LINE CFDアプリを徹底解説!基本スペックからおすすめポイント、ダウンロードのやり方まで紹介

LINE CFDアプリを徹底解説!

ここでは、LINE CFD(LINE証券)のスマホアプリを徹底解説しています。

LINE CFDスマホアプリの基本的なスペックやアプリのおすすめポイントなどを紹介。日本初となる「AI価格予想通知」も解説しています。

「LINE CFDのスマホアプリの特徴は?」「テクニカル指標や描画ツールの搭載数は?」「アラート機能には対応してる?」などの疑問にお答えしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

LINE CFDアプリの概要

LINE CFDアプリの基本スペック表

LINE CFDアプリの特徴

「LINE CFDアプリ」はLINE CFDサービスで提供されているスマホアプリです。iPhoneとAndroidスマホアプリに対応しており、無料でダウンロードが可能。

LINE CFDは株価指数や商品、株式など多彩な銘柄のCFD取引に対応しており、その全銘柄をスマホアプリ内で取引することができます。

LINE CFDアプリは多数のテクニカル指標を搭載し、トレンドラインやフィボナッチ・リトレースメントなどの描画機能にも対応。4つのチャート画面を分割表示する機能や、LINEアプリによるアラートなど便利機能も豊富です。

チャートを見ながらの発注操作を含め、快適な操作性も魅力。デザイン性にも優れており、直感的に使えるのもポイントとなっています。

LINE CFDアプリ 基本スペック表

利用手数料 無料(iPhone・Android)
CFD対応銘柄 194銘柄(株価指数、商品、株式、バラエティ)
注文方法 ストリーミング注文、成行注文、指値注文、逆指値注文、OCO注文、IFD注文、IFD-OCO注文、全決済注文
チャートを見ながらの注文 可能(クイック注文対応)
注文の便利機能 指値・逆指値注文のレートをチャート上で指定可能
テクニカル指標 単純移動平均線、指数移動平均線、加重移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表、エンベロープ、MACD、ストキャスティクス、モメンタム、RSI、RCI、DMI、HV、移動平均乖離率、サイコロジカルライン
テクニカル指標のパラメーター変更 可能
テクニカル指標の複数表示 可能(制限なし)
描画ツール トレンドライン、水平線、垂直線、平行線、フィボナッチ・リトレースメント
描画補助 虫メガネ機能(ライン描画の際に指で押さえている箇所を拡大表示)
足種 ティック、1分足、5分足、15分足、30分足、1時間足、4時間足、8時間足、日足、週足、月足
チャートタイプ ローソク足
複数チャート表示 対応(4分割チャート表示)
マーケット情報 ニュース、経済指標カレンダー、金利差調整額
アラート機能 レートアラート、急変動通知、経済指標通知、AI価格予想通知、キャンペーン通知、約定通知、注文有効期限切れ通知、入金通知、出金通知
(※アラートはいずれもLINEアプリにて受信、プッシュ通知対応)
その他の便利機能 銘柄のランキング表示(人気順、前日値上がり順、前日値下がり順)、値動き・チャートの配色設定(4パターンから選択可能)

LINE CFDアプリのココがおすすめ!

LINE CFDアプリのココがおすすめ!

チャート画面でのクイック注文や注文レート指定が可能!

チャート画面でのクイック注文や注文レート指定が可能!

LINE CFDアプリは成行注文や指値・逆指値注文、OCO注文など複数の注文方法に対応。さらに、スマホアプリで取引する際に役立つ便利機能が備わっています。

ワンタップで発注可能なクイック注文に対応しているのですが、このクイック注文はチャートを見ながらの利用が可能。

クイック注文画面からも利用できますが、チャート画面の上部にある「クイック注文」のボタンをタップすることで、瞬時に注文パネルを表示させることもできます。

チャート画面でのクイック注文や注文レート指定が可能!

さらにおすすめなのが、指値・逆指値注文の注文レートをチャート上で指定できる便利機能。

チャート画面を横表示にしていただき、上部にある「指値」「逆指値」のいずれかのボタンをタップすると、指値もしくは逆指値の注文画面に移行。

このとき、チャート画面の右端をタップすることで、チャート上から注文レートの指定が行えます。スライド操作で位置調整が可能。快適にレート指定を行えるおすすめの機能となっています。

15種類のテクニカル指標や4分割チャートに対応!

15種類のテクニカル指標や4分割チャートに対応!

LINE CFDアプリは移動平均線やボリンジャーバンド、一目均衡表、MACD、RSI、RCIなど多彩なテクニカル指標を搭載しています。

テクニカル指標の同時表示数には制限がありませんので、トレンド系のテクニカル指標を重ねて表示させたり、3つのオシレーター系テクニカル指標を同時表示させたりといったことが可能。

各種テクニカル指標はパラメーターの変更にも対応しています。また、チャート表示設定画面では、注文ラインの表示切替も可能。

15種類のテクニカル指標や4分割チャートに対応!

LINE CFDアプリはチャートの分割表示にも対応しています。4つの銘柄を並べて表示させることもできますし、同じ銘柄を異なる時間軸で並べたりすることも可能。

FXアプリだと分割チャートが使えるものは多いですが、CFDの場合は分割チャート対応のアプリは少数派です。気になる方は要チェック。

LINEアプリで変動通知や経済指標通知を受け取れる!

LINEアプリで変動通知や経済指標通知を受け取れる!

LINE CFDはアラート機能が充実しているのも特徴の1つ。LINE CFDでは経済指標通知、急変動通知、指定レート通知など数多くのアラート機能を活用することができます。

さらに特徴的なのが、それらの通知をLINEアプリ経由で受信できるということ。LINEアプリにてLINE CFD公式アカウントを友だちに追加することで、各種通知をご利用いただけます。

LINEアプリで変動通知や経済指標通知を受け取れる!

上記画像は経済指標通知の設定画面。経済指標通知は発表前と発表後の両方に対応しており、通知対象となる経済指標は重要度と対象国で絞ることが可能です。

LINEアプリで変動通知や経済指標通知を受け取れる!

こちらは急変動通知の設定画面になります。急変動通知は、一定時間内に指定した割合の変動が起きた場合に通知するというもの。

急変動通知は銘柄ごとに設定することが可能ですので、変動が起きた場合にいち早く情報を得たい銘柄にはセットしておきましょう。

LINEアプリで変動通知や経済指標通知を受け取れる!

各種通知はLINEアプリ内のトーク画面、またはLINE CFDのツール内で設定することができます。

LINE CFD公式アカウントのトーク画面では、経済指標通知と急変動通知、キャンペーン通知の設定が可能。LINE CFDのツール内では、約定通知や指定レート通知、AI価格予想通知などの設定が行えます。

通知機能によって設定を行える場所は異なりますが、通知自体はすべてLINEアプリに届く形式となっています。

LINE CFD 公式サイト

日本初採用の「AI価格予想通知」が使える!

日本初採用の「AI価格予想通知」が使える!

LINE CFDで使える通知機能の中には「AI価格予想通知」というものが含まれており、これは日本初採用の機能となっています。

AI価格予想は、機械学習基盤(人工知能)金融情報サービス「TOGGLE」を活用。TOGGLEでは、数十年規模の膨大なデータを使って金融商品の値動き要因をAIが分析、未来の価格動向を算出してくれます。

AI価格予想では各銘柄の価格上昇予測と価格下落予想を通知。CFDは買いからも売りからも取引を始められるため、AI価格予想は両局面でのエントリーに役立ちます。

日本初の「AI価格予想通知」が使える!

上記画像は実際に発生した価格予想の通知画面です。他の通知と同様に、AI価格予想通知もLINEアプリ内で確認することが可能。

LINEアプリに届く通知からは取引画面に移行することもできますし、予想の詳細画面へ移行することもできます。

将来の値動き予想を表示するとともに、推奨利確ラインや推奨損切りラインも表示。

日本初の「AI価格予想通知」が使える!

AI価格予想通知を利用するには、LINE CFDでの口座開設と、LINE CFD公式アカウントの友だち追加が必須です。

通知のオンオフ切替はツール内で行えて、「LINE通知設定」内にAI価格予想通知の項目がありますので、ここで設定が可能。

AI価格予想通知の利用手数料は無料で、対応銘柄は随時追加される予定となっています。取引の参考にしてみてはいかがでしょうか。

「AI価格予想通知」基本情報

利用手数料 無料
利用条件 【1】LINE CFD口座開設
【2】LINEアプリにてLINE CFD公式アカウントを友だち追加
通知方法 LINEアプリにて通知(プッシュ通知対応)
分析の元となる価格変動要因 イベント、価格動向、売買動向、季節性、市場・投資心理、テクニカル分析、企業評価指標、財務・業績状況、マクロ経済
対応銘柄 国内株銘柄、外国株銘柄、各ETF銘柄
追加予定の銘柄 日本225先物、米国30先物、米国NQ100先物、米国SP500先物、原油先物、ガソリン先物、天然ガス先物、金、銀、VIX先物

LINE CFDアプリのダウンロード〜発注方法

LINE CFDアプリのダウンロード方法

LINE CFDアプリのダウンロード方法

LINE CFDアプリはApp StoreもしくはGoogle Playにて、無料でダウンロードすることが可能です。

「LINE CFD」などで検索していただければ、該当のアプリを見つけることができます。

入金・発注のやり方

入金・発注のやり方

LINE CFDで入金を行う場合は、CFD口座に直接入金するのではなく、証券口座またはFX口座から資金振替を行う必要があります。

また、CFDは株式や商品で口座が分かれており、すでに株式口座に資金がある場合はそこから別のCFD口座に振替入金することも可能です。

入金・発注のやり方

発注を行う場合は、まず取引したい銘柄を選択して注文方法を選び、注文数量などを入力して確定するという流れになります。

口座開設から入金、発注までの操作に関しては、下記リンク先の記事で詳しく解説を行っています。そちらも参考にしてみてくださいね。

「LINE CFDライト版(初心者向け)」も利用可能!

「LINE CFD ライト版(初心者向け)」も利用可能!

当記事ではLINE CFDアプリを紹介してきましたが、LINE CFDでは「LINE CFDライト版」というもう1つのツールも利用できます。

LINE CFDライト版は非常にシンプルな構造ですので、初心者の方やシンプルさ重視の方におすすめ。

アプリ版とライト版はいずれも無料で利用可能であり、ニーズに合わせて使い分けることができます。両方を使ってみて、ご自身に合ったツールをご活用ください。

LINE CFDってどんなサービス?

LINE CFD

LINE CFDはLINE証券が提供しているCFD取引サービスです。株価指数、商品、株式など豊富な銘柄を取り扱っており、すべて取引手数料は無料(ただしスプレッドが発生)。

CFD取引サービスを扱っている国内業者は増加傾向にありますが、個別株のCFD取引を扱っている業者はかなり少ないので気になる方は要チェックです。

0.1株から米国株のCFD取引を始められる!(※)

また、LINE CFDでは米国株を0.1株から取引できるのが大きな特徴(一部銘柄を除く)。

アップルやアマゾン、テスラなど有名企業の株式を他社よりも少ない資金から取引可能となっています。初心者の方、なるべく少額から始めたい方におすすめ。

LINE CFDのサービス内容と米国株取引に関しては、下記の特集記事で詳しく解説していますので、興味のある方はぜひ参考にしてみてくださいね。

LINE CFD 基本スペック表

口座開設手数料 取引手数料 取扱銘柄 取引単位
無料 無料(※1) 194銘柄(株式、株価指数、商品、バラエティ) 0.01〜100(銘柄により異なる)
レバレッジ PCツール スマホツール デモ口座
5〜20倍(銘柄により異なる) ブラウザ取引画面、LINE CFD Pro 専用アプリ、ライト版 ×(※2)

(※1:取引に際してはスプレッドが発生します)
(※2:ゲストモードでの取引画面閲覧は可能)

LINE CFDで開催中のキャンペーン

LINE CFDキャンペーン!

LINE CFDアプリに関するよくある質問

LINE CFDアプリに関するよくある質問

LINE CFDアプリの特徴は?

株価指数や商品、株式など対応している全銘柄の取引を1つのアプリ内で行えます。多彩なテクニカル指標と描画ツールに対応しており、4分割チャートもご利用いただけます。また、LINEアプリ経由で経済指標通知や急変動通知などのアラート機能が使えるのも魅力となっています。

LINE CFDアプリの概要はこちら!

LINE CFDアプリのおすすめポイント解説はこちら!

LINE CFDで使えるアラート機能は?

LINEアプリにてLINE CFD公式アカウントを友だちに追加すれば、経済指標通知や急変動通知などのアラート機能をご利用いただけます。また、LINE CFD口座の開設により、AI価格予想通知も利用可能となります。

LINEアプリで変動通知や経済指標通知を受け取れる!

AI価格予想通知の解説はこちら!

LINE CFDの「AI価格予想通知」とは?

数十年の膨大なデータを用いてAIが将来の値動きを分析し、価格上昇または価格下落の予想を通知してくれる機能です。AI価格予想通知の概要や対応銘柄に関しては、下記の解説もご参照ください。

AI価格予想通知の解説はこちら!

LINE CFD 公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました