楽天証券バイナリーオプション「らくオプ」徹底特集!楽天ポイントでバイナリー取引が可能!

楽天証券のバイナリーオプション

楽天証券バイナリーオプションのポイント!
  • 大手ネット証券によるバイナリーオプション取引サービス!
  • 業界初、貯まった楽天ポイントをバイナリー取引に使える!
  • 1,000円未満から取引が可能、取引金額を超える損失の発生はなし!

ここでは、2020年9月にリリースされた楽天証券のバイナリーオプション「らくオプ」を徹底特集しています。楽天証券は主要ネット証券の中でも新規口座開設数No.1の実績(※1)を誇り、株式や投資信託、FXなど多彩な金融商品を取り扱っている人気業者です。

楽天証券のバイナリーオプション「らくオプ」は、大手ネット証券が取り扱っているということで信頼感が持てるのはもちろん、高性能な取引ツールの提供にも期待。

しかも、「らくオプ」では貯まった楽天ポイントが使えるという特徴も兼ね備えています。国内バイナリーオプション業界において、現金ではなくポイントで取引ができるのは楽天証券が初(※2)。ポイント投資に興味のある方、普段から楽天ポイントを貯めておられる方は要チェックです。

当ページでは、楽天証券のバイナリーオプション「らくオプ」の基本的なスペックと特徴をご紹介。楽天証券自体の魅力や、バイナリーオプション取引に活用できる同社のFXサービスのメリットもお伝えしていきます。

(※1:主要ネット証券(口座数上位5社:auカブコム証券、SBI証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券)で比較 2020年2月6日現在 楽天証券調べ)
(※2:日本国内のバイナリーオプション提供業者で比較 2020年7月31日現在 楽天証券調べ)

楽天証券「らくオプ」基本スペック

口座開設手数料 無料
取引手数料 無料
取扱通貨ペア 米ドル円(USD/JPY)、ユーロ円(EUR/JPY)、ポンド円(GBP/JPY)、豪ドル円(AUD/JPY)、ユーロ米ドル(EUR/USD)
1枚の購入金額 50〜999円
ペイアウト金額 1枚:1,000円
取引時間・取引回数 AM8:20~翌AM4:20・1日に10回号(1回号あたり2時間)
取引限度額 1注文:200枚
1回号:1,000枚(全通貨ペア合計)
取引形式 ラダーオプション
スマホアプリ ブラウザ対応
デモ取引 ×
特徴 楽天ポイントを取引に利用可能(取引金額の全額もしくは一部)

 

楽天証券「らくオプ」取引画面

取引画面

取引の流れ

 

楽天証券「らくオプ」の特徴は?

大手ネット証券によるバイナリーオプション!

大手ネット証券によるバイナリーオプション!

冒頭でもお伝えしたように、「らくオプ」は楽天証券によるバイナリーオプションであり、大手ネット証券の運営ということで信頼感があるのがまず魅力。多くのユーザーに選ばれる人気業者ですので、そんな楽天証券で安心感を持って取引に臨めるのは大きなメリットです。

大手ネット証券によるバイナリーオプション!

「らくオプ」では米ドル円やユーロ円などの通貨ペアを対象として取引を行うのですが、楽天証券はFXサービスの提供実績があり、そのほかにも株式や投資信託などさまざまな金融商品の取り扱い実績も持っています。サービスの使い勝手や高機能な取引ツールの提供などに期待。

楽天ポイントをバイナリーオプション取引に使える!

楽天ポイントをバイナリーオプション取引に使える!

楽天証券のバイナリーオプションには「楽天ポイントを取引に使える」という大きな特徴があります。国内にはGMOクリック証券やIG証券などのバイナリーオプション提供業者がありますが、現金ではなくポイントをバイナリー取引に使えるのは業界初(※)。

らくオプでは取引金額の全額を楽天ポイントに当てることもできますし、一部に楽天ポイントを使って残りは現金を使用するといったことも可能です。

ちなみに、楽天証券では国内株式や投資信託でも楽天ポイントを利用可能。普段の取引で楽天ポイントを貯められている方や、貯まったポイントを投資に活用されたい方におすすめです。

(※:日本国内のバイナリーオプション提供業者で比較 2020年7月31日現在 楽天証券調べ)

1,000円未満から取引が可能、取引金額=損失額

バイナリーオプション「らくオプ」の取引時間はAM8:20〜翌AM4:20までとなっており、その間に2時間ごと、計10回の回号が行われます。

各回号では目標レートが複数個設定され、回号終了時間にレートがそれらの目標レートより上回るか・下回るかを予測します。予測通りの結果になった場合は、一定金額(ペイアウト)を得ることができます。

取引の最小単位は1枚であり、1枚につき50円〜999円で購入することが可能。予想通りの結果になった場合は、ペイアウト金額から購入金額を差し引いた分が利益となります。予想通りの結果にならなかった場合は、ペイアウトを得ることはできません。

ペイアウトを得られなかった場合は、購入金額=損失となります。らくオプでは購入金額を超える損失は発生しない仕組みとなっています。ちなみに、現段階では発表されていませんが、2時間の回号内であれば購入したオプションの途中精算が可能だと思われます。

また、楽天証券以外のバイナリーオプション取引はどんなサービスなのか?と気になる方もいらっしゃると思います。当サイトでは国内のFXバイナリーオプションを徹底比較しているページも用意していますので、興味のある方はそちらも参考にしてみてくださいね。

「楽天FX」「楽天MT4」サービスにも注目!

「楽天FX」40種類のテクニカル指標を搭載!

「楽天FX」40種類以上のテクニカルを搭載

楽天証券でバイナリーオプション取引をされるのであれば、ぜひ同社が提供しているFXサービスの取引ツールもチェックしてみてください。

楽天FXの高機能ツール「マーケットスピードFX」は、40種類ものテクニカル指標を搭載しており、多彩な描画ツールにも対応。最新ニュースも閲覧できますし、ツール画面を好みの配置にカスタマイズすることもできます。

マーケットスピードFXでチャート分析を行いつつ、「らくオプ」でバイナリーオプション取引を行うといったことも可能。

「楽天MT4」世界中で愛用される高機能ツール!

「楽天MT4」世界中で愛用される高機能ツール!

楽天証券のFXサービスは「楽天FX」だけではなく、「楽天MT4」もあります。「楽天MT4」ではその名の通り、高機能チャートツール「MT4」を採用。

「MT4」は世界中のトレーダーに愛用される高機能ツールであり、標準でも多彩なインジケーターを使えるのに加え、オリジナルのインジケーターをダウンロードして使用できるのも大きな魅力。MT4でチャート分析をしながらバイナリーオプション取引がしたい!という方におすすめです。

 
 

楽天ポイントでバイナリーオプション取引!

楽天証券のバイナリーオプション「らくオプ」の魅力、楽天証券で取引するメリットを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

国内にはバイナリーオプション提供業者が他にもありますが、やはり楽天証券と他社との違いは「楽天ポイントを使ってバイナリー取引ができる」という点。貯まったポイントを活用できるのも魅力ですし、現金を使って取引することに抵抗があるという方にとっても、嬉しい特徴なのではないでしょうか。

楽天証券のバイナリーオプション「らくオプ」、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました