FXスマホアプリ 新規/決済トレール注文が使える業者特集(iPhone/Android)

このページではトレール注文に対応しているFXスマホアプリ(iPhone・Android)を紹介しています。PC取引ツールでのトレール注文対応は、どの業者でもほぼ当たり前となっていますが、スマホアプリでは使いない業者がチラホラあります。

また、トレール注文は決済注文に利用するのが一般的ですが、業者によってはヒロセ通商のようにトレンドを追いかけつつ発注タイミングを窺うような「新規トレール注文」対応のアプリや、トレール注文を活用した独自の自動発注機能を使えるアプリなども…。スマホアプリでもトレール注文を使いたい方はぜひ参考にしてみてくださいね。

トレール発注機能を搭載しているFXアプリ一覧

FXアプリ/業者 決済トレール 新規トレール 独自トレール 公式サイト
[マネックス証券 アイコン]
マネックス証券
オートレール 詳細
[ヒロセ通商 アイコン]
ヒロセ通商
詳細
[JFX アイコン]
JFX
詳細
[マネースクエア]
マネースクエア
トラリピ®等でのトレール併用 詳細
[YJFX! アイコン]
YJFX!

リピートトレール 詳細
[IG証券 アイコン]
IG証券
詳細
[セントラル短資FX アイコン]
セントラル短資FX
詳細
[楽天証券 アイコン]
楽天証券
詳細
[オアンダジャパン アイコン]
オアンダ ジャパン
詳細
[ひまわり証券 アイコン]
ひまわり証券
詳細
[外為オンライン アイコン]
外為オンライン
詳細
[FXブロードネット アイコン]
FXブロードネット
詳細
[アイネット証券 アイコン]
アイネット証券
詳細

マネックス証券「MonexTrader FX スマートフォン」

マネックス証券のスマホアプリマネックス証券のiPhone/Androidスマホ版の「MonexTrader FX」では、決済トレール注文はもちろん、新規発注としてのトレール注文を利用できます。
そして特に注目なのが、2017年1月より新しくリリースされた「オートレール」。PCだけでなくスマホでもカンタン・カシコイ自動発注がいつでもどこでも使えます。「オートレール」に関しては下記リンクにて特集していますので、ぜひそちらもお立ち寄りください。

マネックス証券のスマホアプリ

マネックス証券 公式サイト

ヒロセ通商「LION FX スマートフォン版」

ヒロセ通商のアプリヒロセ通商のスマホ版「LION FX」は様々なアップデートを繰り返しており、チャートで使えるテクニカル指標の数は豊富で分割チャート機能を備えていたり、スマホ上で使えるLION分析ノート、マーケット情報も充実しています。
発注機能も多彩なものが揃っており、決済トレールと新規トレールの両方が使えます。参考に挙げた画像は新規トレール注文の設定画面。サクサク動く快適な操作感も魅力です。

ヒロセ通商のアプリ

ヒロセ通商 公式サイト

JFX「MATRIX TRADER スマートフォン版」

JFXのアプリJFXのスマホ版「MATRIX TRADER」は、ヒロセ通商のアプリと色合いが異なるなどしますが、仕様はほとんど一緒です。こちらのスマホアプリでも決済トレールに加えて新規トレール発注が可能。ちなみに、どちらのアプリでもOCO、IF-DONE、IF-OCOの新規発注時に、決済にてトレールをあらかじめ設定しておけます。

JFX 公式サイト

マネースクエア「ポケトラ」

マネースクエアのアプリマネースクエアのM2JFXサービスにて提供されている「ポケトラ」。通常発注によるポジションの決済にトレールを使えるのに加え、独自の発注管理機能である「トラップリピートイフダン®(トラリピ®)」にてトレール決済を応用することも可能です。設定するには、トラリピの発注時にトレール決済の項目にチェックを入れておきます。

マネースクエアのアプリ

マネースクエア 公式サイト

YJFX!「Cymo(サイモ) スマートフォン版」

YJFX!のアプリYJFX!のスマホ版「Cymo」は、初心者から経験者まで多くのユーザーに支持されている取引ツール。サクサク動く操作性、高性能なチャート、プッシュ通知への対応など豊富な便利機能を兼ね備えています。
決済トレール発注が使え、それから新規リピートトレール注文も利用可能。リピートトレールは新規のリアルタイム注文と決済トレールを同時に発注し、決済が実行されると、それと同時にまた2種類の注文を自動で行うというもの。

YJFX!のアプリ

YJFX! 公式サイト

IG証券「トレーディング・アプリ」

IG証券のアプリIG証券のスマホアプリ「トレーディング・アプリ」は豊富なテクニカル指標や描画オブジェクトを備えたチャート機能や、FXを含む多数の銘柄を1つのアプリで取引できることなどが魅力。トレール注文はトレーリングストップという名称で搭載されています。取引設定にてトレーリングストップをONにしておけば、ストップ注文にてトレーリングストップを利用できます。

IG証券のアプリ

IG証券 公式サイト

楽天証券「iSPEED FX」

楽天証券のアプリ楽天証券の高性能スマホアプリ「iSPEED FX」でもトレール注文が使えるようになりました。ストリーミング注文時に決済とレールを同時発注したり、OCO注文などでも利用できます。楽天証券のスマホアプリは豊富なテクニカル指標の搭載、分割チャート、マイページなどの便利機能や快適な操作性が魅力です。

楽天証券のアプリ

楽天証券 公式サイト

タイトルとURLをコピーしました