TradingViewでスクリプトを公開中!MTF(マルチタイムフレーム)のインジケーター

TradingView

これまではMT4のオリジナルインジケーターを作ってきました。

同じようにTradingViewでもインジケーター(スクリプト)を作っていこうと思います。無料で公開していきます。TradingView上で公開されていますので、ぜひ使ってみてください。使ってみた感想をお待ちしております。他にも作っていきます。

マルチタイムフレーム(MTF)シリーズ

マルチタイムフレームMACDバー

TradingView

マルチタイムフレームを作ってみました。シンプルにチャートと同じ時間軸で表示させてもいいですし、上位の時間軸を表示させて上位足のMACD状態を確認するのにも使えます。バー状にしてあるので、複数の時間軸で表示させてもチャート画面が見にくくなりません。

【具体例】
⇒1時間足のチャートを表示させながら、4時間足・日足・週足のMACDを下に表示

バータイプなので、ラインの動きは確認できませんが、結果だけ知りたいという方にとってはこれで十分かと思います。メインのMACDとシグナルの上下関係を色で表しています。

緑色がMACD、赤色がシグナルです。緑色から赤色に変わるとデッドクロス、赤色から緑色に変わるとゴールデンクロスを意味しています。初期設定では短期期間12、長期期間26、シグナル期間9、MTFは日足になっています。パラメーターや色はお好みで。

【マルチタイムフレームMACD Bar】

配布ページはこちら

無料配布中!

マルチタイムフレーム平均足バー

多くのトレーダーが使う平均足をバーにしてみました。

TradingView

平均足の陽線は緑色、陰線は赤色で表示しています。MTFの初期設定は日足です。

【マルチタイムフレーム平均足バー】

配布ページはこちら

無料配布中!

マルチタイムフレームDMIバー

ADXと同時に表示している方も多いかもしれません。+DIと-DIの上下関係で色分けしてあります。

TradingView

初期設定では、+DIが緑色、ーDIが赤色です。赤色から緑色に変化するとゴールデンクロス、緑色から赤色に変化するとデッドクロスとなります。MTFの初期設定は日足です。

【マルチタイムフレームDMIバー】

配布ページはこちら

無料配布中!

マルチタイムフレームEMA

SMAよりもEMAという方、多いのでは。EMAで跳ね返っていることもよくあります。

TradingView

チャートに表示されている時間軸以外の時間軸で表示されているEMAを現在のチャート状に表示することができます。

【具体例】
⇒4時間足のチャートを表示しながら、日足のEMAを表示させる。

4時間足でEMAを表示させると、4時間足のローソク足でEMAが計算されてしまいます。しかし、このインジケーターを使えば、日足のローソク足で計算されたEMAを4時間足のチャートに表示させることが可能。

基本的な使い方としては、上位の時間軸のEMAの位置を確認しながら、大きな流れに逆らわないように順張りのトレンドフォローをする場合に使います。初期設定の期間は20になっているので、お好みのパラメーターに調整してみてください。

【マルチタイムフレームEMAバー】

配布ページはこちら

無料配布中!

タイトルとURLをコピーしました