ディナポリのダブルレポMT4インジケーターを無料公開!利確と損切りを検証してみよう!

ディナポリ手法の第2弾。ダブルレポのインジケーターを作りました。

ちなみに前回は、シングル・ペネトレーションのインジケーターを作りました。

ダブル・レポMT4インジケーター

前回のシングルの時と同様、ボリバンを加えた手法もあります。今回のFXナビ・ダブルレポにはフィボナッチは使っておらず、ストップは高値と安値の位置にしました。そこでエントリーからストップの位置まで何pipsか表示し、ストップの価格もついでに加えてみました。ぜひ一度ダウンロードして使ってみてください。

 

ダウンロードはこちら(2020/11/18 ver1.0)

 

このインジケーターを使って「便利だな」「他の人にも教えてあげたいな」と思ってもらえた方は、Twitter(@fxnav)でツイート&フォローをしていただけると、開発の励みになります!
更新履歴
2020年11月18日
【MT4 ver1.0】インジケーターを公開

※以前にダウンロードされたものは新しいバージョンのインジケーターに交換をお願いいたします。
インジケーターへのご質問・改善アイデアあれば、下部のコメント欄かアンケートに投稿お願いします!

ダブルレポの簡単な解説

ダブルレポは、ダブル・リ・ペネトレーションの略です。ダブルということで、2回DMAをクロスします。

ダブル・レポの見方

2回クロスすることで、必然的にダブルトップ/ダブルボトムのようなパターンになります。

ダブル・レポはダブルトップ/ダブルボトムのパターンに

ただネックラインを割っているわけでもないので、ダブルトップ/ダブルボトムが完成しているわけではありません。おそらくは完成する前にいち早くエントリーすることになります。

ストップの位置ですが、最高値か最安値に置いてます。トレーダーによっては違うかもしれません。

ダブル・レポのストップ位置は最高値か最安値に

自動的にエントリーからストップ位置までのピップ数を表示し、どれだけのリスクがあるのか数字で分かります。

 

パラメーターの説明

まず「手法」はシングル・ペネトレーションと同じくDMAとボリンジャーバンド1σの2種類があります。

次の大事なポイントは、「スラスト数以上」という項目です。最低8本以上となっていますが、15本以上であればなお良いそうです。

ダブル・レポのパラメーター設定

アラートは2種類。「エントリーアラート」と「ストップアラート」があります。

そしてアラートの種類を選びましたら、必ず「[ポップアップ]アラート」「[メール]アラート」「[プッシュ通知]アラート」から選んでtrueにしてください。

 

ダウンロードはこちら(2020/11/18 ver1.0)

 

FXナビ・ダブルレポをどう使うか

このインジケーターに関してですが、条件を緩くしています。

1回目のブレイクと2回目のブレイクの間隔は3から4本がベストで、8から10本までに収まっていないといけません。しかし現在のバージョン(ver1.0)では表示するようになっています。

ブレイクした間隔は3から4がベストで、多くても8から10まで

損切りの位置も違います。61.8%の位置に終値が抜けたら損切りとなります。しかしこのインジは100%の位置(最高値または最安値)にしています。うまく機能するときもあれば、損切りに遭ってしまうと思います。利食いに関しても、フィボナッチ・エクスパンションの61.8%、100%、161.8%となります。

フィボナッチ・エクスパンションで捕らえるのは難しい?

終値ベースで損切りになってしまった場合、ドテン(エントリーしていた方向とは逆)が有効に感じました。トレンドフォローとしてついていくはどうでしょうか。

今後、インジケーターを使ってくれる方が増えそうであれば、機能・設定を追加していくつもりです。ご意見、ご感想をお待ちしております。

 

FXナビ オリジナル・インジケーター 人気ランキング

FXナビで無料配布しているオリジナルMT4インジケーターの人気ランキングです。
2021年6月の月間ダウンロード数トップ5はコチラ!

  1. [SynchroChart_Line.mq4]

    【SynchroChart_Line.mq4】
    シンクロチャート

    チャート上で引いたトレンドラインなどのオブジェクトが、同じ通貨ペアであれば時間軸関係なく描写されます。

    6月のダウンロード数
    1124人
  2. [Elliott_zigzag.ex4]

    【Elliott_zigzag.ex4】
    エリオット波動MT4インジケーター

    ZigZagをベースにしたエリオット波動インジ。今後も改良を加えます。

    6月のダウンロード数
    979人
  3. [fxnav_Pivot.ex4]

    【fxnav_Pivot.ex4】
    FXナビオリジナルピボットインジケーター

    日足、週足、月足だけでなく、1時間足のピボットなども表示可能。新しくR4やS4も設定。それぞれアラート、プッシュ通知、メール通知も可。

    6月のダウンロード数
    672人
  4. [fxnav_RCI3.ex4]

    【fxnav_RCI3.ex4】
    短期、中期、長期の3本のRCIの状態からサインを出すインジケーター

    5つ以上の状態から選ぶことができます。アラート機能付き。

    6月のダウンロード数
    657人
  5. [fxnav_ma.mq4]

    【fxnav_ma.mq4】
    移動平均線(タッチでアラート機能付き)

    一般的な移動平均線にいろいろ機能が追加されてます。今後もご要望により改良を重ねます。

    6月のダウンロード数
    520人

すべての「FXナビ オリジナルMT4インジケーター」を見る

 
 

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

アンケートでいただいたご質問やご要望については、随時こちらのページでお答えしています。

ご質問・ご要望の一覧はこちら

コメント

  1. Bettyai より:

    こんにちは。
    スラスト形成してからのエントリーを勉強中です。

    こちらのインジを使用させていただいていてとても有効なのですが、
    ダブルレポ発生でトレ転せずに、
    そこから時々反対方向に動いてしまうことがあります。
    もちろんそんなときは損切となります。

    このインジでも100%はないとは思いますが、
    このようなことはやはり時々は起こるものでしょうか?

    • masa より:

      Bettyai様
      コメントありがとうございます。そしてインジケーターも使っていただき、ありがとうございます。
      100%うまくいくインジがあればいいのですが、やはりそんなものはなく、時々は起こるのは仕方がないですね。
      特にレンジになると頻繁に起こるかと。なので損切りのルール作りがポイントになってきます。
      これからもよろしくお願いいたします。

  2. エミネム より:

    今日は。
    ゴールド1分足でこちらを使用させていただいています。
    リスクリワードもよく、頻繁にサインがでるので重宝しています。
    何より、損切が一目でわかるのが便利ですね。

    ところで、大きなトレンドが発生していると、連続して損切にあってしまいます。
    (レンジだと連勝しやすいです)
    何かフィルターがあればいいと思うのですが、
    二回クロスするまでの間隔を縮めるなどしても、あまり変わらないのでしょうか。
    自分の目で反転の根拠を探すのが一番いいとは思うのですが、
    1分足でやっているため、どうしても焦ってエントリーしてしまいます。

    フィルターをかけたからといって、勝ったり負けたりすることには違いはないと思いますが、連敗を防ぐような方法があればなあと思い、コメントいたしました。

    • masa より:

      エミネム様
      コメントありがとうございます。そしてインジケーターも使っていただき、ありがとうございます。
      金の取引ということで興味があります。そして参考になるご意見をありがとうございます。
      レンジのときを判定する方法ですね。パッと思いついたのがADXとかなんでしょうけど、それでうまくいくのかどうか。。。
      レンジとトレンドの定義が必要かと感じました。私自身も非常に大きなテーマと考えてます。
      これからもよろしくお願いいたします。

      • エミネム より:

        ADXですか。早速公開されているインジを入れて検証したいと思います。

        今は1分足のチャートに1H足のボリンジャーバンドを入れるインジを使って、
        ・トレンド中の順張り方向にサインが出た時にエントリーする
        ・ボリンジャーバンドが背になる位置で出たらエントリー
        ・ボリバンとの間に隙間があれば、オーバーシュートして戻るまで待つ
        ・上昇中(下降中)の切り上げ(切り上げ)は見送る(トレンドの勢いに勝てないだろうとの判断)
        ・山(谷)の形が曖昧なものは見送る
        ・短く、鋭く、山(谷)同士の距離が近いと◎
        ・多少離れていても2個目の山(谷)に抵抗になるものがあれば〇

        など、ディナポリの開発意図も踏まえた基準を設けて、1か月分ほど検証してみました。

        リスクリワード1:1だと、100回エントリーで 58勝42敗 勝率58%
        1:2だと48勝52敗 48%
        1:1で16ポイント、1:2で44ポイント勝ち越しとなりました。

        負け回数は増えても、利益を伸ばした方が儲かるようです。
        ゴールドは短期のトレ転が多く、このインジケータにマッチしていると思いました。
        このような優れたインジケータを無料で公開していただいて、ありがとうございます。

        また気づいたことがあればご連絡させていただきます。
        バージョンアップも楽しみにしています。

        • masa より:

          エミネム様
          コメントありがとうございます。そしてインジケーターも使っていただき、ありがとうございます。
          いろいろと検証もしていただき、本当に感謝申し上げます。
          順次バージョンアップも進めていきますので、お待ちください。
          これからもよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました