【自動判定】売買サインが出るトレーディングビューのZigZagスクリプト

この記事には広告・プロモーションが含まれています

ZigZagは高値と安値を分かりやすくしてくれる便利なインジケーターです。MT4/MT5のインジケーターランキングでも上位に来ています。

ZigZagの高値と安値をブレイクしたらサインを出す

ZigZagの高値と安値をブレイク

まずはシンプルに直近の高値または安値をブレイクしたらサインを出すインジケーターを作りました。ここから改良していきます。




TradingViewでの表示はこちら(2023/10/17 ver1.0)

 

 

このインジケーターを使って「便利だな」「他の人にも教えてあげたいな」と思ってもらえた方は、Twitter(@fxnav)でツイート&フォローをしていただけると、開発の励みになります!
更新履歴
2023年10月17日
【Pine ver1.0 公開】 ZigZagの高値と安値をブレイクしたらサインが出るスクリプトを公開

※インジケーターへのご質問・改善アイデアあれば、下部のコメント欄かアンケートに投稿お願いします!

友だち追加LINE公式アカウントでインジケーターの新着リリースやバージョンアップ情報を配信中。LINEお友だち限定のインジケーターも公開中です!

 

インジケーターの使い方・見方

このZigZagは一般的なZigZagではなく、DevLucem氏が公開しているライブラリー「ZigLib」を使っています。

ZigZagの高値と安値をブレイク

パラメーターの設定とかもないのですが、大まかなトレンドを掴めているように思えます。

 

ZigZagの高値と安値を終値で超えたときに矢印が出ます。

ZigZagの高値と安値をブレイクしたときに矢印

  • ZigZagの高値を終値で超えたら上矢印
  • ZigZagの安値を終値で超えたら下矢印

他にも手法としていろいろ考えられます。ダウ理論やハーモニックパターンなど、今後バージョンアップしていきたいと思います。

 

パラメーターの解説

パラメーターはありません。スタイルの項目でZigZagのオンオフができます。

パラメーターの設定

矢印が見えづらい場合は矢印の形を三角形にしてみてください。

今後も改良を続けていきたいので、インジケーターに対するコメントやご要望をお待ちしています。

 

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

アンケートでいただいたご質問やご要望については、随時こちらのページでお答えしています。

ご質問・ご要望の一覧はこちら

 

TradingViewオリジナルインジ一覧はこちら

TradingViewオリジナルインジ一覧はこちら

当記事で紹介しているインジケーターの他にも、FXキーストンではTradingView対応のオリジナルインジを複数公開中です。いずれも無料でお使いいただけます。

気になったインジがあれば試してみて、気づいた点や感想などありましたらぜひアンケートかコメントでお聞かせください!

ZigZag(ジグザグ)について

トレーディングビューのZigZag(ジグザグ)

ZigZagは高値と安値を結んだだけのシンプルなインジケーターです。シンプルがゆえに基本から応用まで幅広く活用できます。

ダウ理論、グランビルの法則、エリオット波動など値動きに関する基本的な原則もジグザグを使うことで視覚的に捉えやすくなります。

FXに限らず相場は小刻みに上下しながら値動きを形作ります。スキャルピングをするなら秒足・分足、スイングトレードなら日足・週足など見る足種によってもチャートの見え方は変わってきます。

この点、ZigZagはどの時間軸でも有用です。それぞれの時間軸に合わせて注目すべて高値と安値を表示してくれます。

また、ZigZagは細かい値動きのノイズを取り除くことができます。

どのレートで高値・安値を付けたのか、押し安値・戻り高値はどこか。大局を俯瞰しつつ、相場全体の値動きをより捉えやすくしてくれます。

トレーディングビューのZigZag(ジグザグ)

ZigZagで捉えた高値・安値はときにチャートパターンを形作るときもあります。

ヘッド&ショルダー、ダブルボトム・ダブルトップ、ペナント、ウェッジ、カップ・ウィズ・ハンドルなどZigZagを表示させていれば自然と目につくでしょう。

ZigZagはシンプルなので使い方は色々とあります。自分のトレードスタイルに合わせてぜひ使いこなしてみてください。

トレーディングビューのZigZagについて

トレーディングビューのZigZag(ジグザグ)

当ページでZigZagのインジケーターを公開していますが、トレーディングビューでも内蔵インジケーターとしてジグザグが表示できます。

トレーディングビューの内蔵ZigZagもシンプルです。高値と安値を結んだラインの他に、レート・出来高・値幅が表示できます。

トレーディングビューのZigZag(ジグザグ)

