FX未決済スワップポイントの税金・引き出し(出金)ルールを比較

hedear

高金利通貨ペアの取引によりスワップポイント利益を得られた場合、ポジションを決済しなくてもスワップ益だけを引き出す(出金)ことは可能なのでしょうか? 結論から言うと、未決済ポジションから発生するスワップポイントの引き出しは、可能なFX業者もあれば不可能なFX業者もあります。

また、FX取引で利益を上げたときに気になるのが税金(課税)ですが、未決済ポジションのスワップポイントに対する税金はどうなるのでしょうか? これについても、FX業者によって違いがあります。ポジションが未決済であれば税金の課税対象にならない会社もあれば、未決済でも課税対象となるFX会社もあります。

このページでは、未決済ポジションのスワップポイントについて、FX業者によって引き出せるかどうかの違い、課税になるのか非課税なのかの違いを一覧比較しています。トルコリラ円やメキシコペソ円など、高金利通貨ペアのスワップの高さも気になりますが、FX各社のスワップに関するルールもぜひ比較してみてくださいね。

 

未決済スワップ引き出し・課税/非課税対応を一覧比較

FX業者 未決済スワップ引き出し スワップ振替形式 振替前スワップの証拠金利用 未決済スワップ課税 公式サイト
[みんなのFX]みんなのFX 手動 受取前は非課税 詳細
[LIGHT FX]LIGHT FX 手動 受取前は非課税 詳細
[ヒロセ通商]ヒロセ通商 手動 振替前は非課税 詳細
[マネーパートナーズ]マネーパートナーズ 手動 受取前は非課税 詳細
[外為オンライン]外為オンライン 手動 非課税 詳細
[アイネット証券]アイネット証券(ループイフダン) 手動 非課税 詳細
[SBI FXトレード]SBI FXトレード 手動 非課税 詳細
[GMOクリック証券]GMOクリック証券 自動 課税対象 詳細
[セントラル短資FX]セントラル短資FX 自動 課税対象 詳細
[くりっく365]くりっく365 × 非課税 詳細
[FXプライムbyGMO]FXプライムbyGMO × 非課税 詳細
[岡三オンライン証券]岡三オンライン証券 × 非課税 詳細
[マネックス証券]マネックス証券 × 非課税 詳細
[ゴールデンウェイ・ジャパン]ゴールデンウェイ・ジャパン × 非課税 詳細

(※:振替前スワップの証拠金利用について、GMOクリック証券、セントラル短資FXは日々自動で口座資産に反映されて、振替(もしくは受取)手続きをする必要がありませんので、対象外ということで「ー」と記載しています)

 

未決済ポジションのスワップ引き出しができるおすすめのFX業者は?

みんなのFXやLIGHT FX、ヒロセ通商のように未決済ポジションのスワップポイントを引き出せるFX業者は複数あります。ただ、ポジションが未決済状態でのスワップの振替(受取)手続きを、ユーザーが手動で行うかどうかで違いがあります。

スワップ振替の項目を「自動」と記載しているのは、GMOクリック証券、セントラル短資FXなのですが、これらのFX業者は発生したスワップポイントが日々口座に反映される仕組みになっています。そのため、未決済状態でのスワップポイント引き出しも証拠金として取引に利用することも可能なのですが、何もしなくても得られたスワップポイント利益は随時、課税対象になります。

それに対してスワップ振替が「手動」になっているみんなのFXやLIGHT FXに関しては、スワップ振替(受取)をユーザー自身が行う形式となります。みんなのFXでは「スワップ受取」という操作。この操作を行うまでは、未決済ポジションのスワップポイントは税金がかかりません。ですが、振替を行って出金ができる状態にすると課税対象になります。もちろん、ポジションを決済すればそれらの違いは関係なく、利益が確定するので課税対象となります。

スワップポイント狙いで未決済ポジションを長く保有されて、税金に関して気にされる方は、課税のタイミングを調整できるみんなのFXやLIGHT FXなどがおすすめです。みんなのFXとLIGHT FXは、トルコリラ円やメキシコペソ円などのスワップポイント自体も高水準ですので、そのメリットを含めて魅力的なFX業者といえますね。

みんなのFX

未決済ポジションのスワップ引き出し:可能 / スワップ税金:受取前は非課税

トレイダーズ証券 みんなのFX

みんなのFXでは「スワップ受取」という操作があり、このスワップ受取を行うとその分のスワップポイントは振替可能額に反映されます。これにより、該当するポジションが未決済でもスワップポイント益だけを引き出すことが可能となります。スワップ受取をするまでは税金の課税対象とはなりませんが、スワップ受取を行った分は課税対象となりますのでご注意を。スワップポイントの引き出しは資金振替後に、出金予約をすることで出金ができるようになります。1回あたり2,000円以上から可能。

みんなのFXでスワップポイントを狙う利点は?

みんなのFXはトルコリラ円やメキシコペソ円、南アフリカランド円など高金利通貨ペアの買いスワップポイントが業界最高水準で魅力的。一部の通貨ペアの買いスワップだけが高水準というFX業者はよく見られますが、みんなのFXのように複数の高金利通貨ペアで高いスワップポイントを維持しているFX業者は少ないです。スワップポイントだけではなくスプレッドが業界最狭水準なのも魅力。また、みんなのFXは買いスワップと売りスワップが同値となる一本値を採用(例:トルコリラ円の買いスワップが100円だと売りスワップが-100円)。両建などをする際に効力を発揮します。

 

みんなのFX 買いスワップポイント最新情報(2019年11月19日時点)
  • 米ドル円・・・52円
  • トルコリラ円・・・55円
  • 豪ドル円・・・18円
  • NZドル円・・・22円
  • 南アフリカランド円・・・120円
  • メキシコペソ円・・・120円
  • ※南アフリカランド円とメキシコペソ円のみ10万通貨あたり、それ以外は1万通貨あたりの買いスワップポイントを掲載。

    みんなのFX 公式サイト

    LIGHT FX

    未決済ポジションのスワップ引き出し:可能 / スワップ税金:受取前は非課税

    LIGHT FX

    LIGHT FXはみんなのFXと同じトレイダーズ証券が提供しているFXサービス。みんなのFXと同じく高水準のスワップポイントを継続して提供しており、未決済ポジションのスワップポイントに関する扱いも同じとなっています。ポジションが未決済状態でもスワップポイント益だけ引き出すことが可能。そのためには「スワップ受取」の操作が必要で、同時にそのスワップポイントは税金の対象となります。スワップ受取をしない限り、そのスワップポイントは課税対象にならない点も同一です。また、建玉可能額にも反映されます。

    でスワップポイントを狙う利点は?

    LIGHT FXでもトルコリラ円やメキシコペソ円、南アフリカランド円など複数の高金利通貨ペアで魅力的な高水準スワップポイントとなっています。業界最狭水準スプレッドもうれしいポイント。初心者の方にも優しい洗練された取引プラットフォーム、豪華なキャンペーンなどもLIGHT FXのメリットです。そんなLIGHT FXで実際に提供されているスワップポイントは以下のようなもの。LIGHT FXが気になる方はぜひ公式サイトもチェックしてみてくださいね。

     

    LIGHT FX 買いスワップポイント最新情報(2019年11月19日時点)
  • 米ドル円・・・52円
  • トルコリラ円・・・55円
  • 豪ドル円・・・18円
  • NZドル円・・・22円
  • 南アフリカランド円・・・151円
  • メキシコペソ円・・・151円
  • ※南アフリカランド円とメキシコペソ円のみ10万通貨あたり、それ以外は1万通貨あたりの買いスワップポイントを掲載。

    LIGHT FX 公式サイト

    ヒロセ通商

    未決済ポジションのスワップ引き出し:可能 / スワップ税金:振替前は非課税

    ヒロセ通商【LION FX】

    ヒロセ通商でも「スワップ振替」操作が利用できて、これはPC版取引ツールの「LION FX C2」「.NET4」「Mac専用アプリ」から実行できます。これによりポジションが未決済の状態でもスワップポイントだけを出金することが可能に。スワップ振替を行うとそのスワップポイント分は税金の対象になります 。また、ヒロセ通商ではスワップポイントの利益が評価損益として計上されている状態でも、それを証拠金として新規ポジション保有に使うこともできます。

    ヒロセ通商でスワップポイントを狙う利点は?

    ヒロセ通商はトルコリラ円やメキシコペソ円、南アフリカランド円にて高水準の買いスワップポイントを実現しています。特に南アフリカランド円では10万通貨あたり150円/1日の買いスワップが固定になっているのが魅力。スプレッドも業界最狭水準で取引していただけます。ヒロセ通商は常に進化し続ける取引ツールや、食品プレゼントを含むバラエティ豊かなキャンペーンも魅力。オリコン顧客満足度など第三者機関にも評価されているヒロセ通商のFXサービス、気になる方は公式サイトもぜひご確認くださいね。

     

    ヒロセ通商 買いスワップポイント最新情報(2019年11月19日時点)
  • 米ドル円・・・20円
  • トルコリラ円・・・56円
  • 豪ドル円・・・17円
  • NZドル円・・・18円
  • 南アフリカランド円・・・150円
  • メキシコペソ円・・・140円
  • ※南アフリカランド円とメキシコペソ円のみ10万通貨あたり、それ以外は1万通貨あたりの買いスワップポイントを掲載。

    ヒロセ通商 公式サイト

    セントラル短資FX

    未決済ポジションのスワップ引き出し:可能 / スワップ税金:課税対象

    ポジション未決済でもスワップポイントのみ出金可能

    FX専業のFX会社の中で唯一、JCRから長期信用格付を12年連続で取得しているセントラル短資FXでも未決済ポジションのスワップポイントを振替することが可能。セントラル短資FXでは、スワップポイントは毎日口座残高に反映されるため、振替手続きを別途する必要はありません。確定申告に関しては、毎日取引残高に反映されるため、未決済建玉に対するスワップポイントは確定申告の対象となります(※)。

    ※詳しい税務については所轄の税務署や専門の税理士にご相談ください。

    セントラル短資FXでスワップポイントを狙う利点は?

    セントラル短資FX

    セントラル短資FXの特徴は何といっても、「メキシコペソ円のスワップポイントが高い」という点です。取扱いを開始した当初から業界最高水準のスワップポイントを提供、長期間に渡って高水準を維持し続けています。FXナビでは、18社以上のFX会社のメキシコペソ円スワップポイントを毎週更新していますが、セントラル短資FXは常に上位をキープ。

    一時的に高いスワップポイントを提供しているFX会社はたくさんありますが、長期間のスパンで高水準を維持しているFX会社はなかなかありません。メキシコペソ円はよく取引するという方はセントラル短資FXが要チェック。セントラル短資FXはメキシコペソ円のスプレッドも狭いのが嬉しいポイントです。

    メキシコペソ円だけではなく、セントラル短資FXは「売りスワップポイントの低さ」も魅力です。メキシコペソ円に関しては買いスワップと売りスワップが同値(例:買いスワップが15円だと売りスワップは-15円)ですし、米ドル円や南アフリカランド円では他社と比較しても有利な数値となっています。セントラル短資FXでスワップポイントを狙う利点については、特集ページを用意していますので気になる方はチェックしてみてくださいね。

     

    セントラル短資FX 買いスワップポイント最新情報(2019年11月19日時点)
  • 米ドル円・・・22円
  • トルコリラ円・・・20円
  • 豪ドル円・・・10円
  • NZドル円・・・15円
  • 南アフリカランド円・・・60円
  • メキシコペソ円・・・130円
  • ※南アフリカランド円とメキシコペソ円のみ10万通貨あたり、それ以外は1万通貨あたりの買いスワップポイントを掲載。

    セントラル短資FX 公式サイト

     
     

    FX業者のスワップポイント比較/早見表
    買いスワップ一覧比較
    FX業者の売りスワップポイント比較/早見表
    売りスワップ一覧比較
    トルコリラ/円(TRY/JPY)取り扱い業者のスワップポイント比較
    トルコリラ/円特集
    メキシコペソ/円(MXN/JPY)取り扱い業者のスワップポイント比較
    メキシコペソ/円特集
    南アフリカランド/円 お薦め取り扱い業者のスワップポイント比較
    南アフリカランド/円特集
    米ドル/円(USD/JPY) おすすめ取扱い業者のスワップポイント比較
    米ドル/円特集
    豪ドル/円(AUD/JPY) おすすめ取り扱い業者のスワップポイント比較
    豪ドル/円特集
    NZドル/円 お薦め取り扱い業者のスワップポイント比較
    NZドル/円特集
    ポーランドズロチ/円 お薦め取扱い業者のスワップポイント比較
    ズロチ/円特集
    タイトルとURLをコピーしました