仮想通貨(ビットコイン)取引で使えるスマホアプリ比較/iPhone・Android

仮想通貨(ビットコイン)取引で使えるスマホアプリ比較/iPhone・Android

ビットコインやリップルなど仮想通貨の取引に使えるスマホアプリを紹介しています。チャート分析に使える高機能チャート搭載や、ワンクリックでの注文機能への対応、スマホで仮想通貨の入出金もできるようなアプリ・ツールを比較。

いずれのツールも高性能で、仮想通貨の現物取引、FX取引(レバレッジ取引)をスマホでも行えるのはもちろん、日本円と仮想通貨の入出金まで完了できるアプリに注目です。

iPhoneやAndroidのスマホで取引される方、外出時などにチャート確認される方、ぜひ各社のスマホアプリ・ツールをチェックしてみてください。

ポイント

GMOコインやBITPoint(ビットポイント)では複数のスマホツールを提供。
GMOコインは取引も入出金も可能なウォレットアプリと、FX取引に特化した「ビットレ君」アプリを配信しています。ビットポイントでは扱いやすいLite版ツールと、FXサービスではメタトレーダー4(MT4)の専用アプリを使用できます。

仮想通貨取引スマホアプリ比較表

仮想通貨交換業者 取引ツール 仮想通貨 FX対応 高機能チャート 公式サイト
[ビットポイント]ビットポイント ビットポイント 5種類 × × [ビットポイント>詳細]
メタトレーダー4 5種類
[GMOコイン]GMOコイン GMOコイン 5種類 [GMOコイン>詳細]
GMOコイン 5種類
[ビットトレード]ビットトレード ビットトレード 6種類 × [ビットトレード>詳細]
[DMM ビットコイン]DMMビットコイン DMMビットコイン 7種類 [DMM Bitcoin>詳細]
[コインエクスチェンジ]QUOINEX コインエクスチェンジ 5種類 × [コインエクスチェンジ>詳細]
コインエクスチェンジ 5種類

BITPoint(ビットポイント)

BITPoint(ビットポイント)BITPoint(ビットポイント)は3種類のサービスを展開しており、ここでは現物取引(仮想通貨交換)対応の「BITPoint Lite」と、ビットポイントFXで使える「メタトレーダー4(MT4)」アプリを紹介します。画像はMT4のスマホアプリ。

BITPoint Liteはその名のとおりサクッと扱いやすいスマホツール。値動きを確認できるチャートを見ながら、ビットコインやビットコインキャッシュ、リップルなどの価格をチェックできます。現物取引も保有している資産の確認もしていただけます。画面のロック機能が備わっているのが、安心と安全に注力するビットポイントらしい気配り。

世界中のFXトレーダーに愛用されているメタトレーダー4(MT4)は、ビットポイントFXにて使用可能です。ビットコイン円、ビットコイン米ドル、ビットコインユーロ、ビットコイン香港ドルを取引していただけます。
豊富な分析機能を備えたMT4でビットコインの分析をされたいのであれば、ビットポイントをチェックしてみてください。


まとめ
  • 「BITPoint Lite」はサクサク使える現物取引用のスマホアプリ
  • ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップルに対応
  • ビットポイントFXではメタトレーダー4(MT4)アプリを使用可能

BITPoint 公式サイト

GMOコイン

GMOコインGMOコインでは2種類のiPhone・Android対応スマホアプリを提供しています。「GMOコイン 仮想通貨ウォレット」と「ビットレ君」。参考に挙げている画像は後者のビットレ君です。

前者の仮想通貨ウォレットアプリでは、仮想通貨の現物売買もしくはFX取引から、日本円の入出金、仮想通貨の預入と送付、資産管理などもしていただけます。仮想通貨の価格をサクッと確認できるウィジェット機能にも対応していて便利。

ビットレ君は仮想通貨FXのみ対応のスマホアプリ。GMOクリック証券のスマホアプリと似た構成になっているので、そちらのアプリに使い慣れている方は親しみやすいのではないでしょうか。9種類のテクニカル分析に対応しており、横画面でのチャート分析にも対応。

2種類のスマホアプリから自分に合ったものを選べるのは、GMOコインの魅力の1つです。


まとめ
  • 「GMOコイン 仮想通貨ウォレット」と「ビットレ君」の2種類のアプリ
  • 現物売買・FX取引、入出金、資産管理まですべてアプリで完了可能
  • テクニカル分析に対応している高機能チャートを利用可能

GMOコイン 公式サイト

BitTrade(ビットトレード)

BitTrade(ビットトレード)FXトレード・フィナンシャルの関連会社であるBitTrade(ビットトレード)では、7月にiPhoneとAndroidで使える新スマホアプリ「Bittrader」がリリースされました。
直感的な操作でスムーズに取引ができ、移動平均線やボリンジャーバンド、MACDなど7種類のテクニカル分析に対応。

BitTrade(ビットトレード)はビットコイン、リップル、ライトコイン、イーサリアム、モナコイン、ビットコインキャッシュの合計6種類の仮想通貨に対応しており、通貨ペアは8種類。そのすべてをスマホアプリでも取引していただけます。

日本円も仮想通貨も入出金が可能。資産をグラフにて分かりやすく表示。仮想通貨など旬のニュースをアプリから閲覧することもできます。


まとめ
  • ビットコインやリップルなど6種類の仮想通貨を取引できる
  • シンプルなデザイン、直感的な操作で取引が可能
  • 高機能チャートによる分析に対応

BitTrade 公式サイト