楽天FXと楽天MT4の違いを徹底解説!スプレッドやスワップポイント、ツールなどの特徴を紹介

この記事には広告・プロモーションが含まれています

楽天FX・楽天MT4徹底解説!

ここでは、楽天証券が展開している2種類のFXサービス、「楽天FX」と「楽天MT4」を徹底解説しています。

楽天FXと楽天MT4は取引ルールで共通する部分もあるのですが、取り扱い通貨ペアやスプレッドなどでいくつか違いがあります。

また、楽天FXは自社のオリジナルツール(マーケットスピードFX、iSPEED FX)が使えるのに対し、楽天MT4はMT4を取引ツールとして採用しているのも大きな違いとなっています。

以下では、楽天FXと楽天MT4の違いに注目しつつ、各サービスの特徴を解説していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

楽天FX・楽天MT4 スペック比較表

楽天FX・楽天MT4 スペック比較表

まずは、楽天FXと楽天MT4の取引ルールやスペックを比較表にまとめてみました。手っ取り早く違いを確認したい方はチェックしてみてくださいね。

比較項目 [楽天証券(楽天FX)]楽天FX [楽天証券(楽天MT4)]楽天MT4
口座開設手数料 無料 無料
取引手数料 無料 無料
通貨ペア 28通貨ペア
(詳細はこちら
24通貨ペア
(詳細はこちら
取引単位 1,000通貨単位 1,000通貨単位
スプレッド(※1) USDJPY:0.2
EURUSD:0.4pips
(詳細はこちら
USDJPY:0.5
EURUSD:0.6pips
(詳細はこちら
月間スワップ付与実績(※2) USDJPY:7,466
TRYJPY:360
ZARJPY:4,760
MXNJPY:8,770
CNHJPY:12,610
(詳細はこちら
USDJPY:7,466
TRYJPY:360
ZARJPY:4,760
MXNJPY:8,770
CNHJPY:取扱なし
(詳細はこちら
スワップのみ受取 可能
(※発生したスワップポイントは口座に順次反映)
可能
(※発生したスワップポイントは口座に順次反映)
1度の発注上限 200万通貨 200万通貨
建玉上限 100億円相当額
(※リアルタイムで円換算された金額)
(※ZARJPY・MXNJPYは1億通貨、CNHJPYは2,500万通貨が建玉上限)
100億円相当額
(※リアルタイムで円換算された金額)
(※ZARJPY・MXNJPYは1億通貨が建玉上限)
レバレッジ 25倍・10倍・5倍・2倍・1倍から選択可能 25倍
注文方法 ストリーミング、ASストリーミング、指値、逆指値、OCO、IF-DONE、IF-OCO、全決済 成行、ストリーミング、指値、逆指値、IF-DONE、IF-OCO、ワンクリック、トレーリングストップ
PC取引ツール マーケットスピードFX(インストール)
楽天FX-WEB(ブラウザ)
MT4(インストール)
MT4 web(ブラウザ)
スマホアプリ iSPEED FX MT4スマホアプリ版
デモ取引

(※1:表内のスプレッドはいずれも原則固定・例外あり)
(※2:2024年4月の1ヶ月間、USDJPYとTRYJPYは1万通貨、それ以外は10万通貨の買いポジションを保有し続けた場合に得られた合計スワップを掲載)

 

楽天証券の独占取材記事を公開中!

楽天証券取材

当サイトでは楽天証券の独占取材記事を公開中です!「楽天証券のFX取引の魅力は?」「総合証券としての最大の強みとは?」といった疑問にお答えいただきました。MT4で取引できるCFDサービスに関する情報も!楽天証券についてもっと知りたい方、同社の魅力を知りたい方はぜひ取材記事をチェックしてみてくださいね。

楽天FX・楽天MT4の違いを解説!

楽天FX・楽天MT4の違いを解説!

取り扱っている通貨ペアの種類が違う!

楽天FXと楽天MT4では取り扱っている通貨ペアの種類が違います。楽天FXの方が取り扱い銘柄数が多いです。

具体的に言うと、楽天FXではHKDJPY・SGDJPY・NOKJPY・CNHJPYの取り扱いがあるのですが、楽天MT4ではそれらを取引できません。

CNHJPY(人民元円)でスワップポイントを狙いたい、といったニーズをお持ちの方には楽天FXがおすすめです。

楽天FX・楽天MT4 取り扱い通貨ペア一覧表

通貨ペア [楽天FX]楽天FX [楽天MT4]楽天MT4
USDJPY
EURJPY
GBPJPY
AUDJPY
NZDJPY
ZARJPY
CADJPY
CHFJPY
HKDJPY 取扱なし
SGDJPY 取扱なし
NOKJPY 取扱なし
TRYJPY
CNHJPY 取扱なし
MXNJPY
EURUSD
GBPUSD
AUDUSD
NZDUSD
USDCHF
GBPCHF
EURGBP
EURCHF
AUDCHF
NZDCHF
AUDNZD
USDCAD
EURAUD
GBPAUD

基準スプレッドの設定が違う!

基準スプレッドの設定が違う!

楽天FXと楽天MT4では基準スプレッドの設定にも違いがあります。一部通貨ペアは同水準ですが、基準スプレッドで見ると楽天FXの方が有利となっています。

基準スプレッドで選ぶのであれば楽天FXがおすすめ。ただ、楽天MT4のスプレッドに関しては、MT4対応業者としては魅力的な水準となっています。

楽天FX・楽天MT4 スプレッド一覧比較表

通貨ペア [楽天FX]楽天FX [楽天MT4]楽天MT4
USDJPY 0.2 0.5
EURJPY 0.5 1.1
GBPJPY 0.9 2
AUDJPY 0.6 1.2
NZDJPY 1.2 2.8
ZARJPY 0.9 1.2
CADJPY 1.7 2
CHFJPY 1.8 2.8
HKDJPY 2.9 取扱なし
SGDJPY 4.9 取扱なし
NOKJPY 3.9 取扱なし
TRYJPY 6.8 6.8
CNHJPY 0.9 取扱なし
MXNJPY 0.2 0.7
EURUSD 0.4pips 0.6pips
GBPUSD 1pips 1.2pips
AUDUSD 0.9pips 1.2pips
NZDUSD 1.6pips 2pips
USDCHF 1.6pips 1.6pips
GBPCHF 2.8pips 3.6pips
EURGBP 1pips 1pips
EURCHF 1.6pips 1.6pips
AUDCHF 2.4pips 2.4pips
NZDCHF 2.8pips 2.8pips
AUDNZD 2.8pips 2.8pips
USDCAD 1.6pips 2pips
EURAUD 1.5pips 1.5pips
GBPAUD 1.6pips 1.6pips

(※:表内のスプレッドはいずれも原則固定・例外あり)

スワップポイントは原則同じ!

スワップポイントは原則同じ!

楽天FXと楽天MT4のスワップポイントは原則同一となっています。ですので、米ドル円(USDJPY)やメキシコペソ円(MXNJPY)のスワップだけで選ぶなら、どちらもおすすめと言えます。

ただ、通貨ペアの違いでもお伝えしたように、人民元円(CNHJPY)は楽天MT4で取引できないので、そちらでスワップを狙いたい方には楽天FXがおすすめです。

通貨ペア [楽天FX]楽天FX [楽天MT4]楽天MT4
USDJPY 7,466 7,466
EURJPY 6,952 6,952
AUDJPY 3,766 3,766
NZDJPY 3,551 3,551
TRYJPY 360 360
ZARJPY 4,760 4,760
MXNJPY 8,770 8,770
CNHJPY 12,610 取扱なし

(※:2024年4月の1ヶ月間、ZARJPY・MXNJPY・CNHJPYは10万通貨、それ以外は1万通貨の買いポジションを保有し続けた場合に得られた合計スワップを掲載)

 

スワップポイント比較記事一覧

楽天FXは高性能な自社ツールが魅力!

楽天FXは高性能な自社ツールが魅力!

楽天証券の楽天FX口座には「マーケットスピードFX(MARKETSPEED FX)」と「楽天FX-WEB」、スマホアプリ版ツールとして「iSPEED FX」があります。

PC版取引ツールの「マーケットスピードFX」と「楽天FX-WEB」は、前者がインストール型の高機能なツールであり、後者はウェブブラウザ上で利用できる取引ツールとなっています。

特におすすめなのがインストール型の「マーケットスピードFX(MARKETSPEED FX)」。マーケットスピードFXはFXツールとしては珍しく、2012年にグッドデザイン賞を受賞しており、機能面はもちろん洗練されたデザイン性も大きな魅力。

40種類のテクニカル指標を搭載しており、10種類以上の描画オブジェクトも搭載しています。通貨ペアの相関関係を見られる比較チャート機能も備わっています。楽天FX口座の取引ツールはすべて無料で利用できますので、ぜひ活用しましょう。

楽天FXは高性能な自社ツールが魅力!

グッドデザイン賞を受賞したPC取引ツールもおすすめですが、楽天FXはスマホアプリ「iSPEED FX」も秀逸で要チェックです。口座を持っていなくてもダウンロードは誰でも無料でできますので、興味のある方にはぜひ触ってみていただきたいです。

テクニカル指標は12種類が備わっており、チャート足種は16種類で他社と比べても豊富。日々のチャート分析に役立つ分割チャート機能も搭載しています。

また、スマホアプリでありながら画面表示をカスタマイズするマイページ機能が備わっており、これを使えばチャートの8分割表示といったことも可能。動画コンテンツやニュース配信、レートアラート機能なども搭載している多機能ツールです。

iSPEED FXについては特集記事を用意していますので、より詳しく知りたい方はそちらもご参照ください。

 

楽天FXのデモ取引で各種ツールを使う!

楽天FXのデモ取引でPCツール・スマホアプリを使う!

楽天FX口座は無料で試せるデモ取引を用意しています。上で紹介したマーケットスピードFXと、スマホアプリの「iSPEED FX」を自由にお使いいただけます。

500万円の仮想資金で楽天FXの取引を体験。90日間ログインがなければ、再びデモ利用するには再度の申し込みが必要なのですが、90日以内のログインを続けていれば無期限でデモ口座を利用できます。納得いくまで試してみましょう。

また、楽天FXではデモ口座を対象としたトレードコンテストを開催することもありますので、そちらも注目です。

楽天MT4は「MT4」が使える!

楽天証券のメタトレーダー4

楽天MT4口座では高性能チャートツールの「MT4(メタトレーダー4)」を利用できます。MT4はロシアのメタクオーツ社により開発され、世界中のトレーダーに支持され続けているツール。

30種類以上のテクニカル分析ツールを標準搭載しており、オリジナルのインジケーターやツールをダウンロードして使用することも可能です。

MT4では自動売買も利用でき、非常に自由度の高いチャートツールとなっています。楽天証券でFXをするなら、楽天FXの取引ツールとMT4を併用するといったこともできますね。

Macでも使える「MT4 Web」リリース!

また、楽天証券では「MT4 Web」も提供されています。通常のMT4はインストール型ですがMT4 Webはブラウザ環境で使えるのでインストールは不要。WindowsはもちろんMacでもご利用いただけます。

楽天証券のMT4 WebではFXに加え、日経225や金、原油などのCFD取引も可能。30種類の豊富なインジケーターを使ってチャート分析も行えます。

EAによる自動売買やオリジナルインジケーターは使えないといったデメリットはありますが、ブラウザ環境で楽天証券のMT4をサクサク利用したい方、Mac環境でも楽天MT4を利用したい方は要チェック!

楽天証券(楽天FX)公式サイト

楽天証券(MT4)公式サイト

楽天証券 × 楽天銀行!口座連携サービスに注目!

優遇金利を適用!楽天銀行と提携する「マネーブリッジ」

優遇金利を適用!楽天銀行と提携する「マネーブリッジ」
楽天証券では楽天銀行との提携により優遇金利を得られるマネーブリッジというサービスがあります。楽天証券と楽天銀行の両方を開設していただき、マネーブリッジに申し込みするだけで普通預金に最大年0.10%(税引後0.079%)の金利が適用されるというもの。さらに楽天ポイントを獲得できる特典も用意されています。

株式取引や投資積立で楽天ポイントが貯まる特典や、商品ごとにお得なキャンペーンも積極的に開催。楽天をよく利用される方、お得にサービスを利用されたい方はぜひチェックしてみてください。

楽天FXの取引で楽天ポイントが貯まる!

楽天FXの取引で楽天ポイントが貯まる!
楽天証券と楽天銀行にてマネーブリッジを申し込めば、ハッピープログラムという特典にもエントリーが可能となります。ハッピープログラムに申し込めば、楽天証券での取引で楽天ポイントが貯まっていくというお得な特典が得られます。

楽天FXでは10枚(10万通貨)取引するごとに楽天ポイントを1ポイント獲得可能(MT4口座は対象外)。これだけではちょっと少ないですが、楽天証券の株式や投資信託の取引でも楽天ポイントを貯めることができます。また、楽天証券ではポイントを投資信託の買付代金として利用することも可能。楽天ポイントを普段から活用されている方におすすめです。

楽天証券(楽天FX)公式サイト

楽天証券(MT4)公式サイト

楽天CFDと楽天MT4CFDの違いや特徴は?

【保存版】楽天CFD・楽天MT4CFDの違いを徹底解説!

当記事では楽天証券のFXを紹介していますが、同社のCFDサービス「楽天CFD」と「楽天MT4CFD」の違いが気になる方もいるかと思います。

楽天CFDと楽天MT4CFDの違いに関しては、別記事にて詳しく解説しています。気になる方はそちらもチェックしてみてくださいね。

 

MT4でCFD取引をするなら「楽天MT4CFD」!

楽天証券「楽天MT4CFD」を徹底解説!

「MT4で金や日経225を取引できる業者を探している!」という方には、楽天証券の「楽天MT4CFD」がおすすめです。

楽天MT4CFDではXAUUSD(ゴールド)を含め、原油や天然ガス、日本225や米国30など計17銘柄のCFD取引が可能。オリジナルインジケーターの追加も可能ですので、当サイトで配信しているインジもご利用いただけます。

MT4でCFD取引ができる国内業者は2社しか存在しません。その上、大手ネット証券または国内資本の業者となると楽天証券のみ該当します。

「楽天MT4CFDはどんなサービス?」「取り扱っている銘柄は?」「いくらから取引できる?」などの疑問をお持ちの方は、特集記事をチェックしてみてくださいね。

楽天証券(楽天MT4CFD)公式サイト

コメント