トレイダーズ証券が「みんなのオプション」という新バイナリーオプションをリリース!

バイナリーオプション「みんなのバイナリー」を手がけるトレイダーズ証券から、新たに「みんなのオプション」というサービスがリリースされます!

みんなのオプション新サービス「みんなのオプション」のリリースは、2015年12月26日で、みんなのシストレにおいて、「オプション口座」を開設することにより取引が可能になります。


→詳しくはみんなのオプション公式サイトへみんなのオプション

「みんなのバイナリー」と「みんなのオプション」との違いは?

現在、トレイダーズ証券では「みんなのバイナリー」というバイナリーオプションを提供していますが、「みんなのオプション」は新たな別のサービスとなり、一番の違いは、「みんなのオプション」にはレンジオプションがあるという点。

ラダーオプションのみだった「みんなのバイナリー」と違い、「みんなのオプション」では、判定時の価格が指定されたレンジ内に収まるか、収まらないかを予測する「レンジインオプション」、レンジを外れるか、外れないかを予測する「レンジアウトオプション」の取引が行えますので、レンジオプション取引をしたい方は、ぜひチェックしてみてください。

レンジオプション取引ができるFX会社はまだまだ少ないので、興味がある方は以下のページもご確認ください。

みんなのオプションは、4通貨ペアで取引可能!

また、もう一つ大きな違いが、取扱い通貨ペア。
「みんなのバイナリー」では、米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円の3通貨ペアのみ取引可能でしたが、「みんなのオプション」ではこれに加え、ユーロ/米ドルも取引可能になります。

購入金額が1Lotあたり50円から990円で、ペイアウト額が1Lotあたり1,000円という点や、1日の取引回数が11回という点など、「みんなのバイナリー」と共通項も多いですが、1回号の取引時間が120分間となっているなど(みんなのバイナリーは122分間)、相違点も多いので、各種比較ページも参考にしてください。

みんなのバイナリー口座保有者は、知識確認テストが不要

みんなのオプション口座を開設する際に、BO取引にかかる知識確認テストを受ける必要がありますが、みんなのバイナリー口座保有者はこのテストが不要となります。
みんなのオプションとみんなのバイナリーの両口座を保有しても、同時に両方で取引することはできないようですが、レンジオプションができるようになったり、ユーロ/米ドルの取引が可能な点など、選択肢も増えますので、ぜひ詳細をご確認ください。

みんなのオプション 公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました