【2019年3月最新版】FX業者のスワップポイント一覧比較/早見表(米ドル/円および高金利通貨)

ここではFX業者の買いスワップポイントを一覧比較しています。各社のスワップデータは毎週更新中。FX取引において、特に長期でポジションを保有する際に気になるのが、各種通貨ペアのスワップポイント(金利差)。豪ドル/円やNZドル/円、南アフリカランド/円、最近ではトルコリラ/円を取り扱うFX業者が増えており、さらにメキシコペソ/円も注目を集めています。スワップによる利益を狙う機会は着実に増えているといえるでしょう。

スワップポイントは業者によって異なります。そのため、金利差で利益を狙うのであれば各社の数値を確認して、どこで取引するのかを見極めたいところ。ですが、何社も調べるのは面倒ですよね。そこで当サイトでは、特に注目したいFX会社と通貨ペアに絞り、スワップポイントをまとめて比較、一覧表にして掲載しています。ぜひ参考にしていただき、気になる業者があれば公式サイトもチェックしてみてください。

FX業者の買スワップポイント一覧比較/早見表

【最終更新日:2019年3月12日(毎週更新)】

Check!!

2019年3月12日時点での買いスワップポイントを比較しています。トルコリラ円では先週更新時点に引き続き、IG証券の買いスワップが表内ではトップ。IG証券は高水準を維持し続けており注目ですね。トルコリラ円スワップに特化した比較ページも用意していますので、そちらもぜひご参照ください。

南アフリカランド円では先週更新時に引き続き、5社が150円(10万通貨単位)の買いスワップポイントで並んでいます。ヒロセ通商FXプライムbyGMOみんなのFX岡三オンライン証券、そしてLIGHT FXです。

メキシコペソ円ではヒロセ通商が17円(1万通貨単位)の買いスワップを提供し、僅差で表内にてトップ。ただし同社のメキシコペソ円スワップは少ない日もありますのでご留意を。続いてセントラル短資FXが1万通貨あたり16円のスワップを提供しています。セントラル短資FXは安定的に高水準。各社の具体的なスワップ動向はメキシコペソ円比較ページに掲載していますので、そちらもチェックしてみてくださいね。

また、米ドル円にてくりっく365、豪ドル円にてみんなのFXLIGHT FXの買いスワップが内トップに位置している点にも注目です。

(下記表は各通貨ペアの項目をクリックすると、買いスワップが高い順に並べ替えられます。そちらの機能もご活用ください)

FX業者米ドル日本円

米ドル円
トルコリラ日本円

トルコリラ円
豪ドル日本円

豪ドル円
NZドル日本円

NZドル円
南アフリカランド日本円

南アフリカランド円
メキシコペソ日本円

メキシコペソ円
公式サイト
[GMOクリック証券]GMOクリック証券70873032100-GMOクリック証券 公式▶
[GMOクリック証券スワップページ]
[ヒロセ通商]
ヒロセ通商
20121503815017ヒロセ通商 公式▶
[ヒロセ通商スワップページ]
[外為どっとコム]外為どっとコム7010031271008外為どっとコム 公式▶
[外為どっとコムスワップページ]
[FXプライムbyGMO]FXプライムbyGMO7080252015015FXプライム byGMO 公式▶
[FXプライム byGMOスワップページ]
[みんなのFX]みんなのFX80120513015015みんなのFX 公式▶
[みんなのFXスワップページ]
[IG証券]IG証券6913131327013IG証券 公式▶
[IG証券スワップページ]
(※1)
[サクソバンク証券]
サクソバンク証券
61128193113010.59サクソバンク証券 公式▶
[サクソバンク証券スワップページ]
[岡三オンライン証券]岡三オンライン証券20-5038150-岡三オンライン証券 公式▶
[マネックスFXスワップページ]
[FXトレード・フィナンシャル]FXトレード・フィナンシャル8078363830-FXトレード・フィナンシャル 公式▶
[FXトレード・フィナンシャルスワップページ]
[セントラル短資FX]セントラル短資FX418630278016セントラル短資FX 公式▶
[セントラル短資FXスワップページ]
[マネーパートナーズ]パートナーズFX279226211007マネーパートナーズ 公式▶
[マネーパートナーズスワップページ]
[マネーパートナーズnano]パートナーズFX nano69121403012011マネーパートナーズ 公式▶
[マネーパートナーズスワップページ]
[マネックス証券]マネックス証券4312026271009マネックス証券 公式▶
[マネックス証券ログイン]
(※2)
[SBI FXトレード]SBI FXトレード81973235110-SBI FXトレード 公式▶
[SBI FXトレードスワップページ]
[くりっく365]くりっく36584127373913112.8くりっく365 公式▶
[くりっく365スワップページ]
[楽天証券]楽天証券70903027708楽天証券 公式▶
[楽天証券スワップページ]
[LIGHT FX]LIGHT FX80120513015015LIGHT FX 公式▶
[LIGHT FXスワップページ]

(※:SBI FXトレードのスワップポイントは2019年3月13日分)
(※:スワップポイントは常に変動しますので、最新のスワップポイントは各社のスワップポイント掲載ページにてご確認ください)
(※:掲載しているスワップポイントは1万通貨単位です)
(※:南アフリカランド/円のみ10万通貨単位で掲載しています)
(※1:IG証券の全銘柄のスワップポイントは取引システムにて確認できます)
(※2:マネックス証券のスワップポイントはFX PLUS取引画面にて確認できます)

複数の高金利通貨ペアでスワップポイントが高いFX会社は?

みんなのFXはトルコリラもメキシコペソもスワップが高水準!

複数の高金利通貨ペア、特にクロス円の通貨ペア保有をお考えの方は「みんなのFX(トレイダーズ証券)」にご注目を。上記比較表にも掲載していますが、トルコリラ円、南アフリカランド円、メキシコペソ円、豪ドル円、いずれの買いスワップポイントも高水準となっています。一部の高金利通貨ペアのスワップは高いけど他の通貨ペアはそうでもない、というFX会社はちらほら見受けられますが、みんなのFXのように複数の通貨ペアで高水準のFX会社は少ないです。しかもスプレッドに関しても業界最狭水準。また、米ドル円の買いスワップも高くなっています。複数の高金利通貨ペアでスワップ益を狙われる方は要チェック。

みんなのFXのスワップポイントは安定的に高水準なのも魅力的です。トルコリラ円とメキシコペソ円については、比較ページにてスワップカレンダーを掲載しています。ぜひそちらもチェックしてみてくださいね。

みんなのFX 公式サイト

スワップ獲得のためのポイント

スワップポイントだけを狙うのであれば、長期ポジションとして持ち続けることが前提になります。よってそれだけの資金が必要になってきます。長期的な資産の運用としてある程度逆行してもロスカットにならないように低レバレッジを心がけましょう。

そして1つの高金利通貨ペアだけに絞るのではなく、2〜3種類の通貨ペアでリスク分散をすることをおすすめします。そうすることで多少円高になったとしても、大きな損を回避する可能性がでてきます。短期足を見ず、長期目線でしっかり計画的にポジションを持ち続けることが重要です。急激な変化にも慌てず、コツコツとスワップを積み重ねていくと「塵も積もれば山となる」でしょう。

高金利通貨の情報配信に力を入れている業者は?

高水準のスワップポイントにも注目ですが、高金利通貨を取り扱っている各社のマーケット情報配信にもご注目を。最新の為替ニュースの配信は当たり前になっていますが、トルコリラや豪ドル、メキシコペソなど高金利通貨の相場分析に特化したレポートを配信している業者は少ないです。各社の情報配信を一覧にまとめましたので、高いスワップポイントを得られる環境にプラスして、トルコやメキシコの相場状況も知りたい、学びたい方はぜひ参考にしてみてください。

FX会社 トルコリラ
トルコリラ
豪ドル
豪ドル
NZドル
NZドル
南アフリカランド
南アフリカランド
メキシコペソ
メキシコペソ
[外為どっとコム]
外為どっとコム
フィスコウィークリーレポート
(毎週月曜)
野​村​雅​道氏「​南​十​字​星​レ​ポ​ー​ト​」
(隔週火曜)
野​村​雅​道氏「​南​十​字​星​レ​ポ​ー​ト​」
(隔週火曜)
野​村​雅​道氏「喜​望​峰​レ​ポ​ー​ト​」
(毎週月曜)
野​村​雅​道氏「​バ​モ​ス​メ​ヒ​コ​レ​ポ​ー​ト​」
(毎週金曜)
フィスコウィークリーレポート
(毎週月曜)
[岡三オンライン証券]
岡三オンライン証券
トルコ情報レポート オーストラリア情報レポート 南アフリカ情報レポート メキシコ情報レポート
[ヒロセ通商]
ヒロセ通商
fx wave weekly
(毎週金曜)
fx wave weekly
(毎週金曜)
[セントラル短資FX]
セントラル短資FX
津田穣氏「G’Day!(グダイ!)豪ドルレポート」
(毎週木曜)

未決済ポジションのスワップ出金と課税について

外為どっとコムの取引rule
外為どっとコムは3,000円以上〜スワップポイントだけ出金できる

スワップポイント利益の引き出し(出金)についてはFX業者によってルールが異なります。トルコリラ円などの保有ポジションを決済しなくてもスワップ益だけを引き出せる会社もあれば、ポジションを決済して初めてスワップ益も出金できる、という会社もあります。例えばみんなのFXや外為どっとコムでは、「スワップ受取」「スワップ振替」という操作があり、これを利用すればポジションを決済していなくてもスワップで得られた利益だけ出金することが可能です。

また、未決済ポジションのスワップポイント利益に対する課税に関しても、FX業者によって違いがあります。前述のスワップ受取(あるいは振替)をして初めて課税対象になる会社もあれば、ユーザーが受取や振替をしなくても自動的にスワップ益が課税対象となるFX会社もあります。

未決済ポジションのスワップポイント引き出し(出金)と課税に関しては、別ページで詳しく比較・解説していますので、気になる方はそちらもぜひご覧ください。

各種通貨ペアの徹底特集ページを用意

トルコリラ/円やメキシコペソ/円など、さらに詳しい情報は下記の特集ページにて紹介しています。スワップポイントの一覧比較だけでなく、業者ごとのスプレッドについてや、取引すればするほどお得なキャンペーン情報など、注目しておきたいポイントをまとめています。

FX業者の売りスワップポイント比較/早見表
売スワップ一覧比較
トルコリラ/円スワップポイント比較
トルコリラ円特集
メキシコペソ/円(MXN/JPY)取扱い業者のスワップポイント比較
メキシコペソ円特集
南アフリカランド/円 お薦め取扱い業者のスワップポイント比較
ランド円特集
米ドル/円(USD/JPY) おすすめ取扱い業者のスワップポイント比較
米ドル円特集
豪ドル/円(AUD/JPY) おすすめ取扱い業者のスワップポイント比較
豪ドル円特集
NZドル/円 お薦め取扱い業者のスワップポイント比較
NZドル円特集
ポーランドズロチ/円 お薦め取扱い業者のスワップポイント比較
ズロチ円特集