【2020年1月最新版】FX業者のスワップポイント一覧比較/早見表(米ドル/円および高金利通貨)

FX業者のスワップポイント一覧比較/早見表

ここでは、FX業者の買いスワップポイントを一覧比較しています。FX会社24社(25サービス)の情報を掲載しており、各社のスワップデータは毎週更新中。スワップポイントは業者によって異なります。そのため、金利差で利益を狙うのであれば各社の数値を確認して、どこで取引するのかを見極めたいところ。ですが、何社も調べるのは面倒ですよね。

そこで当ページでは、米ドル円や豪ドル円をはじめ、高金利通貨ペアとして知られる南アフリカランド円とトルコリラ円、近年注目を集めているメキシコペソ円の買いスワップの数値もまとめて比較しています。米ドル円と南アフリカランド円、トルコリラ円、メキシコペソ円の4通貨ペアについては月間の実績ランキングも掲載しています。特定の通貨ペアのスワップポイントを知りたい方も、総合的にスワップの高いFX会社を探している方も、ぜひ当ページの情報を参考にしてみてくださいね。

FX業者の買スワップポイント一覧比較/早見表

【最終更新日:2020年1月14日】

(通貨ペアの項目をクリックするとスワップの高い順に並べ替えられます)

FX業者米ドル日本円

米ドル円
豪ドル日本円

豪ドル円
NZドル日本円

NZドル円
南アフリカランド日本円

南アフリカランド円
トルコリラ日本円

トルコリラ円
メキシコペソ日本円

メキシコペソ円
公式サイト
[GMOクリック証券]GMOクリック証券5224211003280GMOクリック証券 公式▶
[GMOクリック証券スワップページ]
[ヒロセ通商]
ヒロセ通商
20222215043110ヒロセ通商 公式▶
[ヒロセ通商スワップページ]
[FXプライムbyGMO]FXプライムbyGMO45161615033140FXプライム byGMO 公式▶
[FXプライム byGMOスワップページ]
[みんなのFX]みんなのFX60171612042100みんなのFX 公式▶
[みんなのFXスワップページ]
[IG証券]IG証券45201414041110IG証券 公式▶
[IG証券スワップページ]
[岡三オンライン証券]岡三オンライン証券202222150--岡三オンライン証券 公式▶
[マネックスFXスワップページ]
[ゴールデンウェイ・ジャパン]ゴールデンウェイ・ジャパン21.316.221.44141.5113FXトレード・フィナンシャル 公式▶
[FXトレード・フィナンシャルスワップページ]
[セントラル短資FX]セントラル短資FX257156010110セントラル短資FX 公式▶
[セントラル短資FXスワップページ]
[マネーパートナーズ]パートナーズFX2412141002270マネーパートナーズ 公式▶
[マネーパートナーズスワップページ]
[マネーパートナーズnano]パートナーズFX nano4015151002470マネーパートナーズ 公式▶
[マネーパートナーズスワップページ]
[マネックス証券]マネックス証券1912912042100マネックス証券 公式▶
[マネックス証券ログイン]
(※1)
[SBI FXトレード]SBI FXトレード5222211103590SBI FXトレード 公式▶
[SBI FXトレードスワップページ]
[くりっく365]くりっく3655921151304397くりっく365 公式▶
[くりっく365スワップページ]
[楽天証券]楽天証券401114702580楽天証券 公式▶
[楽天証券スワップページ]
[LIGHT FX]LIGHT FX60171615142100LIGHT FX 公式▶
[LIGHT FXスワップページ]
[外為オンライン]外為オンライン3510101004090外為オンライン 公式▶
[外為オンラインスワップページ]
[アイネット証券]アイネット証券52222115042110アイネット証券 公式▶
[アイネット証券スワップページ]
[JFX]JFX20222215043110JFX 公式▶
[JFXスワップページ]
[マネースクエア]マネースクエア5114010100マネースクエア 公式▶
[マネースクエア スワップページ]
[DMM FX]DMM FX462117120--DMM FX 公式▶
[DMM FX スワップページ]
[OANDA Japan]OANDA Japan(東京サーバー)3814911122.9-OANDA Japan 公式▶
[OANDA Japan スワップページ]
[インヴァスト証券(トライオートFX)]インヴァスト証券(トライオートFX)40557045-インヴァスト証券(トライオートFX) 公式▶
[インヴァスト証券(トライオートFX) スワップページ]
[FXブロードネット]FXブロードネット436990--FXブロードネット 公式▶
[FXブロードネット スワップページ]
[YJFX!]YJFX!471514100--YJFX! 公式▶
[YJFX! スワップページ]
[新生銀行]新生銀行401114702580新生銀行 公式▶
[新生銀行 スワップページ]

(※:スワップポイントは常に変動しますので、最新のスワップポイントは各社のスワップポイント掲載ページにてご確認ください)
(※:掲載しているスワップポイントは1万通貨単位です)
(※:南アフリカランド円とメキシコペソ円のみ10万通貨単位で掲載しています)
(※:「ー」と記載している箇所は取り扱いなし)
(※1:マネックス証券のスワップポイントはFX PLUS取引画面にて確認できます)

 

スワップポイント実績ランキング

(※:掲載している数値は各社の公式サイトに掲載されているスワップカレンダーの情報を元に算出しています)

【トルコリラ円】月間・年間実績

トルコリラ/円のスワップポイント比較

月間の累計買いスワップランキング(2019年12月)

(※:1万通貨のTRY/JPY買いポジションを所有した場合の合計スワップポイントを掲載しています)

ランキング FX会社 1ヶ月間の保有で得られたスワップ合計(1万通貨) 公式サイト
1位 [インヴァスト証券(トライオート)] 1,938円 詳細
2位 [くりっく365] 1,698円 詳細
3位 [マネックス証券] 1,612円 詳細
4位 [アイネット証券] 1,599円 詳細
5位 [ゴールデンウェイ] 1,583円 詳細
6位 [みんなのFX] 1,442円 詳細
7位 [LIGHT FX] 1,442円 詳細
8位 [ヒロセ通商] 1,397円 詳細
9位 [FXプライムbyGMO] 1,353円 詳細
10位 [SBI FXトレード] 1,339円 詳細

年間の累計買いスワップランキング(2019年1月〜12月)

(※:1万通貨のTRY/JPY買いポジションを所有した場合の合計スワップポイントを掲載しています)

ランキング FX会社 12ヶ月間の保有で得られたスワップ合計(1万通貨) 公式サイト
1位 [IG証券] 36,079円 詳細
2位 [アイネット証券] 34,973円 詳細
3位 [マネックス証券] 34,260円 詳細
4位 [くりっく365] 34,249円 詳細
5位 [みんなのFX] 32,865円 詳細
6位 [LIGHT FX] 32,865円 詳細
7位 [マネーパートナーズ(nano)] 31,764円 詳細
8位 [ヒロセ通商] 30,511円 詳細
9位 [SBI FXトレード] 28,058円 詳細
10位 [GMOクリック証券] 25,224円 詳細

 

【メキシコペソ円】月間・年間実績

メキシコペソ/円のスワップポイント比較

月間の累計買いスワップランキング(2019年12月)

(※:10万通貨のMXN/JPY買いポジションを所有した場合の合計スワップポイントを掲載しています)

ランキング FX会社 1ヶ月間の保有で得られたスワップ合計(10万通貨) 公式サイト
1位 [FXプライムbyGMO] 4,950円 詳細
2位 [アイネット証券] 4,530円 詳細
3位 [LIGHT FX] 4,114円 詳細
4位 [セントラル短資FX] 3,750円 詳細
5位 [マネックス証券] 3,600円 詳細
6位 [マネースクエア] 3,500円 詳細
7位 [みんなのFX] 3,420円 詳細
8位 [くりっく365] 3,393円 詳細
9位 [ゴールデンウェイ] 3,323円 詳細
10位 [IG証券] 3,280円 詳細

年間の累計買いスワップランキング(2019年1月〜12月)

(※:10万通貨のMXN/JPY買いポジションを所有した場合の合計スワップポイントを掲載しています)

ランキング FX会社 12ヶ月間の保有で得られたスワップ合計(10万通貨) 公式サイト
1位 [アイネット証券] 54,670円 詳細
2位 [LIGHT FX] 49,230円 詳細
3位 [セントラル短資FX] 48,190円 詳細
4位 [みんなのFX] 47,375円 詳細
5位 [IG証券] 46,410円 詳細
6位 [FXプライムbyGMO] 45,250円 詳細
7位 [ヒロセ通商] 44,090円 詳細
8位 [くりっく365] 43,667円 詳細
9位 [マネーパートナーズ(nano)] 39,990円 詳細
10位 [マネックス証券] 31,850円 詳細

 

【南アフリカランド円】月間実績

南アフリカランド/円のスワップポイント比較

月間の累計買いスワップランキング(2019年12月)

ランキング FX会社 1ヶ月間の保有で得られたスワップ合計(10万通貨) 公式サイト
1位 [FXプライムbyGMO] 5,250円 詳細
2位 [LIGHT FX] 5,134円 詳細
3位 [アイネット証券] 4,960円 詳細
4位 [ヒロセ通商] 4,950円 詳細
5位 [JFX] 4,950円 詳細
6位 [岡三オンライン証券] 4,950円 詳細
7位 [OANDA] 4,447円 詳細
8位 [くりっく365] 4,314円 詳細
9位 [DMM FX] 4,260円 詳細
10位 [マネックス証券] 4,160円 詳細

 

【米ドル円】月間実績

米ドル/円のスワップポイント比較

月間の累計買いスワップランキング(2019年12月)

ランキング FX会社 1ヶ月間の保有で得られたスワップ合計(1万通貨) 公式サイト
1位 [くりっく365] 3,495円 詳細
2位 [FXプライムbyGMO] 2,510円 詳細
3位 [SBI FXトレード] 1,714円 詳細
4位 [アイネット証券] 1,693円 詳細
5位 [DMM FX] 1,617円 詳細
6位 [GMOクリック証券] 1,560円 詳細
7位 [LIGHT FX] 1,535円 詳細
8位 [みんなのFX] 1,535円 詳細
9位 [YJFX!] 1,526円 詳細
10位 [インヴァスト証券] 1,360円 詳細

 

総合的にスワップポイントの高い業者は?

みんなのFX

トレイダーズ証券 みんなのFX

複数の高金利通貨ペア、特にクロス円の通貨ペア保有をお考えの方は「みんなのFX(トレイダーズ証券)」にご注目を。上記比較表にも掲載していますが、トルコリラ円、南アフリカランド円、メキシコペソ円、豪ドル円、いずれの買いスワップポイントも高水準となっています。一部の高金利通貨ペアのスワップは高いけど他の通貨ペアはそうでもない、というFX会社はちらほら見受けられますが、みんなのFXのように複数の通貨ペアで高水準のFX会社は少ないです。しかもスプレッドに関しても業界最狭水準。米ドル円の買いスワップも高くなっています。複数の高金利通貨ペアでスワップ益を狙われる方は要チェック。

また、みんなのFXでは高金利通貨に特化したニュース配信も始まっています。対象となる通貨はトルコリラ、メキシコペソ、南アフリカランド、中国人民元の4種類。みんなのFXとLIGHT FXを運営するトレイダーズ証券と、情報配信を行うDZHフィナンシャルリサーチが独占配信契約を締結しています。そのため、この情報は他のFX業者では見られないもの。こちらのニュース配信について詳しくは以下のページも参考にしてみてください。

まとめ
  • トルコリラ円や南アフリカランド円など複数の通貨ペアで高水準スワップ!
  • 高水準スワップでありながら、かつ業界最狭水準スプレッド!
  • クロス円銘柄は買いスワップと売りスワップが同値となる「一本値」を採用!

