【最新版】メキシコペソ/円(MXN/JPY)取扱い業者のスワップポイント一覧比較

メキシコペソ/円のスワップポイント比較

メキシコの金利は上昇傾向にあり注目が集まっています。2016年1月に3.25%だった政策金利は2016年12月に5.75%、2017年12月に7.25%というふうに推移していき、2018年6月21日には「7.75%」、同年11月15日に「8.0%」まで上昇しています。

アメリカを除いて各国低金利を目指している中、これだけ積極的に利上げしているのは珍しいです。高金利通貨の代名詞であるトルコリラに比べるとまだ金利は低いですが、豪ドル、NZドルに比べると2倍以上の金利です。

メキシコの政策金利推移

今後もさらに上昇する可能性があり目が離せません。スワップポイントを狙う上でもリスク分散(ポートフォリオ)という点において、選択肢の1つに十分入ってきました。

メキシコペソ円取り扱い業者のスペックを比較

政策金利の上昇傾向もあってFXでの需要も高まるMXN/JPYは、その取り扱い業者も増加傾向にあります。外為どっとコム、ヒロセ通商、マネーパートナーズ、FXプライムbyGMO、サクソバンク証券、みんなのFXなど…。

このページではメキシコペソ円の取り扱いFX業者のスワップポイントとスプレッドを一覧にして比較し、おすすめの業者とサービスをピックアップしてお伝えしています。スワップやスプレッドだけでなく、情報配信などの独自サービスにもご注目ください。

外為どっとコムはメキシコペソ分析レポートを配信

外為どっとコムでメキシコペソ円を取引MXN/JPY取り扱いFX業者の中でも外為どっとコムは要チェック。
スワップポイントは12円(2018年12月3日時点)と高水準を維持しており、外為どっとコムならではの業界最狭水準スプレッド0.5銭原則固定も魅力的です(例外あり)。

情報力に定評ある外為どっとコムは高金利通貨の相場分析レポートも充実しています。メキシコペソ相場に関しては、野村雅道氏の「バモスメヒコレポート」フィスコ社の「フィスコウィークリーレポート」の2種類のレポートを配信。口座開設すると無料で読めるのもうれしいですね。特定の高金利通貨に特化したレポートを配信する業者は貴重なのでぜひ活用してみてください!

外為どっとコム 公式サイト

メキシコペソ円のスワップ・スプレッド一覧比較

【最終更新日:2018年12月3日(毎月更新)】

Check!!

メキシコペソ円のスワップポイントは各社の競争が激しくなっており、2018年12月3日時点で、1万通貨あたり15円の買いスワップを提示しているFX業者が5社もあります。

11月19日よりメキシコペソ円の取り扱いをスタートしたセントラル短資FXは、高水準の買いスワップだけでなく最狭水準のスプレッドも魅力。

FXプライムbyGMOみんなのFXLIGHT FXも先月に続いて高水準。また、ループイフダンでのメキシコペソ円対応をスタートしたアイネット証券にも注目です。

FX業者 買スワップ スプレッド レポート配信 スワップページ 公式サイト
[セントラル短資FX]セントラル短資FX 15円 0.5銭
(※1)
× スワップ一覧 [セントラル短資FX>詳細]
[FXプライムbyGMO]FXプライムbyGMO 15円 1.9銭 スワップ一覧 [FXプライムbyGMO>詳細]
[みんなのFX]みんなのFX 15円 変動制 × スワップ一覧 [みんなのFX>詳細]
[LIGHT FX]LIGHT FX 15円 変動制 × スワップ一覧 [LIGHT FX>詳細]
[アイネット証券]アイネット証券(ループイフダン) 15円 7銭 × スワップ一覧 [アイネット証券>詳細]
[マネーパートナーズ]パートナーズFX nano 13円 1.0銭
(※2)
× スワップ一覧 [マネーパートナーズ>詳細]
[ヒロセ通商]ヒロセ通商 12円 0.4銭
(※3)
× スワップ一覧 [ヒロセ通商>詳細]
[マネーパートナーズ]パートナーズFX 12円 0.5銭
(※2)
× スワップ一覧 [マネーパートナーズ>詳細]
[外為どっとコム]外為どっとコム 12円 0.5銭 スワップ一覧 [外為どっとコム>詳細]
[楽天証券]楽天FX 12円 0.5銭 × スワップ一覧 [楽天証券>詳細]
[楽天証券]楽天MT4 12円 0.7銭 × スワップ一覧 [楽天証券>詳細]
[新生銀行FX]新生銀行FX 12円 1.0銭 × スワップ一覧 [新生銀行FX>詳細]
[IG証券]IG証券 12円 通常:1銭
最小:0.6銭
× 取引システムで確認 [IG証券>詳細]
[くりっく365]くりっく365 11.7円 変動制 ヒストリカルデータベース [くりっく365>詳細]
[サクソバンク証券]
サクソバンク証券
10.47円 変動制 × スワップ一覧 [サクソバンク証券>詳細]
[外為オンライン]外為オンライン 6円 6銭 × スワップ一覧 [外為オンライン>詳細]
[マネックス証券]マネックス証券 5円 0.6銭 × 会員ページで確認可 [マネックス証券>詳細]

(※:IG証券のスワップポイントは2018年12月4日分)
(※:スワップポイントは常に変動します。最新の数値は各社スワップポイントページでご確認ください)
(※:スワップポイントは1万通貨単位です)
(※:スプレッドは原則固定・例外あり)
(※1:セントラル短資FXのスプレッドはam8:00 〜 翌am5:00の時間帯にて適用)
(※2:マネーパートナーズのスプレッドはam10:00 〜 翌am5:00の時間帯で原則固定・例外あり)
(※3:ヒロセ通商のスプレッドはam9:00 〜 翌am2:00の時間帯で原則固定・例外あり)

ポイント
FXプライムbyGMO 上田眞理人常務が語るトレード戦略

FXプライムbyGMO 上田眞理人常務インタビュー

FXプライムbyGMOのメキシコペソ円の買いスワップポイントは15円で業界最高水準(2018年12月3日時点)。ですが同社の魅力はこれだけではありません。
FXプライムbyGMOはプロトレーダーも認める約定率を誇っており、実はこの約定力の高さも高金利通貨の取引において重要なポイントになってくるのです。では、その具体的なメリットとは?

FXプライムbyGMO常務取締役の上田眞理人氏に、同社で取引する3つの利点、そしてメキシコペソ円のトレード戦略についてお話を伺ってきました。業者選びに迷っている方や取引手法に悩んでいる方は、ぜひご覧ください。

→詳しくはFXプライムbyGMOへ FXプライムbyGMO

メキシコペソ円 取り扱い業者の特長

外為どっとコム「外貨ネクストネオ」

高水準スワップポイント & 業界最狭水準スプレッド!

外為どっとコム

外為どっとコムは比較的早い段階からメキシコペソ円を扱っていました。スワップに関しては期間限定で固定化を実施するなど、以前から高い水準にて提供。着々とスワップポイントを得ていたい方には、外為どっとコムはメリットある業者ではないでしょうか。

野村雅道氏、FISCO社のメキシコペソ関連レポートを無料配信!

野村雅道氏・フィスコウィークリーレポート

外為どっとコムは情報力の高さが魅力。口座を開くと20以上の番組配信や多数の個性的なレポートをすべて無料で閲覧できます。
2017年10月6日よりスタートした野村雅道氏の「バモスメヒコレポート」、フィスコ社による市場分析レポートも無料で配信。

野村雅道氏の「バモスメヒコレポート」はMXN/JPYの相場分析に特化しており、毎週金曜日に配信を実施。フィスコ社のウィークリーレポートはメキシコペソ/円だけでなく、トルコリラ/円、人民元/円についてファンダメンタルとテクニカル両面から解説してくれます。こちらは毎週月曜日の配信。

概況や為替相場の見通し、想定レンジ、中期目標値なども明記されていますので、投資判断の参考にすることができます。チャートも掲載。メキシコペソの詳細なレポートを提供しているFX業者は貴重です!

トルコリラ円と南アフリカランド円にも注目

外為どっとコムはメキシコペソ円だけでなく、トルコリラ/円南アフリカランド/円も取り扱っていて、キャンペーンも頻繁に開催しています。いずれもスプレッドは狭い水準で、スワップポイントも高水準。

初心者の方にも扱いやすい取引ツール・チャートツールは、PC版もスマホアプリ版も好評です。高金利通貨だけでなく、主要通貨ペアのスプレッドも業界最狭水準。
外為どっとコムの会員であれば無料で閲覧できるマーケット情報の充実も魅力ですね。高金利通貨を取引される場合、外為どっとコムは要チェックです!

まとめ
  • 買いスワップポイント12円(2018年12月3日時点)の高水準!
  • 2種類のメキシコペソ関連レポートを毎週配信!
  • 高金利通貨キャッシュバックキャンペーンは上限なし!

外為どっとコム公式サイト

FXプライムbyGMO「選べる外貨」

業界最高水準のスワップポイントでメキシコペソ円の取り扱いをスタート!

FXプライムbyGMOのメキシコペソ円

2018年1月20日よりFXプライムbyGMOがMXN/JPYの取り扱いを開始。リリース早々から高水準のスワップポイントを提供しており、2018年12月3日時点も1万通貨あたり12円と、高水準の買いスワップポイントを維持しています。当ページの比較表でも常に上位に位置していますね。
スプレッドは1.9銭原則固定(例外あり)と競合他社と比べて低いわけではないのですが、FXプライムbyGMOは約定力に定評がありますので、その点では信頼感があります。

FXプライムbyGMOは豊富なマーケット情報も魅力であり、チーフ・アナリストの柳澤浩氏とチーフ・ストラテジストの高野やすのり氏によるオンラインセミナー(会員限定)では、高金利通貨ペアに関する解説も実施。高金利通貨ペアの見通しや取引の手法について解説してくれます。有益な情報をぜひご活用ください。

形状比較ツール「ぱっと見テクニカル」が早くもメキシコペソ円に対応!

ぱっと見テクニカル

FXプライムbyGMOの「ぱっと見テクニカル」は膨大な過去のデータを自動で検索し、現在のチャートと類似しているものを見つけて未来の値動きを予測するという人気のツール。パソコンでもスマホアプリでも使えるこの「ぱっと見テクニカル」はMXN/JPYの分析にも対応済みです。ポジション保有の際に判断材料の一つとして活用してみてはいかがでしょうか?

まとめ
  • 2018年1月20日リリース、業界最高水準スワップポイントを提供!
  • 柳澤浩氏と高野やすのり氏の会員限定セミナーで高金利通貨ペアを解説!
  • 未来の値動きを予測する「ぱっと見テクニカル(PC・スマホ)」に対応!

FXプライムbyGMO 公式サイト

みんなのFX(トレイダーズ証券)

2018年4月 みんなのFXでもメキシコペソ円がスタート!

みんなのFX(トレイダーズ証券)

FXプライムbyGMOやマネーパートナーズなど、複数の業者が取り扱いを開始しているMXN/JPYですが、新たにみんなのFX(トレイダーズ証券)でも登場。2018年4月16日より取り扱いがスタートしました。
買いスワップポイントは10万通貨あたり150円(2018年4月16日時点)となっており高水準。1Lotあたりに必要な証拠金も2,400円(2018年4月16日時点)とかなり安いです。みんなのFXの参入により、他社は反応を見せるのかという点にも注目ですね。

2018年12月3日追記

みんなのFXは2018年の4月からMXN/JPY(メキシコペソ円)の取り扱いを開始しましたが、継続して1万通貨あたり15円前後の水準を保っています。競合他社では12円~13円台が多い中、みんなのFXは高水準を維持。

スワップポイントを狙う上で「安定して高い水準を保つかどうか」というのは非常に重要ですよね。その点では、みんなのFXにはメリットがあると考えられるのではないでしょうか。「スワップポイントが安定している業者がいい」という人にはオススメです。

みんなのFXはMXN/JPY(メキシコペソ円)だけでなく、TRY/JPY(トルコリラ円)も魅力的です。2018年11月の月間ベースで「120円以上」を提供しており、他社と比べても高水準。みんなのFXではポジション未決済でもスワップポイントの受取りができるため、儲けた利益をすぐに出金できます。出金せずに新規注文の証拠金に充てることもできるので、より大きなポジションを持つことも可能。MXN/JPY(メキシコペソ円)やTRY/JPY(トルコリラ円)などのスワップポイントを狙うときはみんなのFXが要チェックです!

まとめ
  • MXN/JPY(メキシコペソ円)が15円と高水準!(2018年12月3日時点)
  • TRY/JPY(トルコリラ円)も見逃せない!
  • ポジション未決済でもスワップポイントが受け取れる!

みんなのFX 公式サイト

マネーパートナーズ「パートナーズFX」

メキシコペソ円の取扱開始!0.5銭の業界最狭水準スプレッド(※)

マネーパートナーズのMXN/JPY

2017年7月17日より、マネーパートナーズがMXN/JPY取り扱いを開始。「パートナーズFX」では0.5銭の業界最狭水準スプレッド(※)にて提供。さらに、2018年12月3日の付与分は1万通貨につき12円とスワップポイントも高水準です。
マネーパートナーズは30万口座を突破。「パートナーズFX」サービスは、8年連続約定力No.1の実績(矢野経済研究所調べ)。トルコリラ/円も高水準のスワップポイントで提供しており、こちらも注目です。

(※上記スプレッドはコアタイム10:00~29:00の時間帯にて原則固定、例外あり)

パートナーズFX nano口座のスワップポイントにも注目!

パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)

マネーパートナーズには2種類のFXサービスがあり、100通貨単位の取引などが魅力のパートナーズFX nano口座。高水準のスワップポイントもメリットで、メキシコペソ円では2018年12月3日時点で12円となっています。2018年5月以降に開催されていたスワップ強化キャンペーンは終了しましたが、引き続きnano口座のスワップにも注目です。


「かんたんトレナビ」はMXN/JPYのチャート分析に対応

政策金利

マネーパートナーズの「かんたんトレナビ」は、7種類のテクニカル指標に基づく売買シグナルの表示と、未来の値動きの予測をしてくれる便利ツール。名前のとおり簡単に扱えますので、初心者の方にも人気の分析ツールです。

「かんたんトレナビ」はパートナーズFXで取引できる、20通貨ペアすべての分析に対応しているのが魅力。もちろん、MXN/JPYにも対応しています。値動きの判断に参考にしてみてはいかがでしょうか。


まとめ
  • 最狭水準スプレッド・高水準スワップが魅力!
  • 未来予測型チャート「かんたんトレナビ」が無料で使える!
  • パートナーズFXは9年連続約定力 No.1!(矢野経済研究所調べ)

マネーパートナーズ 公式サイト

ヒロセ通商「LION FX」

ヒロセ通商がメキシコペソ/円のスワップとスプレッドを大幅に刷新!

ヒロセ通商

トルコリラ/円や南アフリカランド/円などで、高水準スワップポイントの提供に注力し続けてきたヒロセ通商が、いよいよメキシコペソ/円でも動き始めました。
スワップポイントは1万通貨につき12円(2018年12月3日時点)。さらに、2018年1月11日にはスプレッドの大幅な縮小も実施し、2.0銭 → 0.4銭(※1)まで狭められました。

ヒロセ通商は50通貨の豊富な通貨ペアを取り扱っており、その中には米ドル/メキシコペソ(USD/MXN)も含まれています。
ヒロセ通商はトルコリラ/円も取り扱っていて、NZドル/円と豪ドル円に関しては固定スワップポイントを実現しており魅力的。

ヒロセ通商は毎月実施しているキャンペーンがかなり充実しており、中でも食品プレゼントは特に精力的に開催されています。中華料理やお肉など、忙しくされている主婦の方や、仕事をしながらFXをされている方々にとっては嬉しいはず。
ヒロセ通商はオリコン日本顧客満足度ランキングにて連続で第1位(FX取引 FX専門業者)に選ばれるという、実績のあるFX業者でもあります。気になる方はぜひ公式サイトにも立ち寄ってみてください。

(※1:スプレッドはam9:00 〜 翌am2:00までの時間帯で原則固定、例外あり)

まとめ
  • 業界最高水準のスワップポイント・スプレッドを実現!
  • ヒロセ通商はトルコリラ/円や南アフリカランド/円でも高スワップを提供!
  • 米ドル/メキシコペソ(USD/MXN)の取り扱いも!

ヒロセ通商 公式サイト

IG証券

メキシコペソ/円を含む約100種類のFX通貨ペアを取り扱い!

IG証券

IG証券では、2017年4月から新銘柄として、MXN/JPYの取り扱いがスタートしました。MXN/JPYのスワップポイントは1万通貨当たりおおむね12円前後なので、数字だけ見れば「FXプライムbyGMO」や「みんなのFX」が良いでしょう。それでも比較的高い水準ではあります。

スワップポイントでいえば、IG証券のトルコリラ円は1万通貨当たり138円(2018年12月3日時点)と業界最高水準です。

IG証券はFXだけでなくCFDやバイナリーオプションなど豊富な商品・銘柄を取り扱っているのが大きな魅力です。
FXではノルウェークローネ/円、スウェーデンクローナ/円、ポーランドズロチ/円といった珍しい通貨ペアも取り扱っており、他にもロシアルーブル/円やインドルピー/円、ブラジルレアル/円といった銘柄も取引可能。その種類は約100種類あるので、通貨ペアの豊富さで選ぶならIG証券は要チェックです。

さらに、2018年9月からは「ノックアウト・オプション」というオプション取引を新サービスとして提供開始。ノックアウト・オプションは最大損失額が限定されているリスク限定商品で高いコントロール性があります。
着実に注目を集めている新サービスなので、気になる人はチェックしてみてください。

まとめ
  • MXN/JPY(メキシコペソ円)のスワップポイントが比較的高水準!
  • 約100種類の通貨ペアでFX取引が可能!
  • 2018年9月から新サービス「ノックアウト・オプション」を提供開始!

IG証券 公式サイト

楽天証券(楽天FX口座・楽天MT4口座)

メキシコペソ円の取り扱いスタート!スプレッド0.5銭(例外あり)の高スペック

楽天証券

2018年8月27日より楽天証券でのメキシコペソ円取り扱いがスタートしました。楽天証券のFXサービスは楽天FXと楽天MT4の2種類があり、どちらのサービスでも取引可能です。メタトレーダー4でメキシコペソ円を取引できるのは貴重ですね。

スワップポイントに関しても、12円(2018年12月3日時点)と高水準のスワップポイントを提供しています。
トルコリラ円や南アフリカランド円なども提供していますが、スワップポイントだけでいえば「IG証券」や「みんなのFX」の方が高い水準です。もっとも、楽天証券はスプレッドの狭さも大きな魅力です。メキシコペソ円であれば、楽天FX口座では0.5銭、楽天MT4口座でも0.7銭の低水準を実現。
他にも、米ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭、ランド円1.0銭など多くの通貨ペアで業界最狭水準です(スプレッドはいずれも原則固定・例外あり)。

Check!!

楽天証券はFX以外にも商品とサービスが充実しており、お得なポイントプログラムやマネーブリッジなども用意されています。特に、楽天銀行と楽天証券のFX口座を連携させるマネーブリッジは非常にお得です。

FX口座にある待機資金を楽天銀行の普通預金に置いておくだけで優遇金利が適用されたり、買い注文時に不足資金を自動入金してくれたりしてくれます。待機資金の移動は毎営業日の夜間に自動的に行われるので何か手続きをする必要はありません。気になった方はぜひチェックしてみてください。

まとめ
  • MT4でメキシコペソ円を取引できる!
  • メキシコペソ円で高水準のスワップポイントを提供!
  • マネーブリッジで優遇金利の適用される!

