MT4マルチタイム・インジケーター・バー(MA, MACD, ADX, CCI, RSI, 一目均衡表, ストキャスティクス, パラボリック対応)

オシレーター系のインジケーターを見たいのですが、たくさん表示させるとメインのチャート分析がしづらいことってありませんか。

結果だけを知りたい。幅の狭いバーで十分。

 

ということで、いろんなテクニカル分析を詰め込みバー表示させたインジケーターを作ってみました。

テクニカル指標は「MA」「MACD」「ADX」「CCI」「RSI」「一目均衡表」「ストキャスティクス」「パラボリック」の8種類。バージョンアップで今後も増やしていく予定です。

タイムフレーム(時間軸)の変更も可能です。例えば1時間足のチャートに日足の分析結果も表示できます。

無料でダウンロードができ使うことができます。ぜひ試してみてください。

 

ダウンロードはこちら(2019/10/3 ver1.3)

 

改良バージョン2も公開してます。こちら

 

このインジケーターを使って「便利だな」「他の人にも教えてあげたいな」と思ってもらえた方は、Twitter(@fxnav)でツイート&フォローをしていただけると、開発の励みになります!
更新履歴
2019年10月3日
【ver1.3】移動平均線を追加
2019年7月8日
【ver1.2】上昇または下降の勢いがあるときは色が変わる機能を追加
2019年5月14日
【ver1.1】確定していないバーの色は前のバーの色にする。
2019年2月12日
【ver1.0】インジケーターを公開

インジケーターへのご質問・改善アイデアあれば、下部のコメント欄かアンケートに投稿お願いします!

ポイント

以前に平均足スムーズドのインジケーターを作りました。これもバー状です。平均足をさらに平滑化したインジケーターで人気があります。一度使ってみてください。

 

パラメーター解説

「パラメーターの入力」でテクニカル指標マルチタイムフレーム(時間軸)の変更ができます。

MA

移動平均線(Moving Average)です。単純移動平均線(SMA)や指数移動平均線(EMA)にも対応してます。

終値が移動平均線より上か下かで判定しています。

MACD

MACDとは「Moving Average Convergence Divergence」(移動平均収束拡散法)の略で、マックディーと呼ばれています。オシレーター系のインジケーターに分類されていることが多いですが、トレンド系としても使えます。

MACDメインラインとシグナルラインのゴールデンクロスとデッドクロスで判定しています。

ADX

ADXはトレンドの強弱を見るためのテクニカル指標です。

+DMと-DMのゴールデンクロスとデッドクロスで判定しています。

CCI

CCIは「Commodity Channel Index」(商品チャンネル指数)の略で、ドナルド・ランバートが考案した比較的新しい手法です。商品市場で使われることが多く、買われ過ぎや売られ過ぎの判断に使います。

0を基準とし、プラスであれば青色バー、マイナスであれば赤色バーになります。

RSI

RSIは、「Relative Strength Index」(相対力指数)の略で、価格の行き過ぎ(売られすぎ・買われすぎ)を表します。70%以上であれば買われ過ぎや30%以下であれば売られ過ぎと判断し、逆張りで使うことも多いです。

このインジケーターに関しては中心の50%を基準として、50%以上であれば上昇中、50以下であれば下降中としました。

一目均衡表

一目均衡表は、基準線、転換線、先行スパン1、先行スパン2、遅行スパンの5つの線を表示するテクニカル指標。設定の期間は、基準線26、転換線9、先行スパン52となってます。見方は、2つの先行スパンでできた「雲」とロウソク足の位置や遅行スパンとロウソク足のクロスなど、非常に奥が深いテクニカル指標です。

このインジケーターは転換線と基準線のゴールデンクロスとデッドクロスで上昇と下降を判定しています。

ストキャスティクス(Stochastics)

買われすぎや売られすぎを表示するオシレーター系のテクニカル分析です。%K、%D、%SD(スローパーセントD)の3本の線があります。

このインジケーターは%K(パーセントK)と%D(パーセントD)のゴールデンクロスとデッドクロスで判定しています。

パラボリックSAR(Parabolic SAR)

価格の上や下に点で表示されるインジケーターです。トレーリングストップのようにストップの位置を置く判断に使ったりもします。

パラボリックが価格より下にあれば上昇中、価格より上にあれば下降中とし表示させました。

 

マルチタイムフレーム・インジケーター・バーを3つ合わせたインジケーターを新しく開発

上位時間足と方向が揃ったときにアラートであったり、メールを送ってほしいというご要望がありました。上記の「MTF_Indicator_Bar.ex4」で上位時間足と同期をとってアラートを出すようにするのも不可能ではないのですが、ややこしいと思い、新しくインジケーターを作ってみました。

一番短い時間足(上段のバー)が上位時間足(中段と下段のバー)とそろったときに、アラートであったりメールを送ることができます。パラメーターで変更が可能です。

ダウンロードはこちら(2019/10/3 ver2.1)

更新履歴
2019年10月3日
【ver2.1】MAの追加
2019年9月20日
【ver2.0】インジケーターを公開

インジケーターへのご質問・改善アイデアあれば、下部のコメント欄かアンケートに投稿お願いします!

 
 

FXナビ オリジナル・インジケーター 人気ランキング

FXナビで無料配布しているオリジナルMT4インジケーターの人気ランキングです。
2019年9月の月間ダウンロード数トップ5はコチラ!

  1. [SynchroChart_Line.mq4]

    【SynchroChart_Line.mq4】
    シンクロチャート

    チャート上で引いたトレンドラインなどのオブジェクトが、同じ通貨ペアであれば時間軸関係なく描写されます。

    9月のダウンロード数
    937人
  2. [fxnav_kairi.ex4]

    【fxnav_kairi.ex4】
    移動平均線乖離率インジケーター

    自動で乖離値境界を計算。チャート上に矢印も表示し、アラートで知らせてくれます。

    9月のダウンロード数
    435人
  3. [fxnav_RCI.mq4]

    【fxnav_RCI.mq4】
    アラート付きRCIインジケーター

    RCIの過熱感をアラート。上昇と下降を色わけしてみました。

    9月のダウンロード数
    435人
  4. [fxnav_ma.mq4]

    【fxnav_ma.mq4】
    移動平均線(タッチでアラート機能付き)

    一般的な移動平均線にいろいろ機能が追加されてます。今後もご要望により改良を重ねます。

    9月のダウンロード数
    415人
  5. [fxnav_RSI.mq4]

    【fxnav_RSI.ex4】
    アラート付きRSIインジケーター

    RSIをオシレーターの逆張りとは考えず、押し目買いや戻り売りを意識し、サインを出します。

    9月のダウンロード数
    295人

 
 

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

アンケートでいただいたご質問やご要望については、随時こちらのページでお答えしています。

ご質問・ご要望の一覧はこちら

コメント

  1. シゲ より:

    ダウンロードができません

  2. masa より:

    シゲ様
    コメントありがとうございます。
    ダウンロードできるようにいたしました。すみませんが、もう一度お試しください。
    これからもよろしくお願いいたします。

  3. nabeo より:

    非常に使い勝手の良いインジケーターだと思います。

    それだけに本当に残念ですが実際に使用致しますとフェイクシグナルが出ます。

    それは上位足確定までの間、下位足に表示されているバーは決定では無く数本にさかのぼりバーの色が替わってしまうからだと過去検証で気が付きました。

    MTFでの表示がフェイクシグナルにならない工夫が有れば最高かと思います。

  4. masa より:

    nabeo様
    コメントありがとうございます。インジケーターも使っていただき、ありがとうございます。
    確かに直近の表示は上位足では確定しない足の表示なので、変更することが十分にあります。
    確定しているものを表示するように変更しバージョンアップしたいと思います。
    ご意見ありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

  5. nabeo より:

    ご対応の早さに驚きました、善意と熱意に大変感服致して居ります。

    此方のインジケーターは一つの時間軸チャートだけで上位足の状態まで確認が取れる大変魅力的なインジケーターだと認識させて頂いて居ります。

    ただ、今回の更新ではバータイプの弱みである「オシレーターの状態が分かりにくい。」と言う部分がそのまま残ってしまうと思われます。

    例えば15分足に4時間足のストキャストを表示していた場合、4時間足では既にゴールデンクロスしていても15分足に表示させて居りますバーの色が変化するには最長で3時間45分遅れてしまう可能性が有ります。

    スキャルピングでの取引を考えた場合、少し長過ぎる待ち時間に思われます。

    15分足(下位足)に表示している4時間足(上位足)のインジケーターがゴールデンクロス、デッドクロス、若しくはラインが重なっていたのなら、4時間足が確定して居なくても15分足(下位足)が確定する際にバーチャートの色は4時間足(上位足)の現状で確定し、過去に遡って変更しないほうがリアルトレードで大きな役割を果たせると思います。

  6. masa より:

    nabeo様
    コメントありがとうございます。そしてインジケーターも使っていただき、ありがとうございます。
    そうなんです。バーのインジは状態が分かりません。それよりも色だけですぐに分かるようになっているという利点しかありません。あとはスペース確保のためというのもあります。きちんと確認したい場合は、その時間足でインジケーターを表示させて見るというのがいいでしょう。
    nabeo様が上位足での表現の仕方でなるほどなぁと思いました。ただそれをどう導きだそうか考えますが、おもしろい発想であり、作ってみたいです。素晴らしいアイディアだと思いました。なんとか実現させたいです。参考にさせていただきます。
    これからもよろしくお願いいたします。

  7. かわわ より:

    お世話になります、かわわです。
    私はMACDを主に使ってトレードをしています。
    ラインやヒストグラムだと数字が小さいとどうしても分かりづらく困っていました。このようなバーだと一目瞭然で大助かりです。
    助かりついでに、私が思う改善点が2点あります。
    ①バーの強弱
     値が前より強いときは濃い色
     値が前より弱いときは薄い色
     0レベルより+圏と-圏で色を変える
    ②0ラインクロス
     シグナルとのクロスでなく0ラインとのクロスで表示
     単に+圏は赤、-圏は青だけでOK
    当然ながらマルチタイムフレームは必須です。
    勝手なことばかり言ってすみません。
    こんなのをずーっと探してます。

  8. masa より:

    かわわ様
    コメントありがとうございます。そしてインジケーターも使っていただき、ありがとうございます。
    ①については、色を変えるのは可能だと思いましたので、修正してみたいと思います。
    ②についてですが、これは12EMAと26EMAのクロスということではないでしょうか。
    でもこちらも修正してみます。
    アドバイスをしてくださって、ありがとうございます。
    これからも宜しくお願い致します。

  9. しんしん より:

    現在、macdの上位足で使用させてもらっています。

    mtf平均足スムーズドの方でもコメントでもありましたが、複数の時間軸で方向が一致した場合、メールで知らせてくれると助かるなぁと。

    可能であれば、勝手な希望ですが、よろしくお願いします。

  10. masa より:

    しんしん様
    コメントありがとうございます。そしてインジケーターも使っていただき、ありがとうございます。
    マルチタイムで条件が合ったときにアラートであったりメールで知らせてくれると便利ですよね。
    ぜひ作ってみたいと思います。
    これからもよろしくお願いいたします。

  11. しんしん より:

    返信ありがとうございます。

    日々良い組み合わせを考えて試行錯誤しています。
    このインジケーターに移動平均線を追加できますでしょうか?
    自分はEMA(指数平滑移動平均線)を使用しています。

    可能であれば、検討お願いします。

  12. masa より:

    しんしん様
    コメントありがとうございます。
    移動平均線も追加しようと思います。
    これからもよろしくお願いいたします。

  13. しんしん より:

    MTFで方向性が一致したときにアラートやメール通知機能、素晴らしいです。
    本当にありがとうございます。

    使用してて気になった点。

    マルチタイムフレーム1をcurrent(5分足)、マルチタイムフレーム2を1時間足、マルチタイムフレーム3を4時間足にして使用しています。

    気になった現象は、currentと4時間足は同じ方向ですが、1時間足は反対方向。
    1時間足が方向変化して揃ったけどメール通知来ませんでした。
    その後、currentが逆方向になり、再度揃うとメール通知来ました。
    マルチタイムフレーム1が変化したときのみの判定という感じでしょうか? これは仕様でしょうか?
    もし仕様な場合、マルチタイムフレーム2や3が変化してから揃った場合もメール受信するというのは難しいですか?


    マルチタイムフレーム1~3のパラメータを個別に変更するのは難しいでしょうか?
    ダマシ回避としてcurrentには、小さい値動き対策として大きくパラメータをいじっていますので。


    同一方向に揃っていたのに、揃わなくなった場合のメール受信。
    この場合は、①と違いマルチタイムフレーム2と3のみが判定対象だと、個人的に手仕舞いのサインとして活用してます。
    1時間足と4時間足の方向が一致していないのでトレンド転換やレンジの可能性として手控えてますので。

    もうなんていうか、希望ばっかりで本当にすみませんm(_ _)m
    説明も下手ですみませんm(_ _)m

  14. masa より:

    しんしん様
    コメントありがとうございます。インジケーターも使っていただき、ありがとうございます。
    ①ですが、フレーム1が短期期間のものなので、これが基準となっています。2と3が揃っていて、最後に1が揃ったときにアラートが鳴るようにしてます。マルチタイムフレーム2や3が変化して揃うことも当然あるのですが、ちょっとややこしくなるのかなと思いそうしました。ということで仕様ですが、変えてみます。
    ②ですが、パラメーターを増やすことになるので項目が増えるのですが、それでもよろしければ可能です。次のバージョンアップのときにしようと思います。
    ③もできそうではあります。次のバージョンアップで対応したいです。

    いろいろと使ってみた感想をコメントしていただきまして、誠にありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

  15. しんしん より:

    検討してくださるとのこと、ありがとうございますm(__)m

    心苦しいのですが、記載し忘れていたので追加を。


    受信メールの件名が変更できればありがたいです。
    パラメータをスイングとデイトレで使い分けたりしたいのですが、受信メールのタイトルが同じなのでメール振り分けもできず、どの条件が揃ったのか、メールで判断できない現状です。

    どうか、これからもよろしくお願いします。

  16. しんしん より:

    受信メールの件名で分かりづらいと思い補足です。

    現在、受信メールのタイトルは、
    USDJPY.oj5k[MTF_Indicator_Bar2]UP or DOWN となってます。

    通貨ペアとUPなのかDOWNなのかは理解できるのですが、ここに件名を追加設定できる項目があればなぁと思ってます。
    件名が多すぎて無理そうかなとも思うので、本文でも問題ありません。
    どこかに設定した内容が盛り込まれてれば。

    スイングの条件が該当したのか、デイトレなのか。ぱっと見えればなぁと。

    連投、申し訳ありませんm(__)m

  17. masa より:

    しんしん様
    コメントありがとうございます。
    メールの件名について了解しました。次のバージョンアップで、できるだけ対応しようと思います。
    これからもよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました