オアンダのオープンオーダーMT4インジケーターを更にアシストするツールを公開

オアンダのオープンオーダーMT4インジケーターを更にアシストするツールを公開

OANDA Japanのオープンオーダーとは?

OANDA Japan(オアンダ・ジャパン)では世界中にいるOANDAの顧客による、未決済の注文とポジションの状況を公式サイトにて公開しています。OANDAオーダーブック(オープンオーダー・オープンポジション)というツール(別名:くそポジチェッカー)。OANDA Japanの口座を持っていなくてもツールを見ることはできますが、本番口座を持っていた方が更新頻度が高くなります。OANDAオーダーブックは公式サイトでも見られますし、MT4上に表示することも可能です。

OANDAの未執行注文(Open Orders)と未決済ポジション(Open Positions)

OANDAオープンオーダーをMT4に表示

MT4にオープンオーダーを表示させると下記画像のようになります。例えば、ポンドドルの1時間足チャートですが・・・

高値を更新したら上昇

直近の高値付近に「厚めの買い注文」がたくさんあるのが分かります。ということは、買い(ロング)の逆指値(ストップ)注文がたくさんあり、この高値を更新したら、ロングのポジションを持つ人もいれば、今まで下がると思って売り(ショート)ポジションを持っていた人の損切りということになります。今まで損切りをどうしようか迷いませんでしたか。このツールを使うことで多くのトレーダーと同じようにエントリーしたり決済したりするのに参考になるはずです。十分役に立つツールでしょう。

このインジケーターを使うことによってトレーダーはどの価格でポジションを持とうとしているのか、どの価格で損切りをしようと考えているのかが一目瞭然に分かります。これを使えるのはオアンダ・ジャパンのMT4ライブ口座だけです。キャンペーン期間中にぜひインジケーターを取得してお試しください。

オープンオーダーの使い方セミナー動画(OANDA公式)

OANDAオープンオーダーはスマホアプリにも対応!

OANDAオープンオーダーはスマホアプリにも対応!MT4ではないのですが、オアンダ・ジャパンではスマホアプリ版の「fxTrade」でもオープンオーダーを利用することができます。チャートにオーバーレイとして表示させれば、いつでもどこでもリアルな注文の状況をチェックすることが可能。表示操作は簡単で、チャートメニューの「オーバーレイ」をタップして、オーダーブックを選択するだけです。

参考に挙げた画像を見ていただければ、スマホアプリでも鮮明にその情報を見られるのが分かると思います。他のテクニカル指標を重ねて表示することも可能。PCだけではなくスマホアプリでもOANDAの注文情報を見たいという方は要チェックです。


OANDA Japan 公式サイト

 

MT4インジケーターを更にアシストするツールを無料配布!

さらにFXナビでは、オープンオーダーMT4用インジケーターを、もっと便利に使っていただきたいため、新たにインジケーターを作りました。横のバーの大きさを比較するときに、はっきり数値で比較したいと思い作成。オープンオーダーインジケーターをお持ちの方はぜひ使ってみてください。今後もバージョンアップを予定しています。

(※:このインジケーターはオアンダのオープンオーダーインジケーター「OANDA_OpenOrder.ex4」と一緒に使用しないと表示されません)

FXナビが作成したオープンオーダーアシスタントというインジケーターを無料公開

こちらは無料で公開します(最新のオープンオーダーインジケーターのバージョンに対応しています)。

【オープンオーダー・アシスタント】

ダウンロードはこちら(2019/02/04 ver1.2)

 

このインジケーターを使って「便利だな」「他の人にも教えてあげたいな」と思ってもらえた方は、Twitter(@fxnav)でツイート&フォローをしていただけると、開発の励みになります!

 

オーダーブックのウィジェットをサイトに埋め込める!

OANDAはサイトやブログで利用できるウィジェットの提供を行っており、OANDAオーダーブックのウィジェットもご利用いただけます。実際にFXナビでもこのウィジェットを埋め込んでみました(下記)。自由に触っていただけますのでぜひ使ってみてくださいね。

初期設定はUSD/JPYですが通貨ペアを変更することも可能。非累積・累積の切り替えと、拡大縮小もしていただけます。


オーダーブックをサイトに埋め込むには?

ウィジェットの埋め込みは非常に簡単で、OANDAから提供される数行のコードをコピー&ペーストするだけ。すると上記のようにウィジェットが表示されます。デフォルトで表示される通貨ペアや、表示サイズとカスタマイズしておくことも可能。

ただし、ウィジェットを利用するにはまずOANDAへ利用の申請を行う必要があります。お問い合わせフォームより申請後、OANDAにて認証手続きが行われ、サイト運営者あるいはブログ運営者側で疎通テストを行うことになります(※サイトの規模や種類によって掲載できない場合があります)。疎通テスト完了後に申請したサイトにてウィジェットが利用可能となります。

ウィジェットはオーダーブック以外にも、未決済のポジションの比率、為替レートも提供されています。いずれも扱いやすく貴重な情報をもたらしてくれますので、サイトやブログの内容充実に一役買ってくれます。こちらもぜひチェックしてみてくださいね。

 

FXナビ オリジナル・インジケーター 人気ランキング

FXナビで無料配布しているオリジナルMT4インジケーターの人気ランキングです。
2019年10月の月間ダウンロード数トップ5はコチラ!

  1. [SynchroChart_Line.mq4]

    【SynchroChart_Line.mq4】
    シンクロチャート

    チャート上で引いたトレンドラインなどのオブジェクトが、同じ通貨ペアであれば時間軸関係なく描写されます。

    10月のダウンロード数
    933人
  2. [fxnav_kairi.ex4]

    【fxnav_kairi.ex4】
    移動平均線乖離率インジケーター

    自動で乖離値境界を計算。チャート上に矢印も表示し、アラートで知らせてくれます。

    10月のダウンロード数
    520人
  3. [fxnav_RCI.mq4]

    【fxnav_RCI.mq4】
    アラート付きRCIインジケーター

    RCIの過熱感をアラート。上昇と下降を色わけしてみました。

    10月のダウンロード数
    500人
  4. [fxnav_ma.mq4]

    【fxnav_ma.mq4】
    移動平均線(タッチでアラート機能付き)

    一般的な移動平均線にいろいろ機能が追加されてます。今後もご要望により改良を重ねます。

    10月のダウンロード数
    372人
  5. [fxnav_RSI.mq4]

    【fxnav_RSI.ex4】
    アラート付きRSIインジケーター

    RSIをオシレーターの逆張りとは考えず、押し目買いや戻り売りを意識し、サインを出します。

    10月のダウンロード数
    343人

 
 

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

アンケートでいただいたご質問やご要望については、随時こちらのページでお答えしています。

ご質問・ご要望の一覧はこちら

タイトルとURLをコピーしました