チャート画面の分割・複数表示が使えるFXスマホアプリ比較

この記事には広告・プロモーションが含まれています

チャート画面分割・複数表示スマホアプリ特集!

ここでは、複数のチャートを同時表示できる「分割チャート機能(マルチチャート機能)」に対応しているFXスマホアプリを紹介しています。

2分割や4分割などスマホアプリでもチャートの複数表示ができると便利ですよね。

チャート分割は通貨ペア同士の相関を見るときや、マルチタイムフレームで分析するときに重宝します。

楽天証券(楽天FX)のマルチチャート
楽天FX(楽天証券)「iSPEED FX」

当ページでは4分割チャートなどの複数表示に対応しているFXアプリを一覧表にて比較。

特におすすめのFXスマホアプリは、分割チャートを実際に表示させた画面を掲載して解説を行っています。

各社アプリの特徴にご注目いただき、気になるスマホアプリがあればぜひチェックしてみてくださいね。

複数表示が使えるおすすめアプリはコレ!

FXアプリ・FX業者 チャート表示可能数 テクニカル指標 描画ツール 足種 公式サイト
[楽天証券 アイコン]楽天証券 最大8 13種類 1種類 16種類 詳細
[GMOクリック証券 アイコン]GMOクリック証券 最大4 12種類 12種類 16種類 詳細
[GMO外貨 アイコン]GMO外貨 最大4 15種類 5種類 11種類 詳細
[ThinkMarkets アイコン]ThinkMarkets 最大4 90種類以上 50種類以上 15種類 詳細
[ヒロセ通商 アイコン]ヒロセ通商 最大4 22種類 7種類 15種類 詳細

楽天FX(楽天証券)「iSPEED FX」

楽天証券(楽天FX)のマルチチャート

楽天証券(楽天FX)のiSPEED FXはなんと最大8分割チャートを表示することができます。

通常のチャートは4分割が最大なのですが、iSPEED FXに備わっているマイページ機能を利用すれば8分割チャートを表示することができます。

当サイトで調べた限りでは、8分割チャートを利用できるのは楽天証券のスマホアプリだけです。

また12チャート機能も特徴的なのでご注目を。

スマホ1画面で見られるチャートは1種類のみなのですが、これをスライドさせると左右に動かすことができて、別のチャートを表示可能です。

最大12チャートまで設定できますので、4通貨ペアよりも多いチャートの分析をしたい場合にはとても便利。

楽天証券(楽天FX)のマルチチャート画面

通常のチャートとは異なるのですが、楽天FXのiSPEEDの特長である「チャート形状」も魅力的な機能。業界初のツールです。

全通貨ペアのチャート形状を分類して、まとめて表示してくれます。トレード判断の参考にいかがでしょうか。

楽天証券のiSPEED FXはさまざまな機能を兼ね備えており、分割チャートの機能に関してもここだけでは説明しきれません…。

iSPEED FXの徹底特集ページを用意していますので、さらに詳しい情報を知りたい方はそちらもチェックしてみてくださいね。

楽天証券アプリ 基本スペック表

チャート複数表示 最大8個まで表示可能
足種 ティック、1分足、2分足、3分足、4分足、5分足、10分足、15分足、30分足、1時間足、2時間足、4時間足、8時間足、日足、週足、月足
テクニカル指標 単純移動平均線、指数平滑移動平均線、ピークボトム、ボリンジャーバンド、一目均衡表、パラボリック、MACD、RSI、ストキャスティクス、スローストキャスティクス、DMI、RCI
(※チャート分割時は移動平均線とボリンジャーバンドのみ表示可能)
描画ツール トレンドライン

楽天証券(楽天FX) 公式サイト

楽天FXに独自開発「サークルメーター」が登場!
独自開発「サークルメーター」登場!

iSPEED FXに楽天証券の独自開発「サークルメーター」という機能が登場しました。

車のスピードメーターをモチーフにしたオリジナル機能です。このメーター部分は日足の値動きを表現しています。

始値から高値までを赤色の帯、始値から安値までを青色の帯で表示。黄色い矢印は現在地です。

独自開発「サークルメーター」登場!

メーターの表示で1日の値動きを把握しつつ、買い/売りのボタンをタップすれば、ワンタップでの直感的な発注が可能です。

さらに、画面上部では保有しているポジションの状況を確認でき、右上には指定した時間軸チャートにおけるチャートの形状を表示してくれます。

楽天FXのiSPEED FXを使われる際は、ぜひチェックしてみてくださいね!

GMOクリック証券「GMOクリック FXneo」

GMOクリック FXneoの分割チャート

GMOクリック証券の新スマホアプリ「GMOクリック FXneo」はマルチチャート機能を搭載。

2、3、4分割のいずれかを自由に選択できることに加え、4つのチャート画面を保存しておけるのが特長。

左右へのスライド操作で入れ替えができ、4分割チャートを4画面作成すれば、最大16チャートの設定が可能

新アプリになりテクニカル指標が12種類に増加したのですが、そのすべてをマルチチャートに表示できるのもメリット。

細かな点ですが、分割時でも各チャートを拡大縮小できるのがポイント。

GMOクリック FXneoの分割チャート画面

また、チャート設定時に通貨ペアを「リンク表示」にしておくと、1画面チャートで選択した通貨ペアチャートが自動で反映される仕組みも備わっています。

GMOクリック証券の技術力が存分に活かされたスマホアプリ「GMOクリック FXneo」は、他にもさまざまな利点を搭載。

気になる方は特集ページもチェックしてみてください。

 

「ブラウジングモード」が新規追加!
「ブラウジングモード」が新規追加!

バージョンアップによりGMOクリック FXneoに「ブラウジングモード」が追加されました。ブラウジングモードをオンにしておくと、分割チャートを表示しているときに、タップしたチャートを簡易拡大表示するというもの。

簡易拡大表示をしているときに横スワイプを行えば、隣のチャートへスムーズに切替も可能となっています。チャート分割機能の利便性がさらに向上。

他にもチャートやテクニカル指標の色を変更できるようになったり、チャート上でプライスアラートのレート指定が可能になったりとますます便利になっています。今後のアップデートにも期待!

GMOクリック証券アプリ 基本スペック表

チャート複数表示 最大4個まで表示可能
足種 ティック、1分足、3分足、5分足、10分足、15分足、20分足、30分足、1時間足、2時間足、4時間足、6時間足、8時間足、日足、週足、月足
テクニカル指標 単純移動平均、指数平滑移動平均、ボリンジャーバンド、一目均衡表、平均足、MACD、RSI、DMI/ADX、ストキャスティクス、RCI、スーパーボリンジャー、スパンモデル
描画ツール トレンドライン、チャネルライン、垂直ライン、水平ライン、フィボナッチ・リトレースメント、四角、三角、楕円、フィボナッチ・タイムゾーン、フィボナッチ・ファン、フィボナッチ・アーク、フィボナッチ・エクスパンション

GMOクリック証券 公式サイト

GMO外貨「外貨exスマホアプリ」

GMO外貨スマホアプリの分割チャート

GMO外貨のスマホアプリもチャート分割機能を搭載。2分割と3分割、最大で4分割してのチャート表示が可能です。

分割チャートでは利用できるテクニカル指標が限られるFXアプリが多いですが、GMO外貨のアプリではチャート分割時でも、15種類あるテクニカル指標をすべて利用できるのが魅力。移動平均線やMACD、スパンモデル・スーパーボリンジャー、GMMAといったテクニカル指標も表示できます。

GMO外貨スマホアプリの分割チャート画面

また、GMO外貨のアプリではチャート1〜チャート4まで、チャート表示の設定を保存しておけるのもポイント。単一画面でのチャート設定と4分割チャートの表示を設定しておけば、すぐにそれらの表示を切り替えられます。

GMO外貨アプリ 基本スペック表

チャート複数表示 最大4個まで表示可能
足種 ティック、1分足、5分足、15分足、30分足、60分足、2時間足、4時間足、日足、週足、月足
テクニカル指標 移動平均線、ボリンジャーバンド、EMA、一目均衡表、スパンモデル、スーパーボリンジャー、エンベロープ、ピボット、GMMA、平均足、ストキャスティクス、MACD、RCI、RSI、DMI(ADX)、CCI
描画ツール トレンドライン、チャネルライン、水平線、垂直線、フィボナッチ・リトレースメント

GMO外貨 公式サイト

ThinkMarkets「ThinkTrader Mobile」

ThinkMarkets「ThinkTrader」

ThinkMarketsは日本初の「サブスクFX」を展開。月額料金が必要ですが、多数のメリットを得られる珍しいサービスを提供しています。

ThinkMarketsは取引ツールが高性能なのも魅力。スマホアプリ版の「ThinkTrader(シンクトレーダー)」は90種類以上のテクニカル指標をはじめ、スマホアプリとは思えないほどの分析機能を備えています。

最大4分割のチャート表示にも対応しており、分割時でも多彩なテクニカル指標などを自由に表示可能。多機能なアプリをお探しの方におすすめです。

ThinkMarkets「ThinkTrader」

チャート分割は2画面または4画面から選択可能。豊富なチャートタイプ、テクニカル指標などを好きなように利用できます。

ThinkMarketsは取引ツールだけでなくスプレッド面での特典や、NDD方式の採用といった国内FX会社としては珍しい特徴を多数備えています。興味のある方はThinkMarketsの特集記事もチェックしてみてくださいね。

 

PC版ツールは「TradingView」内蔵!

ThinkMarkets「ThinkTrader」

ThinkMarketsに興味のある方はぜひPC版の「ThinkTrader WEB」にもご注目を。

PC版にはチャート機能として「TradingView」が内蔵されており、100種類以上のインジケーターを利用できます。TradingViewチャートは追加料金なしで利用可能。

さらに、内蔵されているTradingViewチャートは最大8分割表示に対応しています。チャート間の銘柄や時間軸の同期も可能。これは通常のTradingViewの有料プラン相当の機能となっています。

ThinkMarketsのTradingViewについては別記事で詳しく解説していますので、そちらもぜひご参照ください。

ThinkMarketsアプリ 基本スペック表

チャート複数表示 最大4個まで表示可能
足種 1分足、2分足、3分足、5分足、10分足、15分足、30分足、1時間足、2時間足、3時間足、4時間足、8時間足、日足、週足、月足
テクニカル指標 アリゲーター、アルーンインジケーター、アルーンオシレーター、アルティメットオシレーター、ウィリアムズ%R、エリオット波動、オートマチックトレンドライン、カウフマンの適応移動平均、ケルトナーバンド、ケルトナーチャネル、ジグザグ、ストキャスティクRSI、ストキャスティクス、ダーバスボックス、ディスパリティインデックス、ドンチャンチャネル、ハル移動平均、バランスオブパワー、バリアブル移動平均、パラボリックSAR、ピボットポイント、フィッシャートランスフォーム、フラクタル、プライスオシレーター、ボリンジャーバンド、ボリンジャーバンド幅、ボリューム、ボリュームROC、ボリュームオシレーター、マス インデックス、モメンタム、モメンタムオシレーター、一目均衡表、三角移動平均、出来高加重移動平均、加重移動平均、単純移動平均、平滑移動平均、標準偏差、移動平均エンベロープ、線形回帰予測、線形回帰切辺、線形回帰スロープ R2、線形回帰スロープ、重心オシレーター、ATRv、2 RSI、Accumulation distribution line、APZ、ADX、AR、ATR、Awesome、BB MACD、Bollinger Percent、CMO、CCI、Cycle Period、Candlestick Pattern Recognition、DeMark Trend Line、DPO、DMI、Ergdic Osillator、EMA、HiLo Activator、HLバンド、Kaufman Efficiency Ratio、MACD、MFI、Negative Volume Index、OBV、OsMA、Performance Index、Positive volume index、ROC、REI、RSI、Schaff Trend Cycle、Sine Wave、Spearman Correlation Coefficient、Stochastic Double Smoothed、Stochastic Momentum Index、SuperTrend、TillmanT3、Time series moving average、Time To Close Bar、Trade volume index、TDI、Trading Sessions、Trend Adjusted Oscillator、Trend Strength Index、TRIX、True Sterength Index、VIDYA 移動平均
描画ツール トレンドライン、トレンドアングル、トレンド矢印、水平ライン、ホリゾンタルライン、垂直ライン、平行チャネル、Raff 回帰チャネル、回帰チャネル、線形回帰、標準偏差チャネル、標準誤差チャネル、フィボナッチリトレースメント、フィボナッチアーク、フィボナッチエクスパンション、フィボナッチターゲット、フィボナッチファン、ギャン曲線、ギャンファン、エリオット波動インパルス、エリオット波動トライアングル、エリオット波動複合型トリプル、エリオット波動修正、エリオット波動複合型ダブル、エリオット波動カスタム、XABCDパターン、ABCDパターン、スリードライブスパターン、ヘッドアンドショルダー、トライアングルパターン、テキスト、アンカーテキスト、楕円、長方形、長方形を回転、セグメント、曲線、二重曲線、三角、上向き矢印、下向き矢印、サイクル線、価格レンジ、日付レンジ、日付と価格レンジ、四分円ライン、アンドリューズピッチフォーク、上向き矢印、下向き矢印、左向き矢印、右向き矢印、鉛筆、鉛筆2、スペード、クラブ、星

ThinkMarkets 公式サイト

ヒロセ通商「LION FX 5」

LION FXのマルチチャート

ヒロセ通商のスマホアプリ「LION FX 5」もチャート複数表示が可能。通常画面からの2画面・4画面への移行がスムーズに行えて、各種チャートの個別設定もサクサクできます。

通常の4分割表示はもちろんのこと、4分割チャート3パターン保存しておいて、計12チャートをスライド操作で切り替えるといったことも可能です。

テクニカル指標の表示は個別ではなく共通となりますが、画面は見やすく、しかも背景色やロウソク足の色を自由に設定できるのがありがたい。

多くのユーザーに支持されるスパンモデル、スーパーボリンジャーも使える点にも注目です。

LION FXのマルチチャート画面

ヒロセ通商アプリ 基本スペック表

チャート複数表示 最大4個まで表示可能
足種 ティック、10秒足、1分足、5分足、10分足、15分足、30分足、60分足、2時間足、4時間足、8時間足、12時間足、日足、週足、月足
テクニカル指標 単純移動平均、指数平滑移動平均、一目均衡表、ボリンジャーバンド、パラボリック、エンベロープ、GMMA、スパンモデル、スーパーボリンジャー、HLバンド、ストキャスティクス、RSI、乖離率、サイコロジカルライン、DMI、RCI、ROC、MACD、ウィリアムズ%R、アルティメットオシレーター、RVI、平均足
描画ツール トレンドライン、平行チャネル、垂直線、水平線、フィボナッチファン、フィボナッチリトレースメント、フィボナッチエクスパンション

ヒロセ通商 公式サイト

 

チャート複数表示が使えるFXアプリ 一覧表

FXアプリ・FX業者 チャート表示可能数 テクニカル指標 描画ツール 足種 公式サイト
[岡三オンライン アイコン]岡三オンライン 最大4 22種類 7種類 15種類 詳細
[JFX アイコン]JFX 最大4 22種類 7種類 15種類 詳細
[マネックス証券 アイコン]マネックス証券 最大4 15種類 × 9種類 詳細
[マネーパートナーズ アイコン]マネーパートナーズ 最大4 15種類 × 10種類 詳細
[松井証券 アイコン]松井証券 最大4 28種類 7種類 19種類 詳細
[外為オンライン アイコン]外為オンライン 最大4 20種類 6種類 16種類 詳細
[auカブコム FX アイコン]auカブコム FX 最大4 11種類 5種類 9種類 詳細
[外為どっとコム アイコン]外為どっとコム 最大4 23種類 12種類 13種類 詳細
[セントラル短資FX アイコン]セントラル短資FX 最大4 14種類 9種類 13種類 詳細

岡三オンライン「岡三アクティブFX Next」

岡三アクティブFXアプリのマルチチャート

岡三アクティブFX(岡三オンライン)の専用スマホアプリでは、2もしくは4分割のマルチチャート機能を搭載

分割チャートでは、単純移動平均や一目均衡表、スパンモデルとスーパーボリンジャーなど多数のテクニカル指標が表示可能となっています。

時間軸はティックチャートや10秒足チャートの短い時間軸から、日足や月足まで対応しています。

分割時の通貨ペア、足種、BID/ASKはチャートごとに設定できます。

また、チャートのカラーを細かく指定もできてカスタマイズ性能も高い。

岡三アクティブFXのマルチチャート画面

さらに、2分割チャートでは、テクニカル指標を別々に設定できます

例えばスパンモデルとスーパーボリンジャーを別々の時間軸で見て、取引のチャンスをうかがうことも可能。

岡三オンラインアプリ 基本スペック表

チャート複数表示 最大4個まで表示可能
足種 ティック、10秒足、1分足、5分足、10分足、15分足、30分足、60分足、2時間足、4時間足、8時間足、12時間足、日足、週足、月足
テクニカル指標 単純移動平均、指数平滑移動平均、一目均衡表、ボリンジャーバンド、パラボリック、エンベロープ、GMMA、スパンモデル、スーパーボリンジャー、HLバンド、ストキャスティクス、RSI、乖離率、サイコロジカルライン、DMI、RCI、ROC、MACD、ウィリアムズ%R、アルティメットオシレーター、RVI、平均足
描画ツール トレンドライン、平行チャネル、垂直線、水平線、フィボナッチファン、フィボナッチリトレースメント、フィボナッチエクスパンション

岡三オンライン 公式サイト

DMM FX(DMM.com証券)「DMMFX」

DMMFX Tradeのマルチチャート

DMM.com証券のスマホアプリは大幅リニューアルを経て新たに「DMMFX(iPhone/Android)」として登場しました。

従来のアプリと同様に、新バージョンにも4分割のマルチチャート機能が搭載

他のアプリと比べるとチャートごとの細かな設定ができない仕様にはなっているのですが難しい操作は不要。

特定の通貨ペアを複数の足種でチェック、同じ足種で複数の通貨ペアをチェック、といった操作がサクサク行えるのが嬉しいです。

通常チャートと4分割チャートとの切り替えも快適。

DMMFX Tradeのマルチチャート画面

DMM FXアプリ 基本スペック表

チャート複数表示 最大4個まで表示可能
足種 ティック、1分足、5分足、15分足、30分足、1時間足、4時間足、8時間足、日足、週足、月足
テクニカル指標 移動平均、指数平滑移動平均、一目均衡表、ボリンジャーバンド、スパンモデル、スーパーボリンジャー、MACD、RSI、DMI/ADX、スローストキャスティクス、RCI、平均足
(※チャート分割時は移動平均線のみ表示可能)
描画ツール トレンドライン、平行線、水平線、垂直線、四角形、三角形、楕円

DMM FX 公式サイト

SBI FXトレード「SBI FXTRADE」

SBI FXトレードのマルチチャート

SBI FXトレードのスマホアプリもマルチチャート表示に対応。

洗練されたマテリアルデザインを採用し、必要最低限の機能に絞ったシンプルで使い勝手の良いアプリに仕上がっています。

1タップで2画面もしくは4画面分割にすることができるので画面切替えもスムーズです。

各画面毎に個別の設定もできるため、同じ通貨ペアで複数の時間足を1度にチェックしたり、複数通貨ペアの動きも一目瞭然。

SBI FXトレードのマルチチャート画面

チャート画面右側からはトレンドライン、平行チャネル、水平線、垂直線の描画ツールが使えます

フィボナッチ・リトレースメントにも対応しており、十分なスペックですね。

搭載テクニカル指標はトレンド系7種、オシレーター系11種の計18種類

進化したSBI FXTRADEの新アプリは要チェック。

SBI FXトレードアプリ 基本スペック表

チャート複数表示 最大4個まで表示可能
足種 1分足、5分足、10分足、15分足、30分足、60分足、2時間足、4時間足、8時間足、日足、週足、月足
テクニカル指標 SMA(単純移動平均)、一目均衡表、ボリンジャーバンド、EMA(指数平滑移動平均)、WMA(加重移動平均)、エンベロープ、パラボリック、MACD、RSI、DMI、RCI、ストキャスティクス、MAER、サイコロジカル、強弱レシオ、モメンタム、ROC、CCI
描画ツール トレンドライン、チャネルライン、垂直線、水平線、フィボナッチ・リトレースメント

 

CFDスマホアプリ徹底比較!
CFDおすすめスマホアプリ徹底比較

当ページではFXスマホアプリを紹介していますが、CFDスマホアプリの情報を知りたい方もいらっしゃるのでは。IG証券やGMOクリック証券、楽天証券などは株価指数や商品などのCFD取引にも対応しており、それぞれ多機能なCFDアプリを提供しています。

「CFD各社のスマホアプリのスペックは?」「チャート分割表示は使える?」といった点が気になる方は、CFDスマホアプリ特集を用意していますので、ぜひそちらも参考にしてみてくださいね。