DeMarker(デマーカー)にサインとアラートを追加したMT4/MT5インジケーターを無料公開!

DeMarker(デマーカー)というインジケーターをご存知でしょうか?

デマーカーとは、RSIと似たオシレーター系のインジケーターで、買われすぎや売られすぎを表します。一般的には0.7を上回ったときは買われすぎ、0.3を下回ったときは売られすぎと判断します。

DeMarker(デマーカー)というインジケーター

このデマーカーに5つの手法から導きだされるサインを出し、そのサインに対してアラートも選べるインジケーターを作ってみました。無料でダウンロードできますので、一度使ってみてください。

ダウンロードはこちら(2022/07/25 ver1.0)

 

MT5版ダウンロードはこちら(2022/07/25 ver1.0)

 

このインジケーターを使って「便利だな」「他の人にも教えてあげたいな」と思ってもらえた方は、Twitter(@fxnav)でツイート&フォローをしていただけると、開発の励みになります!
更新履歴
2022年7月25日
【MT4/MT5 ver1.0】DeMaker(デマーカー)MT4/MT5インジケーターを公開

インジケーターへのご質問・改善アイデアあれば、下部のコメント欄かアンケートに投稿お願いします!

友だち追加LINE公式アカウントでインジケーターの新着リリースやバージョンアップ情報を配信中。LINEお友だち限定のインジケーターも公開中です!

DeMarker(デマーカー)の計算

期間内における1本前の高値と安値、それぞれの比較を行います。

  • 1本前の高値より現在の高値が大きければ、その差をプラス。それ以外は0。
    合計をDeMaxとします。
  • 1本前の安値より現在の安値が小さければ、その差をプラス。それ以外は0。
    合計をDeMinとします。

これらの値を期間内で平均し、割合を出した値がデマーカーの値となります。

  • デマーカー値=DeMax平均/(DeMax平均+DeMin平均)

終値で判定するのではなく、高値と安値の更新を見るところがポイントとなります。

FXキーストンDeMarker(デマーカー)の解説

このインジケーターには4つ手法が入っています。それにプラスして、レンジかトレンドかを判定するADXや移動平均線でフィルターをかけることができます。

1. 境界値からの戻り手法

買われすぎは0.7、売られすぎは0.3になっています。

  • 売られすぎの状態(デマーカーが0.3以下の状態)から0.3以上になったときに買いサイン。
  • 買われすぎの状態(デマーカーが0.7以上の状態)から0.7以下になったときに売りサイン。

実際には頻繁にサインが出てしまいます。条件を売られすぎ0.2、買われすぎ0.8とかにしてもいいかもしれません。

2. 水準値を超えている状態でクロス

赤色の破線はデマーカーを平均化(スムーズ化)したラインになります。

  • 0.3以下のときにこの赤ラインとゴールデンクロス(デマーカーが赤ラインを上に突き抜ける動き)したとき、買いサインが出ます。
  • 0.7以上のときにこの赤ラインとデッドクロス(デマーカーが赤ラインを下に突き抜ける動き)したとき、売りサインが出ます。

こちらも上限値、下限値で頻繁にクロスします。条件を厳しくするのもいいかと思います。

ここで思ったのが、逆張りではなく、トレンド方向にサインを出すのもアリかと思いました。

3. 2度クロス

境界値を超えた状態で2度クロスしたときにサインが出ます。

  • 0.3以下のときにこの赤ラインとゴールデンクロス(RSIが赤ラインを上に突き抜ける動き)を2回したとき、買いサインが出ます。
  • 0.7以上のときにこの赤ラインとデッドクロス(RSIが赤ラインを下に突き抜ける動き)を2回したとき、売りサインが出ます。

2度クロスするほど勢いがなくなったところをサインで表します。

RSIとは違い、高値と安値に注目することからトレンド方向に向かうことが多いです。

4. ダイバージェンス

買われすぎ/売られすぎのときのダイバージェンスを見ることができます。

デマーカーの直近の高値または安値からダイバージェンスを判定しています。引かれたラインの全てがうまく機能するわけではありません。最終的にはご自身の目で判断してトレードをしてください。

5. ヒデゥンダイバージェンス

ヒドゥンダイバージェンスも見ることができます。

こちらも全てがうまく機能するわけではありません。まだ改良が必要です。

 

パラメーター設定

まず期間や上で紹介した手法など、設定をしてください。高水準値、低水準値の値によってもサインの出現頻度が大きく変わってきます。

フィルターもありますので、いろいろと試してみてください。

ラベルとは現在のデマーカーの値を表示します。

今までの画像では「メインチャートにも矢印」をtrueにしてました。

 

【考察】DeMarker(デマーカー)はRSIとは全く違うオシレーター?

デマーカーを表示させて思ったのが、RSIよりもだましが多いです。買われすぎ、売られすぎに反応しきれていないような気がします。

ただ買われすぎ、売られすぎの状態になったときのトレンド方向に進むことの方が多いようです。

今度は境界値(0.7と0.3)を超えたときにその方向へのサインを出すようなインジを作ってみたいと思います。

 

ダウンロードはこちら(2022/07/25 ver1.0)

 

MT5版ダウンロードはこちら(2022/07/25 ver1.0)

オリジナル・インジケーター 人気ランキング

FXキーストンで無料配布しているオリジナルMT4・MT5インジケーターの人気ランキングです。
2022年7月の月間ダウンロード数トップ5はコチラ!

  1. [SynchroChart_Line.mq4]

    【SynchroChart_Line.mq4】
    シンクロチャート(MT4)

    チャート上で引いたトレンドラインなどのオブジェクトが、同じ通貨ペアであれば時間軸関係なく描写されます。

    7月のダウンロード数
    894人
  2. [keys_RCI3.ex4]

    【keys_RCI3.ex4】
    短期、中期、長期の3本のRCIの状態からサインを出すインジケーター

    5つ以上の状態から選ぶことができます。アラート機能付き。

    7月のダウンロード数
    874人
  3. [keys_ZigZag_DowT.ex4]

    【keys_ZigZag_DowT.ex4】
    ダウ理論を意識した押し安値/戻り高値インジケーター

    ZigZagから押し安値/戻り高値を自動判定。トレンドを認識できます。

    7月のダウンロード数
    617人
  4. [Elliott_zigzag.ex4]

    【Elliott_zigzag.ex4】
    エリオット波動MT4インジケーター

    ZigZagをベースにしたエリオット波動インジ。今後も改良を加えます。

    7月のダウンロード数
    495人
  5. [keys_ma.mq4]

    【keys_ma.mq4】
    移動平均線(タッチでアラート機能付き)

    一般的な移動平均線にいろいろ機能が追加されてます。今後もご要望により改良を重ねます。

    7月のダウンロード数
    422人

すべての「オリジナルMT4インジケーター」を見る

すべての「オリジナルMT5インジケーター」を見る

 

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

アンケートでいただいたご質問やご要望については、随時こちらのページでお答えしています。

ご質問・ご要望の一覧はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました