エンベロープ搭載のiPhone/Android FXスマホアプリ特集

プライムアプリSのチャート画面ここでは、テクニカル指標の1つである「エンベロープ」を搭載しているFXスマホアプリをまとめて紹介しています。

エンベロープは移動平均線を中心として、そこから離れた位置に平行してラインを描いていくテクニカル指標。値動きの反転による売り会のサインを示してくれるものです。

そんなエンベロープですが、実は搭載しているFXスマホアプリは少数派となっています。パソコンではエンベロープを使えるけど、スマホアプリだと使えないのでは?そう思っておられる方ももしかするといらっしゃるかもしれません。

当ページでは、エンベロープを搭載している数少ないFXスマホアプリと、提供しているFX業者を紹介しています。最初に一覧表でまとめてご紹介。次に実際のチャート画面を掲載しながら、各アプリに搭載されているエンベロープの仕様や、スマホアプリの使い勝手をお伝えします。

エンベロープが使えるFXスマホアプリをお探しの方は、ぜひ当ページの情報をご活用ください。

エンベロープを使えるFXスマホアプリ・業者 一覧表

FXアプリ/FX業者 搭載足種 搭載テクニカル エンベロープ表示ライン数 チャート特長 公式サイト
[FXプライムbyGMO アイコン]FXプライムbyGMO 13種類 17種類 5 チャートの分割表示機能を装備 詳細
[セントラル短資FX アイコン]セントラル短資FX 13種類 13種類 5 スピード注文、みらいチャートへの移行がスムーズ 詳細
[ヒロセ通商 アイコン]ヒロセ通商(※) 14種類 30種類 5 PC版で好評のLIONチャートPlus+がスマホ対応 詳細
[マネースクエア]マネースクエア 9種類 15種類 3 チャート画面のタップ操作により発注が可能 詳細
[SBI FXトレード アイコン]SBI FXトレード 12種類 22種類 3 チャートの分割表示機能を装備 詳細
[マネーパートナーズ アイコン]マネーパートナーズ 10種類 15種類 3 チャート発注モードへの移行がスムーズ 詳細

(※:ヒロセ通商のみスマホアプリ搭載の通常チャートではなく、ブラウザ利用のチャートにてエンベロープを使用する形となります)

 

エンベロープ対応FXスマホアプリの特徴は?

FXプライムbyGMO「PRIMEアプリS」

プライムアプリSのチャート画面

FXプライムbyGMOFXプライムbyGMOのFXアプリケーションでも、中心線とバンドを含めて5本のラインを描画可能。設定により各ラインの表示ON/OFFを切り替えできるほか、移動平均の数値、それから乖離率1と乖離率2の数値を個別に変更することもできます。

PRIMEアプリSは最大4分割に対応したマルチチャート機能を装備、エンベロープを表示しながら他のテクニカル指標を表示したり、他の通貨ペアの動きを確認することも可能です。

また、エンベロープとは別の機能になるのですが、取引判断の参考になる「ぱっと見テクニカル」もアプリに内蔵。ぱっと見テクニカルは過去の値動きから今後の値動きを予測する未来予測型チャートです。PRIMEアプリSではアプリに内蔵されているので、チャート画面や発注画面への切り替えも簡単。独自機能が魅力のPRIMEアプリSに注目です。


PRIMEアプリSのエンベロープ設定方法

FXプライムbyGMOのエンベロープ設定方法1

チャートの右上に「設定」ボタンがありますので、そちらをタップ(上記左画像)。チャート設定の画面に入りますので、その中にある「トレンド1」でテクニカル指標を選択します(上記右画像)。エンベロープを選択したら、右下の「実行」をタップして設定完了です。

FXプライムbyGMOのパラメーター設定方法

パラメーターを設定する場合は、少し見づらいですがテクニカル指標の名称が表示される右側のボタンをタップします(上記左画像)。細かくパラメーターを設定できる画面に移行します(上記右画像)。設定が完了しましたら、最後に「実行」ボタンをタップ。

 

エンベロープを4分割チャートで使える!

プライムアプリSのチャート画面FXプライムbyGMOの「PRIMEアプリS」はチャートの分割機能に対応しています。2〜最大4分割チャートを表示することができ、複数銘柄のチャートや異なる時間軸のチャートを同時に表示させられます。

しかも、PRIMEアプリSの分割チャートでは、搭載されているすべてのテクニカル指標を利用できるので、エンベロープも表示させられます。掲載している画像は、ちょっと見づらいのですが、米ドル円、ユーロ円、ポンド円、ユーロ米ドルのチャートを表示し、それぞれにエンベロープを設定します。分割チャートでエンベロープを使いたいという方は要チェック。


FXプライムbyGMO 公式サイト

セントラル短資FX「クイックトレードプラス」

クイックトレードプラスのチャート画面

セントラル短資FXこちらはセントラル短資FX(FXダイレクトプラス)のスマホアプリ画面。画面の左端にタブがあり、そこからサクサクとテクニカル指標を変更できるのが便利ですね。エンベロープのラインはくっきりと見やすく、チャート分析も快適に行えます。

エンベロープによる分析をしつつ、右下のボタンから発注画面を呼び出し、未来の値動きを予測する「みらいチャート」へもすぐに移行できます。

クイックトレードプラスは、スピード発注機能を搭載、動作もサクサクと動くのでエンベロープと未来チャートを使ったチャート分析後の発注もスムーズです。


クイックトレードプラスのエンベロープ設定方法

セントラル短資FXのエンベロープ設定方法

セントラル短資FXのクイックトレードプラスでは、チャートの左上に「チャートエリア」「テクニカルエリア」と記されたボタンが配置されています(上記左画像)。この「チャートエリア」をタップしていただくと、横からメニューが出てきます。ここでエンベロープを選択してください(上記右画像)。テクニカル指標の設定をスムーズに行えるのが特徴的。

クイックトレードプラスのパラメーター設定画面

チャート画面の右上にある「設定」ボタンをタップすると、チャート設定の画面に移行します(上記左画像)。ここでエンベロープを選択すると、パラメーター設定画面に移行します(上記右画像)。パラメーター設定を終えたら、「設定」ボタンをタップして完了。

セントラル短資FX 公式サイト

ヒロセ通商「スマートフォン版 LION FX」

ヒロセ通商アプリのチャート画面

ヒロセ通商ヒロセ通商のスマホアプリ版LION FXでは、通常チャートとは別に利用できる「LIONチャートPlus+」という機能にて、エンベロープを表示できます。ラインは5本で、カラフルな色合いでちょっと虹みたいですね。

LIONチャートPlus+は30種類のテクニカル指標を標準搭載、最大4画面の画面分割にも対応しています。通常のチャート画面やクイック注文画面へは、下部のメニューからサクッと移行可能。

ヒロセ通商はユーザーの声を積極的に取り入れてくれる良心的なFX会社。細かいバージョンアップを実施し、どんどん使いやすくなるヒロセ通商のスマホアプリに今後も注目です。



ヒロセ通商のエンベロープ設定方法

LIONチャートPlus+を表示する手順

まず、LIONチャートPlus+を表示させる手順を紹介します。スマホアプリ版LION FXにて、左上にメニューボタンがありますのでこれをタップ(上記左画像)。メニューの中に「LIONチャートPlus+」の項目がありますので、こちらをタップしてください(上記右画像)。ブラウザ表示にてLIONチャートPlus+に移動します。ちなみに、スマホアプリ版LION FXのチャート機能はログインしなくても使えますが、LIONチャートPlus+はログインしなければ利用できません。

ヒロセ通商のエンベロープ設定方法

こちらがLIONチャートPlus+のチャート画面。右上にある「設定」ボタンをタップしてテクニカル設定に移動します(上記左画像)。テクニカル設定画面にてエンベロープにチェックを入れれば、チャートに反映されます(上記中央画像)。パラメーターを変更する場合は歯車マークをタップしていただき、パラメーター設定画面に入ります(上記右画像)。

ヒロセ通商 公式サイト

マネースクエア「ポケトラ」

ポケトラのチャート画面

マネースクエアマネースクエアの「ポケトラ」でもエンベロープは5本のラインを表示可能。移動平均の期間の初期設定が「13」になっていますので、もし「25」などへ変更される場合はパラメーターの変更を。

鮮やかな青色を背景に、ラインが見やすく描画されています。チャートのタップ操作により発注できるのが便利で、チャートの右端の部分をなぞればスムーズに縮小・拡大が行えるのも気持ちいいです。

見やすいチャート画面でエンベロープを使ってチャート分析をしたい方はマネースクエアのポケトラにも注目です。


マネースクエアのエンベロープ設定方法

マネースクエアのエンベロープ設定方法

まずはチャート画面の右上にあるボタンをタップ(上記左画像)。チャート設定画面に移行しますので、そこで「テクニカル設定」をタップします(上記中央画像)。テクニカル設定画面でエンベロープをONにして、「保存」をタップするとチャートに反映されます。

マネースクエアのパラメーター設定方法

パラメーターの設定を行う場合は、テクニカル設定画面にてテクニカル指標の隣にある「編集」ボタンをタップします(上記左画像)。編集画面にてパラメーターの設定を終えたら、最後に「保存」ボタンをタップしてください(上記右画像)。

マネースクエア 公式サイト

SBI FXトレード「SBI FXトレード スマホアプリ」

SBI FXトレードのスマホのチャート画面

SBI FXトレードSBI FXトレードのスマホアプリでは、エンベロープを含む9種類のテクニカル指標が表示可能。このアプリは画面の2分割、4分割が可能であり、複数の通貨ペアや足種を設定した上で多角的なチャート閲覧が行えます。チャートのお気に入り登録もできて便利。

ちなみに、上記で紹介してきたアプリケーションとは異なり、エンベロープで表示できるラインの本数は3本となっているのでご留意を。中央の移動平均線は期間の指定が可能、2本のエンベロープも別々に乖離率を設定できます。

SBI FXトレードは業界最狭水準のスプレッドを配信、最低取引単位も1単位(最低証拠金4円~)からトレードができるFX会社。多角的なチャート分析がしたい方、スプレッドが狭い業者がいい方はSBI FXトレードが要チェックです。


SBI FXトレードのエンベロープ設定方法

SBI FXトレードのエンベロープ設定方法1

チャートの右上のボタンをタップして設定画面に移行します(上記左画像)。設定画面にて、設定変更したいチャートを選択(上記右画像)。

SBI FXトレードのエンベロープ設定方法2

設定画面にてテクニカルの項目をタップ(上記左画像)。テクニカル設定にてエンベロープを選択し、最後に「決定」をタップして完了です(上記右画像)。

SBI FXトレードのパラメーター設定方法

パラメーターを変更する場合は、「テクニカル設定へ」のボタンをタップ(上記左画像)。パラメーターを設定したら「決定」ボタンをタップします(上記右画像)。

SBI FXトレード 公式サイト

マネーパートナーズ「HyperSpeed Touch」

HyperSpeed Touchのエンベロープ設定方法

マネーパートナーズSBI FXトレードのスマホアプリと同じく、マネーパートナーズの「HyperSpeed Touch(PFX)」でもエンベロープのラインは3本表示。それぞれのラインとローソク足がくっきりと表示されます。

中央線の期間は変更可能ですが、SBI FXトレードのように2本のエンベロープは別々に乖離率を設定できず、一定の値で2本が自動的に引かれます。チャートの上部にある「ASストリーミング」もしくは「ストリーミング」のボタンをタップすれば、チャートを見ながらの発注画面へスピーディーに移行可能。

ちなみに、マネーパートナーズには100通貨から取引できる「パートナーズFX nano」というコースがあり、スマホアプリも別で用意されています。パートナーズFX nanoコースのスマホアプリでもエンベロープは表示できるのでご安心を。


HyperSpeed Touchのエンベロープ設定方法

HyperSpeed Touchのエンベロープ設定方法

チャート画面の右上に歯車マークがありますのでこれをタップ(上記左画像)。次にチャート設定画面が表示されますので、テクニカルの箇所をタップします(上記中央画像)。画面下部にテクニカルの設定画面が表示されますので、そこでエンベロープを選択してください。パラメーターの設定もここで行えます。最後に「決定」ボタンを押して完了です(上記右画像)。

マネーパートナーズ 公式サイト

 

エンベロープのオリジナルMT4インジを公開中!

スマホアプリとは違うのですが、当サイトでは「MT4(メタトレーダー4)」で使えるオリジナル・インジケーターを多数公開しています。オリジナル機能を搭載しているエンベロープも公開中。こちらは登録など不要、無料でダウンロードしていただけます。

MT4で使えるエンベロープのインジケーターに興味のある方は、ぜひインジの配布ページもチェックしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました