セントラル短資FX「スワップポイント3つの利点」とは?/メキシコペソ円、売りスワップ、スワップ出金

メキシコペソ円のスワップポイント

トルコリラ円や南アフリカランド円、メキシコペソ円など高金利通貨ペアのスワップポイント競争が激しくなっています。特にメキシコペソ円はここ数年で取り扱い業者が大きく増加しており、当サイトのメキシコペソ円スワップ比較ページには、最初は数社でしたが今では15社以上の情報を掲載しています。スワップポイントの魅力的な業者が多いのはいいのですが、どの業者を選べばいいのかと困っている方もいらっしゃるかもしれません。特に注目しておきたいFX業者はどこなのでしょうか。

そこで現在、スワップポイント狙いの方に注目していただきたいのが「セントラル短資FX」です。セントラル短資FXといえば100余年の歴史を持つセントラル短資グループのFX会社。第三者機関からの評価も高く、最近ではスプレッド縮小にもかなり力を入れており、こだわって作られた独特な取引ツールなどが魅力でもあります。

セントラル短資FXはスワップポイントに関して3つの注目すべき特徴を持ちます。1つ目は「メキシコペソ円の業界最高水準スワップポイント」。2つ目は「高金利通貨ペアなどの売りスワップポイントが低水準であること」。そして3つ目は「ポジションが未決済でもスワップポイント益だけ出金ができること」です。スワップポイント狙いで取引されている方にとってはピンとくるポイントがあるのではないでしょうか。これからスワップ益を狙うために業者を探されている方も、当ページの情報をぜチェックしてみてくださいね。

セントラル短資FXのメキシコペソ円に要注目!

1日あたり「15円〜18円」の高水準スワップを維持(1万通貨単位)

メキシコペソ円のスワップポイント

セントラル短資FXがメキシコペソ円の取り扱いを開始したのは2018年11月。取り扱い当初から高水準の買いスワップポイントの提供を継続しており、1万通貨あたり15円〜17円、高いときは18円という水準にもなっていました。セントラル短資FXの買いスワップポイントだけ見ても、それがどれくらい高い数値なのか分かりづらいので、競合他社と比較してみましょう。

メキシコペソ円の買いスワップが特に高いFX業者を比較

【最終更新日:2019年9月10日】

FX会社 買スワップ 売スワップ スプレッド 公式サイト
[セントラル短資FX]セントラル短資FX 13 -13 0.3
(※1)
詳細
[ヒロセ通商]ヒロセ通商 13 -18 0.4
(※2)
詳細
[アイネット証券]アイネット証券(※3) 13 -28 7 詳細
[みんなのFX]みんなのFX 11 –11 0.4
(※4)
詳細
[LIGHT FX]LIGHT FX 11 –11 0.4
(※5)
詳細

(※:スワップポイントは1万通貨あたりの数値)
(※:変動制以外のスプレッドはすべて原則固定・例外あり)
(※1:セントラル短資FXの原則固定スプレッドはam8:00〜翌am5:00の時間帯にて適用)
(※2:ヒロセ通商の原則固定スプレッドはam9:00〜翌am2:00の時間帯にて適用)
(※3:アイネット証券は自動売買システムのループイフダンでのみメキシコペソ円を取引可能)
(※4:みんなのFXの原則固定スプレッドはam8:00〜翌am5:00の時間帯にて適用)
(※5:LIGHT FXの原則固定スプレッドはam8:00〜翌am5:00の時間帯にて適用)

 

上記比較表ではメキシコペソ円の買いスワップポイントが特に高い5社をピックアップしています。買いスワップポイントだけ見ると、他のFX会社と大して変わらないじゃないかと思われるかもしれません。ですが、売りスワップとスプレッドも含めて他社と比べてみてください。

 

Check!!
セントラル短資FXは買いスワップと売りスワップが同値(一本値)

多くのFX業者では買いスワップよりも売りスワップの数値を大きくしているのですが、セントラル短資FXはメキシコペソ円に関して、買いスワップポイントと売りスワップポイントが同値となっています。これは一本値と呼ばれる特徴であり、上記比較表ではみんなのFXとLIGHT FXも買いと売りのスワップポイントが同値となっています。例えば、「買いスワップポイント:15円」の場合は「売りスワップポイント:-15円」となります。

セントラル短資FXはメキシコペソ円の買いスワップポイントも高水準で魅力ですが、売りスワップポイントが低水準なのも魅力的です。一本値であれば、例えば両建てを行う際に、売りスワップポイントが蓄積してじわじわと損失が膨らんでいくという事態を避けられます。

 

「0.3銭」の業界最狭水準スプレッド!(原則固定・例外あり)

メキシコペソ円のスワップポイント

買いスワップポイントも売りスワップポイントも魅力ですが、さらにセントラル短資FXのメキシコペソ円は業界最狭水準のスプレッドも魅力的です。セントラル短資FXのスプレッドは0.3銭原則固定(例外あり)。ヒロセ通商もスプレッドが狭いですが、上記比較表の注釈に記載しているように、原則固定スプレッドの適用時間帯がセントラル短資FXの方が長めです。セントラル短資FXでは午前8:00〜翌日の午前5:00まで、0.3銭の原則固定(例外あり)スプレッドが適用されますので、時間帯の長さは十分といえるでしょう。

年間の買いスワップポイント実績に注目!

スワップポイントは基本的に一定ではなく、日によって変動していきます。1日分がいくら高くても、長くポジションを持ってスワップポイント益を狙うのであれば、高水準が維持されているFX会社で取引したいもの。気になるのは蓄積されていく買いスワップポイントの実績値ですよね。そこで、メキシコペソ円取り扱い業者の買いスワップポイント実績をグラフ化してみました(下記グラフ)。1万通貨のメキシコペソ円を持ち続けた場合、下記のスワップポイントが得られることになります。こちらも見てみましょう…。

メキシコペソ円買いスワップポイント累計実績

【計測期間:2019年1月1日〜2019年6月30日】

メキシコペソ円スワップ注目FX業者の年間スワップ実績

セントラル短資FXだけではなく、アイネット証券やみんなのFX、LIGHT FXなども高水準ですね。ただ、アイネット証券は自動売買のループイフダンでのみメキシコペソ円を取り扱っており、みんなのFXとLIGHT FXはスプレッドが原則固定ではありません。裁量取引でメキシコペソ円のポジションを持ちたい方、原則固定の業界最狭水準スプレッドで取引したい方、売りスワップの低いFX業者で取引したい方には、セントラル短資FXがおすすめです。

 

セントラル短資FXの売りスワップが低水準

売りスワップ(ドル円、トルコリラ円、南アフリカランド円等)が有利

上記のメキシコペソ円でも触れましたが、セントラル短資FXは買いスワップポイントだけではなく、売りスワップポイントも魅力的です。別ページの売りスワップ一覧比較/早見表を見れば分かるのですが、一本値となっているメキシコペソ円だけではなく、米ドル円や南アフリカランド円、トルコリラ円も売りスワップが低水準となっています。以下に比較/早見表の一部を抜粋しましたのでご覧ください。

売りスワップポイント比較/早見表の一部抜粋

【最終更新日:2019年9月10日】

FX会社 米ドル円 豪ドル円 南アフリカランド円 トルコリラ円 メキシコペソ円
[セントラル短資FX]セントラル短資FX -58 -25 -120 -69 -13
[GMOクリック証券]GMOクリック証券 -61 -14 -120 -76 取扱なし
[外為どっとコム]外為どっとコム -89 -29 -220 -110 -21
[みんなのFX]みんなのFX –65 –20 –120 –85 –11
[くりっく365]くりっく365 –72 –14 –129 –77 –10.8

 

米ドル円や南アフリカランド円、トルコリラ円の売りスワップポイントが有利な数値となっています。トルコリラ円や南アフリカランド円などの高金利通貨ペアは、買いスワップの高さが魅力ですが、売りスワップも高くなる傾向にあります。ですが、セントラル短資FXでは売りスワップが低水準となっていますので、売りポジションを保有する際に有利。また、買いスワップポイントの高い他社で南アフリカランド円の買いポジションを保有し、同時にセントラル短資FXで南アフリカランド円の売りポジションを保有することで、スワップポイントの差を利益とするアービトラージという手法にも活用できます。

 

ポジション未決済でもスワップポイントのみ出金可能

ポジション未決済でもスワップポイントのみ出金可能

セントラル短資FXではポジションを決済していなくても、スワップポイントの利益だけを出金したり証拠金として別の取引に利用することが可能です。実は、ポジションが未決済の状態でスワップポイント益のみを引き出せるかどうかは、FX業者によって異なります。例えばFXプライムbyGMOだとポジションが未決済の状態では、スワップポイント益も出金することができません。

セントラル短資FXでは、スワップポイントの利益が取引口座に順次反映されますので、そこから出金もできますし、新たな取引の証拠金とすることもできます。ポジションを長く保有したままスワップポイント益だけ引き出したい方にとってはうれしい特徴ですね。

 
 

セントラル短資FXが持つスワップポイントの優位性

セントラル短資FX

メキシコペソ円のスワップポイント、売りスワップポイント、未決済ポジションのスワップポイント出金の3点に絞ってセントラル短資FXの利点を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。冒頭でもお伝えしたように、メキシコペソ円の人気は近年高まっており、複数ある取り扱い業者の中でもセントラル短資FXはおすすめです。メキシコペソ円のスワップポイント利益を狙われる方はぜひチェックしてみてくださいね。

セントラル短資FXはPC・スマホともに高性能で使いやすい取引ツールを提供しており、「ご縁があるよ!プログラム」という上限なしの個性的なキャンペーンなども魅力です。セントラル短資FXのサービス全体に関する紹介は以下のリンク先でも行っています。興味のある方はそちらもぜひご一読を。

 

まとめ
  • セントラル短資FXのメキシコペソ円買いスワップが高水準!
  • セントラル短資FXは売りスワップポイントも魅力!
  • ポジションが未決済でもスワップポイント益のみ出金が可能!

セントラル短資FX 公式サイト

タイトルとURLをコピーしました