オートチャーティストを無料で使えるFX会社

オートチャーティストが利用できるFX会社

ここでは、チャートパターンを自動検出する「オートチャーティスト(Autochartist)」を無料で使える国内FX業者を紹介しています。オートチャーティストは多数のチャートパターンを自動検出してくれるツール。エントリーポイントや損切りと利確の判断材料として活用したり、チャート分析の時間短縮にも役立ってくれたりする便利なサービスです。

便利ツールのオートチャーティストですが、対応しているFX業者はかなり少ないです。サクソバンク証券、IG証券、オアンダジャパン、FOREX.com…。これらのFX会社では口座開設すれば無料でオートチャーティストを利用できます。また、オートチャーティスト自体の機能は同じですが、オートチャーティストの利用形式が業者によって異なります。当ページでは使用形式・特徴に注目してオートチャーティスト対応FX会社を紹介しています。スマホアプリ対応の比較も実施。対応業者をお探しの方はぜひチェックしてみてくださいね。

オートチャーティストを無料で使える国内FX業者

FX会社 使用形式・特徴 スマホ対応 公式サイト
[サクソバンク証券]サクソバンク証券 取引ツール(SaxoTraderGo)に内蔵、ウォッチリストで一覧表示 オートチャーティスト取引シグナル搭載 詳細
[OANDA Japan]オアンダ ジャパン MT4上でオートチャーティストを利用可能、オートチャーティスト専用ツール(ブラウザ)でも使える テクニカル分析搭載(プッシュ通知対応) 詳細
[IG証券]IG証券 オートチャーティスト専用ツール(ブラウザ) プライスレンジと価格変動率を表示可能 詳細
[FOREX.com]FOREX.com MT4上でトレードアイデアを閲覧可能、チャートパターン詳細はオートチャーティスト専用ツール(ブラウザ)にて表示 × 詳細

 

Check!!
オートチャーティストの利用方法はFX会社によって違います!

オートチャーティストの利用方法がFX業者によって違う?チャートパターン検出の機能自体は変わらないのですが、オートチャーティストの利用・表示方法が業者によって異なる点にもご注目を。例えばOANDA Japanではブラウザでの仕様もできますし、MT4上でインジケーターとして表示することも可能です。

また、サクソバンク証券では取引プラットフォームの「SaxoTraderGO」にオートチャーティストの分析機能が内蔵されていますので、別ページを開く手間をかけずにパターンをチェックできるのが魅力。ちなみに、SaxoTraderGOのオートチャーティスト機能については、公開中のインタビュー記事でも触れていますので、そちらもぜひ読んでみてくださいね。

サクソバンク証券「SaxoTraderGo」

オートチャーティストを取引ツール「SaxoTraderGo」内蔵

SaxoTraderGOに搭載

サクソバンク証券でオートチャーティストを利用するメリットはズバリ、取引プラットフォームにオートチャーティストの分析機能が内蔵されているという点です。オートチャーティストに対応しているFX会社の中には、チャートパターン分析をツールとは別画面で表示するという場合があるのですが、サクソバンク証券はそうではありません。オートチャーティストによるパターン分析を、取引ツールの「SaxoTraderGO」内でチェックすることができます。

上記画像は実際にSaxoTraderGOでチャートパターン分析を表示させた画面。USD/JPYでフラッグのパターンが形成中となっています。チャートが表示されている画面の横には注文ボタンが配置されており、パターン分析を見ながらの注文操作も可能。オートチャーティストを見ながらその場で注文できるのがうれしいですね。

ウォッチリストにパターン分析の結果を一覧表示

ウォッチリストからシグナルキャッチ

チャートパターン形成の情報はSaxoTraderGOのウォッチリストで見ることも可能。「取引シグナル」という項目があり、上記画像のように「1」や「4」という数字が表記されています。数字は時間足を表しており、「1」と表示が出ている場合は、その銘柄の1時間足にてチャートパターンが形成されている(もしくは形成中)ということになります。

「1」や「4」のアイコンをクリックすると、チャートパターン分析の詳細が表示されます。そしてそこからすぐに注文を実行可能。お気に入り銘柄のチャートパターン形成をまとめて教えてくれるのが非常に便利。ウォッチリストのレイアウトはカスタマイズが可能であり、取引シグナルが表示されていない場合は「編集」ボタンから設定をしましょう。

また、SaxoTraderGOならではのウォッチリストの活用方法については、サクソバンク証券の伊澤社長よりインタビューにて解説も行っていただいています。興味のある方はぜひそちらもチェックしてみてくださいね。

豊富なFX銘柄に加え、CFD銘柄のパターン分析も閲覧可能

ニュース・リサーチと取引シグナル

SaxoTraderGO取引画面にて、上部に配置されている「ニュース・リサーチ」のボタンをクリックすると、さまざまなマーケット情報を閲覧することができます。株式やニュースといった項目が並んでいるのですが、その中に「取引シグナル」という項目もあり、こちらをクリックするとオートチャーティストの分析情報を見ることができます。ここで見られる情報はウォッチリストは異なり、サクソバンク証券で取り扱っている全銘柄の情報を見ることが可能。FX銘柄はもちろんのこと、多数の個別CFD銘柄などの分析もチェックできます。サクソバンク証券の取り扱い銘柄の種類はかなり豊富なのですが、フィルタ機能がありますので目当ての銘柄に絞りやすいです。チャートパターンが形成中かブレークアウトか、あるいは時間足で絞ることも可能。ぜひ使いこなしましょう。

スマホアプリ版「SaxoTraderGO」もオートチャーティスト対応!

サクソバンク証券「オートチャーティスト取引シグナル」さらに注目していただきたいのが、サクソバンク証券ではスマホアプリ版SaxoTraderGOでもオートチャーティストが使えるということ。スマホアプリ版のSaxoTraderGOはコンパクトでありながら、PC版に劣らないほどのハイスペックを搭載。オートチャーティストの分析機能に関しても、PC版と同レベルの使い勝手でご利用いただけます。外出先でチャートパターンの形成をチェックして、その場で取引という便利な使い方も可能。スマホアプリ版SaxoTraderGOのオートチャーティスト機能については別ページでも特集していますので、気になる方はそちらもぜひお立ち寄りください。


サクソバンク証券 公式サイト

OANDA Japan「MT4(メタトレーダー4)」

MT4(メタトレーダー4)のチャートにオートチャーティストを表示可能!

MT4でもオートチャーティスト

OANDA Japan(オアンダ・ジャパン)には2つの取引プラットフォームがあり、どちらからでもオートチャーティストの分析機能を利用することができます。中でも特に注目していただきたいのがMT4(メタトレーダー4)でオートチャーティストを利用できるという点。OANDA Japanではオートチャーティストプラグインを提供しており、インジケーターをインストールだけで、MT4のチャート上でオートチャーティストの各種サインを見ることができます。オートチャーティストを使いたい、かつMT4で取引したいという方は要チェック。

OANDA JapanにてMT4にオートチャーティストをインストールする方法に関しては、当サイトでも紹介ページを用意していますし、OANDA Japanでも解説動画が配信されています。興味のある方はぜひそちらもチェックしてみてくださいね。

 

ウェブブラウザでもオートチャーティストを利用可能

オアンダジャパンのオートチャーティストにアクセス

MT4でも利用できますし、ウェブ版取引ツールのfxTradeからもオートチャーティストを利用することができます。ウェブ版取引ツールを起動させて、左上にあるオートチャーティストの項目をクリックすれば、ブラウザの別画面でオートチャーティストを利用できます。

 

オアンダジャパンのオートチャーティスト

ちなみに、こちらのウェブブラウザで利用するオートチャーティストには、OANDA限定機能となる「高的中率トレード機会」という機能が備わっています。これは、過去のパフォーマンスにおいて的中率の高いトレード機会のみを一覧表示するもの。現在形成されているチャートパターンを見ると同時に、そのチャートパターンが過去にどの程度の的中率だったのかをチェックして判断材料の1つにする、といったことが可能です。

スマホアプリのオートチャーティストはプッシュ通知に対応!

オアンダジャパンのテクニカル分析OANDA JapanではPC環境だけではなく、スマホアプリでもオートチャーティストを利用できます。しかも、スマホアプリならではのプッシュ通知機能に対応しているのがポイント。成功確率60%を超えるチャートパターンのアラートか、もしくは成功率67%を超えるチャートパターンのアラートを、プッシュ通知で受信することができます。スマホアプリで使うオートチャーティストに関しては特集ページを用意していますので、気になる方はそちらもチェックしてみてくださいね。


オアンダジャパン 公式サイト

IG証券「オートチャーティスト専用ツール」

IG証券は専用ツールでオートチャーティストを利用可能

IG証券のオートチャーティスト

IG証券でもオートチャーティストを利用できます。使用料は無料。サクソバンク証券のように取引ツールに内蔵されているのではなく、オートチャーティスト専用のツールをブラウザ表示するという利用形式になります。上記画像が実際にIG証券にてオートチャーティストを表示させた画面。「トレード機会」「ボラティリティ分析」「パフォーマンス統計」などのメニューがあり、さまざまな情報をチェックできます。

IG証券でオートチャーティストを利用する手順

IG証券のオートチャーティスト使用手順

IG証券には新取引ツールと旧取引ツールがあるのですが、オートチャーティストへのアクセスは後者の「旧取引ツール」から行います。上記画像はその旧取引ツールを表示させた画面です。

取引画面のメニューに「ツール」がありますので、それをクリックするとメニューが表示され、その中から「オートチャーティスト」を選択できます。オートチャーティストを選択するとブラウザ表示で専用画面が表示されます。

スマホアプリでオートチャーティストの一部機能を使える

IG証券のスマホアプリでオートチャーティストの情報を表示

サクソバンク証券やOANDAでは、オートチャーティストの機能をスマホアプリでも利用できますが、IG証券でも一部機能をスマホアプリのトレーディング・アプリにて使うことができます。スマホアプリに搭載されているのはプライスレンジと価格変動率の2種類。こちらの表示方法などはスマホ版のオートチャーティスト特集でお伝えしていますので、気になる方はそちらもチェックしてみてくださいね。


IG証券 公式サイト

FOREX.com「メタトレーダー4(MT4)」

MT4でトレードアイデアを閲覧&オートチャーティストへアクセス

FOREX.com(フォレックス・ドットコム)「メタトレーダー4」

FOREX.com(フォレックス・ドットコム)ではメタトレーダー4(MT4)を取引ツールとして採用。MT4のツール内でオートチャーティスト・トレードアイデアを表示でき、チャートパターンはブラウザにて閲覧できます。同じくMT4対応のオアンダジャパンではプラグインにて対応していますが、FOREX.comは別画面でチャートパターンを表示ということになります。

FOREX.comのMT4からオートチャーティストを表示する方法

FOREX.com(フォレックス・ドットコム)「メタトレーダー4(MT4)」

メタトレーダー4の取引画面にて、下部にある「会社」タブをクリックして、ウィンドウがやや狭いので広げた方が見やすいでしょう。
左のメニューから「オートチャーティスト トレードアイデア」を選択すると、MT4内でトレードアイデアを表示。その下にある「オートチャーティスト チャートパターン」をクリックすると、ブラウザからオートチャーティスト専用ページが開かれます。

FOREX.com 公式サイト

 

FXプライムbyGMOのぱっと見テクニカル

オートチャーティストではありませんが、現在のチャート形状と類似するチャート形状を過去のデータから瞬時に分析し、未来の値動きを予想するツールも人気です。
チャート形状分析予想ツールや未来予測型チャートとも呼ばれ、無料で提供しているFX会社が非常に増えてきました。売買シグナル機能が搭載されたものもあり一見の価値ありです。

対応通貨ペアも比較的多く、売買シグナルもある「外為どっとコムのぴたんこテクニカル」が人気ですが、10分足から月足まで、分析のできる足種がダントツに多い「FXプライムbyGMOのぱっと見テクニカル」もおすすめです。

チャート形状分析予想ツールについて、対応通貨ペア、足種、売買シグナルの有無、スマホ対応などの違いが一目でわかる徹底比較表も用意していますので、ぜひこちらもご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました