パソコンで描画したラインがスマホに共有・連動するFX業者はココ!

パソコンで描画したラインがスマホに共有・連動するFX業者はココ!

「家のパソコンで描画したラインを外出先でもiPhoneで確認したい」「スマホやタブレットに反映・共有されるFX業者はどこ?」と思ったことはありませんか?ほとんどのFX業者が提供しているツールでは、PCとスマホが連動しておらず描画したラインは共有されません。

自動的に反映されるチャートツールがあれば、外出先でも自宅と同じ感覚でトレードができますよね。そこで、この記事ではPC(パソコン)で描画したラインがスマホにも共有・反映されるFX業者をまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

サクソバンク証券はPCとスマホが連動している数少ないFX業者!

サクソバンク証券はPCとスマホが連動している数少ないFX業者!

サクソバンク証券 公式サイト

結論からいうと、PC(パソコン)とスマホが連動しているツールを提供している業者はサクソバンク証券です。
サクソバンク証券のSaxoTraderGoはスマホ(iPhone/Android)と連動しており、パソコン上で引いたラインがスマホにも自動的に反映されます。

SaxoTraderGo

SaxoTraderGoの取引画面を開き、チャート画面にラインを引いていきます。描画するチャートはUSD/JPYの1時間足の画面です。チャート画面右上のアイコンをクリック、トレンドラインを引いてみました。

SaxoTraderGo

このラインがスマホにも反映されるのか確認してみます。サクソバンク証券のスマホアプリをダウンロード、ログインしてUSD/JPYの1時間足チャートを表示してみます。

SaxoTraderGo

しっかり表示されていますね。ちなみに、1時間足で引いたトレンドラインは他の時間足にも自動的に反映・共有されます。PCツール・スマホアプリともに反映されるので非常に便利です。ラインだけでなく、テクニカル指標も共有されるか試してみましたが、きちんと反映されていました。

スマホで描画したラインやテクニカル指標はPC画面にも連動して反映されるため、外出先で引いたラインを家に帰って確認することも可能です。今回はiPhoneで検証してみましたが、Android端末でもきちんと自動的に反映されます。

SaxoTraderGo SaxoTraderGo

PC(パソコン)とスマホが連動しているツールはほとんどなく、大抵のFX業者では描画したラインやテクニカル指標が自動的に反映されません。
そんな中で、サクソバンク証券のSaxoTraderGoはとても珍しくトレーダーにとっては便利なツールです。

SaxoTraderGoであれば、夜に自宅で引いたチャート画面をそのままで、朝の通勤電車の中でチェックしたり、昼休みにラインを書き足したり調整することも可能。テクニカル指標も反映されるので、自宅でのトレード環境がそのままに外出先でも取引できます。

SaxoTraderGo搭載の描画ツール

トレンドライン(セグメント、レイ、エクステンド)、平行線、水平線、縦線、フィボナチ(リトレースメント、プロジェクション、ファン、エクステンション、ピッチウォーク)、アンドリュース・ピッチウォーク、線形回帰直線、長方形、正方形、楕円、円、矢印、測定、バーカウンター、テキスト、コールアウト(全19種類)

サクソバンク証券ではSaxoTraderGoとSaxoTraderの2種類のツールを提供しており、SaxoTraderではスマホに反映されないので注意が必要です。また、MT4を取り扱っている業者もPCツールとスマホは連動していません。MT4で引いたラインをスマホに反映させることはできないのでご留意ください。

「そもそも、サクソバンク証券ってどんな業者?」という人は別記事でサクソバンク証券についてまとめているので参考にしてみてくださいね。

サクソバンク証券 公式サイト