移動平均線とRCIを使い押し目買いと戻り売りをローソク足の色で表示したMT5/TradingViewインジケーター

この記事には広告・プロモーションが含まれています

RCIはオシレーター系のインジケーターで、FXキーストンでは一二を争う人気インジケーターです。

そこにさらにトレンドフォロー系でいちばんの移動平均線と絡めるとどうなるのか。

RCIだけでなく、移動平均線もフィルターとして追加してみたらどうなる!?

RCIに移動平均線のフィルターを付け、ローソク足の色で表現したインジケーター

ローソク足の色で状態を表現したインジを作りました。ローソク足に集中できるので、スキャルピングでも使えるかと思います。

ご要望や感想などコメントいただけると非常に嬉しいです。

 

MT5版ダウンロードはこちら(2024/01/25 ver1.0)

 




TradingViewでの表示はこちら(2023/06/02 ver1.0)

 

 

このインジケーターを使って「便利だな」「他の人にも教えてあげたいな」と思ってもらえた方は、Twitter(@fxnav)でツイート&フォローをしていただけると、開発の励みになります!
更新履歴
2024年1月25日
【MT5 ver1.0 公開】 MT5版インジケーターを公開
2023年6月2日
【Pine ver1.0 公開】 RCIに移動平均線のフィルターを付け、ローソク足の色で表現したインジケーターを公開

※インジケーターへのご質問・改善アイデアあれば、下部のコメント欄かアンケートに投稿お願いします!

友だち追加LINE公式アカウントでインジケーターの新着リリースやバージョンアップ情報を配信中。LINEお友だち限定のインジケーターも公開中です!

 

MT5版インジケーターの使い方・見方

移動平均線とRCIの状態によってローソク足の色が変わります。

移動平均線とRCIの状態

上の図では移動平均線とRCIの状態を説明するために表示させてますが、ローソク足の色だけで分かるようになってます。ローソク足のパターンと色に集中できます。

 

RCIの状態

まずRCIの状態を決めます。現時点では3つのパターンから選びます。

  • RCIが上昇・・・傾きが上のとき(1本前と比較して上昇している)
  • RCIが境界値以上・・・初期設定では80以上
  • RCIが0以上・・・プラスかマイナスかで判定

これはロング(買い)の条件です。ショート(売り)の場合はこれらの逆になります。

RCIはオシレーターのインジケーターでもあるので、買われ過ぎ/売られ過ぎの見方があります。

移動平均線とRCIの状態

上の図では-80以下となっているのでRCIの状態を示すためにローソク足が赤に変わっています。要は売られ過ぎの状態を下降トレンドとしてトレンドフォローを意識しています。

 

さらに移動平均線の状態を追加

RCIの条件を厳しくするため、移動平均線の状態も加えての判定とします。こちらもロング(買い)の条件です。

  • なし・・・RCIの状態だけで判定
  • 終値がMAより上・・・トレンドフォローを狙う
  • 終値がMAより下・・・押し目買いを狙う?

移動平均線はトレンドフォローのインジケーターでもあるので、条件が重なったときのみ表示されます。

移動平均線とRCIの状態

移動平均線(トレンドフォロー)の方向で、RCI(オシレーター)の買われ過ぎ/売られ過ぎで逆張りを狙うのか、いろいろなパターンが考えられます。

今後はさらにパターンを増やしていこうと思いますので、ご要望がございましたら、コメントいただけると有難いです。

 

MT5版のパラメーターの解説

RCIは期間と境界値、移動平均線(MA)は期間とMAの種類を選ぶことができます。

MT5版のパラメーター、オンオフ機能付き

MT5版に関しては表示のオンオフ機能もあります。初期設定では「キーボード[R]」となっているので、キーボードRを押すとオンオフできますので試してみてください。

 

TV版インジケーターの使い方・見方

終値が移動平均線より上のときに、RCIが上向きだと緑色。
終値が移動平均線より下のときに、RCIが下向きだと赤色になります。

インジケーターの見方

移動平均線でトレンド方向を。そしてRCIで押し目買いと戻り売りを狙うようなパターンになります。

 

