FX売買シグナル発生を通知する無料のチャートツール・FX業者特集

売買シグナルが使えるFX業者特集

テクニカル分析に基づいた取引をしているけれど、パソコンの前でずっとチャートを睨んでチャンスが到来するのを待ち続けるというのは疲れるものです。そんな方々のためにFX各社は、それぞれのテクニカル指標から導き出される売買シグナルをツールが自動で検出して知らせてくれる、そんな便利機能を続々と提供しています。

このページでは、FX各社が提供している売買シグナルに特化した機能を備えたおすすめの取引ツールを紹介しています
対応しているテクニカル指標の豊富さ、それから自身でシグナル発生条件を設定できる自由度を備えた高性能なツールなど。自分の取引スタイルにあったシグナルを発生させられるものをぜひ見つけ出してください。

売買シグナル搭載の高機能チャート比較

FX会社/チャートツール 対応通貨ペア 対応テクニカル指標 自動売買 通知方法 公式サイト
[マネーパートナーズ]HyperSpeed NEXT 18通貨
ペア
26
種類

(※)
アラーム、ポップアップ [マネーパートナーズ>詳細]
[セントラル短資FX]クイックチャート・トレードプラス 25通貨
ペア
12
種類
アラーム、チャート表示、タスクバー表示、Qメッセージボックス [セントラル短資FX>詳細]
[ヒロセ通商]LIONチャートPlus+ 50通貨
ペア
8
種類
× チャート表示 [ヒロセ通商>詳細]
[FXプライムbyGMO]プライムナビゲータ(※2) 20通貨
ペア
10
種類
× 音声案内、チャート表示(過去シグナルも表示) [FXプライムbyGMO>詳細]

(※1:HyperSpeed NEXTの自動売買は移動平均線のみ対応となります)
(※2:プライムナビゲータは2019年3月29日でサービスを終了します)


ポイント
カンタン操作で扱える売買シグナル、スマホの通知機能にも注目!

このページでは特に、カスタマイズ性が高く多機能な売買シグナルツールを紹介していますが、別ページでは、簡単な操作で扱える「未来予測型チャート・売買シグナル」を紹介しています。難しい操作は不要で、初心者の方にもおすすめのツール。

また当サイトでは、プッシュ通知・アラート対応のスマホアプリも特集しています。レート変動や経済指標発表だけでなく、売買シグナルの発生通知に対応しているアプリもあります。気になる方は、そちらのページもぜひチェックしてみてください。

FX未来予測型チャート・売買シグナル徹底比較はこちら
未来予測/売買シグナル
プッシュ通知・アラート対応のおすすめFXアプリ特集はこちら
アラート対応アプリ特集

マネーパートナーズ『HyperSpeed NEXT』

26種類のテクニカル指標を使ってストラテジの構築が可能、バックテスト機能も搭載!

HyperSpeed NEXT

マネーパートナーズで提供されている「HyperSpeed NEXT」では移動平均や一目均衡表、スーパーボリンジャーやスパンモデルといった豊富なテクニカル指標を利用して、オリジナルのストラテジを作成することができます。
構築したストラテジを実行すれば、チャート上にわかりやすく売買シグナルの発生ポイントを表示してくれます。しかも、ツール内で有用性を確かめるためのバックテスト機能も搭載。

「HyperSpeed NEXT」はマネーパートナーズが提供しているパートナーズFXでのみ利用できるツールにはなっていますが、100通貨単位で取引できるパートナーズFX nano口座とパートナーズFX口座は同時開設となりますので、nanoでの取引を主にされる方でもツールの使用はできます。

「HyperSpeed NEXT」は他にも自動売買機能を備えていたり、時間足は単位ごとに数値を手動で決めることができるなど魅力の多い取引ツール。別の観点から機能を紹介しているページも用意していますので、興味のある方はそちらもぜひチェックしてみてください。

→詳しくはマネーパートナーズ公式サイトへマネーパートナーズ

対応通貨ペア 18通貨ペア
米ドル/円、ユーロ/円、豪ドル/円、ユーロ/米ドル、ポンド/円、ニュージーランドドル/円、南アランド/円、スイスフラン/円、カナダドル/円、香港ドル/円、シンガポールドル/円、ポンド/米ドル、豪ドル/米ドル、ユーロ/豪ドル、ユーロ/ポンド、豪ドル/ニュージーランドドルポンド/豪ドル、ニュージーランドドル/米ドル
売買シグナル対応テクニカル指標 26種類
四本値、移動平均、ストップ、リミット、HightLowチャネル、VariableVolatilityStops、エンベロープ、パラボリック、ピボット・ポイント、ボラティリティ・レシオ、ボリンジャー・バンド、一目均衡表、時系列練行足、方向性指標(DMI)、MACD(マックディ)、順位相関(RCI)、ROC(変化率)、RSI(相対力指数)、アルティメット・オシレーター、サイコロジカル(ライン)、ストキャスティクス、モメンタム、乖離率、カギ足、スーパーボリンジャー、スパンモデル
通知方法 アラーム、チャート上に表示

マネーパートナーズ 公式サイト

セントラル短資FX『クイックチャート・トレードプラス』

中上級者向けのストラテジ編集に加え、初心者向け「かんたんエディタQ」も搭載!

セントラル短資FX『クイックチャート・トレードプラス』

セントラル短資FXの「クイックチャート・トレードプラス」でも自分が設定したストラテジに従った売買シグナルを出すことができます。ストラテジの作成は大きく分けて中上級者向けのストラテジエディタと、初心者向けの「かんたんエディタQ」の2つです。

ストラテジエディタでは細かいエントリー条件の設定や利確条件、ロスカット条件を自分の思い通りに設定できます。論理式や数値の設定を自分で行うので中上級者向けのストラテジ作成方法です。

一方、「かんたんエディタQ」はトレンド系、オシレーター系合わせて12種類のテクニカル指標から条件を選択、パラメーターを変更してストラテジとして反映させることができます。
かんたんエディタQはストラテジ作成の部品が集まったようなもので、大まかなストラテジをかんたんエディタQで作成しておき、細かいチューニングはストラテジエディタで調整するといった使い方が便利です。もちろん、バックテストも可能なので、作成したストラテジは本番前にしっかり検証しておきましょう。

クイックチャート・トレードプラスは売買シグナルの発生を知らせてくれる機能も充実しています。発動条件は「リアルタイムの現在値で発動」「足の終値の確定を待って発動」の2種類、成立時の通知は「チャートでの表示」「チャートでの表示+タスクトレイでの表示」「チャートでの表示+Q注文メッセージボックス」の3種類です。
条件成立時には音声で知らせてくれる機能まで付いています。もちろん、より細かい売買シグナル発生の条件を自分で設定することも可能。クイックチャート・トレードプラスはカスタマイズ性の高い便利なチャートツールです。

また、セントラル短資FXでは簡単な操作でお使いいただける「みらいチャート」という便利ツールも提供されています。複数のテクニカル指標の売買シグナルを見やすく一覧表示。FX初心者でも扱いやすいツールです。

→詳しくはセントラル短資FX公式サイトへセントラル短資FX

対応通貨ペア 25通貨ペア
米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、豪ドル/円、ランド/円、スイス/円、NZドル/円、カナダ/円、ユーロ/米ドル、豪ドル/スイス、NZドル/スイス、ポンド/米ドル、豪ドル/米ドル、NZドル/米ドル、米ドル/スイス、米ドル/カナダ、ユーロ/ポンド、ポンド/スイス、ユーロ/スイス、オフショア中国人民元/円、トルコリラ/円、ユーロ/豪ドル、ポンド/豪ドル、豪ドル/NZドル、メキシコペソ/円
売買シグナル対応テクニカル指標(かんたんエディタQ) 12種類
移動平均、一目均衡表、ボリンジャーバンド、エンベロープ、その他の平均、RSI、RCI、ストキャスティクス、MACD、移動平均乖離、パーセントR、DMI
通知方法 アラーム、チャート上に表示、タスクバーに表示、Qメッセージボックス

セントラル短資FX 公式サイト

ヒロセ通商『LIONチャートPlus+』

LIONチャートPlus+は8種類のテクニカルからシグナル設定が可能!

LIONチャート

ヒロセ通商で提供されている高機能チャートツール「LIONチャートPlus+」にもシグナル機能が搭載。
テクニカルの設定画面を開き、用意されている8種類のテクニカル指標から1つを選択、判定条件とシグナル発生を知らせる図柄(これがけっこう充実しています)を指定します。それから発動ボタンを押下するとチャート上に「シグナル監視中」のマークが表示されます。細かな設定などが特に必要ありませんので初心者の方にも扱いやすいのではないでしょうか。

ヒロセ通商で口座を開設すれば、未来予測型チャートと、ここで紹介している売買シグナルとは別のシグナルパネルが閲覧できる「さきよみLIONチャート」も無条件で利用可能。

→詳しくはヒロセ通商公式サイトへヒロセ通商

対応通貨ペア 50通貨ペア
豪ドル/カナダドル、豪ドル/スイスフラン、豪ドル/円、豪ドル/NZドル、豪ドル/米ドル、カナダドル/スイスフラン、カナダドル/円、スイスフラン/円、ユーロ/豪ドル、ユーロ/カナダドル、ユーロ/スイスフラン、ユーロ/ポンド、ユーロ/円、ユーロ/ノルクロ、ユーロ/NZドル、ユーロ/ズロチ、ユーロ/スエクロ、ユーロ/シンガポールドル、ユーロ/トルコリラ、ユーロ/米ドル、ユーロ/南アランド、ポンド/豪ドル、ポンド/カナダドル、ポンド/スイスフラン、ポンド/円、ポンド/NZドル、ポンド/米ドル、香港ドル/円、フォリント/円、メキシコペソ/円、ノルクロ/円、NZドル/カナダドル、NZドル/スイスフラン、NZドル/円、NZドル/米ドル、ズロチ/円、スエクロ/円、シンガポールドル/円、トルコリラ/円、米ドル/カナダドル、米ドル/スイスフラン、米ドル/香港ドル、米ドル/フォリント、米ドル/円、米ドル/メキシコペソ、米ドル/ズロチ、米ドル/シンガポールドル、米ドル/トルコリラ、米ドル/南アランド、南アランド/円
売買シグナル対応テクニカル指標 8種類
移動平均、一目均衡表、ボリンジャーバンド、HLバンド、RSI、移動平均乖離率、MACD、ストキャスティクス
通知方法 チャート上に表示

ヒロセ通商 公式サイト

FXプライムbyGMO『プライムナビゲータ』

※プライムナビゲータは2019年3月29日(金)でサービスを終了します

プライムナビゲータFXプライムbyGMOのリッチクライアントツールである「プライムナビゲータ(PrimeNavigator)」も売買シグナル機能を標準搭載。チャート上で右クリックして「分析ツール設定」を開きそこから設定できます。
シグナル発生箇所をチャート上に矢印で表示してくれることに加えて、発生時には音声案内をしてくれる機能がとても便利。新着ニュースや注文の成立といったことも音声で教えてくれますので、取引チャンスを見逃したくない方は使ってみてはいかがでしょうか。

対応しているテクニカル指標は10種類で、移動平均線では「位置」・「クロス」・「支持抵抗」、ボリンジャーバンドは「第一支持、抵抗」・「第二支持、抵抗」を選択。特に難しい操作は要りませんので、テクニカル分析の見方を実際のチャート画面で確かめてみたいという方にもオススメかもしれません。

→詳しくはFXプライムbyGMO公式サイトへFXプライムbyGMO

対応通貨ペア 20通貨ペア
米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、豪ドル/円、NZドル/円、カナダドル/円、スイスフラン/円、SGドル/円、香港ドル/円、南アフリカランド/円、メキシコペソ/円、ポーランドズロチ/円、ユーロ/米ドル、豪ドル/米ドル、ポンド/米ドル、ユーロ/ポンド、トルコリラ/円、NZドル/米ドル、ユーロ/豪ドル、ポンド/豪ドル
売買シグナル対応テクニカル指標 10種類
移動平均線、一目均衡表、ボリンジャーバンド、パラボリック、モメンタム、RSI、ストキャスティクス、MACD、%Rオシレーター、P&F
通知方法 音声案内、チャート表示

FXプライムbyGMO 公式サイト