MT4で日経225先物・NYダウ先物・原油・金などCFD銘柄を取引/表示可能な業者!

MT4で日経225先物や金などCFD銘柄を取引/表示可能な業者!

ここでは、MT4(メタトレーダー4)でCFD取引ができる国内業者を徹底特集しています。

日経225やNYダウなどの株価指数CFDや、金や原油などの商品CFDに対応しているMT4提供業者を一覧表にまとめて紹介。各社が取り扱っている銘柄の内訳、基本スペック・特徴といった情報もお伝えしています。

また、CFD取引には対応していないものの、日経225や原油などCFD銘柄のレート・チャート表示が可能な業者もあります。

「MT4でCFD取引ができる業者を探している」「MT4で金CFD取引ができる業者は?」といった要望・疑問をお持ちの方はぜひ当ページの情報を参考にしてみてくださいね。

CFD対応のMT4業者 一覧比較表

MT4業者 取引手数料 CFD取扱銘柄 業者の特徴 公式サイト
[楽天証券]楽天証券 無料 17銘柄
(株価指数、商品)
大手ネット証券
金・銀・原油CFD対応
詳細
[OANDA Japan]OANDA Japan 無料 26銘柄
(株価指数)
オリジナルインジが豊富
MT5でもCFD取引可能
詳細
[ゴールデンウェイ・ジャパン]ゴールデンウェイ・ジャパン(※) 5銘柄
(株価指数、商品)
CFD5銘柄の分析に対応
業界最狭水準スプレッド
詳細
[外為ファイネスト]外為ファイネスト(※) 7銘柄
(株価指数、商品)
CFD7銘柄の分析に対応
MT5でも分析可能
詳細
[JFX]JFX(※) 4銘柄
(株価指数)
CFD4銘柄の分析に対応
スキャルピング公認
詳細

(※:ゴールデンウェイ・ジャパン、外為ファイネスト、JFXはCFD銘柄の分析にのみ対応しています)

 

金や原油をMT4で取引できる業者は?
楽天証券のCFDサービス

当ページではCFD取引対応かつMT4対応の業者を紹介していますが、そのうち金や原油、天然ガスなどの商品CFDに対応しているのは「楽天証券」「OANDA」のみとなっています。

楽天証券とOANDAは、いずれもサービス開始後に商品銘柄の新規追加を実施。今後の銘柄拡充にも期待が持てる業者です。

楽天証券とOANDAに関しては、別ページでより詳しく解説していますので、そちらも参考にしてみてくださいね。

 

CFD対応MT4業者の特徴は?

楽天証券

楽天証券のCFDサービス

おすすめポイント!
  • CFD取引対応の大手ネット証券!
  • MT4で金・原油・天然ガスなどのCFD取引ができる貴重な業者!
  • 日本225や米国30などの株価指数CFDに対応!

楽天証券では日本225や米国30、イギリス100などの証券CFD、金・銀と原油などの商品CFDの合計17銘柄に対応しています。今後の取引サービス拡充にも期待。もちろん、楽天証券はFX取引にも対応していますので、MT4を使ってのCFD取引とFX取引の両方をご利用いただけます。

楽天証券のサービス

楽天証券は大手ネット証券であり、そんな業者でCFD取引ができること、MT4を利用できることは大きなメリット。特に金や原油などをMT4で取引できる業者は少ないですので、商品CFD取引を利用されたい方は楽天証券がおすすめです。

楽天証券でCFD取引を始めるためには、まず楽天証券でFX口座を開設する必要があります。その後、CFD口座を申し込むという形になります。楽天証券には総合口座もあるのですが、総合口座をお持ちの場合でもFX口座を開いていない場合は、そちらを開設する必要があるのでご注意を。

Macでも使える「MT4 Web」リリース!

また、楽天証券ではウェブブラウザ対応の「MT4 Web」を利用できるのもメリットです。通常のMT4はインストール型ですがMT4 Webはブラウザ環境で使えるのでインストールは不要。WindowsはもちろんMacでもご利用いただけます。

楽天証券のMT4 Webでは日本225や金、原油などのCFD銘柄に加え、FX取引にも対応。30種類の豊富なインジケーターを使ってチャート分析も行えます。

EAによる自動売買やオリジナルインジケーターは使えないといったデメリットはありますが、ブラウザ環境で楽天証券のMT4をサクサク利用したい方、Mac環境でも楽天MT4を利用したい方におすすめです。

7銘柄を新規追加!

さらに、楽天証券のCFDでは新たに7銘柄の取り扱いを開始!日本225ミニ、米国NAS100ミニ、香港50、オーストラリア200、フランス40、天然ガス、北海原油の取引が可能となりました。

日本225と米国NAS100は最低取引数量が縮小され、今まで以上に取引がしやすくなったのが魅力。MT4で天然ガスと北海原油を取引できるのも見逃せません。

米国株価指数CFDキャンペーン!
米国株価指数CFDキャンペーン!

楽天証券では現在「【CFD】米国株価指数CFDキャッシュバックキャンペーン」を開催中です!キャンペーン期間中、米国株価指数CFD(US30、US500、NAS100)の新規取引1ロットごとに8円をキャッシュバック。キャッシュバック金額は上限なしです!

キャンペーン参加はエントリー必須。ナスダック100などの米国株価指数に取引したい方は、この機会をお見逃しなく!

楽天証券 CFDサービス基本情報

口座開設手数料 無料
口座開設の必要日数 最短2営業日
(※CFD取引を行う場合はFX口座開設後に手続きが必要)
取引手数料 無料
取扱銘柄 【証券CFD:12銘柄】
JP225(日本225)、JP225mini(日本225ミニ)、US30(米国30)、US500(米国500)、NAS100(米国NAS100)、NAS100mini(米国NAS100 ミニ)、UK100(イギリス100)、GER40(ドイツ40)、EU50(ユーロ50)、HK50(香港50)、AUS200(オーストラリア200)、FRA40(フランス40)
【商品CFD:5銘柄】
XAUUSD(金)、XAGUSD(銀)、USOIL(NY原油)、UKOIL(北海原油)、NATGAS(天然ガス)
取引時間 証券CFD:銘柄により異なる
商品CFD:銘柄により異なる
取引単位 証券CFD:0.1〜1ロット
商品CFD:1ロット
(※主要銘柄の取引単位・最低証拠金額は取引単位の比較ページをご参照ください)
1度の発注上限 日本225:200ロット×10単位
米国30:20ロット×1単位
金:200ロット×1単位など
(※全銘柄の発注上限はこちらをご参照ください)
最大建玉数量 証券CFD:2億円
商品CFD:2億円
(※証券CFD口座の総建玉上限は2億円、商品CFDの総建玉上限は5億円)
注文方法 成行注文、指値注文、逆指値注文、IF-DONE注文、IF-OCO注文、ワンクリック注文、トレーリングストップ注文
レバレッジ 証券CFD:10倍
商品CFD:20倍
PC取引ツール MT4(インストール型)、MT4 Web(ブラウザ対応)
スマホアプリ スマホアプリ版MT4(iPhone・Android)
デモ取引
CFD以外のサービス FXバイナリーオプション、国内株式(現物取引、信用取引など)、外国株式・海外ETF、投資信託、楽ラップ、債券(国内、外国)、先物・オプション、外国為替

楽天証券 公式サイト

楽天証券の独占取材記事を公開中!
楽天証券取材

当サイトでは楽天証券の独占取材記事を公開中です!「楽天証券のCFD取引の魅力とは?」「今後の銘柄追加などの予定は?」「楽天MT4の強みとは?」といった疑問にお答えいただきました。楽天証券についてもっと知りたい方、同社の魅力を知りたい方はぜひ取材記事をチェックしてみてくださいね。

OANDA Japan(オアンダ・ジャパン)

OANDA JapanのCFDサービス

おすすめポイント!
  • 株価指数16銘柄と商品10銘柄に対応!
  • MT4・MT5の両方でCFD取引が可能!
  • 豊富なオリジナルインジケーターを提供!

OANDA Japan(オアンダ・ジャパン)は16種類の株価指数CFD、10種類の商品CFDに対応。銘柄数が豊富なだけでなく、金や原油、天然ガスなどの商品銘柄をMT4・MT5で取引できる貴重な業者です。

OANDA Japanには3つの取引コースが用意されているのですが、FXとCFDのチャートを同時に表示できるのは「東京サーバーコース」のみとなります。

CFD銘柄のチャートを見ながらFX取引ができるのも魅力ですが、OANDAは他にも多くのメリットを兼ね備えています。NDD方式を採用しており、快適なトレード環境の実現が魅力。また、東京サーバーコースは低水準スプレッドで取引できるのもポイントです。

OANDA Japan(オアンダ ジャパン)

さらに、OANDAはオリジナルインジケーターを豊富に提供しているのも要チェック。特に、OANDAユーザーのリアルな取引状況をMT4のチャート上に表示させられる「OANDAオープンオーダー」がおすすめです。OANDAで提供されているオリジナルインジケーターについては別ページで詳しくお伝えしていますので、気になる方はそちらも参考にしてみてくださいね。

OANDA CFDサービス基本情報

口座開設手数料 無料
口座開設の必要日数 最短当日(オンライン本人確認を利用した場合)
取引手数料 無料
取扱銘柄 【株価指数CFD:16銘柄】
日経株価指数225、オーストラリア株価指数200、中国A株価指数50、香港株価指数50、インド株価指数50、シンガポール株価指数30、台湾株価指数、ヨーロッパ株価指数50、ドイツ株価指数40、フランス株価指数40、オランダ株価指数25、イギリス株価指数100、米国ナスダック株価指数100、米国ラッセル株価指数2,000、米国S&P株価指数500、米国ウォールストリート株価指数30
【商品CFD:10銘柄】
金、銀、銅、WTI原油、北海ブレント原油、天然ガス、大豆、小麦、コーン、砂糖
取引時間 株価指数CFD:銘柄により異なる
商品CFD:銘柄により異なる
取引単位 株価指数CFD:0.1または1lot
商品CFD:0.01または0.1ロット
※最小取引単位は銘柄によって異なります
※主要銘柄の取引単位・最低証拠金額は取引単位の比較ページをご参照ください
1度の発注上限 日経株価指数225:10,000ロット
米国ナスダック株価指数100:200ロット
米国S&P株価指数500:1,000ロット
金:20ロット
WTI原油:10ロットなど
※全銘柄の発注上限はこちらをご参照ください
最大建玉数量 日経株価指数225:30,000ロット
米国ナスダック株価指数100:750ロット
米国S&P株価指数500:5,000ロット
金:100ロット
WTI原油:40ロットなど
※全銘柄の建玉上限はこちらをご参照ください
注文方法 成行注文、指値注文、逆指値注文、トレーリングストップ注文、If Done注文、OCO注文
レバレッジ 株価指数CFD:10倍
商品CFD:10〜20倍
PC取引ツール MT4、MT5
スマホアプリ スマホアプリ版MT4、MT5(iPhone・Android)
デモ取引 〇(※MT5のみ対応)
CFD以外のサービス FX

OANDA Japan 公式サイト

ゴールデンウェイ・ジャパン

!ゴールデンウェイ・ジャパン(FXTF MT4)

おすすめポイント!
  • 日経225先物や原油、金のチャート分析に対応!
  • 業界最狭水準のFX銘柄スプレッドに注目!
  • オリジナルのMT4インジケーター・ツールが豊富!

ゴールデンウェイ・ジャパン(FXTF MT4)ではOANDAのように取引はできませんが、MT4チャート上に日経225やダウ先物、WTI原油先物などのチャートを表示することが可能です。「ドル円の取引に株価指数はチェックしておきたい」という方におすすめ。

ゴールデンウェイ・ジャパン

ゴールデンウェイ・ジャパンの強みは何といっても、MT4業者とは思えないほど狭いスプレッドです。米ドル円やユーロ円、ユーロ米ドルなどなど複数銘柄で業界最狭水準スプレッドを配信。

さらに、主要通貨だけでなくその他の通貨ペアもかなり狭いスプレッドです。取引は1,000通貨単位から可能、スキャルピングは公認されていませんが、業界最狭水準スプレッドでMT4が使えます。

もちろん、取引手数料やクイック入金、当日出金の手数料は無料。さらに、ゴールデンウェイ・ジャパンは取引サーバー・営業拠点、カスタマーサポート等、すべて日本国内にあるFX会社です。国内MT4業者として安心して利用できます。

FXTF MT4で表示できるCFD銘柄

表示できるCFD銘柄
日経225先物 ダウ先物 WTI原油先物 金(GOLD)
銀(SILVER)

 

FXTF GXに商品CFD(金・銀)が登場!

FXTF GXに商品CFD(金・銀)が登場!

TradingViewチャート対応の「FXTF GX(バーチャル口座)」にて、2022年10月24日より商品CFD銘柄が追加されました!FX銘柄と併せて「金/USD」「銀/USD」の分析はもちろん取引も実行可能に。

FXTF MT4口座は対象外ですが、TradingViewチャート内蔵のFXTF GXで金/USDなどの分析・取引が行えるのは朗報です。

さらに、2022年12月中にはFXTF GX(ライブ口座)での商品CFD取り扱いも予定されています。業界最狭水準スプレッドでFXを展開してきたゴールデンウェイ・ジャパンの、CFD取引サービスに期待です!

FXTF MT4独自のインジケーターと同時に分析

CFD銘柄を単独で分析することも大事ですが、FXとの相関性を見ることも予測する上で重要になってきます。そこでFXTF MT4では1つのチャートに他の銘柄を表示させることができる「FXTF-OberLay Chartインジケーター」がFXTF MT4では標準搭載されています。

FXTF-OberLay Chartインジケーター

金の価格が上がったからドルが売られてドル円が下がった、など同時に分析することで勝率を上げられそうです。その他、FXTF MT4にはオリジナルインジケーターが多数存在し、口座開設さえしていれば無料でインジケーターを使うことができます。

ゴールデンウェイ・ジャパンの詳しい特徴やサービス内容は別記事にて解説しているので、気になる方はぜひそちらもご一読ください。

CFD銘柄のヒストリカルデータ取得が可能!

ゴールデンウェイ・ジャパンのFXTF MT4でCFD4銘柄のヒストリカルデータ取得が可能に!

FXTF MT4(ゴールデンウェイ・ジャパン)ではCFD銘柄のヒストリカルデータの取得も可能となっています。日経225先物、ダウ先物、WTI原油先物、金の4銘柄について、2012年1月3日以降のヒストリカルデータを取得していただけます。

FXTF MT4の口座を持っていれば無料でダウンロード可能。ヒストリカルデータに関しては特集ページも用意していますので、興味のある方はそちらも参考にしてみてくださいね。

ゴールデンウェイ・ジャパン 公式サイト

外為ファイネスト

外為ファイネストのメタトレーダー4

おすすめポイント!
  • 日経225先物や金スポットなどのチャート表示に対応!
  • MT4・MT5の両方でCFD銘柄のデータを表示可能!
  • スキャルピング公認・NDD方式採用の環境!

外為ファイネストもゴールデンウェイ・ジャパンと同様、取引は非対応ですがCFD銘柄のレート・チャートのデータ表示が可能です。

対応しているのは日経225先物やNYダウ先物など株価指数4銘柄、金スポットや原油の商品3銘柄となっています。

外為ファイネストはMT4とMT5の両方に対応しており、CFD銘柄のデータ表示は両方のツール上で行えます。MT5を利用したい方にもおすすめ。

日経225や金などCFD7銘柄のチャート表示が可能!

外為ファイネストは他にもスキャルピング公認の数少ない国内FX業者であること、NDD方式を採用していること、低水準スプレッドを実現していることなど、数多くのメリットを兼ね備えています。

日経225や原油の分析をFX取引に活かしたい方、MT4・MT5でスキャルピング取引をしたい方はぜひ外為ファイネストをチェックしてみてくださいね。

外為ファイネストで表示できるCFD銘柄

表示できるCFD銘柄
日経255先物 NYダウ先物 NASDAQ100先物 イギリスFTSE100先物
金スポット WTI原油先物 北海原油先物

外為ファイネスト 公式サイト

JFX

JFX

おすすめポイント!
  • 日経225やNYダウなど株価指数4銘柄のチャート表示が可能!
  • 30種類以上のJFXオリジナルインジケーターが使える!
  • JFXはスキャルピング公認、業界最狭水準スプレッド!

JFXでは分析専用ツールとしてMT4チャートが提供されいます。そのためMT4上での取引は非対応ですが、同社の別ツールと組み合わせて利用が可能。

JFXでは株価指数4銘柄(日経225、NYダウ、ナスダック100、S&P500)のチャート表示に対応しています。FXと同様に取引には非対応。

株価指数4銘柄のチャート表示が可能に!

JFXは株価指数チャートの表示に対応している他、30種類以上の豊富なオリジナルインジケーターを無料で提供しているのも特徴です。

また、JFXは数少ないスキャルピング公認の国内FX業者であり、業界最狭水準スプレッドなど短期取引に有益な環境が整っているのも魅力。高水準のスワップポイントやキャッシュバックキャンペーンなども見逃せません。

JFXで表示できるCFD銘柄

表示できるCFD銘柄
JP225 US30 NAS100 US500

JFX 公式サイト

各種CFD銘柄について

オーストラリア株価指数
(Aussie200)
オーストラリア証券取引所における株価指数。ASX200指数
ユーロ・ストックス50先物
(Europe50)
ユーロ圏12カ国の上位銘柄により構成される株価指数。EURO STOXX 50 Index
CAC 40
(CAC40)
ユーロネクスト・パリにおける株価指数
日経225先物
(Japan225)
日経平均株価を原資産とする株価指数先物取引。日経平均先物取引、日経平均先物とも
FTSE100先物
(UK100)
ロンドン証券取引所における株価指数
S&P500先物
(SPX500)
ニューヨーク証券取引所、NYSE MKT、NASDAQの上場銘柄のうち500銘柄の株価から求められた数値。スタンダード・アンド・プアーズ500種指数
NASDAQ100先物
(NASQ100)
全米証券業協会が運営しているNASDAQに上場された銘柄から算出された指数
NYダウ先物
(DJ30)
ダウ・ジョーンズ工業株平均株価を対象とした先物取引
ドイツDAX先物
(DAX40)
フランクフルト証券取引所で取引されるドイツの主要40銘柄で構成された株価指数
香港ハンセン先物
(HongKong50)
香港証券取引所における主要50名画から算出した株価指数。HKHSI
WTI原油先物 WTI(ウェスト・テキサス・インターミディエイト)と言われるアメリカ合衆国南部のテキサス州とニューメキシコ州を中心に産出される原油の先物取引です。ニューヨーク原油先物、NY原油先物とも呼ばれます
金(GOLD) NY金、ニューヨーク金先物相場と呼ばれ、金相場の指標となっています

 

MT5でCFD銘柄を取引できる業者は?

MT5でCFD銘柄を取引できる業者は?

ここまではMT4でCFD銘柄を取引・分析できる業者を紹介してきましたが、「MT5でCFD取引ができる国内FX業者はあるの?」と気になっている方もいらっしゃるのでは。

MT5を取り扱っている国内のFX業者はまだまだ少ない現状ですが、中にはFXとCFDの両方に対応している業者が存在します。気になる方は以下のFX業者を要チェック。

MT5でCFD取引ができるFX業者一覧表

CFD業者 取引手数料 取扱銘柄 業者の特徴 公式サイト
[オアンダ・ジャパン]オアンダ・ジャパン 無料 26銘柄
(株価指数、商品)
オリジナルインジ多数
MT4でもCFD取引対応
詳細

OANDA JapanならMT4・MT5の両方でCFD取引が可能。MT4でもMT5でも、株価指数CFDと商品CFDの両方に対応しています。

MT5でCFD取引できる業者に関しては、別ページにてより詳しい解説を行っています。興味のある方はぜひそちらもチェックしてみてくださいね。

 
 

MT4以外でCFD取引ができるおすすめ業者は?

当ページではMT4でCFD銘柄を取引できる、あるいは表示できるFX会社を紹介しています。が、MT4に対応していないFX会社で、CFD銘柄を取引できるFX会社はどこなのか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方のために、CFD銘柄を取引できるオススメの国内FX業者をご紹介。

IG証券(17,000以上のCFD銘柄に対応)

IG証券のCFDサービス

CFD取引に対応している国内FX会社はいくつかありますが、中でもIG証券は要チェック。IG証券は約100種類というFX銘柄の豊富さでも知られますが、CFD銘柄に関してはなんと17,000以上もの銘柄に対応しています。個別株から主要株価指数、商品での取引に対応。もちろん、CFD銘柄に関してはチャートを見るだけで取引はFX、という使い方も自由に行えます。

IG証券はMT4には対応していませんが、取り扱っているCFD銘柄の豊富さで言えば、楽天証券やOADAなどに対して圧倒的と言えます。色んな銘柄を見たいという方、気になる方はぜひIG証券をチェックしてみてくださいね。

IG証券レポートWプレゼント開催中!「IG証券限定タイアップキャンペーン画像468」

IG証券 公式サイト

 

CFD対応業者を徹底比較!
CFD取引対応のおすすめ業者を徹底比較!

当サイトではIG証券を含め、CFD取引に対応しているおすすめ業者の徹底比較ページをご用意しています。IG証券やGMOクリック証券といった人気のCFD対応業者を掲載し、株価指数CFDや商品CFD、株式CFDなどの対応銘柄、取引手数料、取引ツールなどを紹介。

「CFD取引ができるおすすめの業者を知りたい」という方はもちろん、「そもそもCFD取引ってなに?」といった疑問をお持ちの方まで、興味のある方はぜひCFD特集ページもチェックしてみてくださいね。

 

CFD対応のMT4業者に関するよくある質問

MT4でCFD取引ができる業者はどこ?

「楽天証券」「OANDA」ではMT4を利用して、商品と株価指数のCFD取引をご利用いただけます。MT4でCFD取引・分析ができる業者を一覧表にまとめていますので、そちらもご参照ください。

CFD対応のMT4業者の一覧表はこちら!

MT4で日経225(日経平均)のCFD取引ができる業者は?

「楽天証券」「OANDA」にて、MT4で日経225(日本225)のCFD取引をご利用いただけます。当記事では、MT4でCFD取引ができる業者を一覧表にまとめていますので、そちらもご参照ください。

CFD対応のMT4業者の一覧表はこちら!

MT4で原油やゴールド(金)のCFD取引ができる業者は?

「楽天証券」「OANDA」はMT4で原油やゴールド(金)などのCFD取引ができる貴重な国内業者です。また、「ゴールデンウェイ・ジャパン」では取引は非対応ですが、原油やゴールド(金)のレート表示やチャート分析を利用できます。

CFD対応のMT4業者の一覧表はこちら!

MT4以外でCFD取引ができる業者は?

「IG証券」や「GMOクリック証券」では、各社のツールを利用して株価指数や商品、株式などのCFD取引が可能です。特に「IG証券」は17,000以上もの銘柄によるCFD取引に対応しているのでおすすめ。CFD取引対応のおすすめ業者をまとめているページを用意していますので、そちらもご参照ください。

CFD対応のおすすめ業者比較はこちら!

タイトルとURLをコピーしました