MT4にダウンロードしたファイル(.mq4 / .ex4)を表示させる方法

MT4のインジケーターは公式サイトをはじめ、世界中のサイトで公開されており、ダウンロードしたものは表示させることができます。その表示方法を分かりやすく解説していきます。

MT4インジケーターのファイル形式

まず、ダウンロードしたファイルは、拡張子が「.mq4」か「.ex4」のものになります。mq4形式ではMetaEditorでソースコードを見ることができます。ex4ファイルはmq4ファイルから生成されたものです。表示するだけならex4ファイルだけで大丈夫です。

バイトレナビを表示しよう!

今回はバイトレナビの表示をやってみます。

サイト先にある「Bitre_Navi.ex4」をクリックすることでダウンロードが始まり、保存先にファイルが出現します。

バイトレナビのファイル

 

次にMT4の左上にある「ファイル」から「データフォルダを開く」をクリックします。

データフォルダを開く

 

開いたフォルダーの「MQL4」をダブルクリックして開きます。

パソコン依存のフォルダー

 

その中に「Indicators」フォルダーがあるので、この中にダウンロードしたファイルを入れます。

indicatorsに入れる

ちなみに、EA(エキスパートアドバイザー)をインストールするときは、「Experts」フォルダー(青色で囲った枠)に入れます。

 

MT4を再起動するとナビゲーターにインジケーターが表示されます。

あとはクリックしてチャートに表示させるだけです。

 
 

バイナリーオプション用オリジナルMT4インジケーター無料配布中

[bitre-navi.mq4]
【Bitre_Navi.ex4】
バイナリーオプション用MT4インジケーター【バイトレ・ナビ】 FXTFのバイトレを強力サポート!
[Binary_Assistant.ex4]
【Binary_Assistant.ex4】
バイナリーオプション用MT4インジケーターを無料公開!
[vertical_clock.mq4]
【vertical_clock.mq4】
2時間ごとにアラートを鳴らすMT4インジケーターを無料公開!バイナリーオプションの開始、判定時刻に!
[fxnav_binary_scalping.mq4]
【fxnav_binary_scalping.mq4】
バイナリーオプションとスキャルピングを同時に分析できるインジケーター
バイナリーオプション比較ナビ
タイトルとURLをコピーしました