【決定版】FXのリスク管理、資金管理ツールが充実した国内業者特集!

【決定版】FXのリスク管理、資金管理ツールが充実した国内業者特集!

FXのリスク管理に使えるツールを探している
FXの資金管理やポジション調整を簡単にしたい

FXをする上で非常に重要なのがリスク管理と資金管理ですよね。いつ何が起こるか分からない相場と向き合うには事前の対策と準備が不可欠。

そこで、この記事ではリスク管理や資金管理に使えるツールを提供しているFX業者を特集。各社のツールの特徴やサービス内容を詳しく解説しています。使えそうなツールがあればぜひチェックしてみてくださいね!

FX業者のリスク管理、資金管理ツール一覧表

FX業者 ツール 概要 公式サイト
[マネーパートナーズ]マネーパートナーズ アセットコントロール 口座全体の評価損益を基準に利食い、損切り 詳細
[IG証券]IG証券 ノースリッページ注文 一定の保証料でスリッページを100%防ぐ 詳細
[DMM FX]DMM FX 取引通信簿 全取引履歴の勝率や損益率を自動計算 詳細
[ヒロセ通商]ヒロセ通商 誤発注防止機能 スマホアプリに誤発注防止のロック機能搭載 詳細

FXのリスク管理、資金管理の重要性と対策

FXのリスク管理、資金管理の重要性と対策

金融市場の中でも一際、取引量が大きい外国為替市場。各国の金融政策、経済状況、自然災害など価格変動の要因は多種多様でそのすべてを把握することは不可能です。

FXはこうした相場で取引を行うため徹底したリスク管理と資金管理が必要不可欠。長期的にFXで利益を獲得するには普段からどれだけ準備と対策を実施できるかがポイントです。

FXで注意すべきリスク

価格変動リスク:突発的な値動きによる損失の拡大
スリッページ:指定レートで約定しない=取引コストの増加
追証、強制ロスカット:追加入金の必要、入金資金の大幅な損失
誤発注、操作ミス:想定外のロット数でポジション保有等

これらのリスクは事前の対策によってある程度コントロールできるリスクです。こうしたリスクが発生する可能性をしっかりと認識して対策を行っているかがポイント。

FXの怖いところは些細なミスが大きな損失に直結している点です。特に、ロット数が大きくなればなるほど1回のミスで大きな損失を出してしまうことも。長期的に安定してFXで利益獲得を目指すなら、未然に防げる人為的なミスは無くしたいですよね。

以下では、リスク管理や資金管理に使えるツール・サービスを提供しているFX業者を解説しています。気になる業者があればチェックしてみてくださいね。

マネーパートナーズ

マネーパートナーズ【パートナーズFX】【パートナーズFX nano】

マネーパートナーズは業界最狭水準のスプレッドや少額取引対応が魅力的な国内業者です。親会社であるマネーパートナーズグループは東証1部上場企業で実績と信頼は折り紙付き。

そんなマネーパートナーズでは「アセットコントロール」というリスク管理機能を搭載した取引ツールを提供しています。マネーパートナーズのアセットコントロールは、口座全体の評価損益を基準として損切りや利食いを一括で設定できる機能です。

マネーパートナーズ

米ドル円、ユーロ米ドル、ポンド円などFXでは多通貨のポジションを同時に保有することがよくありますよね。通常であれば各ポジションの評価損益を把握し、それぞれに決済を入れるのが一般的です。

この点、アセットコントロールでは口座全体の評価損益ベースで一括決済が可能。「全体の損失を3万円程度に抑えたい」「利益が20万になれば利確、損失が2万円になれば損切り」といった運用が自動的にできます。

マネーパートナーズ「アセットコントロール」の特徴

建玉ごとの損益状況を把握しなくても、口座全体で最大損失を管理できる
含み損のポジションがあっても、含み益のポジションがあれば決済されない
未決済スワップも含めた管理が可能
損切りだけでなく利食いにも使える=口座全体に対してOCO注文のように利用可能

多通貨のポジションを保有する場合、難しいのが「各ポジションの損益状況を把握してトータルリスクを管理する」という点です。各ポジションに対して逆指値を入れるか、口座全体の証拠金を調整しなければロスカットの可能性が高くなります。

このトータルのポジション管理を簡単にしてくれるのがマネーパートナーズのアセットコントロールです。「多通貨を同時に取引する」「全体のポジション管理を楽にしたい」という方は要チェック!

