TSI(トゥルー・ストレングス・インデックス)インジケーターを公開!アラート付き

コメントのご要望でTSIというインジケーターを知りました。今まで知らなかったので、どんなインジケーターなのか調べ、いくつか機能を追加したものを作ってみました。

TSIインジケーターを公開

TSIインジケーターを公開

無料でダウンロードできます。登録など必要ありません。すぐに使えます。

ダウンロードはこちら(2022/05/06 ver1.0)

 

このインジケーターを使って「便利だな」「他の人にも教えてあげたいな」と思ってもらえた方は、Twitter(@fxnav)でツイート&フォローをしていただけると、開発の励みになります!
更新履歴
2022年5月6日
【MT4/MT5 ver1.0】TSI MT4インジケーターを公開

※インジケーターへのご質問・改善アイデアあれば、下部のコメント欄かアンケートに投稿お願いします!

友だち追加LINE公式アカウントでインジケーターの新着リリースやバージョンアップ情報を配信中。LINEお友だち限定のインジケーターも公開中です!

TSIインジケーターとは?

TSIとは、True Strength Indexの略。0を基準として-100〜+100の範囲を動くモメンタム・オシレーターです。ウィリアム・ブラウが開発し、メインライン(インデックスライン)とシグナルラインの2本で構成されています。オシレーターであることから買われ過ぎ、売られ過ぎの判断ができます。

モメンタムとTSIの比較

TSIはモーメンタムをEMAで2回平滑化するインジケーターです。モーメンタムと比較すると滑らかになっているのが分かります。そして実際のチャートの波形とも似ている感じです。

インジケーターの使い方・見方

TSIだけのインジケーターではなく、手法として2種類考えました。

水準を超えている状態で、メインとシグナルがクロス

買われ過ぎ、売られ過ぎの状態からの反転を考えます。

境界値を超えてのクロス

  • 上矢印・・・-25以下(売られ過ぎ)でゴールデンクロス
  • 下矢印・・・25以上(買われ過ぎ)でデッドクロス

境界値を25としてますが、サインが頻繁に発生すると感じる場合は大きな値にしてもいいかもしれません。

TSIのダイバージェンス

買われ過ぎ、売られ過ぎからの勢いがなくなってからの反応を見る考え方として、ダイバージェンスもいいかなと思い手法として追加しました。

TSIのダイバージェンス

頻繁に発生するわけではありませんが、これも値を調整することによって使えるかなと思います。

 

TSIのパラメーターの解説

それぞれの数値を変更できるのはもちろんのこと、手法の選択と、メインチャートにも矢印が付きます。

パラメター設定

ご要望にもありました、水準値を超えたときのアラートも対応してますので、トレードチャンスを逃すことのないようになっています。

 

ダウンロードはこちら(2022/05/06 ver1.0)

 

オリジナル・インジケーター 人気ランキング

FXキーストンで無料配布しているオリジナルMT4・MT5インジケーターの人気ランキングです。
2022年4月の月間ダウンロード数トップ5はコチラ!

  1. [keys_RCI3.ex4]

    【keys_RCI3.ex4】
    短期、中期、長期の3本のRCIの状態からサインを出すインジケーター

    5つ以上の状態から選ぶことができます。アラート機能付き。

    4月のダウンロード数
    811人
  2. [Elliott_zigzag.ex4]

    【Elliott_zigzag.ex4】
    エリオット波動MT4インジケーター

    ZigZagをベースにしたエリオット波動インジ。今後も改良を加えます。

    4月のダウンロード数
    694人
  3. [SynchroChart_Line.mq4]

    【SynchroChart_Line.mq4】
    シンクロチャート(MT4)

    チャート上で引いたトレンドラインなどのオブジェクトが、同じ通貨ペアであれば時間軸関係なく描写されます。

    4月のダウンロード数
    648人
  4. [keys_ZigZag_DowT.ex4]

    【keys_ZigZag_DowT.ex4】
    ダウ理論を意識した押し安値/戻り高値インジケーター

    ZigZagから押し安値/戻り高値を自動判定。トレンドを認識できます。

    4月のダウンロード数
    580人
  5. [keys_RCI3.ex5]

    【keys_RCI3.ex5】
    FXキーストンオリジナルRCI3インジケーター

    RCI(6本まで表示可能)を様々な手法の条件下でアラート出せます。

    4月のダウンロード数
    348人

すべての「オリジナルMT4インジケーター」を見る

すべての「オリジナルMT5インジケーター」を見る

 
 

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

アンケートでいただいたご質問やご要望については、随時こちらのページでお答えしています。

ご質問・ご要望の一覧はこちら

コメント

  1. ハチ より:

    お世話になっております。

    検証用のインジケーターで作成していただきたいものがあります。

    チャートのサブウィンドウに他チャートを表示するインジケーターが欲しいです。
    表示させることができるチャートは8つ以上は欲しいです。
    インジケーターを使用する証券会社で取り扱ってる全ての通貨ペアを表示可能にして欲しいです。(証券会社によってドル円の表記がUSDJPYだったりUSDJPYzだったり違うので証券会社によって表示できないものが限定されないようにして欲しいです)
    表示するインジケーターの色もそれぞれ変更できる使用だと嬉しいです。

    検証の際に時間軸とチャートの関係が検証し易くなるので私以外にも需要があるかと思います。

    • masa より:

      ハチ様
      コメントありがとうございます。そしてご要望いただきありがとうございます。

      >チャートのサブウィンドウに他チャートを表示するインジケーターが欲しいです。

      これに関してはMT5でしかできません。そしてインジケーターの表示はできません。

      >表示させることができるチャートは8つ以上は欲しいです。

      同じくMT5であればできそうです。

      >インジケーターを使用する証券会社で取り扱ってる全ての通貨ペアを表示可能にして欲しいです。(証券会社によってドル円の表記がUSDJPYだったりUSDJPYzだったり違うので証券会社によって表示できないものが限定されないようにして欲しいです)

      業者ごとによって表示が違うのはたしかに困った問題です。どういったことをされたいのか具体的に言っていただけると対応できることもあるかもしれません。

      >表示するインジケーターの色もそれぞれ変更できる使用だと嬉しいです。

      表示というのはどこの表示なのでしょうか。

      検証ということであれば、以下のインジケーターをおすすめします。
      https://www.fxnav.net/mt4navi/keys_synchroll/
      ぜひ試してみてください。

      これからもよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました