【FX用VPS比較】エックスサーバーとシンVPSの違いは?料金・スペック徹底解説!

この記事には広告・プロモーションが含まれています

エックスサーバーとシンVPSの違いは?

この記事ではFXのMT4やMT5でVPSを検討されている方に向けて、エックスサーバーとシンVPSの違いを徹底解説しています!

シンVPSはエックスサーバーのグループ会社(シンクラウド株式会社)が提供しているFX専用のVPSサービスです。

一方、エックスサーバーでも「Xserver VPS for Windows Server」というサービスを提供しておりMT4・MT5が利用できます。

ここでは「エックスサーバー=Xserver VPS for Windows Server」、「シンVPS=シンクラウドデスクトップ for FX」という意味で解説しています。

今回はこの2つのサービスを色々な角度から徹底比較。料金の違いはもちろん、細かいスペックやサービス内容まで詳しく紹介しているので参考にしてみてください!

エックスサーバーとシンVPSの違い一覧表

VPS会社 [Xserver]Xserver [シンVPS]シンVPS
対応プラン 2GB、4GB、8GB、16GB、32GB、64GB 2GB、3GB、5GB、10GB
サーバー Windows Server 2022 Datacenter Edition Windows Server 2022
初期費用 無料 無料
ライセンス費用 月額1,210円 無料
最低利用期間 なし 3カ月
無料お試し期間 なし 14日間
プラン変更 上位・下位プランどちらも変更可能 上位プランにのみ変更可能
契約期間 1カ月、12カ月、24カ月、36カ月 1カ月、3カ月、6カ月、12カ月
回線速度 10Gbps共有(200Mbsp制限あり) 10Gbps共有
データ転送量 無制限 無制限
追加オプション
ストレージ増設
+200GB:月額2,750円
追加オプション
イメージ保存容量
+500GB:月額1,650円
その他 Microsoft Officeの利用可 高負荷通知サービス:1件月額220円
支払い方法 クレカ(ビザ、マスターカード、JCB、アメックス)、Paidy クレカ(ビザ、マスターカード、JCB、アメックス)

早速ですが、上記はエックスサーバーとシンVPSの基本的なサービス内容を比較したものです。

まず、プランはエックスサーバーの方が豊富ですね。メモリ2GB~64GBまで必要に応じて選ぶことができます。

初期費用は2社とも無料、サービスの利用にかかるライセンス費用(リモートデスクトップ SAL)はエックスサーバーが月額1,210円、シンVPSは無料です。

一方、最低利用期間はエックスサーバーがなし(1カ月単位)、シンVPSは3カ月です。最低利用期間の違いも大きなポイントですね。

その他、プラン変更や追加オプションなども細かい違いがあります。エックスサーバーはライセンス追加で「Microsoft Office(Word、PowerPoint、Excel)」が使えるなどサービスが豊富です。

プラン別の料金&スペック比較表(1カ月契約)

VPS会社 [Xserver]Xserver [シンVPS]シンVPS
項目 月額 vCPU SSD 月額 vCPU SSD
2GB 3,410 3コア 100GB 3,250 2コア 80GB
3GB 4,030 3コア 150GB
4GB 5,610 4コア 100GB
5GB 6,250 4コア 200GB
8GB 10,010 6コア 100GB
10GB 9,361 8コア 300GB
16GB 18,810 8コア 100GB
32GB 36,410 12コア 100GB
64GB 71,610 24コア 100GB

※2024年6月3日時点の各社公式サイト上で確認した数値を掲載
※月払い(1か月契約)の通常価格(※キャンペーン適用なし、更新後価格)で掲載

上記はエックスサーバーとシンVPSのプラン別料金とスペックを一覧でまとめたものです。料金は比較しやすいように1カ月契約(キャンペーン適用なし)の基本料金を掲載しています。

最安値はシンVPSのメモリ2GBプランですね。メモリ:2GB、vCPU2コア、SSD80GBというスペックです。MT4の推奨個数は1個です。

2GBであればエックスサーバーの方はvCPUが3コアでSSDも100GBになります。シンVPSはメモリ3GBであればSSDが150GBに増加しますが、料金も少し高くなります。

4GB~10GBまではそれぞれメモリ容量に応じて住み分けされています。エックスサーバーにない3GB、5GB、10GBプランがシンVPSには用意されています。

シンVPSはプランが上がる毎にSSD容量が増えるのが特徴ですね。エックスサーバーは全プラン共有でSSD100GBとなります。

メモリ10GBを契約するならシンVPSがお得

比較表を見ると、10GBプランを契約する場合はシンVPSの方がお得なのが分かります。

エックスサーバーの8GBプランよりもシンVPSの10GBの方が月額料金が安く、メモリ・vCPU・SSDも多いですね。

これは1カ月単位の契約をした場合です。VPSは半年や1年など長期スパンで契約するほど割引が効きます。

シンVPSは最低利用期間が3カ月あるので、利用期間も検討に入れて選んでいただければと思います。

まとめ:FX用VPSはどちらがおすすめ?

プランの豊富さとサービスの充実度で選ぶならエックスサーバー

プランの豊富さとサービスの充実度で選ぶならエックスサーバー

Xserverのメリットとデメリット
メモリ2GB~64GBまで豊富なプランが選べる
契約後のプラン変更(上位・下位)が柔軟にできる
最低利用期間なし、1カ月単位で使える
初期設定・各種設定はシンVPSと比べて少し難しい

上記のまとめですが、サービスの充実度で選ぶならエックスサーバーが最適です。

プランが豊富に用意されており、シンVPSにはない16GB以上のプランも選べます。契約後にプランをアップグレードもしくはダウングレードすることも可能。

最低利用期間がないので1カ月分の料金を支払ってお試しで使ってみるのもおすすめです。

Xserver 公式サイト

FX専用VPSで選ぶならシンVPS

料金の安さ、メモリ10GB以下で選ぶならシンVPS

シンVPSのメリットとデメリット
ライセンス費用込み、維持調整費なども一切かからない
FX専用VPSでMT4の安定稼働、障害時の自動ログオン設定も搭載
ただし、最低利用期間が3カ月ある
契約後のプラン変更は上位プランのみ(下位プランへの変更不可)
14日間の無料お試し期間があるのは注目ポイント

3カ月以上の利用が前提であればおすすめなのはシンVPSです。料金はそれほど変わりませんが、随時開催されているキャンペーンを活用すると安く使うことができます。

ライセンス費用や他社VPSにある維持調整費などの手数料もかかりません。料金体系がシンプルで分かりやすいのも良い点です。

また、シンVPSはFX専用VPSとしてサービスが提供されています。不要な機能は排除され、誰でも簡単にMT4・MT5が使える環境が整えられています。

特に、メモリ10GBプランであればエックスサーバーと比べて料金・スペックの両面でシンVPSの方が良くなります。次は、2社の特徴を解説していくのでそちらも参考にしてみてくださいね!

シンVPS 公式サイト

エックスサーバーとシンVPSに関するよくある質問

申し込みから利用開始までの期間は?

申し込みから24時間以内にサーバー設定が実施され、完了後に案内メールが登録アドレスに送られます。この時点でVPSの利用が可能です。

月額料金の支払い方法は?

エックスサーバーはクレジットカード決済(ビザ、マスターカード、JCB、アメックス)とPaidyに対応、シンVPSはクレジット決済のみの対応となります。

返金はしてもらえる?

支払い済みの利用料金は返金されません。エックスサーバーは下位プランへの変更が可能ですが、この場合でも差額の返金は対応してもらえないのでご留意ください。

課金の開始日はいつから?

申し込み日の翌日が起算日となります。(例)7月15日に申し込み→7月16日が課金の開始日です。

解約はちゃんとできる?

解約はいつでも可能です。契約管理ページの契約情報から解約できます。解約申請後でも利用期限まではサービスの利用が可能です。

Xserver VPS for Windows Server

Xserver

国内シェアトップクラスのレンタルサーバー事業を展開するエックスサーバー社が満を持して提供しているVPSサービス、それが「Xserver VPS for Windows Server」です。

エックスサーバーは20年以上の運用実績から高品質・安定稼働のサーバー環境を提供し、250万以上のWebサイトに利用されている老舗業者。

その最大の魅力は競合他社と比べてもかなりのハイスペックを誇るサーバー環境にあります。

Xserver

プランの豊富さとサービスの充実度で選ぶならエックスサーバー

CPUには製品発表時に80以上のベンチマークで世界記録を達成した第3世代「AMD EPYCTM」(コードネーム「Milan」)を採用。

さらに、全ストレージに高速インターフェース「NVMe(エヌブイエムイー)」を採用することで他社のオールSSD環境よりもさらに早い読み込み速度を実現しています。

バックボーン回線は国内最大級の10Gbpsでサクサクと快適な操作性も確保。MT4やMT5で自動売買をする場合、プログラムの処理速度や応答速度は損益に直結します。

CPU性能がよければ大量のデータ処理でもプロセス全体のパフォーマンスが向上します。実際に発注してから約定するまでの約定速度も重要。

24時間365日安定稼働し、ストレスなくMT4やMT5を動かせるハイスペックな環境をお求めの方はエックスサーバーがおすすめ!

Xserver 公式サイト

 

VPS大手2社のベンチマークテストを実施しました!

VPS大手2社のベンチマークテストを実施しました!

「公式サイトの情報じゃなくて実際のところどうなの?」と疑問に思われる方もいるかと思います。

そこで、VPSの大手2社「エックスサーバー」と「お名前.comデスクトップクラウド」の2社のベンチマークテストを実施しました。

VPS大手2社のベンチマークテストを実施しました!

CPU性能、ディスクの読み書き速度、通信速度の3つを同じ環境でテストしています。ベンチマークソフトは誰でも簡単に手に入るソフトを使用。

どんな結果になったのか。気になる方は別記事もご一読を!

シンクラウドデスクトップ for FX

シンクラウドデスクトップ for FX

シンVPS(シンクラウドデスクトップ for FX)はシンクラウド株式会社が「FX自動売買専用VPS」としてリリースしているサービスです。

Windows Serverがデフォルトでインストールされており、「RDPファイル」と呼ばれる設定ファイルを開くだけで誰でも簡単にVPSがスタートできます。

プランは「お試しプラン(2GB)」、「スタートアッププラン(3GB)」、「スタンダードプラン(5GB)」、「プレミアムプラン(10GB)」の4種類。

それぞれMT4の推奨個数が「お試し:1個」「スタートアップ:2個」「スタンダード:4個」「プレミアム:8個」となっています。

シンクラウドデスクトップ for FX

サーバー環境はエックスサーバー社が提供しているので言わずもがなハイスペックです。CPU性能、メモリの処理速度、ディスクアクセス性能、約定速度どれをとっても高品質。

MT4やMT5では自動売買プログラムの処理がメモリ内で行われます。総合的なスペックと合わせてメモリ性能はバックテストやデータ処理速度に大きく影響します。

合わせて、アプリケーションの起動速度、チャート描画、カスタムプログラムの実行に影響するディスクアクセス性能も重要です。

シンクラウドデスクトップ for FX

シンVPSはこれらの要素がFXの自動売買向けに最適化されたVPSを提供しています。

メンテナンスや障害で再起動された場合でも自動売買を止めないようにする「自動ログオン設定」、月間サーバー稼働率99.99%以上を保証する「SLA(品質保証制度)」もその一つです。

最低3カ月以上の利用期間がある点はネックですが、長期的に利用する前提ならシンVPSの方がおすすめ。

エックスサーバーと比較しつつ自分にとって一番最適なVPSサービスを選択してみてくださいね!

シンVPSで開催中のキャンペーン

シンクラウドデスクトップ for FX

シンVPS 公式サイト

MT4・MT5両対応!FXおすすめVPSを徹底比較!

MT4・MT5両対応!FXおすすめVPSを徹底比較!

別記事ではエックスサーバーとシンVPSを含めた国内VPS業者を一覧表で比較しています。

Windows ServerのVPSを提供している業者がいくつかあるので、他の業者も含めた比較を見たい方はぜひご一読を!

コメント