を実施。

標準銘柄は1取引あたり100万通貨までの発注しかできませんが、米ドル円0.2銭(原則固定・例外あり)など魅力的なスプレッドで取引できます。大口銘柄は発注上限が原則なしの代わりに、標準よりスプレッドが広がりますが、それでも低水準のスプレッドで取引可能。

【IG証券】主要通貨ペア スプレッド一覧表

注文数量
(銘柄)
米ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 ユーロ米ドル
100万通貨以下
(標準銘柄)
0.2 0.5 1.0 0.7 0.4pips
原則上限なし
(大口銘柄)
0.8 1.1 2.0 1.3 0.6pips

(※:「100万通貨以下(標準銘柄)」の上記スプレッドはAM9:00〜翌AM3:00(英国通常時間)の時間帯にて原則固定・例外あり)
(※:「原則上限なし(大口銘柄)」の上記スプレッドは2024年2月16日時点に取引画面で確認した数値。同社の「大口銘柄」のスプレッドは変動制ですので、取引の際は最新のスプレッドをご確認ください)

IG証券の魅力は?インタビュー記事公開中!
IG証券訪問取材

FXキーストンではIG証券へのインタビューを実施!

IGグループとIG証券について、IG証券ならでは強み、新しくなった取引システムなどについて取材。取引数量無制限の大口取引や、約定力へのこだわりに関してもお答えいただいています。興味のある方はぜひご一読ください。

IG証券のアラートに関するよくある質問

IG証券はFXにて約100通貨ペアを取り扱っている他、株価指数や商品、株式など17,000銘柄以上のCFD取引に対応しているのもポイント。約定力にも注力しており、プライス最適化のテクノロジーなどが魅力。

PCでもスマホでも高性能な取引ツールを提供しています。特にブラウザ取引ツールは大規模なリニューアルが実施され、機能面でもデザイン面でも大きく進化しています。

また、設定したレートで必ず約定する「ノースリッページ注文」など実用的なサービスも用意しています。IG証券に新登場した「ノックアウト・オプション」にも注目。さまざまメリットを兼ね備えている上に取引上限が無制限のIG証券は、大口投資家の方にはぜひチェックしていただきたいFX業者です。

 

日本・アジア最大規模の契約で「IGアリーナ」誕生!

日本・アジア最大規模の契約で「IGアリーナ」誕生!

2025年夏に愛知県名古屋市に開業予定の、最先端スポーツ・エンターテインメント・アリーナのネーミングライツをIGグループが取得しました。

新たに誕生するアリーナの名前は「IGアリーナ」に決定。日本・アジア地域にて最大規模のアリーナネーミングライツ契約となっています。

「IGアリーナ」は名古屋城の城跡に位置する名城公園の一角に構えられます。最大収容人数は国内アリーナ最大級となる17,000人であり、まさにワールドクラスの施設。

IGグループ・IG証券の躍進を如実に感じられます。サービス面もそれ以外の活動でも、今後の進展に期待です。

上限なし「取引量連動型キャッシュバック・プログラム」実施中!

大口トレーダー向け「キャッシュバック・プログラム」

IG証券はすべてのお客様が参加可能な「取引量連動型キャッシュバック・プログラム」を毎月開催しています。月間総取引量に応じてレベルが1〜3段階まで設定されて、取引量に応じて上限なしでキャッシュバックを実施。

大口トレーダー向け「キャッシュバック・プログラム」

キャッシュバック・プログラムはFX含め株価指数CFDや商品CFDも対象となっており、FXでは月間で5,000万米ドル分以上の取引を行った方であれば参加できます。キャッシュバック金額は「上限なし」なので大口トレーダーの方におすすめ。

IG証券のキャッシュバック・プログラムに関しては、新規口座開設キャンペーンも含めて別ページで詳しい解説を行っています。興味のある方はそちらもチェックしてみてくださいね。

IG証券 公式サイト

【期間限定】タイアップレポートWプレゼント!

IG証券 × FXキーストン限定タイアップ!

FXキーストンではIG証券との期間限定タイアップを開催中です。「当サイト経由での口座開設」+「取引1回以上(バイナリーオプション除く)」の条件達成で2つの特別レポートをプレゼント!

特別レポートではファンダメンタル・テクニカルの両面から株価指数(米国・日本)、FX通貨ペア(ドル円・ユーロ円・ユーロドル)、コモディティ(原油・天然ガス・金・銅)の相場を分析、見通しも解説しています。

タイアップ企画の応募期間は2023年2月20日(月)~2024年3月22日(金)まで。期間限定なのでお見逃しなく!

外為どっとコム

最大500万通貨の発注に対応、業界最狭水準スプレッドで取引

外為どっとコム

外為どっとコムは1回あたり最大500万通貨までの発注に対応しています。ただし、注文数量によって基準スプレッドが異なるという点はご留意ください。

100万通貨(1,000ロット)までの発注であれば特にスプレッドが低水準であり、米ドル円0.2銭(※)などの業界最狭水準で取引可能。また、外為どっとコムではスピード注文や分析機能が充実している取引ツールなども魅力です。

また、外為どっとコムは国内FX業者の中でも特に情報コンテンツが充実している会社でもありますので、マーケット情報を重視される方は要チェックです。

(※:原則固定・例外あり。AM9:00〜翌AM3:00の時間帯、100万通貨以下の注文に適用。100万通貨を超える注文の場合は基準スプレッドが異なります)

業界最狭水準スプレッドキャンペーン

外為どっとコムでは人気銘柄を対象とした、スプレッド縮小キャンペーンも定期的に開催しているのも魅力。お得な口座開設キャンペーンや、取引数量に応じたキャッシュバックキャンペーン、スワップポイント関連のキャンペーンなども要チェックです。

【外為どっとコム】主要通貨ペア スプレッド一覧表

注文数量 米ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 ユーロ米ドル
100万通貨以下 0.2 0.4 0.9 0.5 0.3pips
100万通貨超
〜300万通貨
0.6 1.0 1.9 0.9 0.5pips
300万通貨超
〜500万通貨
1.0 1.2 2.1 1.1 0.7pips

(※:上記スプレッドはAM9:00〜翌AM3:00にて原則固定・例外あり。100万通貨超の注文では、100万通貨以下の注文における基準スプレッドに一定値を加算したスプレッドが適用、ただし例外あり。ユーロ円、豪ドル円、ユーロ米ドルの注文数量100万通貨以下スプレッドは2024年3月2日AM3:00までのキャンペーン適用値)

外為どっとコムはスキャルピング公認!

外為どっとコムはスキャルピング禁止?公認?

外為どっとコムで大口取引をしたい方の中には、「外為どっとコムはスキャルピング公認なの?」と疑問に思われている方もいるのでは。

結論からお伝えすると、外為どっとコムはスキャルピング取引を公認しています。1取引あたり500万通貨までの発注が可能であり、数秒単位のスキャルピングも許容。

同社でのスキャルピングに関しては、別記事で詳しく解説しています。外為どっとコムはスキャルピング禁止?公認?という疑問に対する公式回答を含め、同社でスキャルピングを行うメリット、お得なキャンペーンまで紹介。

外為どっとコムの情報をもっと知りたい方は、ぜひ以下リンク先の特集も参考にしてみてくださいね。

外為どっとコムで開催中の口座開設キャンペーン

外為どっとコムで開催中のキャンペーン情報

 

【期間限定】大還元キャッシュバックキャンペーン開催中!

大還元キャッシュバックキャンペーン

外為どっとコムでは「大還元キャッシュバックキャンペーン」を開催中です。米ドル円や豪ドル円、メキシコペソ円など14通貨ペアを対象として、新規取引数量に応じてキャッシュバックを実施。

キャッシュバック特典は、現金またはFXポイントのいずれかを選択できるのが特徴で、FXポイントであれば現金の2倍相当のポイントが貰えます。FXポイントは外為どっとコムの「らくらくFX積立」の買付注文に利用可能。

大還元キャッシュバックキャンペーン

現金の場合は最大100万円、FXポイントの場合は最大200万円相当をキャッシュバック。大口取引やスキャルピングをされる方はぜひご活用ください。

外為どっとコム 公式サイト

スマホアプリに「スプレッドフィルタ」導入!

スマホアプリに「スプレッドフィルタ」導入!

外為どっとコムのスマホアプリ『外貨ネクストネオ「GFX」』が、アップデートによりさらに進化。新たに「スプレッドフィルタ」機能が追加されました。

スプレッドフィルタはスピード注文画面にて設定可能で、スピード注文における許容スプレッドを指定できる機能です。

スプレッドフィルタをONにしておくと、許容スプレッド以下の場合はスピード注文が使えますが、許容スプレッドを超える場合はレートパネルがロック状態になります。

スプレッドフィルタは全通貨ペア共通の設定もできますし、通貨ペアごとに設定することも可能。例えば、「米ドル円のスプレッドが0.2銭を超える場合、スピード注文にロックをかける」といった指定もできます。スキャルピング取引や大口取引をする際に活躍してくれます。

外為どっとコムのスマホアプリは他にも、20種類以上のテクニカル指標や4分割チャート対応、急変動通知を含む複数のアラート搭載など、数多くのメリットを兼ね備えます。アプリでスキャルピング取引をしたい方は要チェック。

ヒロセ通商

業界最狭水準スプレッド・高水準の約定スピードが魅力

ヒロセ通商【LION FX】

ヒロセ通商のワンショット上限は通貨ごとに異なり、50万通貨から最大で1,000万通貨になります。メジャー通貨でいえば、米ドル円やユーロ米ドル、ポンド米ドルなどは100万通貨が上限です。その他であれば、トルコリラ円や米ドルメキシコペソが50万通貨で取引できます。

また、同社の通常の米ドル円やユーロ米ドルは100万通貨までの発注が限度ですが、「大口銘柄」なら最大300万通貨までの発注に対応。

大口銘柄は米ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロ米ドル、ポンド米ドルに対応。決済注文は900万通貨まで発注できます。ただし、通常銘柄と大口銘柄はスプレッドが異なるのでご注意を。

また、ヒロセ通商はスキャルピング公認している国内でも珍しい業者であり、業界最狭水準のスプレッドを実現しているのもポイント。短期売買を行う人にはピッタリの業者です。

【ヒロセ通商】主要通貨ペア スプレッド一覧表

注文数量
(銘柄)
米ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 ユーロ米ドル
100万通貨
(通常銘柄)
0.2 0.4 0.9 0.5 0.3pips
300万通貨
(大口銘柄)
1.9~3.4 1.9~2.1 2.1~3.0 1.9 1.9pips

(※:「100万通貨(通常銘柄)」の上記スプレッドは原則固定・例外あり、米ドル円、ユーロ円、ポンド円はAM10:00〜翌AM3:00の時間帯に適用)
(※:「300万通貨(大口銘柄)」の上記スプレッドは2024/1/1~1/31の期間における実績値。同社の「大口銘柄」のスプレッドは変動制ですので、取引の際は最新のスプレッドをご確認ください)

ヒロセ通商はスワップポイントも業界最高水準、取引数量に応じて食品や洗剤がもらえるキャンペーンまで行っています。期間によっては、最大30万円がキャッシュバックされるキャンペーンなども行っているので要チェックです!

ヒロセ通商の最大lotはそれほど高くありませんが、取引数量に応じた独自のキャンペーンを積極的に行っているため、枚数が多いほどお得に取引できます。高レバレッジでスキャルピングを行う人にはヒロセ通商がおすすめです。

ヒロセ通商で開催中の口座開設キャンペーン

ヒロセ通商で開催中のキャンペーン情報

ヒロセ通商 公式サイト

ヒロセ通商に「大口通貨ペア」が登場!

ヒロセ通商に「大口通貨ペア」が登場!

ヒロセ通商では遂に、大口トレーダーの要望に応えて「大口通貨ペア」の取り扱いがスタートしました!

米ドル円やポンド円、ユーロ米ドルなど主要6通貨ペアが対象であり、「大口USD/JPY」「大口GBP/JPY」という名称の銘柄を新規追加。

具体的な追加銘柄と最大注文数量、保有上限などの内容は上記の通りとなっています。いずれも1Lotあたり1,000通貨ですので、1回あたりの最大発注数量は300万通貨。従来より多くの数量で取引が可能となっています。

また、大口通貨ペアでは、1回あたりの新規最大注文数量を超える数量での全決済や一括決済注文が可能なのもポイント。

ヒロセ通商に「大口通貨ペア」が登場!

大口通貨ペアをレート一覧やレートパネルで表示する場合は、表示通貨ペアの設定にて追加を行う必要があります。PCツールでもスマホアプリでも同様。

スキャルピング公認かつ主要銘柄の最大発注数量が拡大したヒロセ通商に、ますます注目です。

サクソバンク証券

サクソバンク証券とは?

おすすめポイント!
  • 米ドル円は1回あたりの最大発注数量が「上限なし」!
  • 業界最多水準!150種類以上の通貨ペアに対応!
  • 数々の受賞歴を誇る取引ツールと機関投資家レベルの取引環境を実現!

大口注文をされるようなFX上級者、専業トレーダーの方はサクソバンク証券にもご注目を。サクソバンク証券は欧州銀行系オンライン証券会社として、世界各国で25年以上に渡って金融サービスを提供してきたサクソバンクグループの日本拠点です。サクソバンク証券の特徴は「機関投資家並みの取引環境」を提供しているという点。

日本を含む世界180ヶ国でサービスを提供してきた実績と信頼から約定力には定評があります。

サクソバンク証券は米ドル円の場合であれば、1回あたりの発注数量が「上限なし」となっています。大口取引をされる方は要チェック。

ただし、米ドル円での成行注文や指値注文の発注上限は無制限ですが、ストリーミング注文の場合は2,500万通貨が上限になるのでご注意ください。

【サクソバンク証券】主要通貨ペア スプレッド一覧表

注文数量 米ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 ユーロ米ドル
100万通貨 0.8 0.9 2.2 1 0.6pips
300万通貨 1 1.4 2.2 1.4 0.9pips
1,000万通貨 1.9 1.7 4.6 2.2 1.4pips

(※:2024年2月16日時点に取引画面で確認できた各注文数量ごとのスプレッドを掲載しています。あくまで調査時点の数値であり同社のスプレッドは変動制ですので、取引の際は最新のスプレッドをご確認ください)

 

サクソバンク証券がスプレッド縮小・原則固定化を実施!

【朗報】サクソバンク証券がスプレッド縮小を実施!

2023年12月8日より、サクソバンク証券が主要7通貨ペアのスプレッド縮小・原則固定化を実施しました。内訳は上記の通り。

ただし、この原則固定スプレッドの適用は日本時間AM9:00〜翌AM5:59(夏時間はAM8:00〜翌AM4:59)の時間帯に限られます。

また、ドル円の上記スプレッドは5万通貨以下、それ以外の6通貨ペアの上記スプレッドは10万通貨以下の取引時のみ適用という条件もあります。

発注上限が抑えられているのは難点ではありますが、サクソバンク証券が原則固定スプレッドを採用し、スプレッド縮小に踏み切ったのはやはり朗報。今後の展開にも注目です。

サクソバンク証券のサービス

取引ツールは数々の受賞歴を誇るPC版ツール「SaxoTraderPRO」とマルチデバイス対応の「SaxoTraderGO」の2種類。

サクソバンク証券はTradingViewと口座連携ができる!

サクソバンク証券は「TradingView」との口座連携に対応している、貴重な国内FX業者であることもポイントです。連携を行えば、TradingView上で発注が可能に。FXの他、株式CFDと外国株式もTradingViewで取引できます。

さらに、機関投資家向けに開発された「FIX API」「Open API」も提供しています。APIサービスを利用すれば独自取引プラットフォームの構築、サクソバンク証券のカバー先(サクソバンクA/S)からの気配値を直接取得(DMA方式)による高速の大口注文も可能です。

これほどのサービスを提供しているのは国内でもサクソバンク証券ぐらいではないでしょうか。機関投資家レベルの取引環境を構築されたい方はサクソバンク証券をぜひチェックしてみてください。

サクソバンク証券 公式サイト

外為ファイネスト

外為ファイネスト

おすすめポイント!
  • 外為ファイネストなら「MT4」で1,000万通貨まで発注可能!
  • スキャルピングOK!NDD方式採用のFX業者!
  • 変動制スプレッドは業界最狭水準で提供!

「MT4(メタトレーダー4)」で大口取引をしたいという方には外為ファイネストがおすすめです。国内にはMT4を取り扱っているFX業者が複数ありますが、外為ファイネストのように発注上限が1,000万通貨と高めに設定されている業者は貴重。

また、外為ファイネストはスキャルピング取引を公認している国内FX業者であることもメリットです。さらに、ディーラーを介さないNDD方式を採用しており、変動制スプレッドで業界最狭水準であることもポイント。スキャルピング公認かつ大口対応の業者をお探しなら要チェック。

外為ファイネストは「MT5(メタトレーダー5)」を利用できるのも特徴の1つです。同サービスでも1注文あたりの最大1,000万通貨までの大口発注が可能であり、NDD方式採用やスキャルピング公認の取引環境も共通。MT5対応の国内業者をお探しの方にもおすすめです。

【外為ファイネスト】主要通貨ペア スプレッド一覧表

取引口座 米ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 ユーロ米ドル
MT4口座 0.8 1.0 1.6 1.0 0.5pips
MT5口座 0.7 0.5 1.5 1.0 0.6pips

(※:2024年2月16日時点に各口座の取引画面で確認できたスプレッドを掲載しています。あくまで調査時点の数値であり同社のスプレッドは変動制ですので、取引の際は最新のスプレッドをご確認ください。また、流動性の低い時間帯や相場急変時などでは、注文数量が多いと約定レートが不利になる可能性があります)

外為ファイネストで開催中のキャンペーン

外為ファイネストで開催中のキャンペーン

外為ファイネスト 公式サイト

【外為ファイネスト】最大1,000万通貨の発注が可能に!

【外為ファイネスト】最大1,000万通貨の発注が可能に!

外為ファイネストが取引ルールの変更を実施。同社のMT5サービスにて1取引あたり最大1,000万通貨(100ロット)の発注が可能となりました!

以前までは300万通貨が上限だったのですが、そこから大きく拡大。ちなみに、外為ファイネストではMT4口座でも最大1,000万通貨の発注ができます。

NDD方式採用やスキャルピング公認の特徴に加え、さらなる大口発注が可能となった外為ファイネストのMT5、要チェックです。

アヴァトレード・ジャパン

アヴァトレード・ジャパン

おすすめポイント!
  • 国内FX業者の中でもいち早くMT5(メタトレーダー5)に対応!
  • 最新のMT5でワンショット1,500万通貨(米ドル)で取引できる!(※)
  • 裁量トレーダー向けにMT5でも低水準のスプレッドを配信!

メタクォーツ社の最新チャートツール「MT5(メタトレーダー5)」に国内業者の中でもいち早く対応したFX業者がアヴァトレード・ジャパンです。アヴァトレード・ジャパンはMT4の自動売買サービス「AMMA(アンマ)」や「DupliTrade(デュプリトレード)」が人気のFX業者。

そんな同社が裁量トレーダー向けに満を持して提供開始したのがMT5です。MT4業者は国内にも数多くありますが、MT5に対応しているアヴァトレード・ジャパンはかなり貴重な業者。さらに、1回あたりの最大発注数量は1,500万通貨(※)となっているので大口取引にもおすすめ。

最大ロット、最大注文数量に関してトップクラスのサービスを提供。「MT5が気になっていた」という方はぜひこの機会にアヴァトレード・ジャパンをチェックしてみてはいかがでしょうか。

(※:MT5対応のプロフェッショナルコースのスペック)

アヴァトレード・ジャパン 公式サイト

取材記事を公開中!
アヴァトレード・ジャパン 訪問取材

当サイトではアヴァトレード・ジャパンの代表取締役、丹羽広様への取材を実施。アヴァトレード・ジャパン独自の強みやサービスに込められた想いなど、さまざまな疑問にお答えいただきました。同社の魅力をもっと知りたい!という方は取材記事もチェックしてみてくださいね。

みんなのFX

みんなのFX

1取引あたり100万通貨の取引をする場合や、米ドル円にて300万通貨までの発注をするならみんなのFXもおすすめです。

みんなのFXでは「通常銘柄」にて、最大100万通貨(100ロット)の取引が可能。南アフリカランド円とメキシコペソ円は200万通貨(200ロット)の発注に対応しています。

ハンガリーフォリント円に関しては1ロットの取引単位が10万通貨に設定されているので、1取引あたり最大1,000万通貨(100ロット)の発注ができます。

100ロットまでの発注であれば、みんなのFXは主要銘柄を中心に低水準スプレッドが実現されていておすすめ。

一方で、米ドル円のみ「ラージ銘柄」に対応しており、そちらは1取引あたり最大300万通貨までの発注が可能です。通常銘柄とはスプレッドが異なりますが、比較的低水準に抑えられているのがポイント。

「建玉上限」の見直しを実施!

2023年6月24日(土)メンテナンス終了後より、一部銘柄の建玉上限の見直しが実施されました。

一部銘柄における通貨ペア単体での建玉上限が、500Lotから1,000Lotまで拡大(売建玉と買建玉それぞれ)。具体的な対象銘柄の内訳は以下の26銘柄になります。

建玉上限見直しの対象通貨ペア(26銘柄)

EUR/JPY、GBP/JPY、CHF/JPY、CAD/JPY、TRY/JPY、RUB/JPY、CNH/JPY、HKD/JPY、SGD/JPY、PLN/JPY、NOK/JPY、SEK/JPY、EUR/USD、GBP/USD、AUD/USD、NZD/USD、EUR/GBP、EUR/AUD、GBP/AUD、AUD/NZD、USD/CHF、EUR/CHF、GBP/CHF、USD/CAD、USD/CNH、EUR/PLN

(※RUB/JPYは新規注文の受付停止中)

さらに、みんなのFXでは2023年11月4日(土)メンテナンス終了後より、高金利通貨ペア3銘柄の建玉上限を引き上げも実施!

対象銘柄は「南アフリカランド円」「メキシコペソ円」「ハンガリーフォリント円」の3通貨ペア。変更の内訳は以下の通りです。

通貨ペア 変更前 変更後
南アフリカランド円 2,000Lot
(2,000万通貨)
3,000Lot
(3,000万通貨)
メキシコペソ円 2,000Lot
(2,000万通貨)
3,000Lot
(3,000万通貨)
ハンガリーフォリント円 1,000Lot
(10,000万通貨)
3,000Lot
(30,000万通貨)

南アフリカランド円とメキシコペソ円は1.5倍に増加、ハンガリーフォリント円に関しては3倍もの建玉上限引き上げとなります。今後のサービス拡張にも期待です。

【みんなのFX】主要通貨ペア スプレッド一覧表

注文数量
(銘柄)
米ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 ユーロ米ドル
100万通貨
(通常銘柄)
0.2 0.4 0.9 0.6 0.3pips
300万通貨
(ラージ銘柄)
0.6 該当銘柄なし 該当銘柄なし 該当銘柄なし 該当銘柄なし

(※:「100万通貨(通常銘柄)」の上記スプレッドはAM8:00〜翌AM5:00の時間帯にて原則固定・例外あり)
(※:「300万通貨(ラージ銘柄)」の上記スプレッドは2024年2月16日時点に取引画面で確認した数値。同社の「ラージ銘柄」のスプレッドは原則固定ではないので、取引の際は最新のスプレッドをご確認ください)

みんなのFX「トレーディングビュー」で使える機能は?

みんなのFXは次世代チャートツール「TradingView」に対応しているのも大きな特徴。80種類以上のインジケーターなどを自由に使い、さまざまな分析が行えます。

みんなのFXのTradingViewチャートはPCツール・スマホアプリの両方に対応しており、いずれも無料で利用可能。詳しくは下記の特集記事も参考にしてみてくださいね。

みんなのFXで開催中の口座開設キャンペーン

みんなのFXで開催中の口座開設キャンペーン

 

「冬の豪華賞品プレゼントキャンペーン」開催中!

冬の豪華賞品プレゼントキャンペーン

みんなのFXでは「冬の豪華賞品プレゼントキャンペーン」を開催中!

対象期間中の入出金差額が1万円以上であり、同期間内に新規1取引以上を行った方を対象として、最大9.5万円相当の豪華賞品を抽選でプレゼント!

A賞〜D賞まで賞品が用意されており、それぞれ入出金差額の条件が異なります。新規1取引の条件はすべて同一。

冬の豪華賞品プレゼントキャンペーン

また、当キャンペーンは入出金差額が多いほど抽選チャンスが増える、という仕組みになっているのがポイント。例えば200万円以上+新規1取引の条件を達成した場合、当選チャンスが最大4回得られることになります。

新規取引1回だけで参加できて、豪華賞品が当たるチャンスを得られるのは魅力的です。みんなのFXの利用を検討されている方、口座開設済みで入金を予定されている方は要チェック!

みんなのFX 公式サイト

GMOクリック証券

GMOクリック証券

大手ネット証券のGMOクリック証券では、通常銘柄にて1取引あたり最大100万通貨までの発注が可能。スプレッドが業界最低水準なのも特徴となっています。

また、同社では主要銘柄にて「ラージ銘柄」も用意しており、こちらは最大200万通貨までの発注に対応。米ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロ米ドル、ポンド米ドルの6銘柄が該当します。スプレッドは通常銘柄より広めです。

最大200万通貨の発注ですので、他社と比べてそれほど多いわけではありません。ですが、ラージ銘柄は1日あたり3億通貨(通貨ペアごと)の発注が可能であり、決済注文数量の上限がないのは特徴的。

GMOクリック証券は取引所取引のくりっく365にも対応。大口取引に対応した「くりっく365ラージ」では最小取引単位が10万通貨からとなっています。大口取引を実施するための環境が着々と整えられており、今後の動向にも注目です。

【GMOクリック証券】主要通貨ペア スプレッド一覧表

注文数量
(銘柄)
米ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 ユーロ米ドル
100万通貨
(通常銘柄)
0.2 0.4 0.9 0.5 0.3pips
200万通貨
(ラージ銘柄)
1.0 2.4 3.0 2.0 1.2pips

(※:「100万通貨(通常銘柄)」の上記スプレッドは原則固定・例外あり)
(※:「200万通貨(ラージ銘柄)」の上記スプレッドは2024年2月16日時点に公式サイトで確認した数値。同社の「ラージ銘柄」のスプレッドは原則固定ではないので、取引の際は最新のスプレッドをご確認ください)

GMOクリック証券で開催中の口座開設キャッシュバック

GMOクリック証券で開催中の口座開設キャッシュバック

 

FX最大合計88万円キャッシュバックキャンペーン!

GMOクリック証券のキャンペーン

GMOクリック証券では「FX最大合計88万円キャッシュバックキャンペーン」を開催中です。

全通貨ペアの取引が対象なのですが、銘柄によって「ボーナスグループ」と「スタンダードグループ」に分けられるのが特徴です。

各グループのキャッシュバック金額・対象通貨ペアは以下の通り。グループごとにキャッシュバック金額が設定されており、最大で合計88万円がキャッシュバックされる内容。

GMOクリック証券のキャンペーン

【ボーナスグループ】
ポンド/円、NZドル/円、ポンド/米ドル、南アフリカランド/円、スイスフラン/円、トルコリラ/円、NZドル/米ドル、ユーロ/ポンド、ユーロ/豪ドル、ポンド/豪ドル、ユーロ/スイスフラン、ポンド/スイスフラン、米ドル/スイスフラン、ポンド/円(ラージ)、豪ドル/円(ラージ)、ポンド/米ドル(ラージ)

【スタンダードグループ】
米ドル/円、ユーロ/円、豪ドル/円、ユーロ/米ドル、カナダドル/円、メキシコペソ/円、豪ドル/米ドル、米ドル/円(ラージ)、ユーロ/円(ラージ)、ユーロ/米ドル(ラージ)

キャンペーンはエントリーが必須。実施期間は2024年1月9日(火)午前7:00~2024年2月29日(木)ニューヨーククローズまで。

取引すればするほどキャッシュバック金額が増加する当キャンペーン。大口取引やスキャルピング取引をされる方はぜひご活用ください。

GMOクリック証券 公式サイト

ゴールデンウェイ・ジャパン

ゴールデンウェイ・ジャパン

ゴールデンウェイ・ジャパンでは、「FXTF GX」と「FXTF MT4」の2種類の口座を利用できるのが特徴的。どちらか一方を使っても良いですし、両方を併用するのもOKです。

ゴールデンウェイ・ジャパンFXTF GXとFXTF MT4は、いずれも100万通貨が発注上限となります。建玉上限は異なっていて、GX口座は最大保有ポジション数が500ポジション。MT4口座は20億円相当額が建玉上限。

ゴールデンウェイ・ジャパンは最大発注数量が特別多いわけではないですが、米ドル円をはじめとした業界最狭水準スプレッドが魅力です。

ゴールデンウェイ・ジャパン

さらに、FXTF GX口座では「TradingViewチャート」を、FXTF MT4口座では「MT4」無料で使えるのもポイント。両方を併用できる業者は貴重なので気になる方は要チェックです。いずれも業界最狭水準スプレッドの環境で利用可能。

FXTF GX口座のTradingViewチャートはツールに内蔵されているタイプであり、本家TradingViewのようにオリジナルスクリプトの追加はできませんが、100種類以上の豊富なインジケーターを自由に扱えるのは大きなメリット。

FXTF MT4口座では標準搭載のインジケーターはもちろん、世界中のオリジナルインジのダウンロードやEAによる自動売買も対応。ゴールデンウェイ・ジャパンのオリジナルインジケーターが豊富に取り揃えられているのも特徴となっています。

【ゴールデンウェイ・ジャパン】主要通貨ペア スプレッド一覧表

注文数量 米ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 ユーロ米ドル
100万通貨 0.2 0.4 0.6 0.5 0.3pips

(※:上記スプレッドはAM8:00〜翌AM5:00の時間帯にて原則固定・例外あり)

 

有利スリッページの発生割合を公開中!

FXTF GXでは「有利なスリッページ」が発生することも!

ゴールデンウェイ・ジャパンの公式サイトにて、有利なスリッページの発生割合が公開されているので抜粋してお伝えします。

上記グラフは月曜オープン時を除くFXTF GXの指値注文の件数より集計した結果。有利スリッページがいかに多く発生しているかが分かりますね。

FXTF GXでは「有利なスリッページ」が発生することも!

また、こちらは指標発表時における有利スリッページが発生したランキングです。

指標発表時は有利な方向に対して大きなスリッページが発生する可能性があるため、銘柄によってはそれなりの利益を上げられる場合も。

業界最狭水準スプレッドだけではなく、指値注文における有利スリッページの発生にもぜひご注目ください。

(※:有利スリッページ関連の画像はいずれもゴールデンウェイ・ジャパン公式サイト 最新情報より抜粋)

ゴールデンウェイ・ジャパンで開催中の口座開設キャンペーン

GMO外貨で開催中のキャンペーン情報

ゴールデンウェイ・ジャパン 公式サイト

GMO外貨

GMO外貨

GMO外貨の1回あたりの最大注文数量は「200万通貨」になります。香港ドル/円・ユーロ/英ポンド・ユーロ/豪ドルなどの通貨ペアは100万通貨です。建玉上限は全通貨の合計で4,000万通貨になります。

GMO外貨の最大注文数量は他社と比べれば多くはありません。しかし、GMO外貨はスマホツールが非常に使いやすい業者です。GMO外貨のスマホアプリはOCO注文やトレール注文ができる高機能ツールで、12種類のインジケーターと11種類の足種に対応。

外貨exのスマホアプリは描画ツールも秀逸であり、チャート画面から描画ツールのスムーズな呼び出し、近くの高値安値に引っ付くマグネット機能、手元を拡大してくれる虫眼鏡機能まで搭載されています。「スマホアプリはラインが引きにくい」と思っていた方はGMO外貨のスマホアプリをぜひチェックしてみてください。

【GMO外貨】主要通貨ペア スプレッド一覧表

注文数量 米ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 ユーロ米ドル
200万通貨 0.2 0.4 0.9 0.5 0.3pips

(※:上記スプレッドはAM8:00〜翌AM3:00の時間帯にて原則固定・例外あり)

GMO外貨で開催中の口座開設キャンペーン

GMO外貨で開催中のキャンペーン情報

GMO外貨 公式サイト

サブスクFX「ThinkMarkets」もおすすめ!

ThinkMarkets「サブスクFX」もスキャルピングにおすすめ!

取引数量の上限やスプレッドの狭さで選ぶなら、ThinkMarketsのサブスクFXもおすすめです。

ThinkMarketsは国内初のFXサブスクリプション・サービスを提供しており、月額料金を支払うことでさまざまな特典を得られるのが魅力。サブスクFXのコースは3種類用意されており、以下のような内訳となっています。

項目 ルビー サファイア ダイアモンド
月額会費(税込) 1,500 3,000 5,000
スプレッド0通貨ペア(※) 米ドル、ユーロ米ドル 米ドル、ユーロ米ドル 米ドル、ユーロ米ドル
NDD対象通貨ペア(※) 23通貨ペア 75通貨ペア
1回の取引上限 10万通貨 25万通貨 50万通貨
月間の取引上限 1,000万通貨 上限なし 上限なし
建玉上限 3,000万通貨 3,000万通貨 1,000万通貨
~5,000万通貨

