Webブラウザチャートが使えるFX業者の分析ツールを徹底比較!

プラウザで使えるFXチャート特集

ウェブブラウザ対応の取引ツールであれば、自宅のパソコンはもちろん外出先でも環境さえ整えられれば、別のパソコンからFX取引を行うことができます。その臨機応変さはインストール版プラットフォームにはない、ウェブブラウザ取引ツールの強み。
各社のWebブラウザ対応ツールは着々と進化を遂げて、操作の快適さや機能性が向上。初めてFXをされる方にも扱っていただきやすい取引ツールも登場しています。

このページでは、そんなウェブブラウザ取引ツールの中でもおすすめのツールを比較。取引ツールに搭載されているテクニカル指標などの分析ツール、業者のスペックなどを業者ごとにまとめています。業者選びにぜひご活用ください。

Check!!

操作の快適さで選ぶなら、外為どっとコムの「G.comチャート」がおすすめ。2017年6月に登場したチャートツールで、起動がとにかく早い。マウスによる操作の自由度も魅力的です。
GMOクリック証券「プラチナチャートプラス」なら、通貨ペアの値動きと、日経平均やNYダウとを比較できるチャート機能が使えます。各取引ツール独自の機能にご注目ください。

おすすめウェブブラウザ取引ツール一覧比較

FX会社
【ブラウザツール】
テクニカル指標 足種 描画ツール 特長 公式サイト
[外為どっとコム]【G.comチャート】 21
種類
13
種類
7
種類
起動が早い
ホイールで拡大縮小
比較チャート
[外為どっとコム>詳細]
[GMOクリック証券]【プラチナチャートプラス】 38
種類
18
種類
23
種類
ニュース・経済カレンダー
日経平均やNYダウとチャート比較
[GMOクリック証券>詳細]
[FXプライムbyGMO]【プライムチャート】 54
種類
13
種類
27
種類
テクニカル54種類
シグナルアラート
ハイスピード注文
[FXプライムbyGMO>詳細]
[セントラル短資FX]【プログレッシブチャート】 28
種類
10
種類
7
種類
12分割チャート
タブでチャート切替
ラインブレーク通知
[セントラル短資FX>詳細]
[サクソバンク証券]【Saxo Trader GO】 45
種類
13
種類
16
種類
CFD・先物も取引可能
スマホ利用可能
80年代までチャート表示
[サクソバンク証券>詳細]

外為どっとコム「G.comチャート」

外為どっとコム

「G.comチャート」はHTML5仕様のチャートツール。2017年6月17日にリリースされたもので、このページの中ではいちばん新しいツールです。使ってみてまず実感するのが、起動が早くて軽いこと。操作性もサクサク。マウスのホイール操作にて拡大縮小ができるのは、多くの方にとって嬉しいポイントではないでしょうか。公式では「直感的な操作性」と謳われていますが、文字通りの使い心地。

テクニカル指標は21種類。スパンモデルとスーパーボリンジャーが備わっているのも注目したいメリットです。最大9つのチャートを同時表示。通貨ペアの値動きを比較できるチャートも装備。使い勝手の軽さで選ぶなら、外為どっとコム「G.comチャート」はチェックしていただきたいツールです。初心者の方にもおすすめ。

まとめ
  • 起動してからのチャート表示が早くてスムーズ!
  • マウスのホイールでチャートの拡大縮小ができる!
  • 21種類のテクニカル指標!スパンモデル・スーパーボリンジャーも搭載!

外為どっとコム 公式サイト

GMOクリック証券「プラチナチャートプラス」

GMOクリック証券

GMOクリック証券の「プラチナチャートプラス」は多機能です。38種類のテクニカル指標、23種類の描画機能を自由に扱えるチャート機能。それに加えて、ニュースと経済カレンダーを表示するパネルも揃っています。ウィンドウは最大8枚まで増やすことができて、画面の使い分けに便利。

「プラチナチャートプラス」の独自性を感じるのが、比較チャート。FXの通貨ペア同士だけでなく、日経平均やNYダウなどの指標も比べられます(最大4つまで)。複数の金融商品を扱っているGMOクリック証券ならでは。ピンときた方は要チェックです。

まとめ
  • チャートと一緒にニュース・経済カレンダーも表示!
  • 日経平均・NYダウ・TOPIXなどの指標と、通貨ペアの値動きを比較できる!
  • チャート最大16分割!8枚まで別ウィンドウ起動も可能!

GMOクリック証券 公式サイト

FXプライムbyGMO「プライムチャート」

FXプライムbyGMO

「プライムチャート」はHTML5仕様。パソコンでも、スマートフォン・iPadでも使えます。マルチなデバイスで使えるブラウザチャートで、しかも54種類もテクニカル指標が使えるのは業界最高水準。GMMAや、スパンモデル・スーパーコンピューターや、マルチタイムフレーム(単純移動平均線、指数平滑移動平均)といった多彩なテクニカルが使えます。スマホでも。

FXプライムbyGMOのツールの特長だと思うのですが、「プライムチャート」にはシグナルアラートが搭載。移動平均、一目均衡表、ポイント&フィギュアなど、10種類のテクニカル(※)に基づいたシグナルを設定できます。ハイスピード注文画面の表示も可能。

(※10種類=移動平均、一目均衡表、RSI、ストキャスティクス、MACD、ボリンジャーバンド、パラボリック、ポイント&フィギュア、ウイリアムズ&R、モメンタム)

まとめ
  • 54種類のテクニカル指標をPCでもスマホでも使える!
  • シグナルアラート搭載!10種類のテクニカルに対応!
  • ハイスピード注文画面を別ウィンドウで呼び出し可能!

FXプライムbyGMO 公式サイト

セントラル短資FX「プログレッシブチャート」

セントラル短資FX

セントラル短資FXは、ツールに対するこだわりが強いFX業者と言えます。ユーザーの要望を積極的に取り入れてくれます。開発に関しては直接インタビューでも触れられていました。本当にこだわっておられます。

「プログレッシチャート」は着実に進化しているツールです。ピーク・ボトム値(高値と安値)を自動で表示。タブを使ってチャートを切り替え。チャートの最大12分割がワンクリックで可能。右クリックで通貨ペアや足種を変えられるのも嬉しい。また、縦軸の反転も可能。発注機能も備わっています。

ラインブレーク機能も搭載。自分で描画した水平線、もしくはトレンドラインのブレークを、ポップアップや音で通知します。これは珍しい機能。

まとめ
  • タブでチャート切替!最大12分割のチャート表示!
  • 右クリックから通貨ペアや足種をサクサク変更できる!
  • 描いたラインのブレークをポップアップや音でお知らせ!

セントラル短資FX 公式サイト

サクソバンク証券「SaxoTraderGO」

サクソバンク証券

サクソバンク証券はプロトレーダー向けの高品質ツールを無料で提供。ブラウザ対応の「SaxoTraderGO」では、150種類以上の通貨ペアやCFDの約6,000銘柄をひとつのプラットフォームで取引することが可能です。
インターバンク直結型のNDD方式を採用しており、スピーディーで直感的なトレードを実現。スキャルピングなど短期取引手法にも最適な環境をもたらしてくれます。

「SaxoTraderGO」の搭載テクニカル指標は45種類。描画機能も16種類と豊富に用意されています。マウスのホイールによる快適な操作が可能。チャートの縮小拡大の機能が優れており、足種によって1998年や1984年まで遡って値動きを閲覧することができます。

「SaxoTraderGO」はマルチデバイス対応。パソコン環境はもちろん、iPhoneやAndroidスマホ環境でも同等の機能が使えます。しかも、一つのデバイスでの設定が別のデバイスに反映されるという便利なシステムも搭載。使いやすさへのこだわりが随所に見受けられます。

まとめ
  • 中上級者向けの新世代取引ツール!
  • FX・FXオプション・CFD・先物取引も可能!
  • パソコンでの設定がスマホツールにも同時に反映!

サクソバンク証券 公式サイト

ウェブブラウザ版メタトレーダー4(MT4)にも注目

ウェブブラウザ版メタトレーダー4(MT4)にも注目世界中のトレーダーに愛用されて国内でも人気のメタトレーダー4(MT4)。通常だとインストール版での使用になりますが、一部の業者はブラウザ対応のウェブ版MT4を提供しています。具体的に言うと国内FX業者ではFXトレード・フィナンシャルやFOREX.com。
通常のインストール版よりも制限される機能があるものの、30種類以上の豊富なインジケーターなどが使用可能。Mac環境で使えるのもメリットです。高機能なブラウザ取引ツールをお探しの方はウェブ版MT4もチェックしてみてください。

ブラウザ対応ウェブ版メタトレーダー4対応FX業者
FX会社 通貨ペア 取引単位 米ドル円スプレッド 公式サイト
[FXトレード・フィナンシャル]FXトレード・フィナンシャル 29通貨ペア 1,000通貨 0.3銭 [FXトレード・フィナンシャル>詳細]
[FOREX.com]FOREX.com 84通貨ペア 1,000通貨 0.3〜0.9銭 [FOREX.com>詳細]

※FXトレード・フィナンシャルのスプレッドは原則固定(例外あり)
※FOREX.comのスプレッドはAM8:00〜翌AM3:00(米国冬時間はAM9:00〜翌AM4:00)の時間帯で原則固定(例外あり)