リピート系注文(トラップ系トレード)徹底比較

トラップ系トレード比較

IF-DONE注文もしくはIF-OCO注文をあらかじめトラップのように仕掛けておき、値動きに応じて注文と決済を自動で繰り返してくれる「リピート系注文(もしくはトラップ系トレード)」。最初の設定さえ行えばあとは自動で取引を進めてくれるので、FXのための時間をあまり取れない方や、難しい操作は苦手だという初心者にもおすすめ。

各FX業者が取り扱うトラップ系によって「対応通貨ペア」や「注文可能な通貨単位」などの基本的なスペックが異なるのはもちろんのこと、「設定方法」や「ポジション間隔(値幅)の指定」といったトラップの仕掛け方にも様々な違いがあります。当然、使用する際の「手数料」に関しても。

ここでは、FX各社が提供しているリピート系注文の基本スペック・特徴を一覧比較。どれを使おうか迷っている方や、どんなシステムがあるのかを知りたい方、ぜひ参考にしてみてくださいね。

FXリピート系注文のスペック・特徴を一覧比較

FX業者・リピート系注文 手数料 取引単位 利用形式 特徴・見所 公式サイト
[マネースクエア]トラリピ 無料 1,000通貨 選択式 or 手動設定 ・リピート注文特化のFX会社
・トレール決済対応
・学べるコンテンツ
詳細
[インヴァスト証券]トライオートFX 無料〜20 1,000通貨 選択式 or 手動設定 ・最狭水準スプレッド
・高いカスタマイズ性
・学べるコンテンツ
詳細
[FXブロードネット]トラッキングトレード 20 1,000通貨 選択式 or 手動設定 ・最狭水準スプレッド
・決済手数料無料キャンペーン
・口座開設完了後90日間手数料無料
詳細
[マネックス証券]オートレール 無料 1,000通貨 手動設定 ・最狭水準スプレッド
・トレール特化型
・基準価格以下(以上)の発注はしない
詳細
[YJFX!]リピートトレール注文 無料 1,000通貨 手動設定 ・トレール自動発注
・ドテン自動発注
詳細
[アイネット証券]ループイフダン 無料 1,000通貨 選択式 ・目安資金表を提供
・オンラインセミナー
詳細
[外為オンライン]iサイクル取引2 20 1,000通貨 選択式 or 手動設定 ・自動ドテン対応
・決済手数料無料キャンペーン
・口座開設完了後90日間手数料無料
詳細
[ライブスター証券]iサイクル2取引 200円
(※)
1万通貨 選択式 or 手動設定 ・レンジ追尾機能搭載
・ランキング掲載
詳細
[マネーパートナーズ]連続予約注文 無料 100通貨/1,000通貨 手動設定 ・最狭水準スプレッド
・1回分証拠金で発注可能
・ドテン設定可能
詳細
[みんなのシストレ]みんなのリピート注文 無料 1,000通貨 選択式 ・シストレサービスで提供
・ストラテジー選択型
詳細

(※:手数料は1,000通貨単位の片道での利用料を掲載しています)
(※:ライブスター証券のiサイクル2取引のみ取引単位が1万通貨のため、1万通貨あたりの手数料を記載しています)

マネースクエア『トラリピ』

マネースクエア

マネースクエアの「トラップリピートイフダン」、略して「トラリピ」ではおよそ9カ所の細かな設定を自身で行うことができます。①「通貨ペア」、②「注文金額」、③「注文をスタートする金額」、④「買いor売り、指値or逆指値」、⑤「トラップ本数(最大25本)」、⑥「トラップの値幅」、⑦「イフダンごとに得たい利益金額」、⑧「決済トレールの設定」、⑨「ストップロス価格」。また「トラリピ」では「決済トレール」の有無を選択することができるようになっており、有りにすると仕掛けがトレンドを自動で追いかけるようになります。

マネースクエア『トラリピ』

トラリピの基本スペック

通貨ペア 12通貨ペア
米ドル円、ユーロ円、ユーロ米ドル、豪ドル円、豪ドル米ドル、ニュージーランドドル円、ニュージーランドドル米ドル、カナダドル円、英ポンド円、トルコリラ円、南アフリカランド円、メキシコペソ円
取引単位 1,000通貨単位(南アフリカランド円、メキシコペソ円のみ10,000通貨単位)
主要通貨ペアのスプレッド 米ドル円:レート画面で確認
ユーロ円:レート画面で確認
ポンド円:レート画面で確認
ユーロ米ドル:レート画面で確認
リピート系注文の手数料(1,000通貨あたり) 無料
スマホ対応
デモ対応 ×

マネースクエア 公式サイト

インヴァスト証券『トライオートFX』

インヴァスト証券

インヴァスト証券のトライオートFXでは、あらかじめ設定されているプログラムを選ぶだけの「自動売買セレクト」と、一括設定にも細かな設定にも対応している「ビルダー」に対応。初心者の方でも、自動売買プログラムを1から作りたいという中上級者の方にもオススメのサービスです。

自動売買注文は売買スタイルを選んだ上で、新規注文からの利食いと損切りの値、その決済の後の次回注文のタイミングと自由自在に設定することができ、また、その自動売買注文を複数組み合わせることで、中長期間自動売買に任せてトレードすることも可能です。

また、自動売買仕掛けのバックテストができるシミュレーターがありますので、細かく設定を修正しながら試してみることも可能です。トライオートFXのデモはありませんが、「仕掛けシミュレーター」は口座を持っていなくても誰でも試して使うことができますので、興味があれば一度お試しを。

また、トライオートFXでは大幅なスプレッドの見直しが実施され、米ドル/円0.3銭、ユーロ円0.5銭、ユーロ/米ドル0.3pips(いずれも原則固定・例外あり)などコスト面でも非常に嬉しいスペックに!

自動売買やトラップ系トレードだけでなく裁量取引をするにも十分メインとして使え、自動売買注文が想定と反対に動いた時などに、マニュアル注文で両建てにして一時的にヘッジするというような使い方もできるなど、トレーダーのアイデア次第であらゆる投資ができるのもトライオートFXの魅力です。

トライオートFX

トライオートFXの基本スペック

通貨ペア 17通貨ペア
米ドル円、ユーロ円、英ポンド円、豪ドル円、カナダドル円、ユーロ米ドル、NZドル円、南アランド円、スイスフラン円、トルコリラ円、英ポンド米ドル、米ドルスイスフラン、豪ドル米ドル、NZドル米ドル、ユーロ英ポンド、ユーロ豪ドル、豪ドルNZドル
取引単位 1,000通貨単位
ただし、南アランド/円のみ10,000通貨単位
(2016年2月8日のリニューアルより、マニュアル注文も1,000通貨単位取引対応になりました。)
主要通貨ペアのスプレッド 米ドル円:0.3銭
ユーロ円:0.5銭
ポンド円:1.0銭
ユーロ米ドル:0.3pips
(すべて原則固定・例外あり)
リピート系注文の手数料(1,000通貨あたり) 1万通貨未満:片道20円
1万通貨〜10万通貨未満:片道10円
10万通貨〜50万通貨未満:片道5円
50万通貨以上:無料
スマホ対応
デモ対応 シミュレーションのみ対応

インヴァスト証券 公式サイト

FXブロードネット『トラッキングトレード』

FXブロードネット

FXブロードネットが提供しているリピート系注文は「トラッキングトレード」です。トラッキングトレードはシンプルなルールの注文方法。FXブロードネットで取引している多くのトレーダーが利用しており、実に79.3%(※)が利益を出しています。トラッキングトレードは想定変動幅において、複数の注文を配置。トレンド相場でもレンジ相場でも上下の値動きに応じてコツコツと利益を狙える注文方法です。

2種類の利用方法があり、1つは初心者の方におすすめの「ランキング注文」。設定別損益ランキングから気に入った設定を選択して、簡単にリピート系注文を始めることができます。もう1つの「任意設定」では通貨ペア、想定変動幅、買いか売りの方向、対象資産を手動で設定して、トラッキングトレードを利用可能。想定変動幅の設定が難しければ、一定期間におけるボラティリティを参考にすることもできます。

トラッキングトレードの利用には手数料が発生しますが、現在はキャンペーン中で決済注文の手数料が無料。また、新規口座開設完了後90日間は新規も決済も手数料が無料になるキャンペーンも実施中です。さらにFXブロードネットなら、米ドル円0.2銭原則固定(例外あり)という業界最狭水準スプレッドでリピート系注文が使えます。コストを抑えたい方にもおすすめ。

(※:2014年10月15日~2019年9月30日の期間における、トラッキングトレードを利用した取引を対象に算出)

トラッキングトレード

トラッキングトレードの基本スペック

通貨ペア 24通貨ペア
米ドル円、ユーロ円、英ポンド円、豪ドル円、NZドル円、カナダドル円、スイスフラン円、南アフリカランド円、ユーロ米ドル、英ポンド米ドル、豪ドル米ドル、NZドル米ドル、米ドルカナダドル、米ドルスイスフラン、ユーロ英ポンド、ユーロ豪ドル、ユーロNZドル、ユーロカナダドル、ユーロスイスフラン、英ポンド豪ドル、英ポンドNZドル、英ポンドスイスフラン、豪ドルNZドル、豪ドルスイスフラン
取引単位 1,000通貨単位(南アフリカランド円は10,000通貨単位)
主要通貨ペアのスプレッド 米ドル円:0.2銭
ユーロ円:0.5銭
ポンド円:1.0銭
ユーロ米ドル:0.3pips
(すべて原則固定・例外あり)
リピート系注文の手数料(1,000通貨あたり) 新規注文:20円
決済注文:0円
(決済手数料0円はキャンペーン適用値。また、新規口座開設完了後90日間は新規も決済も0円で使えます)
スマホ対応
デモ対応

FXブロードネット 公式サイト

マネックス証券『オートレール』

オートレールマネックス証券が2017年1月に、新しく「オートレール」リリース。カンタンな手順で自動発注の設定が行えますので、仕事や家事でFX取引に使える時間がない人にとって嬉しい自動発注です。

また、「オートレール」には個別に費用が発生しないのがポイント。取引手数料は無料なので、これもありがたいです。

PCのブラウザ取引ツールと、iPhoneとAndroid対応のスマートフォンアプリ、そしてタブレットからも利用可能。PCで設定した自動発注を、外出先にて空いた時間にチェックすることもできます。
「オートレール」の詳細はマネックス証券の公式サイトをご覧ください。また、当サイトでは、デモ取引で実際に使ってみた情報などをまとめたページも用意していますので、そちらもどうぞ!

ポイント
マネックス証券を訪問取材!オートレールの魅力を聞いてきました!

オートレールがリリースしてすぐに、当サイトではマネックス証券の本社を訪問。直接インタビューを敢行してきました。オートレール開発の発端、他社サービスとの違い、開発時の秘話まで…。インタビュー記事を読めばオートレールに対する理解が深まります。興味のある方はぜひ!

オートレールの基本スペック

通貨ペア 16通貨ペア
米ドル円、ユーロ円、豪ドル円、NZドル円、カナダドル円、英ポンド円、スイスフラン円、シンガポールドル円、南アフリカランド円、香港ドル円、ユーロ米ドル、英ポンド米ドル、豪ドル米ドル、トルコリラ円、中国元(オフショア)円、メキシコペソ円
取引単位 1,000通貨単位
主要通貨ペアのスプレッド 米ドル円:0.2銭
ユーロ円:0.5銭
ポンド円:1.3銭
ユーロ米ドル:0.4pips
(すべて原則固定・例外あり)
リピート系注文の手数料(1,000通貨あたり) 無料
スマホ対応
デモ対応

マネックス証券 公式サイト

YJFX! 『リピートトレール注文』

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)

YJFX!の「リピートトレール注文」はトレール注文とドテンの組み合わせになっています。例えば、設定したトレール幅に応じて最初の新規買い注文が決済されると、同時に新規で売り注文が行われ、それがまたトレール幅に応じて決済。そしてまた決済と同じタイミングで反対方向へポジションが持たれてトレール幅に応じて・・という形式です。

設定方法はとても簡単。取引画面の左にある新規注文をクリックし、注文方法の中からリピートトレールを選択。そして、「通貨ペア」、「注文数量」、「スリップページ(0~9pt)」、「決済トレール幅(3~5000pt)」、「有効期限」を決めて、「買い」で始めるか「売り」で始めるかを選択式。「有効期限」は<当日>、<週末>、<無期限>、<指定日時まで>から選択できます。

手数料が無料であり、スマホからのリピートトレール注文も非常にやりやすい。ただ、トレール幅をあまり狭めすぎると利益が出にくい仕組みになっていますので、その辺りの調整に注意が難しそう。また、ドテン売買しか繰り返さないので、上昇・下降トレンド時には不向きのようです。

リピートトレール注文

リピートトレール注文の基本スペック

通貨ペア 22通貨ペア
米ドル円、ユーロ円、ユーロ米ドル、豪ドル円、NZドル円、英ポンド円、スイスフラン円、カナダドル円、英ポンド米ドル、南アフリカランド円、豪ドル米ドル、NZドル米ドル、人民元(CNH)円、香港ドル円、ユーロ英ポンド、ユーロ豪ドル、米ドルスイスフラン、ユーロスイスフラン、英ポンドスイスフラン、豪ドルスイスフラン、カナダドルスイスフラン、米ドル香港ドル
取引単位 1,000通貨単位(南アフリカランド/円・人民元/円・香港ドル/円・米ドル/香港ドルは10,000通貨単位)
主要通貨ペアのスプレッド 米ドル円:0.2銭
ユーロ円:0.5銭
ポンド円:1.0銭
ユーロ米ドル:0.4pips
(すべて原則固定・例外あり)
リピート系注文の手数料(1,000通貨あたり) 無料
スマホ対応
デモ対応

YJFX! 公式サイト

アイネット証券『ループイフダン』

アイネット証券『ループイフダン』

「ループイフダン」は、アイネット証券のシステムトレードサービスである「シストレi-NET」内に、売買システムの1種類として用意されています。上昇トレンドに強い「Bタイプ」と、下降トレンドに強い「Sタイプ」があり、例えば、「ループイフダンB50_50」というような名称がつけられています。「50_50」と表示されている部分が設定値幅となっており、この場合ですと「50pipsごとに注文と決済を行う」ということになります。

「ループイフダン」では一度に保有する最大ポジションを設定することが可能となっております。予想と逆にレートが動いたときの対策として利用できますが、少なくしすぎると利益が限定されてしまいますのでご一考を。また、「シストレi-NET」内にある「マイセーフティ」機能で損切り設定を行うこともできます。手数料は助言報酬としてスプレッドに含まれています。

ポイント
ループイフダン特別セミナーなども開催!

アイネット証券ではループイフダンに関して、スマホでも視聴可能なオンラインセミナーや、特別講師による会場セミナーなどを開催。ループイフダンのメリットは?どのような戦略で活かせるのか?使い方を学ぶことができます。

ループイフダン

ループイフダンの基本スペック

通貨ペア 20通貨ペア
米ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、NZドル円、カナダドル円、スイスフラン円、トルコリラ円、メキシコペソ円、南アフリカランド円、ユーロ米ドル、豪ドル米ドル、豪ドルNZドル、NZドル米ドル、豪ドル/スイスフラン、ユーロ/豪ドル、ユーロ/ポンド、ポンド/米ドル、米ドル/カナダ、米ドル/スイスフラン
取引単位 1,000通貨単位(南アフリカランド円とメキシコペソ円は10,000通貨単位)
主要通貨ペアのスプレッド 米ドル円:2.0銭
ユーロ円:3.0銭
ポンド円:5.0銭
ユーロ米ドル:2.0pips
(すべて原則固定・例外あり)
リピート系注文の手数料(1,000通貨あたり) 無料
スマホ対応
デモ対応

アイネット証券 公式サイト

外為オンライン『iサイクル取引2』

iサイクル取引2

簡単な操作で注文をスタートできる外為オンラインの「iサイクル取引2」は、特にFXの初心者におすすめのサービス。新規注文時に注文方法の中から「iサイクル取引2」を選択し、「参考期間(1、2、3ヶ月、半年、1年)」、「買or売」、「対象資産(円)」の3つを設定するだけ。「想定変動幅」が算出されてそれを基に、「ポジション間隔(値幅)」と「最大ポジション数」が自動で決定されるという仕組みになっています。

ちなみに、「想定変動幅」は手動で変更できるようにもなっており、ここを動かすことで、自動算出される値を調整することも可能となっています。手っ取り早く「ポジション間隔」や「最大ポジション数」をいじりたいという方には不向きなのかもしれません。

新たに追加された「トレンド方式」では、システムがトレンドを自動的に判定を行い、さらに、運用時にトレンドの転換があった場合は修正も行うもの。バージョンアップしたサイクル注文およびiサイクル取引2に注目です。

iサイクル取引2

iサイクル取引2(外為オンライン)の基本スペック

通貨ペア 26通貨ペア
米ドル円、ユーロ円、英ポンド円、豪ドル円、NZドル円、カナダドル円、スイスフラン円、南アフリカランド円、トルコリラ円、ユーロ豪ドル、ユーロカナダドル、ユーロスイスフラン、ユーロ英ポンド、ユーロNZドル、ユーロ米ドル、NZドル米ドル、米ドルカナダドル、メキシコペソ円、英ポンド豪ドル、英ポンドスイスフラン、英ポンドNZドル、英ポンド米ドル、豪ドルスイスフラン、豪ドルNZドル、豪ドル米ドル、米ドルスイスフラン
取引単位 1,000通貨単位(南アフリカランド円とメキシコペソ円は10,000通貨単位)
主要通貨ペアのスプレッド 米ドル円:1銭
ユーロ円:2銭
ポンド円:3銭
ユーロ米ドル:1銭
(すべて原則固定・例外あり)
リピート系注文の手数料(1,000通貨あたり) 新規注文:20円
決済注文:0円
(決済手数料0円はキャンペーン適用値。また、新規口座開設完了後90日間は新規も決済も0円で使えます)
スマホ対応
デモ対応

外為オンライン 公式サイト

ライブスター証券『iサイクル2取引』

老舗の証券会社で「iサイクル2取引」を利用可能

iサイクル2取引ライブスター証券は昭和23年設立の老舗の会社。そんなライブスター証券では株式現物取引や信用取引、先物取引、投資信託など複数の金融商品を取り扱っており、その中でFXサービスも提供されています。

ライブスター証券のFXサービスで利用できるリピート系注文は「iサイクル2取引」。これは先に紹介した外為オンラインのiサイクル2取引と同じものとなります。ですが、外為オンラインとライブスター証券とでは仕様が異なる部分があります。また、スプレッドにも違いがあり、通貨ペアによってはライブスター証券の方が基準スプレッドが若干狭めとなっています。

iサイクル2取引の設定方法はライブスター証券の場合、「ランキング方式」と「ボラティリティ方式」の2種類となっています。ランキング方式はシミュレーション結果を元にした売買システムのランキングがあり、そこからシステムを選ぶだけで簡単にリピート注文を始められるもの。ボラティリティ方式では手動で想定変動幅や対象資産を設定することができます。

iサイクル2取引のイメージ

iサイクル2取引(ライブスター証券)の基本スペック

取引可能な通貨ペア 24通貨ペア
米ドル円、ユーロ円、英ポンド円、豪ドル円、NZドル円、カナダドル円、スイスフラン円、ユーロ米ドル、英ポンド米ドル、豪ドル米ドル、NZドル米ドル、米ドルカナダドル、米ドルスイスフラン、ユーロ英ポンド、ユーロ豪ドル、ユーロNZドル、ユーロカナダドル、ユーロスイスフラン、英ポンド豪ドル、英ポンドNZドル、英ポンドスイスフラン、豪ドルNZドル、豪ドルスイスフラン、南アフリカランド円
通貨単位 10,000通貨単位(南アフリカランド円のみ100,000通貨単位)
主要通貨ペアのスプレッド 米ドル円:0.9銭
ユーロ円:1.9銭
ポンド円:3.4銭
ユーロ米ドル:1.4pips
(すべて原則固定・例外あり)
リピート系注文の手数料(1万通貨あたり) 新規注文:200円
決済注文:200円
(南アフリカランド円のみ10万通貨あたり)
スマホ対応
デモ対応

ライブスター証券 公式サイト

マネーパートナーズ『連続予約注文』

マネーパートナーズ【パートナーズFX】【パートナーズFX nano】

他のトラップ系が1つの注文画面で全ての設定を行えるのに対し、マネーパートナーズの「連続予約注文」は仕掛けるIF-DONEもしくはIF-OCO注文を1回目から最大20回目まで、全て順番に手動でセットするシステムとなっております。

「通貨ペア」と「注文通貨の数量」を選択、注文方法を「連続予約」にして、「買or売」を選んで「指値」を入力、「利食い」と「損切り」のpipsを決めれば連続予約のうち1回の予約設定が完了。つづけて次の回の予約画面へ移り、同じ操作を繰り返すというかたちです。「利食い」と「損切り」に関してはよく使う値をそれぞれ2つまで、あらかじめ選びやすいように用意しておくことが可能となっています。

注文するタイミングを自動で算出してくれるものではなく、先の値動きをしっかりと予測できなければ使いこなすのは難しいと思います。ただ、手数料は無料となっており、パートナーズ FXnanoから発注を行う場合は、100通貨単位で連続予約を行うことができ、その2つの特徴はどちらも「連続予約注文」だけの特権です。

連続予約注文

連続予約注文の基本スペック

通貨ペア 20通貨ペア
米ドル円、ユーロ円、豪ドル円、ユーロ米ドル、ポンド円、NZドル円、トルコリラ円、メキシコペソ円、南アランド円、スイスフラン円、カナダドル円、香港ドル円、シンガポールドル円、ポンド米ドル、豪ドル米ドル、ユーロ豪ドル、ユーロポンド、豪ドルNZドル、ポンド豪ドル、NZドル米ドル(香港ドル円とシンガポールドル円はnano口座非対応)
取引単位 パートナーズFX:10,000通貨単位
パートナーズFX nano:100通貨単位
主要通貨ペアのスプレッド 米ドル円:0.3銭
ユーロ円:0.4銭
ポンド円:0.9銭
ユーロ米ドル:0.3pips
(パートナーズFX口座での適用値。すべて原則固定・例外あり)
リピート系注文の手数料(1,000通貨あたり) 無料
スマホ対応
デモ対応 ×

マネーパートナーズ 公式サイト

タイトルとURLをコピーしました