【FX】MT4の高精度なヒストリカルデータをダウンロードできる業者特集!

【FX】MT4の高精度なヒストリカルデータをダウンロードできる業者特集!

MT4(メタトレーダー4)のEAをバックテストやシステムトレードの検証をするときに必要になるのがヒストリカルデータです。株式や日経225と違いFXではヒストリカルデータを配信してくれている業者は限られています。

MT4を提供しているMetaQuotes社からでもヒストリカルデータはダウンロードできますが、精度が悪く正確な結果が得られません。
そこで、今回は高精度で不整合のないヒストリカルデータがダウンロードできる業者を紹介します。

ヒストリカルデータがダウンロードできるFX業者

外国為替(FX)のヒストリカルデータがダウンロードできる業者はかなり少なくMT4(メタトレーダー4)であれば「FXTF(FXトレードフィナンシャル)」、JForexであれば「デューカスコピー・ジャパン」の2社です。
それぞれダウンロードできる通貨ペアや時間足が異なるので、それぞれ詳しく解説していきます。

FX会社 対応ツール 対応通貨ペア データ期間 公式サイト
[FXトレード・フィナンシャル]FXトレード・フィナンシャル MT4 21通貨ペア(+仮想通貨4ペア) 2012年1月3日〜 [FXトレード・フィナンシャル>詳細]
[デューカスコピー・ジャパン]デューカスコピー・ジャパン JForex 48種類 自由に設定可能 [デューカスコピー・ジャパン>詳細]

FXTFでMT4のヒストリカルデータをダウンロードする!

FXトレード・フィナンシャル「FXTF MT4」

FXTFでは、公式HPの会員専用マイページからヒストリカルデータがダウンロードできます。ダウンロード方法は【マイページ】⇒【チャートデータ】⇒【通貨ペア】を選択するだけなので非常に簡単です。ダウンロードできるヒストリカルデータの特徴を下記にまとめてみました。

FXTFのMT4ヒストリカルデータの特徴
  • 21通貨ペアに対応
  • データは1分足の売値(BID)の四本値(始値、高値、安値、終値)
  • 期間は2012年1月3日~2018年11月30日
  • デフォルトは1分足⇒FXTF MT4の中で他の時間足のデータを作ることも可能
  • 仮想通貨の4通貨ペア(BTC/JPY、XRP/JPY、BCC/JPY、MONA/JPY)のヒストリカルデータもダウンロード可能
  • それぞれの期間⇒BTC/JPY:2017年02月14日~2018年11月30日、XRP/JPY:2017年05月25日~2018年11月30日、BCC/JPY:2017年08月02日~2018年11月30日、MONA/JPY:2017年07月21日~2018年11月30日
  • ※注意事項

    FXTF MT4はサーバー時間が2015年6月29日より日本時間からGMT+2 時間(日本時間-7時間)、夏時間ではGMT+3時間(日本時間-6時間)のタイムゾーンに変更されています。 2015年6月29日より前のデータでは、チャートデータ・取引履歴などすべてのデータは日本時間となっているので注意が必要です。

    また、EA(Expert Advisor)やインジケーターが、ローソク足の数やタイムゾーンを基準にプログラムされているものは、変更が必要な場合があります。

    FXTF MT4でヒストリカルデータを取得

    FXTFはMT4のヒストリカルデータを提供している数少ない会社です。そして、提供しているヒストリカルデータは歯抜けや不整合がほとんどないクオリティの高いデータになります。

    仮想通貨の4通貨ペアのヒストリカルデータが取得できるのも嬉しいポイントですね。このデータは2012年1月3日から2018年11月30日までのEUR/USDの1分足になります。

    FXTF MT4で取得した実際のヒストリカルデータ

    ヒストリカルデータは有料で配信しているサイトもあるくらいなので、精度の高いデータを無料でダウンロードできるFXTFは非常に便利です。
    1分足以外の足種へのデータ変換方法やMT4への反映方法も公式HPで詳しく解説されているので、簡単にできます。

    ただし、ダウンロードできる期間が2012年からなので少し物足りないという方もいるかもしれません。そんな方は下記で紹介するデューカスコピー・ジャパンを利用してみましょう。

    ちなみに、現在FXナビではFXTF様とのタイアップ企画として「新規口座開設」+「FXTF MT4での往復5万通貨以上のお取引」で弊社オリジナルのMT4インジケーター「ZigZag」をプレゼントするキャンペーンを開催中です!

    FXトレード・フィナンシャルとのタイアップ企画でZigzagプレゼント

    ZigZagはレンジ相場を明示してくれるインジケーターで、日足以上の高値と安値を明確化し、その価格を表示してくれます。
    そして、画期的なのが「数値のパラメーターがない」という点です。FXTFの口座を持っていない方は、ぜひこの機会に今までになかった全く新しいインジケーター「ZigZag」を試してみてくださいね。

    FXトレード・フィナンシャル 公式サイト

    デューカスコピー・ジャパンのJForexでヒストリカルデータをダウンロードする!

    デューカスコピー・ジャパン「JForex」

    デューカスコピー・ジャパンが提供している取引ツールのJForexでもヒストリカルデータのダウンロードが可能です。デューカスコピー・ジャパンはFXTFよりも取得できる通貨ペアが多く、時間範囲も自由に設定できるため非常に便利。

    データの抽出方法もティックや10秒足、日足など自由に選択できるのも嬉しいポイントです。デューカスコピー・ジャパンのヒストリカルデータの特徴をまとめてみました。

    デューカスコピー・ジャパンのヒストリカルデータの特徴
  • 48種類の通貨ペアに対応
  • 取得期間の範囲を自由に設定可能
  • 多彩な抽出方法に対応⇒ティック、3ティック、10秒、1分、5分、15分、30分、1時間、4時間、日足、週足、月足、1ピップス、ポイント&フィギア(1ピップス×3)、練行足1ピップス、カギ足1ピップスなど
  • プラットフォームの時間や数字の区切り方など設定をかなり細かくカスタマイズできる
  • デューカスコピー・ジャパンのヒストリカルデータは48種類もの通貨ペアに対応、主要通貨ペアだけでなくマイナーな通貨ペアのヒストリカルデータも取得できます。
    さらに、取得したい期間の時間幅を自由に設定できるため、必要な期間分を指定してダウンロード可能。実際に10年分の2008年から2018年のヒストリカルデータが下記の画像です。

    デューカスコピー・ジャパンのJForexで取得した実際のヒストリカルデータ

    デューカスコピー・ジャパンのヒストリカルデータは口座開設後、ライブ口座の取引ツール内で取得できます。JForexの上部タブメニューから【表示】⇒【ヒストリカルデータ取得】と進みます。

    デューカスコピー・ジャパンのJForexでヒストリカルデータを取得する方法

    ヒストリカルデータ取得をクリックすると、通貨ペアが一覧で表示されます。

    デューカスコピー・ジャパンのJForexでヒストリカルデータを取得する方法

    取得したい通貨ペアと時間範囲を指定、期間のタブでダウンロードする足種も指定できます。通貨ペアの右側のビッド・アスクで売値と買値も選択可能。さらに、期間の右側にある設定アイコンをクリックすれば、より詳細なカスタマイズもできます。

    デューカスコピー・ジャパンのJForexでヒストリカルデータを取得する方法

    プラットフォームの時間や数字の区切り方まで指定できるのはかなり便利ですよね。ただし、このヒストリカルデータは基本的にJForexで使用するためのデータになります。データを加工すればMT4でも利用できますが、上手く動作するかは自己責任となるのでご留意を。MT4のヒストリカルデータが欲しい人はFXTFを利用するのが無難です。

    デューカスコピー・ジャパン 公式サイト

    高精度なヒストリカルデータを活用して正確なEAの検証を!

    EAのバックテストやシステムトレードのストラテジを試すときに、不整合なヒストリカルデータだと正確な検証ができませんよね。レートが飛んでいたり、実際のレートと異なるデータでは検証結果に誤差が生じたり、信用できなくなります。きちんとした結果を得るためにも精度の高いヒストリカルデータを使って検証を行いましょう。