GMOコインが「取引所(現物/レバレッジ)」サービスを開始/販売所と取引所の違いとは?

GMOコインの取引所

GMOコインが2018年9月5日より、新たに取引所サービスの提供を開始しました。GMOコインでは2wayプライス方式で提示される価格にて売買を行うのみでしたが、取引所サービスの追加により板形式での取引が可能となります。現物取引とレバレッジ取引に対応。
従来の販売所(現物取引)と仮想通貨FXも今までどおりご利用いただけますので、3パターンのサービスから好みのものを選ぶことができます。

→詳しくはGMOコインへGMOコイン

GMOコイン取引所サービスの魅力とは?

GMOコイン取引所サービスの魅力とは?

取引所では投資家たちによる買いたい数量と売りたい数量を、板情報(気配値)としてすべて閲覧することが可能です。買い注文と売り注文が合致すればそこで売買が成立。自分以外の投資家のリアルな状況も把握できるのが、取引所サービスの魅力です。

取引画面では板情報が表示され、それを見ながら注文を行えます。すべての気配値一覧を別画面で表示したり、取引が成立した履歴(歩み値)のチェックも可能。

GMOコインでは現物取引とレバレッジ取引(10倍)を取り扱い。前者はビットコイン、後者はビットコイン/円のみ取引していただけます。

販売所サービスと取引所サービスの違いとは?

販売所サービスと取引所サービスの違いとは?

販売所では2way方式により、売却価格と購入価格を提示し、その提示された価格ですぐに取引ができます。
それに対して取引所は投資家の板情報を閲覧し、取引する価格を指定、売りと買いの注文が合致して取引が成立します。販売所の方がシンプル、取引所は売買の自由度が高いサービスと言えます。

他にも、GMOコインの販売所と取引所では仮想通貨の種類や最大取引数量などに違いがあります。公式サイトにて公開されている以下の表もご確認ください。
GMOコインで口座を開設すればどちらの取引もお使いいただけますので、気に入った方を利用するか、サービスの併用も可能です。

GMOコイン サービス比較

販売所サービスと取引所サービスの違いとは?

スマホアプリ「GMOコイン 仮想通貨ウォレット」も取引所に対応

仮想通貨ウォレット」も取引所に対応

PC取引ツールはもちろん、スマホアプリ「GMOコイン 仮想通貨ウォレット」でも取引所サービスをご利用いただけます。スマホでもリアルな板情報を閲覧して売買が可能。

スマホアプリはPCツールと遜色ない機能性を持っており、即時入金と出金、取引、仮想通貨の預入と送付にも対応しています。
「GMOコイン 仮想通貨ウォレット」の徹底特集ページも用意していますので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

GMOコイン 公式サイト