みんなのFX 公式サイト

アイネット証券

アイネット証券『ループイフダン』

当ページの比較/早見表は毎週更新していますが、掲載しているFX業者の中でもアイネット証券は特に安定しており、かつ高水準のスワップポイントを提供し続けています。米ドル円や豪ドル円だけではなく、トルコリラ円や南アフリカランド円、メキシコペソ円でも高スワップポイント。

また、アイネット証券は自動売買注文の「ループイフダン」の提供で知られるFX業者でもあります。ループイフダンはリピート系注文とも呼ばれる自動売買の1種。複数の注文を自動で仕掛け、その売買を自動で繰り返す(リピートする)注文方法です。自動売買といえば複雑なロジックがあるのではと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ループイフダンは非常にシンプルな構造。5つの操作だけで自動売買を始められるので、初心者の方にも人気。

アイネット証券なら、このループイフダンで利益をコツコツ狙いつつ、スワップポイントによる利益も同時に狙うことが可能。ただし、トルコリラ円とメキシコペソ円は通常の裁量取引には対応しておらず、ループイフダンでしか取引できないこと。それから、ループイフダンではスプレッドに自動売買の利用手数料が含まれる形なので、スプレッドがやや広めだということにご注意を。

アイネット証券のループイフダンについてもっと知りたいという方は、公式サイトもぜひチェックしてみてくださいね。

まとめ
  • 主要通貨ペアも高金利通貨ペアも高水準のスワップポイント!
  • 初心者にも人気の自動売買「ループイフダン」を提供!
  • ループイフダンを使ってスワップポイントを狙うこともできる!

アイネット証券 公式サイト

LIGHT FX

LIGHT FX(トレイダーズ証券)

トレイダーズ証券はみんなのFXとLIGHT FX、2つのFXサービスを取り扱っており、ここで紹介しているのは後者のLIGHT FX。みんなのFXに関しても上で紹介しています。LIGHT FXは米ドル円や南アフリカランド円、メキシコペソ円など、複数の通貨ペアで総合的にスワップポイントが高水準となっています。高スワップでありながら各通貨ペアにて業界最狭水準スプレッドも実現しているのが魅力。

スワップポイントが高いだけではなく、LIGHT FXではポジションが未決済でもスワップ益のみ引き出せるという特徴もポイントです。「スワップ受取」という操作がありますので、この操作を利用すればポジションを決済していなくても、貯まったスワップ益を振り替えて出金が可能に。

また、LIGHT FXはクロス円通貨ペアにて一本値が採用されているという特徴も持ちます。一本値とは、買いスワップと売りスワップが同額になる仕組み。例えばメキシコペソ円の買いスワップが100円の場合、売りスワップは-100円となります。

まとめ
  • 米ドル円や南アフリカランド円など、複数の通貨ペアで高水準スワップ!
  • LIGHT FXならポジションが未決済でもスワップ益のみ引き出し可能!
  • DZHフィナンシャルリサーチによる高金利通貨に特化したニュースを配信!

LIGHT FX 公式サイト

 

トルコリラ円スワップがオススメの2社

みんなのFX

みんなのFX

上記の総合的スワップでオススメのFX業者でもピックアップしましたが、ここでもみんなのFXをご紹介。トルコリラ円のスワップポイントが高水準なのは言うまでもありませんが、併せてスプレッドが業界最狭水準の1.6銭原則固定(例外あり)という点も要チェックです。スワップポイントの数値では他社に劣るタイミングがありますが、スプレッドに関しては引けを取りません。

みんなのFXはトルコリラ円の取り扱い開始時から高水準の買いスワップを維持。長いスパンで安定しているので信頼感があります。また、みんなのFXは買いスワップと売りスワップが同額(一本値)になる特徴を持ち、さらにポジションが未決済でもスワップ益を引き出せるのが魅力。

まとめ
  • 高水準スワップだけではなく、最狭水準のスプレッドにも注目!
  • ポジションが未決済でもスワップポイント益のみ引き出しが可能!

みんなのFX 公式サイト

IG証券

IG証券株式会社

IG証券は、FX以外にもバイナリーオプションやCFDなど豊富な取引方法を用意しています。プライス最適化によるノースリップページや約100種類のFX銘柄が利用できるなどユーザーの利便性を追及している業者です。

また、IG証券では「ノックアウト・オプション」という商品も取り扱っています。ノックアウト・オプションはバリアー・オプションの1つで、損失額を予め決めておくオプションです。損失額はオプションの購入金額に限定されるのが特徴。

FXとノックアウト・オプションが異なる点は「銘柄が為替に限定されない」という点です。ノックアウトオプションは、為替以外にも株価指数やCFDなどの商品にも対応しており、銘柄によってはスワップポイントも発生します。

まとめ
  • プライス最適化によるスリップページなし!
  • ブラジルレアル/円など約100種類の銘柄で取引可能!
  • IG証券では「ノックアウト・オプション」が利用できる!

IG証券 公式サイト

 

メキシコペソ円スワップがオススメの2社

セントラル短資FX

セントラル短資FX(FXダイレクトプラス)

最近話題のメキシコペソ円。この通貨ペアを取り扱っているFX業者も随分と増えてきました。そんなメキシコペソ円取り扱い業者の中でも、特におすすめなのがセントラル短資FXです。セントラル短資FXはメキシコペソ円の取り扱い当初から高水準のスワップポイントを実現。高い水準が継続して提供され続けています。

さらに、注目していただきたいのがスプレッドの狭さ。セントラル短資FXでは米ドル円やユーロ円でも業界最狭水準スプレッドが実現されていますが、メキシコペソ円を含む高金利通貨ペアでも魅力的なスプレッドとなっています。

また、セントラル短資FXではみんなのFXやLIGHT FXのように、ポジションが未決済の状態でもスワップポイント益のみ出金が可能です。セントラル短資FXではスワップによる利益が順次口座に反映されますので、その利益を引き出すのも新たな取引に利用するのも可能。

メキシコペソ円の取引がしたい、スワップポイントが高くてスプレッドの狭いFX業者を利用したい!という方にはセントラル短資FXがおすすめです。セントラル短資FXでスワップポイントを狙う利点に関しては、特集ページも用意していますので気になる方はそちらもチェックしてみてくださいね。

まとめ
  • メキシコペソ円のスワップは高水準を継続!スプレッドは業界最狭水準!
  • セントラル短資FXならポジション未決済でもスワップ益のみ出金できる!
  • セントラル短資FXは売りスワップポイントが有利な点にも注目!

セントラル短資FX 公式サイト

LIGHT FX

LIGHT FX(トレイダーズ証券)

総合的スワップでオススメの業者としても紹介しましたが、ここでもLIGHT FXをピックアップ。LIGHT FXは1日分の買いスワップポイントが高いのはもちろん、メキシコペソ円の取り扱い当初から高水準のスワップを維持し続けており、長期でスワップ益を狙える安心感があります。また、スプレッドに関しても業界最狭水準の0.3銭原則固定(例外あり)というスペックを実現。

セントラル短資FXはメキシコペソ円に特化した取引をするならオススメですが、メキシコペソ円以外の通貨ペアでもスワップポイントを狙うのであれば、LIGHT FXがオススメ。

まとめ
  • 高水準スワップポイントと最狭水準スプレッドを実現!
  • メキシコペソ円以外の通貨ペアのスワップポイントも魅力!

LIGHT FX 公式サイト

 

米ドル円スワップがオススメの2社

くりっく365

くりっく365

くりっく365は東京金融取引所が提供している取引所FXサービス。くりっく365はGMOクリック証券外為オンラインなど、国内の複数の業者にて取引が可能です。そんなくりっく365はスワップポイントの水準が高く、特に魅力的なのは米ドル円。1日分の買いスワップポイントも高いですし、月間での累計スワップも高水準。当サイトの比較表でも安定して上位に位置しています。

南アフリカランド円やトルコリラ円、メキシコペソ円でも比較的高い水準のスワップポイントを提供。また、みんなのFXやLIGHT FXのように、くりっく365は買いスワップと売りスワップが同額となる「一本値」を採用しているのも特徴的。

前述のようにくりっく365は複数の業者で取り扱われています。ですので、くりっく365で取引をする場合は、いずれかの取り扱い業者にて口座開設が必要。下記リンク先のページでは、くりっく365を取り扱っている業者の中でも、オススメの会社をピックアップして紹介しています。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

まとめ
  • 米ドル円のスワップポイントが安定して高水準!
  • くりっく365は一本値を採用!買いスワップと売りスワップが同額!
  • くりっく365は複数の業者で扱われているので、好きな業者を選べる!

