レバレッジ規制は自己資本規制比率で決まる?/比率の高いFX業者を紹介

レバレッジ規制のカギを握るのは自己資本規制比率?

「レバレッジが10倍になる!?」そんな噂がささやかれ始めたのは2017年の終わり頃。ちょうどコインチェックのXEM盗難事件と重なり、金融庁主催の有識者検討会で本格的に議論されてきました。店頭FX(外国為替証拠金取引)の証拠金倍率(レバレッジ)を現行の25倍から10倍すべきという意見が多く出た中、最終的には見送ることに。

しかし自己資本規制比率の状態によっては、レバレッジ10倍規制の対象となるFX業者が出てくることもあるのでしょうか。大切な資産を預ける上でも今後注目すべき重要な指標の1つです。

レバレッジは自己資本規制比率によって決まる?

急激な相場変動はいつの時代も突然やってきます。有事の際でも耐えられるだけの経営基盤を持っているのか? その観点からFX業者を客観的に評価しなければなりません。健全性の低いFX事業者はレバレッジ10倍規制の対象となることもありえます。

Q. 自己資本規制比率とは?

固定化されていない自己資本の額 / リスク相当額 × 100
= 自己資本規制比率(%)

自己資本規制比率は固定化されていない自己資本の額を、さまざまな全リスク相当額で割った率です。金融商品取引法では、自己資本規制比率120%が絶対条件であり、それを下回った場合、金融庁から監督命令が下されます。140%を下回っても金融庁に届け出る必要があり、今後はこれらの数値が引き上げられるか、さらに厳格なストレステストが行われる可能性が十分にあります。

FX業者は毎年3、6、9、12月末時点に自己資本利益率を公表します。

自己資本規制比率が1000%以上のFX業者

FX業者の中には、自己資本規制比率1,000%以上を維持している会社もあります。レバレッジ10倍規制や信頼度について、これだけで判断すべきではないのですが、健全な財務状態であるFX業者を選ぶことをおすすめします。

※最終更新日 2018年6月6日

FX会社 自己資本規制比率 更新時期 比率掲載ページ 公式サイト
[YJFX!]YJFX! 1345.8% 2018年4月末時点 [比率掲載ページ] [YJFX!>詳細]
[アイネット証券]アイネット証券 1305.2% 2018年3月末 [比率掲載ページ] [アイネット証券>詳細]
[SBI FXトレード]SBI FXトレード 1231.2% 2018年3月末 [比率掲載ページ] [SBI FXトレード>詳細]
[外為どっとコム]外為どっとコム 1164.4% 2018年3月末時点 [比率掲載ページ] [外為どっとコム>詳細]

ポイント
くりっく365はレバレッジ規制とは無縁?

くりっく365はレバレッジ規制とは無縁?

レバレッジ規制の対象となるのは店頭FXのみと言われております。取引所FX(くりっく365)は証拠金の全額を東京金融取引所が保管してあり、万が一破綻した場合でも保全される仕組みです。
レバレッジ10倍規制になった場合、取引所FX(くりっく365)の口座数が増加し、売買高も一気に上昇。店頭FXと立場が逆転することも予想されます。

ワイジェイFX(YJFX!)

ワイジェイFX(YJFX!)

ヤフーグループのワイジェイFX(YJFX!)は自己資本規制比率が高く、口座開設数も多い人気のFX業者。
サービスとしては、米ドル円0.3銭原則固定(例外あり)をはじめとした業界最低水準スプレッドや、初めてでも扱いやすい取引ツールなどに定評があります。スマホアプリ版のCymoは扱いやすく高機能で、多くのトレーダーから支持されています。
FX取引でTポイントが貯まるというお得な特典もあり、貯まったポイントはヤフーグループの他のサービスでも使えるのが魅力。

YJFX! 公式サイト

アイネット証券

アイネット証券

アイネット証券は2018年3月末時点で、1305.2%の自己資本規制比率が公表されています。YJFX!に次ぐ高い割合。
アイネット証券のFXサービスでは、自動売買システムの「ループイフダン」が大きくアピールされています。感情に左右されがちな裁量トレードとは異なり、決まったルールに従って売買を繰り返してくれるループイフダンは、使いようによって日々のトレードの強い味方になってくれるでしょう。
当サイトは現在、アイネット証券と限定タイアップを実施中です。口座開設と10万Lotのお取引で「30年勝ち続けたプロが教えるFX(西原宏一氏著)」をプレゼント。ぜひチェックしてみてください。

アイネット証券 公式サイト

SBI FXトレード

SBI FXトレード

SBI FXトレードはSBIグループによるサービスということで信頼感もあり、自己資本規制比率も高い割合となっています。
2018年のオリコン顧客満足度調査のFX取引手数料の部門にて、見事第1位を獲得。安心感だけでなく、業界最狭水準の米ドル円0.27銭(1万通貨注文まで)という低コストも同社サービスの魅力です。1通貨単位の少額からFXを始められるのもメリット。

SBI FXトレード 公式サイト

外為どっとコム

外為どっとコム

外為どっとコムは2018年3月末時点で自己資本規制比率は1164.4%。口座数は2018年4月時点で45万口座を突破しており、多くのトレーダーに利用されています。
初心者にも分かりやすく、かつ高品質なサービスを提供しているのが魅力。業界最低水準スプレッド、トルコリラやメキシコペソなどの高水準のスワップポイント、業界屈指のマーケット情報配信力にも注目です。

外為どっとコム 公式サイト