クレジットカードで投資信託(投信積立)ができる証券会社を徹底比較!SBI証券や楽天証券を紹介

クレジットカード決済で投信積立ができる証券会社を徹底比較

ここでは、投資信託積立でクレジットカード決済を利用できる、おすすめの証券会社を紹介しています。

投資信託積立(投信積立)でクレジットカード決済を利用すれば、毎月一定額の積立を自動で行いつつ、カード決済によるポイント付与も得られるのが魅力。貯まったポイントはショッピングや次の投資信託に利用できて非常にお得です。

では、どの証券会社が投信積立のカード決済に対応しているのでしょうか?また、ポイント付与率は?利用までの流れは?

当ページではおすすめの対応業者をまとめて紹介し、各社のサービスを比較しています。楽天カードや三井住友カードをすでにお持ちの方や発行を検討されている方で、投資信託の利用も考えておられる方は、ぜひ各社のサービスを活用してみてくださいね。

投資信託積立にクレジットカード決済が使える証券会社

証券会社 対応カード ポイント付与率 特徴 公式サイト
[楽天証券]楽天証券 [楽天カード]楽天カード 1 付与ポイントを投信積立に利用可能 詳細
[SBI証券]SBI証券 [三井住友カード]三井住友カード(※1) 0.5〜2%(※2) カードのポイントに加えTポイントも貯まる 詳細
[マネックス証券]マネックス証券(※3) [マネックスカード]マネックスカード(※3) 未発表 投信積立カード決済対応予定(時期未定) 詳細

(※1:SBI証券の投信積立はタカシマヤのクレジットカード決済にも対応していますが、ここでは特におすすめの三井住友カードを取り上げています)
(※2:三井住友カードのポイント付与率はカードの種類によって異なります。また、SBI証券では通常ポイント+1%のポイントが加算されるキャンペーンを開催中、対象の投資信託積立設定期間は2021年12月10日まで)
(※3:マネックス証券のマネックスカードは、現時点では投信積立でのカード決済に対応していませんが、今後の対応を予定。投資信託積立のポイント付与率は発表されていませんが、カードショッピングなどの利用に応じた還元率は1%となっています)

クレジットカード決済での投資信託(投信積立)とは?

クレジットカード決済での投資信託(投信積立)とは?

そもそも投資信託積立(投信積立)とは?

クレジットカード決済での投資信託(投信積立)とは?
投信積立サービスの特徴(楽天証券公式サイトより)

投資信託(ファンド)は、複数名の投資家から集めた資金を、運用のプロが株や債権などに投資して運用、その利益を投資家の方々に還元するという金融商品です。

投資信託積立(投信積立)は、その投資信託へ毎週や毎月など決まったタイミングでコツコツ積立投資を行うもの。たとえば、毎月1回指定した投資信託を1万円分買い付けするといった設定が可能となっています。

投資信託積立は少額から始められるのが魅力で、楽天証券やSBI証券なら最低100円から投資信託を始めることが可能。自動で積み立てしてくれると助かるという方はもちろん、投資初心者の方にもおすすめです。

投資信託積立のクレジットカード決済とは?

投信積立カード決済の特徴
  • 投資信託積立の利用額に応じてポイントが貯まる!
  • ファンド選択とカード決済の設定、簡単な手続きで利用できる!
  • クレジットカード決済を一度登録すれば、あとは自動でコツコツ積立!

投資信託積立(投信積立)では複数の決済方法が用意されており、楽天証券やSBI証券ではクレジットカード決済にも対応しています。楽天証券では楽天カード、SBI証券では三井住友カードとタカシマヤのクレジットカードのみ対応。

各社ともに利用できるクレジットカードが限定されているのですが、クレジットカード決済を利用するとポイントが貯まるのが大きなメリット。

楽天証券の投信積立クレジットカード決済なら、積立額100円につき1%の楽天ポイントを獲得可能。SBI証券の三井住友カードによるカード決済なら、積立額100円につき0.5%〜2%のVポイントを獲得できます(いまならキャンペーン中につき+1%ポイント付与!)。ちなみに、三井住友カードのポイント付与率はカードの種類によって変動します。

投信積立のクレジットカード決済利用の流れ

クレジットカード決済での投資信託(投信積立)とは?
楽天証券の投信積立カード決済の流れ(楽天証券公式サイトより)

投資信託積立(投信積立)のクレジットカード決済の利用手順は簡単です。積立を行いたい投資信託を選択して、決済方法をクレジットカード決済に設定するだけ。積立を開始すれば、設定した買付日に自動的に積立が行われ、クレジットカード決済が実行されます。

もちろん、投信積立を利用するには対応するネット証券会社の口座開設が必要。クレジットカード決済を利用するにはクレジットカードの発行が必要になります。また、前述の通り楽天証券の投信積立には楽天カードのみ対応しているなど、サービスによって利用できるクレジットカードが決められていますので、その点もご注意ください。

 

投信積立でカード決済が使える証券会社の特徴

楽天証券/楽天カード

楽天証券(楽天カード)

大手ネット証券の楽天証券では、楽天カードによる投信積立のクレジットカード決済を利用できます。手続きは簡単で、積立を行いたい投資信託を選択し、決済方法としてクレジットカード決済を選択するだけ。前述の通り、投信積立のクレジットカード決済として利用できるのは楽天カードのみとなっています。

楽天証券(楽天カード)

楽天証券の投資信託積立は毎月100円という少額から始められますので、投資初心者の方にもおすすめ。積立金額は最高で毎月50,000円までとなっています。

決済額100円につき楽天ポイントが1ポイント付与されます。仮に毎月1万円の積立を行うとすれば、毎月100ポイント、1年で1,200ポイントが貯まる計算。

楽天証券(楽天カード)

貯まった楽天ポイントはショッピングにも利用できますし、投資信託の買付に利用することももちろん可能です。また、楽天証券はポイント投資に注力している証券会社であり、投資信託以外にも国内株式(現物)やバイナリーオプションでもポイントを利用できるのが特徴的。

楽天証券 投信積立クレジットカード決済の概要

対応カード 楽天カード(株)発行のカード(提携カード含む)
(※ビジネスカード、ETCカード、デビットカードは利用不可)
(※家族カードは利用不可)
対象口座 特定口座、一般口座、一般NISA、つみたてNISA
(※未成年口座、ジュニアNISA、法人口座、iDeCoは対象外)
対象商品 投信積立取扱銘柄、つみたてNISA取扱銘柄
(※楽ラップは対象外)
ポイント付与 カード決済額100円につき楽天ポイントを1ポイント付与
積立設定可能額 毎月100円〜50,000円
買付日 毎月1日(2021年6月19日以前に楽天カードクレジット決済を利用したことがある場合)
毎月8日(2021年6月20日以降に楽天カードクレジット決済を初めて利用する場合)
(※非営業日の場合は翌営業日)
引落日 毎月27日
(※非営業日の場合は翌営業日)

楽天証券 公式サイト

楽天カード 公式サイト

SBI証券/三井住友カード

SBI証券(三井住友カード)

SBI証券でも投資信託積立(投信積立)でのクレジットカード決済を利用可能。同社では三井住友カードとタカシマヤのクレジットカードのいずれかを利用できます。当ページでは、特におすすめの三井住友カードをピックアップしてご紹介。ちなみに、SBI証券では投信積立のクレジットカード決済サービスを「クレカ積立」と呼んでいます。

SBI証券(三井住友カード)

SBI証券のクレカ積立は毎月100円の少額から利用可能で、最大で毎月50,000円まで積立が可能となっています。ただし積立NISA預りの場合は上限が33,333円まで。100円の少額から始められるのは楽天証券と同じですね。

SBI証券の三井住友カードの最大の魅力は、やはりポイント還元率。利用するカードによって還元率が異なるのですが、積立額の0.5%から最大で2%もポイントを獲得可能です。

SBI証券(三井住友カード)

さらに、いまならポイント還元率アップのキャンペーンを開催中で、2021年12月10日までの期間における投資信託積立であれば、通常のポイント+1%のポイントを付与。最大で3%のポイントが付与されます。毎月の投資信託積立で3%もポイントが貰えるのは魅力的。

三井住友カードのカード決済利用で得られるポイントはVポイントです。投信積立での利用だけでなく、ネットショップやコンビニなどでの利用でもポイントを貯めることが可能。1ポイント=1円としてさまざまな場面でご利用いただけます。

さらにさらに、SBI証券では投資信託の保有金額に対してTポイントが付与される「投信マイレージサービス」というものまで用意。月間平均保有金額に応じて最大0.2%(年率)のTポイントがプレゼントされます。VポイントとTポイントの両方を貯められるのもメリット。

SBI証券(三井住友カード)

三井住友カードはカード番号をなくしたナンバーレスのデザインを採用していたり、カードがなくてもスマホのアプリがあれば利用できたりと、従来のクレジットカードとは異なる利便性もメリット。気になる方はぜひ公式サイトもチェックしてみてくださいね。

SBI証券 投信積立クレジットカード決済の概要

対応カード 三井住友カード発行カード
対象口座 特定口座、一般口座、一般NISA、つみたてNISA
(※ジュニアNISA口座(特定/一般預り含む)は対象外)
対象商品 投信積立取扱銘柄
ポイント付与(※) 投資信託積立額の最大3%のVポイント
カードの種類によってポイント付与率が異なる
【3%付与のカード】
・三井住友カード プラチナ VISA/Mastercard
・三井住友カード プラチナ PA-TYPE VISA/Mastercard
・三井住友ビジネスプラチナカード for Owners(VISA/Mastercard)
・三井住友カード プラチナプリファード
【2%付与のカード】
・三井住友カード ゴールド(NL)
・三井住友カード ゴールド VISA/Mastercard
・三井住友カード ゴールド PA-TYPE VISA/Mastercard
・三井住友カード プライムゴールドVISA/Mastercard
・三井住友カードゴールドVISA(SMBC)
・三井住友カードプライムゴールドVISA(SMBC)
・三井住友ビジネスゴールドカード for Owners(VISA/Mastercard)
・三井住友銀行キャッシュカード一体型カード(ゴールド/プライムゴールド)
【1.5%付与のカード】
・三井住友カード(NL)
・上記以外のVポイントが貯まるカード
積立設定可能額 毎月100円〜50,000円
買付日 毎月1日
(※非営業日の場合は翌営業日)
カード支払日 毎月10日もしくは26日
(※非営業日の場合は翌営業日)
(※三井住友カードの引き落としスケジュールに準ずる)

(※:上記ポイント付与率は、通常ポイント+1%のポイントが加算されるキャンペーン適用値、対象の投資信託積立設定期間は2021年12月10日まで)

SBI証券 公式サイト

三井住友カード 公式サイト

マネックス証券/マネックスカード(※クレカ決済対応予定)

マネックス証券(マネックスカード)

マネックス証券は2021年5月19日よりマネックスカードの申込受付を開始。現時点ではショッピングなどで利用でき、今後は同社の投資信託積立への対応も予定されています。

マネックス証券(マネックスカード)

マネックスカードのポイント還元率は1%で、マネックスポイントを付与。貯まったマネックスポイントは株式手数料として利用したり、マネックスグループのコインチェックで暗号資産に交換したりできます。また、dポイントやアマゾンギフト券などさまざまなポイントサービスで交換できるのもメリット。

マネックス証券(マネックスカード)

ちなみに、マネックスポイントはマネックスカード以外でも貯めることが可能です。投資信託を持っているだけでポイントが付与されたり、株式手数料充当専用のポイントとして還元されたり、といった特徴もあり。

マネックスカードについて新たな情報が入り次第、当ページでも情報を更新していきます。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

マネックス証券 公式サイト

マネックスカード 公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました