為替ディーラーに転職・就職したい!応募条件から年収、待遇まで求人内容を徹底紹介!

「FX会社や証券会社で為替ディーラー、トレーダーとして働いてみたい」この記事では、FX会社や証券会社にトレーダーとして転職、就職したい方のために応募条件や年収、待遇などの求人情報を詳しくご紹介。どんな経験やスキルが求められるのか、どんな求人があるのかを把握して自分の理想的な職場を探す際の情報収集にご活用ください。

為替ディーラーの業務内容

一口にディーラー業務といっても多種多様な求人が募集されています。その中でも比較的求人が多いのがFX取引のカバーディーリング業務です。日本国内のFX会社の多くはいわゆるディーリングディスクを置く「DD方式」を採用した会社が大半です。

DD方式ではトレーダーから受けた売買注文をインターバンク市場に流すかどうかをFX会社のディーラーが判断し注文を処理しています。一方、海外FX会社では一般的にNDD方式(Non dealing desk)と呼ばれるディーリングデスクを置かない方式が採用されています。

DD方式を採用しているFX会社や証券会社では、ディーリングデスクで自社を利用しているトレーダーからの注文を捌く為替ディーラーを募集しています。取引金融機関へのカバーディーリング業務、為替レート配信や注文執行、注文成立状況から保有ポジション等に関する各種リスク管理業務などが主な業務内容です。

大手のFX会社や証券会社ともなると、毎月数兆円規模で顧客のトレーダーから注文が入ります。この膨大な数の注文を相場状況、自社の取引状況に応じて臨機応変に捌くのが為替ディーラーの仕事になります。

為替ディーラーに求められるスキル・実績

為替ディーラーに求められるスキルは基本的にはトレードに関する知識や経験、実績ですが、トレード以外の業務を任されることもあります。特に、財務会計の知識を持っていたり、経営者に対してトレーダーの観点から経営者層に対して資料を作成し意見ができたりすると仕事の幅が広がります。

また、FX会社や証券会社によって求められるレベルがかなり違います。大まかな年収別に求められるスキルや実績の具体例をまとめてみました。応募する求人の目安にしてみてください。

■300万~400万円レベル
・カバーディーラーの実務経験(経験年数不問)
・証券外務員一種資格
・業務でのExcel使用経験(関数、マクロ)
・学歴:高校卒業以上

■500万~600万円レベル

・債券、為替 のトレーディングに関する業務経験1年以上
・株式トレーダー経験1年以上
・事務経験(証券事務、株券決済業務等歓迎)
・私募投信を中心とした運用商品開発業務
・投資戦略の定量分析
・外国公共債を中心とした、アクティブ運用、ポートフォリオの運用管理
・投資対象国の金融政策、マクロ経済分析を遂行
・外国債券、為替の発注、トレーディング業務
・報告書のファンドマネージャー・コメント等の作成
・株式レンディング業務経験(フロント又はバックオフィス)
・日常会話レベルの英語力をお持ちの方(TOEIC700点目安)
・英語レポートの把握が出来るレベル以上の英語力
・学歴:大学卒業以上

■年収800~1000万以上レベル
・金利デリバティブ、為替、外貨金利、レポ、クレジット(外債、事業債などの証券化商品)などのトレーディング業務。
・インターバンク市場でのプライスクォートの経験
・自己ポジションで100万ドル相当、顧客フローで100万ドル相当以上の利益を安定的に上げた経験
・新規商品の社内稟議作成や折衝経験
・財務会計の知識、経営陣向け自部門詳細計数資料の作成
・関係する法令の基礎知識
・大手銀行で担当業務内容の経験3年以上
・外資系金融機関勤務1年以上
・通算5年以上の経験
・学歴:大学卒以上
・語学:日本語・英語(海外ディーラーと情報交換可能なレベル)

上記は実際に募集されているディーラーやトレーディング業務の求人内容から抜粋したものです。国内のFX会社や証券会社では純粋なトレーディング業務だけでなく証券事務や自社商品に関連する仕事も同時にこなせる人材が求められます。

600万円以上のハイクラスな求人になるとより複合的で総合的な能力、スキルが要求されます。もちろん、すべての経験や知識がないからといって採用されないわけではありません。上記で掲載しているのはあくまでも目安です。実際には募集されている求人と自分のスキル、経験を見比べてみて判断して頂ければと思います。

為替ディーラーの年収、給料体系

為替ディーラーの年収や給料体系はFX会社や証券会社によってかなり大きな開きがあります。総合職の社員と同じ固定給で募集しているところもあれば、固定給+インセンティブ(成果報酬)という形で給料を支払っている会社もあります。

固定給であれば毎月のノルマや結果に対してそれほど大きなプレッシャーはありませんが、固定給+インセンティブという形式の場合、結果を出せれば大きく稼げますが結果が出ないときは逆に給料が下がります。

もっとも、国内大手の証券会社や外資系の証券会社でディーラーをしている人は年収1,000万以上を稼ぐ人も少なくありません。「知識や経験を得ながら大きく稼ぎたい」という方には魅力的な給料体系です。

為替ディーラーの勤務時間、勤務体系

為替相場は土日を除き、24時間動き続けています。相場が急変したときでも顧客から注文を捌くため、為替ディーラーは24時間制の3交代シフト制を採用している会社がほとんどです。持ち回りで常に相場と自社システムを監視、何か動きがあればすぐに対応するのが為替ディーラーの仕事です。

3交代制のシフト例としては、「7:00~15:20」「15:00~23:20」「23:00~ 7:20」などです。日勤だけでなく夜勤も当然あるので、生活リズムが崩れて体調を壊さないよう健康管理にも気を使う必要があります。

為替ディーラーの具体的な求人情報

次は、具体的な為替ディーラーの求人情報をご紹介。為替ディーラーの関連する職種での求人もあるので「こんな求人があるのか」という参考にしてみてください。

■大手ITグループのFXサービス会社でのカバーディーラー
・為替レート/経済指標/ニュース等を常時チェックし、実際に為替取引を行うカバーディーリング業務。
・顧客からの注文の管理・執行業務、取引先金融機関へカバーディーリング。

■FXオプションディーラー
・FXオプションの行内他部門または顧客への流動性提供
・FXオプションのポジション管理、リスク管理
・安定的収益体制の構築
・他の金融商品対市場取引のサポート

■FXシステムの運用監視スタッフ
・自社FXシステムのモニタリング、オペレーション、システム改善
・FX市場のシステム運用・保守を担当。
・自社FXシステムのデータ抽出・加工

■オンラインFXのカバーディールのアシスタント業務
・為替レートや注文の成立状況、ポジション等の確認・報告・資料作成補助
・為替相場の状況や今後の見通し等を推測、取引金融機関へカバーディーリング。
・利益を追求するのではなく、リスクコントロールに重きを置く

■投資顧問会社における証券トレーダー
・顧客から委託を受けた債券ポートフォリオ/ファンド等のマネジメント
・内・外債券、為替等の売買注文執行
・ポートフォリオマネージャーへのマーケット情報提供
・ポートフォリオマネージャー、クレジットアナリストとのチームワークによる業務運営
・証券会社等からの市場動向情報の収集

■日系証券での債券トレーダー
・国内外社債等クレジット商品のトレーディング業務(ポジションとリスク管理)
・株系仕組債を中心とした金融商品のアレンジ業務
・他部署との連携等による金融商品の提案、企画、商品情報の提供

■日系証券会社でのプロップトレーディング業務
・国内外の現物株式や債券、先物等の金利デリバティブ、FXのプロップトレーディング

■仮想通貨の運用担当
・仮想通貨の裁量トレード、カバーディーリング業務(仮想通貨の仕入れ・取引業務)
・仮想通貨の自社開発したシステムを利用したシステムトレード
・仮想通貨取引状況の分析・報告、モニタリング
・レート、市場動向、経済指標等の分析、モニタリング
・仮想通貨資産の管理、分析

FX会社や証券会社が募集している為替ディーラーにも利益を追求して欲しい場合と相場の急変に対応して欲しい場合があります。大まかな傾向として日系の証券会社やFX会社は自社システムの安全な運営、維持を求めています。積極的に利益を狙うトレーディングをするのではなく、リスクコントロールに重きを置く仕事です。

そのため、給与体系も一般的なサラリーマンと同じ固定給の会社が多くなります。毎月安定して給料がもらえるため、利益を上げられならい場合のストレスや給料が下がるといった心配は少ないです。

一方、外資系の証券会社では積極的に会社の資産を運用して利益を追求するための為替ディーラーを募集する傾向にあります。給料体系も固定給+インセンティブ、もしくは年俸制などを取っており、大金を動かし運用益を出せるのであれば、年収1,000万円以上も狙える仕事です。

その分、利益を上げられない場合は給料や待遇に明確に反映されます。「機関投資家として大金を動かしたい」「年収1,000万以上の給料を稼ぎたい」という方は外資系の証券会社を要チェック。ハイクラスな求人に特化した転職エージェントであれば理想的な求人を見つけることができるでしょう。

求人を募集しているFX会社や証券会社の具体例

次は、具体的に求人を募集しているFX会社や証券会社をご紹介。ここで紹介しているのは過去に為替ディーラーを募集していたことがある証券会社やFX会社です。現在、求人を募集しているのかどうかは転職エージェントや転職サイトでご確認ください。

トレイダーズ証券

minnanofx

トレーダーズ証券は「みんなのFX」というFXサービスを運営している証券会社です。みんなのFXは業界最狭水準のスプレッドと高水準のスワップポイントが魅力的なFX会社。取引ツールは非常にシンプルで分かりやすいため、初心者トレーダーも多く利用しています。FX以外にも「みんなのシストレ」や「みんなのオプション」といったサービスを展開。みんなのFXはDD方式を採用しているので、為替ディーラーが必要になります。システムトレードやバイナリーオプションも取り扱っているため、自動売買やBOに関する知識・経験を持っている人が望まれます。

トレイダーズ証券 公式サイト

DMM.com証券

dmm

圧倒的な知名度を誇るDMMグループが運営している証券会社が「DMM.com証券」、FXサービスが「DMM FX」です。DMM FXもDD方式を採用しているため為替ディーラーを定期的に採用しています。DMM FXで必要とされているのは自社FXシステムのモニタリング、オペレーション業務です。FX業界でも最多クラスの口座開設数を誇るDMM FXを利用しているトレーダーが安全に取引ができるようにシステムを常時監視する仕事になります。DMM FXでは最先端のFXシステムを採用しており、システムはほぼ自動化されていますが、一部は人の手が必要です。最新のFXシステムの保守点検、カバーディーリングの実施、顧客データの抽出・分析などが主な業務内容になります。

DMM.com証券 公式サイト

SBIリクイディティ・マーケット株式会社

sbifx

ネット証券大手のSBI証券で有名なSBIグループの外国為替、デリバティブ取引の流動性確保を一手に担うのが「SBIリクイディティ・マーケット株式会社」です。関連事業や子会社、カウンターパーティとの年間総取引額は約6兆ドル。SBIグループの金融サービスの根幹ともいえる流動性を提供している会社です。そんなSBIリクイディティ・マーケットでも為替ディーラーを定期的に募集。外国為替や先物市場の最前線でディーリングができる仕事です。複数の国内金融機関が提示するリアルタイムレートと最新の市況を把握、そのときの相場において最も有利な条件・タイミングで顧客からの注文を捌き続ける業務になります。高い専門性とスキルが要求される業務ですが、大きな経験をやりがいを感じられる仕事です。

SBIリクイディティ・マーケット 公式サイト

為替ディーラーのハイクラス求人を掲載している転職エージェント

上記で紹介した証券会社やFX会社はすべて転職サイト、転職エージェントに記載されている求人内容です。ここでは、たくさんある転職サイトの中でもハイクラスな求人を掲載しているサービスをご紹介。為替ディーラーという特殊なスキルが要求されるハイクラスな求人も下記のサイトなら多数掲載されています。為替ディーラーに転職するなら要チェック。

doda(デューダ)

doda

dodaは転職業界最大手のインテリジェンスが運営する転職サイト。圧倒的な求人数もさることながら「転職エージェントサービス」も取り扱っている点が大きなポイント。自分で理想的な求人を探しながら、キャリアコンサルタントに相談することも可能です。数多くの求人の中から自分に最適な求人を選択できます。もちろん、為替ディーラーの求人も多数掲載。タイミングにもよりますが、上記で紹介したFX会社の求人も掲載されています。転職サイトを活用するならdodaは最初にチェックしておきたいサービスです。

doda 公式サイト

リクルートエージェント

recruitagent

ネット業界で圧倒的な存在感を放つリクルートグループが運営している転職エージェントサービスが「リクルートエージェント」です。業界最大級の非公開求人数を誇っており、その求人数は20万件以上。転職実績No1を掲げる実績豊富なキャリアアドバイザーが自分の要望、希望を親身に聞いてくれます。もちろん、提出書類の添削や面接対策、リクルートエージェントが独自に分析した企業情報を受け取ることが可能。1人では限界がある転職活動を力強くサポートしてくれます。為替ディーラーや証券トレーダーの求人もしっかりと揃っているので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

リクルートエージェント 公式サイト

 

タイトルとURLをコピーしました