1回の取引上限こそ少なめではありますが、サファイア・ダイアモンドコースであれば月間の取引上限が無制限。

その上、全コースで米ドル円とユーロ米ドルのスプレッド0銭(※)の特典を受けることができ、サファイア・ダイアモンドならNDD方式の環境(※)で多彩な通貨ペアの取引が可能です。

取引上限とスプレッドの狭さ、NDD方式採用の環境で選ぶならThinkMarketsのサブスクFXがおすすめ。ThinkMarketsのサブスクFXに関しては別記事で詳しく解説していますので、興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね。

(※:AM9:00〜翌AM2:00(夏時間はAM8:00〜翌AM1:00)の時間帯で原則固定・例外あり)
(※:スプレッド0銭およびNDD方式は1注文あたり10万通貨までの取引に適用)

ThinkMarkets 公式サイト

 

スプレッド0銭の国内FX会社を徹底解説!

スプレッド0銭の国内FX会社を徹底解説!

「スプレッド0銭のFX会社はどこ?」「スプレッド0銭はどうやって実現してるの?」と気になる方のために、スプレッド0銭採用のFX会社の解説も用意しています。

ThinkMarketsを含め、スプレッド0銭を採用している国内FX会社をまとめ、対象の通貨ペアや条件などを紹介。スプレッド0銭を実現できる理由もお伝えしています。

スキャルピングなどの短期取引をされている方、とにかくスプレッドを抑えて取引したいという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

その他のおすすめFX業者

DMM FX

DMM.com証券【DMM FX】

DMM FXの1回の注文数量の上限は100万通貨です。同一注文レートに対する指値・逆指値注文では合計100万通貨が上限となります。また、建玉数の上限は新規注文件数と合わせて最大3,000件、全通貨ペアでの建玉限度数量は合計10,000ロットです。通貨ペア毎に可能な最大ロットは変わってくるので、詳しくは公式HPをご確認ください。

DMM FXもGMO外貨と同様、最大枚数は他社と比べればそれほど大きいものではありません。しかし、DMM.com証券のFXサービスは数多くのトレーダーに選ばれている実績があります。

その最大の理由は「スプレッドの狭さ」です。米ドル/円をはじめユーロ/円やポンド/円など、取り扱っている多くの通貨ペアが業界最狭水準になります。

短期売買を行う人にとってスプレッドは収益に直結するので、スプレッドが狭いのは魅力ですよね。スプレッドの配信率も毎月公開しているので、気になる人は実際の数字も確認してみてください。

【DMM FX】主要通貨ペア スプレッド一覧表

注文数量 米ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 ユーロ米ドル
100万通貨 0.2 0.4 0.9 0.5 0.3pips

(※:上記スプレッドはAM9:00〜翌AM5:00の時間帯にて原則固定・例外あり)

DMM FXで開催中の口座開設キャンペーン

DMM FXで開催中の口座開設キャンペーン

DMM FX 公式サイト

DMM FXが3通貨ペアの基準スプレッドを縮小!

DMM FXが3通貨ペアの基準スプレッドを縮小!

2023年6月12日AM7:00より、DMM FXが3通貨ペアの基準スプレッド縮小を実施。NZドル円、スイスフラン円、カナダドル円のスプレッドがさらに低水準となりました。

DMM FXでは同タイミングで、基準スプレッド適用時間帯(コアタイム)の設定も開始しています。上記スプレッドを含め、同社の基準スプレッドはAM9:00〜翌AM5:00の時間帯にて原則固定・例外あり。

スプレッド縮小でより取引しやすくなったDMM FXに注目です。

FOREX EXCHANGE

フォレックス・エクスチェンジ

おすすめポイント!
  • 世界中で人気の「MT4」で最大1,000万通貨の発注が可能!
  • 約定確認のない「DMA方式(Direct Market Access)」を採用!
  • FOREX EXCHANGEはスキャルピング公認のFX会社!

FOREX EXCHANGE(フォレックス・エクスチェンジ)では1取引につき最大1,000万通貨(100lot)の新規発注が可能です。対応通貨ペアは25種類で、取引ツールは世界中で人気の「MT4」になります。

また、フォレックス・エクスチェンジ(FOREX EXCHANGE)の特徴は「DMA(Direct Market Access)方式」を採用している点です。DMA方式とは、トレーダーの注文をカバー先を通して、直接インターバンク市場投げて約定させる方式で、約定確認(ラストルック)は行われません。

「公平な取引システムでFXをしたい」という人には非常におすすめの業者です。スキャルピングに関しても、会社取材で「短期売買は禁止しておらず、受け入れられる」という回答を頂いています。ただし、約定価格と数量が分割され約定する場合もあるのでその点はご留意を。

DMA方式で最大1,000万通貨の大口取引ができるのがフォレックス・エクスチェンジ(FOREX EXCHANGE)の魅力です。大口投資家の方や、スキャルピングトレーダーも満足のいく環境ではないでしょうか。

FOREX EXCHANGE 公式サイト

インヴァスト証券

インヴァスト証券

おすすめポイント!
  • マニュアル注文(裁量取引)なら最大1,000万通貨の発注が可能!
  • 自動売買注文では1回あたり最大200万通貨の発注にに対応!

インヴァスト証券には複数の取引サービスがありますが、その内の1つである「トライオートFX」にて最大1,000万通貨の発注が可能です。インヴァスト証券のトライオートFXでは自動売買注文とマニュアル注文(裁量取引)の2つの注文方法があり、最大1,000万通貨の発注が可能なのは後者のマニュアル注文のみ。自動売買注文では最大200万通貨となります。

自動売買注文には売買手数料が設定されていますが、マニュアル注文であれば売買手数料は無料。

ですが、トライオートFXでは100万通貨超の発注をする場合、先カバー方式が適用され、カバー先で約定した価格に0.2pipsを加算した価格が約定価格となる、という特徴がありますのでご注意を。

トライオートFXで開催中の口座開設キャンペーン

トライオートFXで開催中の口座開設キャンペーン

インヴァスト証券 公式サイト

SBI FXトレード

おすすめポイント!
  • 1,000万通貨までの発注が可能な国内FX業者!
  • 100万通貨までの注文なら業界最狭水準スプレッドを適用!
  • SBIグループが運営している安心感と信頼性!

SBI FXトレードは1通貨単位から取引できる業者としても知られますが、実は発注上限の多さも特徴的であり、1取引あたり最大1,000万通貨までの発注が可能です。

最大発注数量の多い業者は外資系が多い中、SBI FXトレードは国内に拠点を置く業者として高いスペックを実現。小口から大口までの幅広いニーズに応えてくれています。

SBI FXトレードは低水準のスプレッドも魅力的。同社では注文数量に応じて基準スプレッドが変動する方式を採用しているのですが、1通貨〜100万通貨までの発注であれば業界最狭水準スプレッドで取引ができます。下記表は取り扱っている一部銘柄の基準スプレッド一覧。

米ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円
0.18 0.48 0.88 0.58
NZドル円 カナダドル円 スイスフラン円 南アランド円
1.18 1.38 1.38 0.88
トルコリラ円 メキシコペソ円 人民元円 香港ドル円
1.58 0.18 0.7 1.8
SGドル円 ズロチ円 ユーロ米ドル ポンド米ドル
2.9 4.8 0.38pips 0.9pips
豪ドル米ドル NZドル米ドル ユーロポンド ユーロ豪ドル
0.8pips 1.5pips 0.9pips 1.4pips

(※:SBI FXトレードは注文数量によりスプレッドが変動。表内スプレッドは1〜100万通貨までの発注に適用)
(※:市場の急変時や市場の流動性低下などにより提示以外のスプレッドになる場合もあります)

SBI FXトレードは高水準のスワップポイントもメリットのひとつ。米ドル円やメキシコペソ円、南アフリカランド円などはもちろん、ズロチ円やブラジルレアル円なども取り扱っています。

また、高品質なスマホアプリをお探しの方にもSBI FXトレードがおすすめ。同社のスマホアプリはプロの為替ディーラーが監修したツールであり、操作性が非常に快適であり、初心者でも使いやすい構造となっています。

【SBI FXトレード】主要通貨ペア スプレッド一覧表

注文数量 米ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 ユーロ米ドル
1〜
100万通貨
0.18 0.48 0.88 0.58 0.38pips
100万1〜
300万通貨
0.20 0.48 0.88 0.58 0.40pips
300万1〜
500万通貨
0.68 0.48 0.98 0.58 0.40pips
500万1〜
1,000万通貨
1.18 1.68 2.48 1.48 1.10pips

(※:各通貨ペア・各注文数量ごとに適用されるスプレッドの基準値を掲載しています)

「許容スプレッド」が使えるFX業者に注目

「許容スプレッド」が使えるFX業者に注目

許容スリッページではなく、「許容スプレッド」を設定できるFX業者が存在するのをご存じでしょうか。

「許容スプレッド」とは、指定したスプレッドを超えた場合に、発注機能を自動でロックしてくれる便利機能。

想定外にスプレッドが広がった場合の発注を防いでくれるので、大口発注やスキャルピングなどを行う際に役立ってくれます。

許容スプレッドが使える業者は少なく、「外為どっとコム」や「ヒロセ通商」など数社が該当します。

許容スプレッドに関しては別記事にて、概要や対応業者、使い方まで詳しく解説していますので、興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

CFD業者の取引上限の比較はこちら!
CFD業者の取引上限・最大ロット数を比較!

当サイトでは、CFD対応業者の取引上限・最大ロット比較のページもご用意しています。金や原油などの商品CFD、株式、株価指数などジャンルごとの発注上限と建玉上限をまとめて比較。

IG証券やGMOクリック証券はCFDにも対応していますので、それらの業者の情報も要注目。特に、IG証券はCFD取引においても「原則、上限なし」というスペックを誇りますので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

最大ロット・発注上限に関するよくある質問

1取引あたりの発注上限が一番高い国内FX業者は?

発注上限が一番高いのは「IG証券」です。IG証券では1注文当たりの発注上限が「原則上限なし」となっており、大口取引におすすめ。発注上限が特に高い業者を一覧表にまとめていますので、そちらもご参照ください。

1取引あたりの発注数量ごとにおすすめ業者を比較!

最大ロットに関しておすすめのFX業者は?

最もおすすめなのは「IG証券」です。同社は1注文・1回あたりの発注数量に原則上限がありません。FX取引だけでなく、CFD、バイナリーオプション、ノックアウトオプションでも最大注文数量は原則上限なしとなっています。IG証券を含め、発注上限が高い業者を一覧表にまとめていますので、そちらもご参照ください。

1取引あたりの発注数量ごとにおすすめ業者を比較!

1日あたりの発注上限が一番高い国内FX業者はどこですか?

1日あたりの発注上限が一番高いのも「IG証券」です。IG証券では1日あたりの発注上限も「原則上限なし」です。

FX業者によって1度の発注上限が違うのはなぜですか?

大量の注文を処理できるサーバー強度、トレーダーの注文を流すカバー先の豊富さなどによって発注上限が異なります。

CFD対応業者の取引上限は?

CFD取引も業者によって取引上限が異なります。また、商品CFDや株式CFDなどの銘柄によっても取引上限が異なってきます。詳しい内容については、CFD業者の取引上限比較ページをご参照ください。

CFD業者の取引上限・最大ロットを徹底比較!