表示の順序の設定

ローソク足の上に表示するために、このインジケーターを最前列に移動させる必要があります。

パラメーターの設定

左上のインジケーター名の横にある「・・・」から表示の順序を最前面に移動させてください。ローソク足よりも上であればいいです。

 

TV版のパラメーターの解説

移動平均線は6種類から選ぶことができます。

パラメーターの設定

  • SMA:単純移動平均線
  • EMA:指数平滑移動平均線
  • WMA:加重移動平均線
  • HMA:ハル移動平均線
  • VWMA:出来高加重移動平均線
  • RMA:修正移動平均線

MAの種類を選んだ後、期間を設定してください。

 

スタイルの解説

「スタイル」からローソク足の色の設定ができます。

スタイルの設定

「実体」「ヒゲ」「枠」と3つあります。それぞれ変更をお願いします。

 

MT5版ダウンロードはこちら(2024/01/25 ver1.0)

 

TradingViewでの表示はこちら(2023/06/02 ver1.0)

 

色んなタイプの移動平均線スクリプトを公開中!

移動平均線

FXキーストンでは移動平均線のTradingViewスクリプトを他にも公開しています。

移動平均線をオシレーター系と同じようにバータイプでチャート下に表示するものやローソク足と同じ形で色を変えたものなど多彩にあります。

移動平均線

上記は複数の移動平均線を同時に表示できるインジケーターです。MTF(マルチタイムフレーム)対応なので、上位足の移動平均線も表示可能です。

チャート分析の新しい洞察を見つける、自分のトレード方法に生かすなどなど使い方は自由です。気になるものがあればぜひダウンロードして使ってみてください。

 

Check!!

TradingViewの高評価、おすすめ移動平均線インジケーターを解説!

別記事にて、トレーディングビューのコミュニティ・スクリプトで公開されている移動平均線インジケーターの中から厳選したものを紹介しています。

数あるスクリプトの中から「実際にトレードに使えるもの」「シンプルで分かりやすいもの」を選んでいるので移動平均線のインジをお探しの方はぜひチェックしてみてください!

オリジナル・インジケーター 人気ランキング

FXキーストンで無料配布しているオリジナルMT4・MT5インジケーターの人気ランキングです。
2024年1月の月間ダウンロード数トップ5はコチラ!

  1. [SynchroChart_Line.mq4]

    【SynchroChart_Line.mq4】
    シンクロチャート(MT4)

    チャート上で引いたトレンドラインなどのオブジェクトが、同じ通貨ペアであれば時間軸関係なく描写されます。

    1月のダウンロード数
    764人
  2. [keys_RCI3.ex4]

    【keys_RCI3.ex4】
    短期、中期、長期の3本のRCIの状態からサインを出すインジケーター

    5つ以上の状態から選ぶことができます。アラート機能付き。

    1月のダウンロード数
    577人
  3. [keys_ZigZag_DowT.ex4]

    【keys_ZigZag_DowT.ex4】
    ダウ理論を意識した押し安値/戻り高値インジケーター

    ZigZagから押し安値/戻り高値を自動判定。トレンドを認識できます。

    1月のダウンロード数
    570人
  4. [SynchroChart_Line.mq4]

    【SynchroChart_Line.mq5】
    シンクロチャート(MT5)

    チャート上で引いたトレンドラインなどのオブジェクトが、同じ通貨ペアであれば時間軸関係なく描写されます。

    1月のダウンロード数
    424人
  5. [Elliott_zigzag.ex4]

    【Elliott_zigzag.ex4】
    エリオット波動MT4インジケーター

    ZigZagをベースにしたエリオット波動インジ。今後も改良を加えます。

    1月のダウンロード数
    359人

すべての「オリジナルMT4インジケーター」を見る

すべての「オリジナルMT5インジケーター」を見る

 

TradingViewオリジナルインジも公開中!

TradingViewオリジナルインジも公開中!

FXキーストンではTradingView対応のオリジナルインジケーターも公開中です。すべて無料で利用可能となっています。

TradingViewインジケーターに関しても、ご要望に応じて作成と更新を続けていきますのでぜひ使ってみてくださいね。

 
 

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

アンケートでいただいたご質問やご要望については、随時こちらのページでお答えしています。

ご質問・ご要望の一覧はこちら

コメント