くりっく365 特集ページ

FXブロードネット

FXブロードネット

FXブロードネットは米ドル円のスワップポイントが高水準であり、しかも0.2銭原則固定(例外あり)という業界最狭水準スプレッドが魅力的。スプレッドの狭い業者で米ドル円のスワップポイントを狙いたいという方には、FXブロードネットがオススメです。ちなみに、くりっく365のように一本値を採用しているわけではありませんが、売りスワップが低めに設定されているのもポイント。2020年1月14日時点で買いスワップが43円なのに対して、売りスワップは-78円となっています。

また、FXブロードネットの人気サービス「トラッキングトレード」にもご注目を。トラッキングトレードは自動売買の1種で、簡単な設定を行うだけで注文を自動で繰り返してくれるもの。初心者の方にも人気の注文方式です。もちろん米ドル円にも対応。24時間自動で取引してくれるトラッキングトレードを使いつつ、スワップポイントも狙うといった使い方も可能です。

まとめ
  • 高水準スワップポイント、業界最狭水準スプレッドが魅力!
  • 初心者にもオススメの自動売買「トラッキングトレード」が使える!
  • FXナビ限定のタイアップキャンペーン実施中!詳しくは公式サイトで!

FXブロードネット 公式サイト

 

南アフリカランド円スワップがオススメの2社

ヒロセ通商

ヒロセ通商【LION FX】

ヒロセ通商は、2016年〜2020年の5年連続でオリコン顧客満足度調査「FX取引FX専門業者」で第1位を獲得している業者です。さらに、「通貨ペア・発注方法」「分析ツール」「お問い合わせ」部門でも1位を獲得するなど「顧客目線の運営」を徹底している会社です。

ヒロセ通商はメキシコペソ円やトルコリラ円などのスワップポイントも魅力なのですが、特に注目していただきたいのは南アフリカランド円です。スワップポイントは日々変動するのが普通なのですが、ヒロセ通商の南アフリカランド円は原則固定となっています。もちろん今後原則固定ではなくなる可能性はありますが、南アフリカランド円のスワップポイントを安定して得たい方は要チェック。

また、ヒロセ通商は公式HPで「成行約定率99.9%」と公表しており、自社システムにかなりの自信を持っています。実際に、2017年の矢沢経済研究所の調査で、LIONFXのストリーミング注文時の約定率が99.9%を記録しています。他にも、スリップページ発生率が9.6%と比較的低い数値です。安定したサーバーで快適な取引ができるのがヒロセ通商の魅力といえます。

そして、ヒロセ通商は定期的に取引数量に応じたキャンペーンを行っています。片道10万通貨以上から2000万通貨まで約定数量に応じて、食品などがもらえます。こういったキャンペーンを行っているのもヒロセ通商の特徴です。

まとめ
  • 高金利通貨ペアのスワップが魅力!南アフリカランド円は原則固定!
  • 成行約定率99.9%!強固なシステムで快適なトレードができる!
  • お得なキャンペーンが定期的に開催!

ヒロセ通商 公式サイト

JFX

JFX

JFXはヒロセ通商の子会社であり、そのFXサービスは親会社と共通する部分が多いです。取引ツールや業界最狭水準スプレッドもそうですが、スワップポイントに関しても然り。ヒロセ通商は南アフリカランド円の買いスワップポイントが1日あたり150円固定というスペックでしたが、JFXも同じく1日分が150円固定という高水準スペックとなっています(いずれも10万通貨単位)。この固定はなんと2016年7月から継続中。3年以上も固定を続けているという実績には信頼感がありますね。

JFXは南アフリカランド円のスプレッドが業界最狭水準の0.9銭原則固定(例外あり)。約定率の高さ、取引ツールの充実、豊富な情報サービス、キャッシュバックや食品プレゼントキャンペーンなどさまざまなメリットを兼ね備えるFX会社です。また、ヒロセ通商にはない特徴として、「MT4(メタトレーダー4)」を分析専用ツールとして提供している点にもご注目を。

まとめ
  • 南アフリカランド円は2016年7月から150円固定を継続中!
  • 高水準スワップポイントと業界最狭水準スプレッドを両立!
  • 世界中で愛用される「MT4」を分析ツールとして使える!

JFX 公式サイト

高金利通貨の情報配信に力を入れている業者は?

高水準のスワップポイントにも注目ですが、高金利通貨を取り扱っている各社のマーケット情報配信にもご注目を。最新の為替ニュースの配信は当たり前になっていますが、トルコリラや豪ドル、メキシコペソなど高金利通貨の相場分析に特化したレポートを配信している業者は少ないです。各社の情報配信を一覧にまとめましたので、高いスワップポイントを得られる環境にプラスして、トルコやメキシコの相場状況も知りたい、学びたい方はぜひ参考にしてみてください。

FX会社 情報配信 公式サイト
[みんなのFX]
みんなのFX
DZHフィナンシャルリサーチによる高金利通貨(トルコリラ、メキシコペソ、南アフリカランド、中国人民元)に特化した独占ニュース配信 詳細
[LIGHT FX]
LIGHT FX
DZHフィナンシャルリサーチによる高金利通貨(トルコリラ、メキシコペソ、南アフリカランド、中国人民元)に特化した独占ニュース配信 詳細
[岡三オンライン証券]
岡三オンライン証券
情報レポート(トルコ、オーストリア、南アフリカランド、メキシコ) 詳細
[ヒロセ通商]
ヒロセ通商
fx wave weekly(豪ドル、南アフリカランド) 詳細
[セントラル短資FX]
セントラル短資FX
津田穣氏による「G’Day!(グダイ!)豪ドルレポート」 詳細

スワップ獲得のためのポイントは?

スワップポイントだけを狙うのであれば、長期ポジションとして持ち続けることが前提になります。よってそれだけの資金が必要になってきます。長期的な資産の運用としてある程度逆行してもロスカットにならないように低レバレッジを心がけましょう。

そして1つの高金利通貨ペアだけに絞るのではなく、2〜3種類の通貨ペアでリスク分散をすることをおすすめします。そうすることで多少円高になったとしても、大きな損を回避する可能性がでてきます。短期足を見ず、長期目線でしっかり計画的にポジションを持ち続けることが重要です。急激な変化にも慌てず、コツコツとスワップを積み重ねていくと「塵も積もれば山となる」でしょう。

未決済ポジションのスワップ出金と課税はどうなる?

スワップポイント利益の引き出し(出金)についてはFX業者によってルールが異なります。トルコリラ円などの保有ポジションを決済しなくてもスワップ益だけを引き出せる会社もあれば、ポジションを決済して初めてスワップ益も出金できる、という会社もあります。例えばみんなのFXやヒロセ通商では、「スワップ受取」「スワップ振替」という操作があり、これを利用すればポジションを決済していなくてもスワップで得られた利益だけ出金することが可能です。

また、未決済ポジションのスワップポイント利益に対する課税に関しても、FX業者によって違いがあります。前述のスワップ受取(あるいは振替)をして初めて課税対象になる会社もあれば、ユーザーが受取や振替をしなくても自動的にスワップ益が課税対象となるFX会社もあります。

未決済ポジションのスワップポイント引き出し(出金)と課税に関しては、別ページで詳しく比較・解説していますので、気になる方はそちらもぜひご覧ください。

トルコリラ/円やメキシコペソ/円など、さらに詳しい情報は下記の特集ページにて紹介しています。スワップポイントの一覧比較だけでなく、業者ごとのスプレッドについてや、取引すればするほどお得なキャンペーン情報など、注目しておきたいポイントをまとめています。

FX業者の売りスワップポイント比較/早見表
売スワップ一覧比較
トルコリラ/円スワップポイント比較
トルコリラ円特集
メキシコペソ/円(MXN/JPY)取扱い業者のスワップポイント比較
メキシコペソ円特集
南アフリカランド/円 お薦め取扱い業者のスワップポイント比較
ランド円特集
米ドル/円(USD/JPY) おすすめ取扱い業者のスワップポイント比較
米ドル円特集
豪ドル/円(AUD/JPY) おすすめ取扱い業者のスワップポイント比較
豪ドル円特集
NZドル/円 お薦め取扱い業者のスワップポイント比較
NZドル円特集
ポーランドズロチ/円 お薦め取扱い業者のスワップポイント比較
ズロチ円特集
タイトルとURLをコピーしました