楽天証券 公式サイト

マネックス証券「FX PLUS」

メキシコペソ円・トルコリラ円の高金利通貨ペアを新規追加!

マネックス証券

マネックス証券「FX PLUS」でもメキシコペソ円の取り扱いがスタート。2018年12月3日時点で5円/1万通貨の買いスワップポイントとなっています。
2018年11月にはスプレッド縮小が実施され、0.9銭の基準スプレッドが0.6銭まで縮小されました(例外あり)。
マネックス証券でもトルコリラ円や南アフリカランドなどの高金利通貨を取り扱っており、比較的高水準のスワップポイントとスプレッドを提供しています。

マネックス証券の特徴は自動注文の「オートレール」やトレードの傾向をAIが分析してくれる「トレードカルテFX」というサービスを行っていることです。
オートレールとは、トレール注文を一定のリピートロジックに従って連続的・複合的に行う注文方法です。5つの項目を設定するだけで動かせるので初心者にも簡単に操作できます。
一方、トレードカルテFXは過去の売買タイミングや得意・不得意なチャートパターンを抽出、分析することで自分がどのような取引スタイルなのかを客観的に知ることができるサービスです。

マネックス証券

トレカルは「取引リズムや取引スタイルを固めたい」「日々の取引の予習・復習をしたい」「他通貨での相場適性を知りたい」などの要望に応えてくれます。相場傾向に関係のない、客観的な評価を知ることができるので、気になる人は一度利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ
  • メキシコペソをはじめとした高金利通貨で高水準のスワップポイント!
  • オートトレール注文で損失を抑えつつ利益をしっかり伸ばせる!
  • トレードカルテFXは自分の取引スタイルを客観的に知るのに便利!

マネックス証券 公式サイト

新生銀行「新生銀行FX」

2018年8月27日より新生銀行FXにメキシコペソ円が追加!

新生銀行FX

2018年8月27日(月)から新生銀行FXでのメキシコペソ円取り扱いがスタートしました。同時に米ドルカナダドルも追加され、通貨ペアは合計26種類。
メキシコペソ円のスワップポイントは1万通貨当たり12円(2018年12月3日現在)です。その他のトルコリラ円や南アフリカランド円など高金利通貨の取り扱いもあります。スワップポイントに関していえば、他社の方が有利な場合が多いです。

もっとも、新生銀行FXでは銀行ならではのメリットがあります。それは原則24時間365日リアルタイムで入出金が可能というものです。このサービスの最大の魅力は「出金対応も24時間265日リアルタイムで行える」という点。
入金はクイック入金サービスでリアルタイムに対応してもらえる会社がたくさんありますが、出金対応もリアルタイムでしてくれるFX業者は少ないです。これは銀行FXならではのメリットですね。

また、1ヶ月間の新規約定取引が合計10万通貨以上になると、翌月から新生銀行の会員区分が「新生ゴールド」になります。新生ゴールドでは、他行宛ての振込手数料が月5回まで無料になったり、円定期預金の金利が上がったりと様々な特典がつきます。新生銀行で口座開設している人は新生銀行FXも利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ
  • メキシコペソ円で高水準のスワップポイントを提供!
  • 原則24時間365日リアルタム入出金が可能!
  • FXをするだけで新生銀行の会員区分が「ゴールド」になる!

新生銀行FX 公式サイト

LIGHT FX(トレイダーズ証券)

2018年10月29日サービス開始!高水準スワップと低水準スプレッドが魅力

LIGHT FX(トレイダーズ証券)

2018年10月29日にトレイダーズ証券から「LIGHT FX(ライトFX)」という新たなFXサービスが登場しました。同じトレイダーズ証券が運営する「みんなのFX」と同様のスペックを持つサービスであり、サービス開始時点から高水準の買いスワップポイントと低水準の魅力的なスプレッドを実現しています。

メキシコペソ円は1万通貨当たり15円。他にも南アフリカランド円の160円(10万通貨あたり)やトルコリラ円の123円(1万通貨あたり)などいずれも業界最高水準のスワップポイントです(2018年12月3日現在)。

LIGHT FX(トレイダーズ証券)

メキシコペソ円、トルコリラ円、南アフリカランド円の3つの通貨ペアで業界最高水準のスワップポイントを提供しているのはLIGHT FXの大きな強みですね。

また、LIGHT FXではポジションを決済せずにスワップポイントのみを受け取ることができます。週単位や月単位での出金もできるので長期保有する場合は非常に便利です。

スプレッドに関しても、米ドル円0.3銭、豪ドル円0.6銭、ユーロ米ドル0.3pipsなど多くの通貨ペアで業界最狭水準(すべて原則固定・例外あり)。
総額1,000万円山分けキャンペーンやアプリを入れて1回取引するだけで1,000円キャッシュバックなど、キャンペーンにも積極的に力を入れています。
LIGHT FXを利用したことがない人はこの機会に一度、使ってみてはいかがでしょうか。

LIGHT FX 公式サイト

アイネット証券(ループイフダン)

自動売買「ループイフダン」にメキシコペソ円が登場!しかもスワップポイントは高水準

アイネット証券(ループイフダン)

2018年11月3日より、アイネット証券の「ループイフダン」にメキシコペソ円が新規追加されました。他にもトルコリラ円、南アフリカランド円も対応通貨ペアとして登場。人気の自動売買システムに一気に高金利通貨ペアが追加されました。
アイネット証券のループイフダンは自動売買(システムトレード)のことです。用意されている売買ルールを選択して稼働させるだけで、ルールに基づく売買が自動的に行われます。難しい操作は不要ですので、初心者の方におすすめ。

ループイフダンでメキシコペソ円を取引できるだけでもメリットですが、2018年12月3日時点で15円という高水準な買いスワップポイントにも注目。
自動売買によりコツコツと利益の積み重ねを狙えるループイフダンは、スワップポイントを狙える高金利通貨ペアとも相性がいいのではないでしょうか。
ループイフダンはデモトレードにも対応しており、メキシコペソ円やトルコリラ円も取引できますので、気になった方はチェックしてみてください。

アイネット証券 公式サイト

外為オンライン

店頭取引口座でもくりっく365でもメキシコペソ円を取引可能

外為オンライン

2018年11月5日より外為オンラインの店頭取引口座にて、メキシコペソ円の取り扱いがスタート。同時にトルコリラ円の取り扱いもスタートしましたので、外為オンラインの高金利通貨ペアがさらに充実しました。
スワップポイントに関していえばそれほど有利ではありません。2018年12月3日の時点でメキシコペソ円が1万通貨当たり6円、トルコリラ円が1万通貨当たり80円です。スワップポイントだけで比べるなら他社の方が有利になります。

もっとも、外為オンラインにはスワップポイントの他にたくさんのメリットがあります。トレンドを見極めて自動注文をしてくれる「iサイクル注文」やシンプルで見やすい取引ツール。特に、PC版ツールはFX上級者も満足するカスタマイズ性の高さが売りです。

FXの基礎知識から実践的な内容まで幅広く網羅した充実のセミナーも大きな魅力。初心者向けのセミナーはレベルが1~6まであり、知りたい内容に応じてセミナーを無料で受講できます。
中上級者にはインターバンクでチーフディレクターを務めた経験があるシニアアナリストの佐藤正和氏の実践セミナーが用意されています。全国17の主要都市で定期的にセミナーを開催しているので、時間があるときにでも近くのセミナーに足を運んでみてはいかがでしょうか。新しい発見があるかもしれません。

また、外為オンラインでは店頭FXだけでなく、くりっく365も取引可能。両方のサービスでトルコリラ円とメキシコペソ円を取引できるのは特徴的です。くりっく365のFXセミナーも行っているので、気になる人は参加してみてくださいね。

外為オンライン 公式サイト

セントラル短資FX「FXダイレクトプラス」

0.5銭(例外あり)の業界最狭水準スプレッドで取り扱いスタート

セントラル短資FX

セントラル短資FX「FXダイレクトプラス」も2018年11月19日より、メキシコペソ円の取り扱いをスタート。
メキシコペソ円対応のFX業者は限られていましたが、楽天証券や外為オンライン、そしてセントラル短資FXの導入もあり、多くの業者で取引できる状況ができています。スワップポイントもスプレッドの面でも、今後は競争が激しくなっていくのではないでしょうか。

2018年12月3日の現時点でメキシコペソ円のスワップポイントは1万通貨当たり15円とかなりの高水準です。取扱いを開始した11月から継続して15円を維持しています。

スプレッドに関してもメキシコペソ円0.5銭とこちらも業界最狭水準。FX業者で唯一、JCRの長期信用格付を連続して取得しているセントラル短資グループなので安心して取引ができます。
また、FXダイレクトプラスではトルコリラ円や南アフリカランド円などの高金利通貨も取り扱っています。
トルコリラ円や南アフリカランド円のスワップポイントは他社と比べれば少し見劣りしますが、スプレッドは比較的狭い水準です。2018年12月3日現在でトルコリラ円のスプレッドは2.5銭、南アフリカランドは1.2銭となっています(いずれも原則固定・例外あり)。
セントラル短資では定期的にスプレッド縮小キャンペーンなども行っているので、今後の動きに注目です。

セントラル短資FX 公式サイト

くりっく365でもメキシコペソ円の取引が可能に!

政策金利

2017年10月30日から「くりっく365」でも待望のメキシコペソ円が取引可能となりした。岡三オンライン証券のくりっく365では上場初日からメキシコペソ円の取り扱いをスタートしています。

くりっく365を取り扱っているのは「岡三オンライン証券」「GMOクリック証券」「外為オンライン」「FXブロードネット」「インヴァスト証券」などです。くりっく365のスワップポイントは「一本値」を採用しているため、買いスワップと売りスワップが同額になります。長期保有のリスクを軽減するために両建てなどを行う人には最適です。

取引所FXならではの透明性が高いレート配信(マーケットメイク制度)や流動性の高い相場がくりっく365の魅力です。「長期的に安定してスワップで稼ぎたい」「信用できる取引所でトレードしたい」という人は一度利用してみてはいかがでしょうか。

岡三オンライン証券 公式サイト

トルコリラ/円などの通貨ペアにも注目

メキシコペソ/円の他、トルコリラ/円や南アフリカランド/円などに関しても、スワップポイントを狙う際に注目しておきたい業者を特集するなどしています。6種類の通貨ペアのスワップポイントをまとめた比較早見表もぜひご活用ください。

FX業者のスワップポイント比較/早見表
買いスワップ一覧比較
FX業者の売りスワップポイント比較/早見表
売りスワップ一覧比較
トルコリラ/円スワップポイント比較
トルコリラ/円特集
南アフリカランド/円 お薦め取扱い業者のスワップポイント比較
南アフリカランド/円特集
米ドル/円(USD/JPY) おすすめ取扱い業者のスワップポイント比較
米ドル/円特集
豪ドル/円(AUD/JPY) おすすめ取扱い業者のスワップポイント比較
豪ドル/円特集
NZドル/円 お薦め取扱い業者のスワップポイント比較
NZドル/円特集
ポーランドズロチ/円 お薦め取扱い業者のスワップポイント比較
ズロチ/円特集

2018年12月3日現在の政策金利

日本
日本
0.10%
豪州
豪州
1.50%
NZ
NZ
1.75%
南アフリカ
南アフリカ
6.75%
メキシコ
メキシコ
8.00%
トルコ
トルコ
24.00%