【保存版】ヒロセ通商「LION FX 5」アプリ徹底解説!驚くほどの使いやすさやカスタマイズ性能に注目

ヒロセ通商「LION FX 5」徹底解説!

ここでは、ヒロセ通商の新スマホアプリ「LION FX 5」を徹底解説しています。

数あるFXアプリの中でも、LION FX 5は使い勝手の良さが魅力。各種デザインの調整ができるカスタマイズ性の高さも相まって、非常に扱いやすいツールとなっています。

当記事では、そんなLION FX 5アプリの「スゴい!」と思える特徴から、基本的なスペック情報、既存アプリとの違いまで解説していきます。

「LION FX 5のメリットは?」「チャート機能の詳細は?」「注文機能の使い勝手は?」などの疑問にお答えしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

(※:当記事はデモ版のLION FX 5の情報を元に執筆しています。本番用アプリのリリース後は当記事の情報も随時更新します)

スマホアプリ「LION FX 5」とは?

スマホアプリ「LION FX 5」とは?

「LION FX 5」はヒロセ通商の新スマホアプリです。2022年12月19日にデモ版(iPhoneのみ対応)が先行リリースされており、本番用は2023年1月末頃に公開予定となっています。

ヒロセ通商では既にスマホアプリが配信されていますが、LION FX 5は既存アプリとは別のツールとして提供されています(既存アプリとの違いはこちらの解説をご参照ください)。

スマホアプリ「LION FX 5」とは?

冒頭でもお伝えしましたが、LION FX 5はとにかく使い勝手が抜群です。操作性の良さはもちろんのこと、痒いところに手が届きすぎるくらいの利便性、さまざまなカスタマイズ要素が優れているのが大きなメリット。

ヒロセ通商はユーザーの要望を受けてツールのアップデートを繰り返す、お客様第一主義でサービスを提供しており、その理念が如実に反映されたアプリと言えます。

現在利用できるはあくまでデモ版ですので、本番用のアプリではさらに使いやすくなる可能性があります。

デモ版はどなたでも無料で利用可能ですので、気になる方はぜひダウンロードして使ってみてくださいね(ダウンロード方法はこちら)。

LION FX 5のココがスゴい!

LION FX 5のココがスゴい!

カスタマイズ性能がスゴい!

カスタマイズ性能がスゴい!

ヒロセ通商のLION FX 5はカスタマイズ性能が高く、さまざまな部分で自分好みの設定に調整が可能となっています。

まずお伝えしたいのが、チャート画面の文字の大きさを、4パターンから選択できること。字が小さくても構わないから画面を広く使いたい場合は「小」を、文字をもっと見やすくしたい場合は「大」または「特大」を選ぶといった選択ができます。

カスタマイズ性能がスゴい!

チャート画面の文字サイズを変更する場合は、まず右上にある歯車アイコンをタップ。設定画面で「デザイン設定」を選択すると、四本値や値段軸表示などの項目ごとに文字サイズを変更できます。

上記画像では4項目しか写っていませんが、画面をスクロールするとクロスラインや現在レートなど、他にも多くの箇所で文字サイズの調整が行えます。

文字の大きさを調整できるスマホアプリはそうそうないので、気になる方は要チェック。

カスタマイズ性能がスゴい!

テーマカラーは4パターンから選択できます。スマホアプリのライトモード・ダークモードに合わせて自動調整させることも可能。

ライトモードまたはダークモードに対して、それぞれ2パターンずつのテーマカラーが用意されているのがポイント。

カスタマイズ性能がスゴい!

注文機能に関しても細かな設定が行えます。注文設定では、有効期限初期値や日付指定の初期値、両建て初期値、決済注文レート差基準額などの指定が可能。

銘柄ごとに基準Lot数や許容スリッページなどを設定できるのも特徴です。

カスタマイズ性能がスゴい!

こちらはチャート設定の画面です。転換点の表示/非表示の切替や、ポジションの表示/非表示の切替に対応。分割線・周期線の設定まで可能となっています。

カスタマイズ性能がスゴい!

さらに、チャートの細かなデザインも編集可能。チャートの背景色や四本値、ローソク足などの調整を行えます。

色はデフォルトで用意されたものを使ってもいいですし、自分で好きな色を作ることもできます。履歴が残るなどこだわりの感じられる仕様。

PCツールではカスタマイズ性能に優れたツールはだいぶ増えましたが、スマホアプリでここまで調整できるツールは貴重です。

アプリの使いやすさがスゴい!

アプリの使いやすさがスゴい!

続いて紹介するのはLION FX 5の使いやすさです。サクサク動く操作性の良さはもちろんですが、「こんな操作もできるの!?」と驚くような部分も仕込まれています。

レート画面に限ったことではないのですが、左右のスライド操作でスムーズに動いてくれるのが心地良いです。

スライド操作で画面を切り替えられるので、画面上部のタブまで指を伸ばす必要がなく、片手で操作する際に重宝します。

アプリの使いやすさがスゴい!

また、レート画面で銘柄をタップすると、銘柄の詳細情報+各種画面へ遷移できるボタンが表示されるのもメリット。

気になる銘柄のチャート表示、あるいは注文画面への移行がサクサク行えます。

アプリの使いやすさがスゴい!

注文機能の使いやすさもポイントとなっており、特におすすめなのがチャート上でレート指定が行えること。

上記画像のようにチャート上でバーを動かせば、例えば指値注文のレートがそのまま反映されます。しかも、現在のレートとの差も表示。

ちなみに、画面右上のチャートアイコンをタップすることで、チャートの表示/非表示を即座に切り替えられるのもポイントです。

アプリの使いやすさがスゴい!

こちらは保有ポジションの管理画面です。保有ポジションをタップすると、詳細情報を見ることができ、決済注文またはチャート表示への遷移も可能。

アプリの使いやすさがスゴい!

「細かいけどこれは便利!」と感じたのが、下部メニューの項目を広げられる機能。

下部メニューに指を当てて上にスライドさせると、メニューが広がって選択できる項目が増えます。ちなみに、アイコンを長押しすることで配置変更も可能。

普段は隠しておけるけど、必要になったときに呼び出せるさり気ない利便性。ありそうでなかった、おすすめの便利機能です(ただし、スライドの位置が下すぎるとホーム画面に行ってしまうので注意)。

チャート機能のこだわりがスゴい!

チャート機能のこだわりがスゴい!

LION FX 5は4分割チャート表示に対応。その上、4分割チャートを3つまで設定可能となっており、合計12個のチャートを設定しておくことができます。

4分割チャート画面も左右のスライド操作で滑らかに切替可能。12種類の通貨ペアのチャートを並べて、値動きを快適にチェックするといったことが行えます。

チャート機能のこだわりがスゴい!

分割チャートでは、1つ1つのチャートごとに通貨ペアや足種、テクニカル指標の指定が行えます。

通貨ペアの連動または足種の連動も可能。通貨ペアだけ連動させて、短期から長期まで複数の時間軸チャートを表示させることもできます。

他社のアプリでは細かく指定できるか連動のみ対応か、どちらか一方しか使えないことも少なくないですので、両方に対応しているのはLION FX 5の魅力。

チャート機能のこだわりがスゴい!

テクニカル指標は22種類(トレンド系10種類+オシレーター系12種類)が搭載されており、PCツール並みのテクニカル分析が可能です。テクニカル指標の内訳はこちらの表をご参照ください。

テクニカル指標のカスタマイズ性能も優れており、パラメーター変更、表示/非表示の切替、ラインの形状・色の調整まで可能です。

チャート機能のこだわりがスゴい!

ライン描画は6種類に対応しており、トレンドラインからフィボナッチエクスパンションまで利用可能。描画ツールの内訳はこちらの表をご参照ください。

描画ラインについても、色や形状の変更が可能であり、始点延長または終点延長の設定まで行えます。

ラインの始点・終点がローソク足の高値・安値に吸いつくマグネット機能、押さえている箇所が拡大表示される虫メガネ機能にも対応。描画したラインのコピー作成も可能です。

チャート機能のこだわりがスゴい!

また、描画したラインもデザインの調整が可能であり、始点や終点のレートあるいは日時を手動で調整できるのも特徴的。

描画したラインの位置をチャート上で調整できるツールは他にもありますが、数値を入力して調整できるスマホアプリはかなり珍しいです。

さらに、描画したラインを表示させる足種の選択も対応。10秒足から月足まで、自由に指定が可能となっています。

チャート機能のこだわりがスゴい!

LION FX 5ではローソク足(時間軸)の開始時間を選択できるのも特徴の1つです。「0時基準」か「NYCL基準」のいずれかを選択可能。

ローソク足(時間軸)の開始時間を選択できるFXアプリは、LION FX 5くらいではないでしょうか。気になる方は要チェック。

17種類もある注文機能がスゴい!

17種類もある注文機能がスゴい!

ヒロセ通商は注文方法の多さが特徴の1つであり、LION FX 5アプリ上では17種類もの注文方法を利用できます。対応している注文方法の内訳はこちらの表をご参照ください。

17種類もある注文機能がスゴい!

成行や指値/逆指値、OCO注文の搭載は当然ながら、新規も決済も使える「トレール注文」、対応業者の少ない「時間指定注文」も利用可能。

新規注文と同時にあらかじめ設定した値幅の利確と損切を発注する「決済pips差注文」もアプリ上でご利用いただけます。

スキャルピングにおすすめの機能がスゴい!

スキャルピングにおすすめの機能がスゴい!

ヒロセ通商は「スキャルピング公認」の国内業者としても定評があり、LION FX 5にはスキャルに役立つ機能が備わっています。

ワンタップで発注可能なクイック注文はチャートを見ながらの発注が可能であり、売全決済または買全決済もワンタップで実行可能。

画面の左上にロックボタンがあるため誤発注を防ぐこともできます。また、両建なし
/ありの変更や注文Lot数の指定、決済指値/逆指値の同時発注も可能。

スキャルピングにおすすめの機能がスゴい!

LION FX 5は更新間隔の速さも注目です。レート更新については最速で「リアルタイム」の設定が可能。文字通り1秒でも早く値動きをチェックしたい方におすすめです。

スキャルピングにおすすめの機能がスゴい!

ヒロセ通商のアプリは「10秒足チャート」の表示にも対応。秒足チャート対応も珍しい機能となっています。1分足よりも短い時間軸チャートでスキャルピング取引をしたい方は要チェックです。

ヒロセ通商 公式サイト

ヒロセ通商「LION FX 5」基本スペック表

ヒロセ通商「LION FX 5」基本スペック表

(※:デモ版のLION FX 5の情報を元に作成しています。本番用アプリのリリース後は当記事の情報も随時更新します)

提供状況 デモ版先行リリース中
(※本番用は2023年1月末頃リリース予定)
利用手数料 無料
(※会員でなくてもダウンロード可能)
対応OS 記事執筆時点ではiPhone版デモアプリのみ対応
注文方法 17種類(クイック、成行、ストリーミング、指値、逆指値、時間指定成行、時間指定指値/逆指値、OCO、IF-DONE、IF-OCO、トレール(新規/決済)、通貨別全決済、全決済、一括買決済、一括売決済、pip差決済、金額指定全決済)
テクニカル指標 トレンド系:10種類(単純移動平均、指数平滑移動平均、一目均衡表、ボリンジャーバンド、パラボリック、エンベロープ、GMMA、スパンモデル、スーパーボリンジャー、HLバンド)
オシレーター系:12種類(ストキャスティクス、RSI、乖離率、サイコロジカルライン、DMI、RCI、ROC、MACD、ウィリアムズ%R、アルティメットオシレーター、RVI、平均足)
テクニカル指標の同時表示 トレンド系:最大3つ
オシレーター系:最大2つ
テクニカル指標のカスタマイズ パラメーター変更、ライン等の色・線の形状変更が可能
描画ツール 6種類(トレンドライン、垂直線、水平線、フィボナッチファン、フィボナッチリトレースメント、フィボナッチエクスパンション)
描画補助 描画したラインのコピー作成、虫メガネ機能(指で押さえている箇所を拡大表示)、マグネット機能(ラインの始点・終点がローソク足の高値・安値に吸いつく)、ラインを異なる時間軸チャートにも表示可能(足種の指定が可能)、ラインの形状・色を編集可能、ラインの始点や終点のレートを数値入力で調整可能
チャート足種 15種類(Tick、10秒足、1分足、5分足、10分足、15分足、30分足、60分足、2時間足、4時間足、8時間足、12時間足、日足、週足、月足)
チャートタイプ ローソク足、ライン、平均足、バーHLC、バーOHLC
複数チャート表示 4分割チャート表示対応
(※4分割チャートを3パターン設定することで、合計12個のチャート画面を設定可能)
(※2分割チャート表示も対応)
カスタマイズ機能 カラーテーマ設定(4種類、文字色等の調整が可能)デザイン設定(チャート背景色、四本値やテクニカル指標の文字サイズ・色調整、ローソク足の形状・色調整、クロスラインや現在レートの文字サイズ・色調整等)、転換点の表示/非表示、分割線・周期線の設定等
更新頻度 レート更新間隔:4種類(リアルタイム、0.5秒、1秒、2秒)
チャート更新間隔:3種類(0.5秒、1秒、2秒)
損益計算更新間隔:3種類(0.5秒、1秒、2秒、3秒、4秒、5秒)
情報 ニュース、スワップ一覧、FX計算ツール(ロスカット水準の計算等)

 

LION FX 5のダウンロード方法・使い方は?

LION FX 5のダウンロード方法・使い方は?

ヒロセ通商のLION FX 5アプリ(デモ版)は、App Storeにてダウンロードできます。無料でどなたでもダウンロード可能。

LION FX 5のダウンロード方法・使い方は?

App Storeで「ヒロセ通商」などと検索していただくか、上記QRコードを読み取ることでもアプリのダウンロード画面を開けます。

LION FX 5のダウンロード方法・使い方は?

デモ利用を始める場合は、アプリのトップ画面にて「バーチャルトレード口座登録はこちら」をタップします。

「新規口座開設」の黄色いボタンを押すと、デモ口座ではなく本口座の開設手続きに移行しますのでお間違いないように。

バーチャルトレード口座登録では、ニックネームや預託証拠金額などを行います。メールアドレスを登録しておくと、IDなどの情報をメールで受け取れます。

LION FX 5のダウンロード方法・使い方は?

登録が完了したら「ログイン」をタップして、デモ口座にログインしましょう。

LION FX 5のインストール方法やログイン方法、注文方法などの詳細に関しては、ヒロセ通商公式のマニュアルをご参照ください。

既存アプリ・ツールとの違いは?

既存アプリ・ツールとの違いは?

以下では、新登場のLION FX 5と、既存のスマホアプリ、ブラウザ対応のスマホツールの機能比較を行っています。各ツールの違いを確認したい方は、ぜひご参照ください。

比較項目 LION FX 5
(新アプリ)
LION FX
(既存アプリ)
LION Tab mini
(ブラウザツール)
利用形式 アプリのダウンロード アプリのダウンロード ブラウザ対応(インストール不要)
利用手数料 無料 無料 無料
注文方法 17種類 17種類 9種類
テクニカル指標 22種類 19種類 30種類
描画ツール 6種類 4種類 3種類
チャート足種 15種類 15種類 14種類
チャートタイプ ローソク足、ライン、平均足、バーHLC、バーOHLC ローソク足、平均足 ローソク足、ライン、平均足
複数チャート表示
ニュース ×
比較チャート × ×
注文比率情報 × ×

注文方法や描画ツールの対応を見ると、LION FX 5の方が有利であると分かります。

一方で、ブラウザ対応の「LION Tab mini」は比較チャートや注文比率が見られるといった特徴を持ち、これはLION FX 5にはない機能。

ヒロセ通商では全ツールを無料で使えますので、それぞれを併用するのももちろんOKです。

ヒロセ通商の既存アプリとLION Tab miniに関しては、別記事で詳しく解説していますので、気になる方はそちらもチェックしてみてくださいね。

ヒロセ通商について

ヒロセ通商(LION FX)

おすすめポイント!
  • スキャルピング公認の数少ない国内FX業者!
  • 業界最狭水準スプレッドや高水準スワップが魅力!
  • 要望に応じてアップデートを続ける取引ツールが便利!

ヒロセ通商 基本スペック表

口座開設・取引手数料 通貨ペア 取引単位 ドル円スプレッド
無料 51通貨ペア 1,000通貨単位 0.2
Mac対応 スキャルピング デモ口座 CFD取扱銘柄
公認 9銘柄(株価指数)

(※:上記米ドル円スプレッドはAM10:00〜翌AM4:00の時間帯で原則固定・例外あり)

ヒロセ通商で開催中の口座開設キャンペーン

ヒロセ通商で開催中のキャンペーン情報

ヒロセ通商 公式サイト

タイトルとURLをコピーしました