マネーパートナーズ 公式サイト

IG証券

IG証券

指定レートで約定しない決済の逆指値が滑って損失が拡大した

FXを長く続けている方であれば1度は経験したことがあるのではないでしょうか。指定レートできちんと約定するかどうかはFXにおいて非常に重要なポイントです。特に、相場の急変動で決済の逆指値が滑るのは避けたいところ。

そういった場合に便利なのがIG証券の「ノースリッページ注文」です。ノースリッページ注文とは、ポジション決済専用のストップ注文(逆指値注文)です。一定の保証料を支払うことで指定レートで100%決済が保証される注文方法になります。

IG証券

通常の逆指値注文は指定レートに到達後、成行注文で約定レートが決定されます。成行注文なので急激な値動きがある場合、指定レートから不利なレートで約定し損失が拡大する場合も。

この点、IG証券のノースリッページ注文では指定レートでの決済が保証されているため安心してポジションを保有可能。

重要な経済指標発表、要人発言による突発的な値動きなど為替相場では予期せぬ事態が起こることもしばしば。常にモニターを見続けるわけにもいかないですよね。

保証料は米ドル円1万通貨に対して500円程度(※)です。保証料はポジション決済時にチャージされるため、ポジションが決済されなければ保証料はかかりません。

相場の急変動が予想される際にノースリッページ注文を活用すれば攻めの姿勢を崩さずリスクコントロールが可能。ボラティリティが高い銘柄を取引する際にも有効活用できます。

※2021年3月8日時点、取引ツールにて確認した保証料を掲載。

IG証券 公式サイト

DMM FX

DMM.com証券【DMM FX】

国内FX業者でもトップクラスの口座開設数を誇るのがDMM FXです。DMM FXでは「取引通信簿」という全取引履歴をビジュアル化してくれるツールを提供しています。

DMM FX

口座全体のトレード履歴を円グラフや棒グラフで視覚化、一目で自分のトレード内容を把握することができます。「どの通貨ペアで利益を出しているのか」「損失が最も多い通貨ペアはどれか」など全取引履歴を自動計算して表示してくれます。

DMM FX

総トレード回数、最大ドローダウン、リスクリワード比率、勝率など自分のトレードを客観的に分析するための情報が簡単に入手可能。資金管理をする上で自分のトレードを客観的に振り返るのは非常に重要なポイントです。

その作業をより詳しく、正確な分析を可能にしてくれるのがDMM FXの取引通信簿です。「全取引のリスクリワードを把握したい」「トレードを振り返りたい」という方にはおすすめ!

DMM FX 公式サイト

ヒロセ通商

ヒロセ通商

ヒロセ通商

トレーダーの声を積極的に反映した取引ツールが魅力的なFX業者がヒロセ通商です。ヒロセ通商では頻繁に取引ツールのアップグレードを行っており、トレーダーから直接、要望を汲み上げてツールに反映しています。

その1つが「スマホアプリの誤発注防止ロック機能」です。スマホアプリは画面が小さいため誤って発注、決済をしてしまいがち。ロット数が大きければ誤発注のスプレッドだけでもかなりの損失になります。

こうした人為的なミスを未然に防いでくれるのがロック機能です。「スマホでもFXをする」という方はヒロセ通商のスマホアプリがおすすめ。

また、ヒロセ通商は公式サイトにて各種FX計算ツールを公開しています。ロスカット幅や最大許容損失、レバレッジ計算など便利な計算ツールを提供してくれているので、そちらも要チェック!

ヒロセ通商 公式サイト

Check!!

リスクリワードの計算に使える!FXナビMT4インジ無料公開中!

リスクリワードの計算に使える!FXナビMT4インジ無料公開中!

FXナビではMT4(メタトレーダー4)で利用できるインジケーターを無償公開中!MT4で多通貨を監視する際にボラティリティを一目で把握できるので、リスクリワード計算に活用できます。

その他にも多種多様なMT4インジを公開しているので、MT4を普段から使われている方はぜひご活用ください。

タイトルとURLをコピーしました