売買比率・ポジション比率・注文情報を公開しているFX業者特集

売買比率・ポジション比率・注文情報を公開しているFX業者特集

FX業者の中には、各社で実際に行なわれている注文の情報を売買比率・ポジション比率といった形でユーザーに公開している会社があります。買いと売りのどちらに注文の割合が多いのかを知ることができるのは、トレードする際にとても参考になるでしょう。

このページではそのような売買比率・ポジション比率などの情報を公開しているFX業者をまとめて紹介しています。
外為どっとコムでは注文に関して3パターンの情報を提供していたり、みんなのFXではスマホでも売買比率をチェックできるなど、それぞれ注目すべき特長がありますので、ぜひご参考ください。

売買・ポジション比率などを公開しているFX業者

FX会社 公開内容 更新頻度 スマホ対応 公式サイト
[外為どっとコム]外為どっとコム 外為注文情報
・売買比率
・ポジション比率
外為注文:10分
売買比率:1時間/12時間/1日
ポジション比率:毎営業日毎
アプリ搭載(一部) [外為どっとコム>詳細]
[みんなのFX]みんなのFX ・売買比率
・価格分布
リアルタイム アプリ搭載 [みんなのFX>詳細]
[DMM.com証券]DMM.com証券 ・注文比率
・人数比率
5分 [DMM FX>詳細]
[外為ジャパン]外為ジャパン ・注文比率
・人数比率
5分 アプリ搭載(Androidのみ) [外為ジャパン>詳細]
[LIGHT FX]LIGHT FX ・売買比率
・価格分布
リアルタイム アプリ搭載 [みんなのシストレ>詳細]
[マネーパートナーズ]マネーパートナーズ ・売買比率
・通貨比率
営業日毎 ブラウザ表示 [マネーパートナーズ>詳細]
[SBI FXトレード]SBI FXトレード ・通貨別売買比率
・時間別売買比率
営業日毎 ブラウザ表示 [SBI FXトレード>詳細]

外為どっとコム

外為どっとコムの外為情報ナビ

外為どっとコムでは会員向けの情報配信サイトの「外為情報ナビ」を用意しており、動画やレポートなど得られるマーケット情報が充実しています。その中で「売買比率」と「ポジション比率」も公開。さらに嬉しいポイントとして「外為注文情報」を開示しています。10分ごとに更新されるこの情報では、各種通貨ペアについてどのレートに注文が集中しているのか知ることができます。これについては別ページでさらに詳しく解説していますので、そちらもご覧ください。
また、FXスマホアプリには対応していないのですが、アプリ内で閲覧できる「外為トゥデイ」では営業日ごとに比率情報を掲載しているレポートを見れますので、こちらもぜひご活用を。

外為どっとコム 公式サイト

みんなのFX(トレイダーズ証券)

みんなのFXの売買比率

トレイダーズ証券のみんなのFXでは、インストール不要で使える各種取引ツールから「売買比率」や「価格分布」を閲覧することができます。みんなのFXを利用しているトレーダー全体のポジションの偏りやどの価格帯にポジションが集中しているかを一目で確認可能です。

みんなのFXの価格分布では図を4分割してポジションの量を表示しています。右側半分が買いポジション、左側半分が売りポジションです。中央のラインは現在価格を現しているので、例えば右上のブロックに表示されているグラフは「現在価格より高い価格の買いポジション」ということになります。
買いか売りのポジション量を一目で確認できるので、売買判断に活用できるでしょう。

みんなのFXの売買比率

また、みんなのFXでは売買比率と価格分布の両方をスマホで表示させることも可能です。アプリ下部のタブメニュー右端にある「メニュー」から「売買比率」を選択すれば簡単に確認できます。
価格分布への切り替えも1タップで可能です。スマホアプリで売買比率と価格分布が見れる業者はかなり少ないので非常に貴重です。

みんなのFX 公式サイト

DMM FX(DMM.com証券)

DMM FXの売買比率

DMM.com証券のDMM FXでは、取引ツールの「DMMFX PLUS」と「DMMFX ADVANCE」で「売買比率」をチェックできます。DMM FXの売買比率は「注文比率」と「人数比率」に分かれており、注文比率は売りと買いのポジション比率を示しています。人数比率は売りポジションと買いポジションの人数差を占めてしており、注文比率と比較するために表示されています。

DMM FXの売買比率は保有ポジション(売り買いの指値注文及び逆指値注文)が反映されています。更新は5分ごとで、過去の売買比率は参照できません。
開示される比率はDMM FXを現在進行形で取引しているユーザーのポジションが反映されているため、アクティブユーザーの多いDMM.com証券の情報は役に立ってくれそうです。
ちなみに、DMMFX PLUSではレートやチャートのパネルの配置を自由に変更することができて、売買比率の表示を別ウィンドウにすることも可能です。

DMM FX 公式サイト

外為ジャパン

外為ジャパンの売買比率

外為ジャパンの取引システムはDMM FXとほとんど同じ仕様のものになっており、「売買比率」の表示形式についても使い勝手はほぼ変わりありません。ただし、もちろん表示できる通貨ペアはDMM FXの20通貨ペアに比べて、外為ジャパンでは15通貨ペアと異なります。

外為ジャパン 公式サイト

LIGHT FX(ライトFX)

LIGHT FX(ライトFX)の売買比率

LIGHT FX(ライトFX)では「売買比率」と「価格分布」の2つを提供しています。PCツールはもちろん、スマホアプリからでも確認できるので非常に便利です。

LIGHT FXのスマホアプリの売買比率と価格分布はUI(ユーザーインターフェース)が非常に見やすく視覚的に捉えやすく作られています。
20種類の通貨ペアで売買比率を確認でき、通貨ペアをタップするだけで価格分布に画面が飛ぶのも使い勝手が良いです。スマホ画面の最上部を下に引っ張ると情報更新もできるため、リアルタイムの売買比率と価格分布を確認できます。

LIGHT FX 公式サイト

マネーパートナーズ

マネーパートナーズの売買比率

マネーパートナーズでは、公式サイトで売買比率を公開しています。反映されているのは前営業日までの未決済建玉での売買比率です。基本的に更新は毎営業日に1回行われるのでリアルタイムの比率を現しているわけではありません。また、マネーパートナーズではPC版やスマホアプリから売買比率を確認できないのでご留意を。

マネーパートナーズ 公式サイト

SBI FXトレード

SBI FXトレードの売買比率

SBI FXトレードでも公式HPで通貨別の売買比率を公開しています。SBI FXトレードで取引できる26種類の通貨ペアすべての売買比率を確認可能です。また、ドル/円に関しては時間別の売買比率も公開しているので、売買の参考にすることができます。更新は毎営業日なので提示されている売買比率が1日前のことがあるの注意しましょう。

SBI FXトレードの売買比率

SBI FXトレードでは売買比率以外にもトレーダーの役に立つマーケット情報をたくさん配信しています。現役ディーラーのオーダー状況や注目経済指標をレポート形式で配信、前日の海外市場を動画で分かりやすくしたコンテンツなどもあります。投資家目線のサービス運営を行っているのがSBI FXトレードの魅力です。

SBI FXトレード 公式サイト