国内初、IG証券がユニークな新商品「ノックアウト・オプション」をリリース

ノックアウト・オプション取り扱いFX業者

IG証券がリテール向け初となる「ノックアウト・オプション取引」をリリースしました。ノックアウト・オプションは従来のFX取引やCFD取引にはない独自のメリットを持っており、にわかに注目を集めています。

話題のノックアウト・オプションに興味はあるものの、どういう取引なのか今一つよく分からない、という方は少なくないのではないでしょうか。実際に取引を開始する前に仕組みや特長をしっかり把握しておきたいですね。

そこで当ページでは、ノックアウト・オプションを複数の観点からご紹介。ノックアウト・オプションの仕組みと特長、FXとの違い、バイナリーオプションとの違いなど…。IG証券で提供されているサービスの利点もお伝えしています。気になる方はぜひチェックしてみてください。

Check!!
IG証券ノックアウトオプションに130銘柄が新規追加!

2019年9月、ノックアウトオプションに130種類の銘柄が一気に追加されました。FX通貨ペアは14種類 → 約100種類、株価指数銘柄は11種類 → 27種類、商品銘柄は4種類 → 31種類。トルコリラ円やブラジルレアル円、ボラティリティ指数、US FANG指数といった銘柄でもノックアウトオプション取引が可能となりました。

ノックアウトオプションはスワップポイントを狙うこともできますので、そういった面でも取引の幅が広がりますね。IG証券のノックアウトオプションで取り扱っている全銘柄の内訳はこちらの項目に掲載しています。気になる方はチェックしてみてくださいね。

「ノックアウト・オプション」とは?

「ノックアウト・オプション」とは?

「オプション」にはいろいろな種類がありますが、その中にバリアー・オプションというものがあります。バリアー・オプションは、ある価格に到達するかしないかで権利が消滅したり発生したりするオプションで、その1つに「ノックアウト・オプション」があります。

ノックアウト・オプションは損失額が限定されているオプションです。ノックアウト・レベルというFXでいう損切りのレベルを必ず決めることになります。このレベルはいくつかの選択肢からユーザーが自由に指定可能。損失が限定される一方、利確のレベルは決まっていないのも特徴です。

ノックアウト・オプションにはバイナリーオプションのような短期のオプション期限がないのも特徴的。ですが期限があることに変わりないので、FXと比べると自由度が低いと言えるかもしれません。

ノックアウト・オプション対応業者はIG証券だけ!

ノックアウト・オプション対応業者はIG証券だけ!

2018年9月11日よりIG証券がノックアウト・オプションの取り扱いを開始しました。ノックアウト・オプションを取引できるのは国内では唯一、IG証券だけ。それだけでも十分魅力的なのですが、主要なFX銘柄だけでなく株価指数や商品の銘柄にも対応しているのも、取り扱い銘柄の豊富なIG証券ならではです。

大幅にリニューアルされたWEBブラウザ取引ツールの使い勝手にも注目。リアルタイムに変動する情報を見つつ、サクサク動く注文パネルから発注をしていただけます。

IG証券 ノックアウト・オプション概要

ノックアウト・オプション取り扱い銘柄

対応銘柄
(FX)
米ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/米ドル、豪ドル/円、豪ドル/米ドル、ユーロ/ポンド、ポンド/円、ユーロ/スイスフラン、ユーロ/豪ドル、ポンド/スイスフラン、ポンド/米ドル、NZドル/米ドル、米ドル/カナダドル、米ドル/スイスフラン

(2019.9.27 新規追加)NZドル/円、カナダドル/円、スイスフラン/円、トルコリラ/円、南アフリカランド/円、ブラジルレアル/円、メキシコペソ/円、ノルウェークローネ/円、スウェーデンクローナ/円、ポーランドズロチ/円、シンガポールドル/円、オフショア人民元/円、ロシアルーブル/円、​インドルピー/円、​ユーロ/ノルウェークローネ、ユーロ/スウェーデンクローナ、ポンド/ノルウェークローネ、ポンド/スウェーデンクローナ、米ドル/ノルウェークローネ、米ドル/スウェーデンクローナ、豪ドル/カナダドル、豪ドル/スイスフラン、豪ドル/オフショア人民元、豪ドル/ユーロ、豪ドル/ポンド、豪ドル/NZドル、豪ドル/シンガポールドル、カナダドル/スイスフラン、カナダドル/オフショア人民元、カナダドル/ノルウェークローネ、スイスフラン/ハンガリーフォリント、スイスフラン/ノルウェークローネ、スイスフラン/トルコリラ、ユーロ/カナダドル、ユーロ/オフショア人民元、ユーロ/チェココルナ、ユーロ/デンマーククローネ、ユーロ/ハンガリーフォリント、ユーロ/イスラエルシェケル、ユーロ/メキシコペソ、ユーロ/NZドル、ユーロ/ポーランドズロチ、ユーロ/ロシアルーブル、​ユーロ/シンガポールドル、ユーロ/トルコリラ、ユーロ/南アフリカランド、ポンド/豪ドル、ポンド/カナダドル、ポンド/オフショア人民元、ポンド/チェココルナ、ポンド/デンマーククローネ、ポンド/ユーロ、ポンド/ハンガリーフォリント、ポンド/イスラエルシェケル、ポンド/インドルピー、ポンド/メキシコペソ、ポンド/NZドル、ポンド/ポーランドズロチ、ポンド/シンガポールドル、ポンド/トルコリラ、ポンド/南アフリカランド、ノルウェークローネ/スウェーデンクローナ、NZドル/豪ドル、NZドル/カナダドル、NZドル/スイスフラン、NZドル/オフショア人民元、NZドル/ユーロ、NZドル/ポンド、米ドル/ブラジルレアル、米ドル/オフショア人民元、米ドル/チェココルナ、米ドル/デンマーククローネ、米ドル/ハンガリーフォリント、米ドル/ルピア、米ドル/イスラエルシェケル、米ドル/インドルピー、米ドル/ウォン、米ドル/メキシコペソ、米ドル/フィリピンペソ、米ドル/ポーランドズロチ、米ドル/ロシアルーブル、​米ドル/シンガポールドル、米ドル/バーツ、米ドル/トルコリラ、米ドル/台湾ドル、米ドル/南アフリカランド、US Dollar

対応銘柄
(株価指数)
日本225、英国FTSE 100、ドイツ30、ウォール街、米国500、米国テク株100、米国Russ2000、フランス40、香港HS50、スペイン35、欧州50

(2019.9.27 新規追加)米国FANG、ボラティリティ指数、イタリア40、スイス優良株、スウェーデン30、オランダ25、ノルウェー25、デンマーク25、EUボラティリティ指数、中国H株、中国A50、シンガポール優良株、台湾、オーストラリア200、インド50、南アフリカ40

対応銘柄
(商品)
WTI原油、北海原油、スポット銀、スポット金

(2019.9.27 新規追加)NY天然ガス、NYヒーティングオイル(灯油)、NY無鉛ガソリン、スポットプラチナ、NYHG銅、シカゴ大豆油、シカゴコーン、NYココア、NY綿花、パーム原油、アルミニウム、NYコーヒー、シカゴ材木、シカゴ生牛、ロンドンココア、ロンドンコーヒー、ロンドン砂糖、NYオレンジジュース、シカゴコメ、シカゴ大豆、NY砂糖、シカゴ大豆ミール、シカゴ小麦、銅、鉛、ニッケル、亜鉛

 

ノックアウト・オプション取引期間

ノックアウト・オプションには取引期間が設定されており、IG証券ではオプション組成から1年後が満期となります。国内のバイナリーオプションでは2時間や1日といった取引期間が設けられていますが、それらと比べると長めのスパン。

ノックアウト・オプション取引期間

各オプションの精算日と最終取引日時は取引画面にて確認できます。注文パネルの右上にある「i」アイコンをクリックすると銘柄の詳細情報を表示可能。ここで精算情報もチェックしていただけます。参考画像では2018年9月11日に組成された米ドル円の情報を表示しており、精算日は「2019/08/01」と記載されています。

 

Check!!
2018年9月より提供されていた銘柄が2019年8月2日に満期

2018年9月より取り扱いがスタートしたノックアウトオプションの銘柄が、2019年8月2日午前00時30分に取引期限を迎えます。2019年6月29日を過ぎてすでに新規注文ができなくなっており、決済および指値・逆指値注文の発注は可能となっています。規定の満期までに決済をしなかった場合は満期時点のレートで自動精算されます。

ノックアウトオプションの新しい銘柄が提供開始

旧銘柄が満期を迎えることに伴い、IG証券では新たなノックアウトオプション銘柄の提供が開始されました。今度は2020年8月4日00時30分が最終取引日時となっています。2019年7月1日より注文を受付中です。今後もノックアウトオプションを取引される方、これから取引しようと思われている方は要チェックですね。

ノックアウトオプションの新しい銘柄が提供開始

ノックアウトオプションのスワップポイントは?

ノックアウトオプションでは通常のFX取引と同じようにスワップポイントが発生します。取引ツールの銘柄一覧などにて、付与されるスワップポイントを確認可能(下記画像参照)。ちなみに「0.53」や「-0.78」とスワップポイントが記載されていますが、これは100通貨分のスワップポイントになりますので、1万通貨単位であれば買いスワップ53円、売りスワップ-78円というようになります(2019年10月4日確認時点)。

ノックアウトオプションのスワップポイントは?

ノックアウトオプションは上昇銘柄と下降銘柄に分かれているので、それぞれには買いスワップと売りスワップしか付きません。例えば、米ドル円の上昇銘柄であれば買いスワップポイントが、米ドル円の下降銘柄を選択すれば売りスワップポイントが発生します。

トルコリラ円やメキシコペソ円といった高金利通貨ペアの取り扱いもスタートしましたので、ノックアウトオプションでスワップポイントを積極的に狙いつつ、急激な変動が起きても確実に損切りを行うという体制を整えることができますね。スワップポイントの観点からも、ぜひノックアウトオプションにご注目ください。

ノックアウト・オプションの仕組み

ノックアウト・オプションはリスク限定の取引です。最大損失額はオプション購入金額となります。また注文する際に自分でノックアウト・レベルを選択でき、選んだレベルに応じてオプション購入金額が変わります。これはノックアウト・オプションの最大の特徴でノックアウト・レベルを決めることで自分のリスク許容度に応じて柔軟な取引が行えるのです。

ノックアウト・オプション取引にはプレミアム(保証料)が発生します。これはスリッページに対する保証料です。この保証料は、原資産の価格が設定したノックアウト・レベルに達した場合にチャージされますが、お客様がノックアウト・オプションを途中決済した場合には返金されます。

また、FXと同じように銘柄によってはスワップポイントで利益を得ることもできます。

 

新機能追加
IG証券「ノックアウト・オプション」に逆指値注文機能が追加!
IG証券「ノックアウト・オプション」に逆指値注文機能が追加!

好評を博しているIG証券のノックアウト・オプションに、逆指値注文(決済専用)機能が新たに追加されました。ノックアウト・レベルは発注後に変更できませんが、この逆指値注文は変更が可能です。
そのため、約定後に価格が予想どおりに動いたけれど、それに対してノックアウト・レベルが低い(高い)と感じた場合、逆指値注文を追加して損切りレベルを修正する、といった対応が可能になります。

逆指値注文の発注はポジションの保有時あるいは保有後に追加できます。機能が追加されてさらに便利になったIG証券のノックアウト・オプションは要チェック。

IG証券のデモ取引でノックアウト・オプションを体験できる!

IG証券のデモ取引でノックアウト・オプションを体験できる!IG証券では無料のデモ口座をご利用いただけます。ユーザー名やパスワード、メールアドレス等の登録が必要になるのですが、FXやCFD、バイナリーオプションなど数多くの取引を体験していただけます。
当ページで紹介しているノックアウト・オプションのデモ取引にも対応していますので、興味のある方はぜひお試しください。

しかも、IG証券のデモ取引は利用期限が設けられていません。6,000万円の仮想資金で存分にトレードを体験しましょう。

FXやバイナリーオプションとの違いは?

FXとノックアウト・オプションの違いは?

FXの銘柄は為替のみですが、ノックアウト・オプションは為替だけでなく株価指数と商品にも対応しています。FXの証拠金率は通貨ペアにかかわらず固定されていますが、ノックアウト・オプションの購入金額はノックアウト・レベルに合わせて変動します。また、FXではどこで損切りするかを自由に判断でき、利確の設定もしておけますが、ノックアウトは注文後の最大損失額は決まっているのが異なるポイントです。

バイナリーとノックアウト・オプションの違いは?

国内のバイナリーオプションは2時間や1日というように、取引可能な時間が業者ごとに設けられています。ノックアウト・オプションでも取引期間が定められているのですが、IG証券ではオプション組成から約1年と、バイナリーと比べて期間が長く設定されています。

IG証券でも取り扱われているワンタッチオプションに似ていると思われる方もいらっしゃいますが、権利行使価格に1度でも「タッチする」「タッチしない」によってペイアウト金額が得られるワンタッチオプションに対して、ノックアウト・オプション取引においてはノックアウト・レベルに達するとポジションが自動的に決済され損失が確定します。

また、ノックアウト・オプションの利益に上限がないという特徴は異なります。

 

Check!!
IG証券の「ノースリッページ注文」との違いは?

IG証券には「ノースリッページ注文」というサービスがあります。これはプレミアム(保証料)を支払うことで、スリッページなしで指定したレートで確実に決済するという注文方法。ノックアウト・オプションも損切りレベルが決まっており、スリッページがありませんので似ています。

ただし、ノースリッページ注文は発注してからもストップ(逆指値)注文の位置を変更できます。ノックアウトは変更できません。また、ノースリッページ注文ではレートを変更しても証拠金は変わるといったことはありません。それぞれの特徴に注目し、使い分けていただけたらと思います。

ノックアウト・オプションのメリット

ノックアウト・オプションは損切りが苦手な方や、ストップに不安があるといった方におすすめ。ボラティリティの高い通貨ペアでも決められたレベルで損切りされます。雇用統計や政策金利など重要指標発表の場面でもお使いいただけます。また、ノックアウト・レベルの設定によっては少ないオプション購入金額でポジションを保有することができます。

ノックアウトオプションの使い方・画面の見方

ここからはノックアウトオプション取引のやり方、取引画面の見方を解説します。PCでもスマホアプリでもノックアウトオプションは対応していますので、それぞれの使い方を紹介。取引のイメージを掴みたい方、取引画面の見方に迷っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

【PC版】ノックアウトオプション取引のやり方

IG証券のPCブラウザ取引システムには新プラットフォームと旧プラットフォームの2種類がありますが、ノックアウト・オプションは前者の新プラットフォームで取引できます。IG証券のマイページにログイン後、新プラットフォームを開いてください。

ノックアウトオプションの注文画面を開く

ノックアウトオプションの注文画面を開く

新プラットフォーム取引画面の左側にあるメニューから、「ノックアウトオプション」を選択します。すると、下記のようなウィンドウが出てきます。

ノックアウトオプションの注文画面を開く

ここではFX銘柄が表示されています。上から「USD/JPY ブル(上昇)KO」「USD/JPY ベア(下降)KO」「AUD/JPY ブル(上昇)KO」…と一覧表示されていますね。売値、買値、前日比、前日比%も併記されています。この中から取引したい銘柄を選択すると、下記のような画面が表示されます。

ノックアウトオプションの注文画面を開く

「USD/JPY ブル(上昇)KO」の注文画面をマイページに表示しています。ここからノックアウトオプションの注文が行えます。では、各項目を見ていきましょう。

注文画面の見方

ノックアウト・オプション注文画面の見方

上部にある「ベア(下落)」と「ブル(上昇)」のボタンをクリックすると、ベアとブルを変更することができます。「ノックアウトレベル」の項目をクリックして、多数あるノックアウトレベルから希望のものを選択。「購入」「決済」と表記されている箇所には、現在の購入価格と決済価格が表示されています。この価格はリアルタイムで更新。

ロット数を入力する箇所と、逆指値(決済)と指値(決済)を入力する箇所もあります。新規注文と同時に逆指値と指値を同時に発注することも可能です。注文内容がよければ「注文確定」のボタンをクリックします。

ノックアウト・オプション注文画面の見方

ノックアウトレベルの選択

ノックアウトレベルの選択

「ノックアウトレベル」の項目をクリックすると、ノックアウトレベルがずらりと表示されます。参考画像を挙げていますが実際はもっと上下に長いです。

ノックアウトレベルの選択

ノックアウトレベルを選択すると、チャートの該当位置に黄色のラインが表示されます。参考画像では「10990.0」の位置ですね。ちょっと見えづらいですが、ラインの左端に「¥-2,780」と赤字で損失額が書かれています。これはノックアウトプレミアムを差し引いた額。

ちなみに、右の注文パネルから逆指値と指値を指定することもできますが、チャート上に表示されている「逆指値/指値」をドラッグして、チャート上で逆指値/指値を指定することも可能です。

ノックアウトレベルの選択

購入価格の計算式と具体例

ノックアウト・オプション購入価格の計算式

ノックアウトオプションの購入価格は、現在のレートとノックアウトレベル(つまり損切りポイント)との差によって変動します。現在レートと離れれば離れるほど購入価格は増加し、近づけば近づくほど購入価格は減少します。ただし、現在レートに近いということは、それだけ損切りされやすいということにもなりますのでご留意ください。

参考画像では購入価格の計算式を表記しています。計算式は…

「原資産の買値 − ノックアウトレベル +ノックアウトプレミアム = 購入価格」

となります。ですので、参考画像の場合は以下のようになります。

「11018.6 − 10910 + 2 = 110.6」

この購入価格で1ロット分を購入すると11,060円になります。前述のように、購入価格=最大損失額となります。ノックアウトオプションでは指定したノックアウトレベルで必ず損切りが行われますので、損失額が増えることはありません。

ノックアウトオプションの決済

ノックアウトオプションの決済

ノックアウトオプションの購入後、ポジションの決済は保有ポジション・パネルから行います。サイドメニューに並んでいる「保有ポジション」をクリックしてパネルを表示。上記画像は保有ポジション・パネルを開いた状態です。保有している「USD/JPY ブル(上昇)KO」のポジションが表示されていますね。「マイページに追加」を押せば、保有ポジション・パネルをマイページの好きな位置に設置できます。

ノックアウトオプションの決済

ロット数を指定しての決済と、複数ポジションを持っている場合は一括決済も使えます。

ノックアウトオプションの決済

保有ポジション・パネルでは、逆指値と指値の注文も行えます。

ノックアウトオプション銘柄の情報を閲覧

ノックアウトオプション銘柄の情報を閲覧

ノックアウトオプション取引画面にて、右上の「i」ボタンをクリックすると、銘柄の情報を見ることができます。精算日、最終取引日時もここで見られます。

【スマホ版】ノックアウトオプション取引のやり方

ノックアウトオプションはIG証券のスマホアプリ「トレーディング・アプリ」でも取引が可能です。スマホアプリでの使い方もご紹介します。

「マーケット(銘柄検索)」から「ノックアウト・オプション」を選択

「マーケット(銘柄検索)」から「ノックアウト・オプション」を選択

アプリにログイン後、下部メニューの「マーケット」を選択します。「銘柄検索」の画面が表示されますので、「ノックアウト・オプション」の項目をタップ。検索窓から直接探してもOKです。

「マーケット(銘柄検索)」から「ノックアウト・オプション」を選択

ここではFX銘柄を表示します。「オセアニア・アジア」「主要通貨(標準)」「非主要通貨」の3つの種類が並んでいますね。ここでは「主張通貨(標準)」を選択。次の画面で「全取引銘柄」をタップします。

取引したい銘柄を選択、ノックアウトオプション取引画面へ

取引したい銘柄を選択、ノックアウトオプション取引画面へ

主要通貨のノックアウトオプション銘柄がずらりと並んでいます。取引したい銘柄をタップしてください。上記中央のような画面が表示されます。青色で表記されている箇所をタップすると、右の取引画面へ移動します。ここでノックアウトオプションの注文が行えます。

注文画面の見方

注文画面の見方

スマホ版ノックアウト・オプションの注文画面を見ていきます。基本的にPC版と表示されている内容は同じですね。ノックアウトレベルの選択、購入価格と決済価格をリアルタイムに表記している箇所、取引ロット数の選択、ストップ値幅とリミット値幅の入力箇所。下部の注文確定ボタンをタップすると購入が確定します。

ノックアウトレベルの選択

ノックアウトレベルの選択

ノックアウトレベルの項目をタップすると、ノックアウトレベルがずらりと並んでいる画面が表示されます。この中から希望のレベルを選択しましょう。

高機能チャートを表示(逆指値/指値の発注が可能)

高機能チャートを表示

IG証券のトレーディング・アプリは高機能チャートが魅力です。ノックアウトオプションの取引画面で「チャート」ボタンをタップすると、その高機能チャートが表示されます。28種類ものテクニカル指標と18種類の描画オブジェクトを自由に利用可能。

高機能チャートを表示

チャートを見ながらノックアウトオプションの購入はできませんが、購入後はチャート上に保有ポジションと、ノックアウトレベルの位置に黄色のラインが表示されます。また、チャート上で逆指値と指値注文の発注が可能。PC並みの使い勝手が実現されています。

IG証券 公式サイト

タイトルとURLをコピーしました