インジケーターの追加ページで「ZigZag」と検索すると「テクニカル」の項目に表示されます。これがデフォルトで内蔵されているものです。

当ページで公開しているインジケーターは「お気に入り」に追加されます。

また、コミュニティ・スクリプトという世界中のプログラマーが自作したZigZagインジケーターが多数公開されています。

いくつか便利なZigZagは後述しますが、どのインジケーターも創意工夫にあふれた素晴らしいスクリプトなのでチェックしてみてください。

トレーディングビューのZigZagの設定・パラメーター

トレーディングビューのZigZag(ジグザグ)

トレーディングビューの内蔵ZigZagのパラメーター設定を簡単に解説しておきます。

調整できるのは「偏差」と「期間」の2つです。偏差で高値と安値の深さを調整、期間を指定してどの範囲までを含めるかを決めます。

トレーディングビューのZigZag(ジグザグ)のパラメーター

項目 概要
Price deviation for reversals(%) 価格が反転する際の偏差、乖離率。値を大きくすればより大きい山と谷を捉える。小さくすれば狭い値幅でZigZagを描画する
Pivot legs 新しい高値と安値を判定する期間。数値が大きいとより長い期間で判定し、数値が小さいと短い期間で山と谷を判定する。
Line color ラインの色と透明度
最後のバーまで延長 計算途中のバーまでZigZagのラインを延長するかどうか
Display reversal price 山(高値)と谷(安値)の価格を表示するかどうか
Display cumulative volume 出来高を表示するかどうか
Display reversal price change 価格変動幅を表示するかどうか。絶対値と割合(%)の表示切替も可能

より細かい調整方法などは別記事で解説しています。

トレーディングビューの内蔵ZigZagは偏差と期間を自由に指定できますが、逆にいえば指定しなければいけません。

当ページで公開しているZigZagにパラメーター設定はありません。高値・安値を自動で判定して表示します。

「どのパラメーター設定がいいのか分からない」という方はお試しください。そして、使ってみた感想もお待ちしております。

 

TradingviewにZigZagが表示されないときは?

tradingview

なぜかZigZagが表示されない?そんなお悩みを解決してみました。

コミュニティ・スクリプトのおすすめZigZag

トレーディングビューではZigZagをテーマにしたコミュニティ・スクリプトが数多く公開されています。その中からいくつか注目のスクリプトを厳選してみました。

ZigZag++

コミュニティ・スクリプトのおすすめZigZag

「ZigZag++」はジグザグ関連のスクリプトで世界中から最も多くのいいねを集めるインジケーターです。

当ページで公開しているインジケーターもZigZag++を制作したDevLucem氏のライブラリをもとに作ったものです。

ZigZagで高値・安値を判定しロングもしくはショートが推奨されるエリアを色分けして表示してくれます。一目で売買方向を確認できるのが特徴です。

コミュニティ・スクリプトのおすすめZigZag

パラメーターは深さ・偏差・バックステップなどを設定できます。背景カラーも変更が可能です。

ジグザグで大局を判断して「緑の背景の中にいる間はショートをしない」という判断をするだけでも勝率が上がるかもしれません。

ZigZag Multi Time Frame with Fibonacci Retracement

コミュニティ・スクリプトのおすすめZigZag

このインジケーターはジグザグとフィボナッチリトレースメントを合わせたスクリプトです。

上位のタイムフレームを使ってZigZagを計算し、フィボナッチ・リトレースメントのラインを引きます。引かれたラインに対してラベルが貼られます。

このスクリプトは上位足のジグザグを表示してくれるので時間足を変更する必要はありません。

コミュニティ・スクリプトのおすすめZigZag

デフォルトではZigZagのラインは表示されていないので表示設定にチェックを入れます。

また、ZigZagは上位足で計算されるため期間(ZigZag Period)は2や3などの小さい数字が推奨されます。

ジグザグで高値・安値を捉え、どこで反発するかを判断するときの参考になります。

zigzag support&resistance multi timeframe levels [LM]

コミュニティ・スクリプトのおすすめZigZag

このジグザグは重要な高値と安値に対して、現在レートまで水平線を引いてくれるシンプルなスクリプトです。

高値から直近の安値はどこか、さらにもう一つ前の安値はどこかを確認するときに便利です。

コミュニティ・スクリプトのおすすめZigZag

デフォルトでは表示される水平線の数が多いので、必要な本数に絞って表示するのがおすすめです。

サポートライン・レジスタンスラインを判断するときにも有用なスクリプトなので気になる方はチェックしてみてください。

ZigZagのアイデア投稿も参考になる

ZigZagのアイデア投稿も参考になる

ちなみに、トレーディングビューではZigZagに関連した投資アイデアも多数公開されています。

英語での投稿が多いので翻訳アプリを使いつつ色んなアイデアにも触れてみるのもおすすめです。新しい発見があるかもしれません。

みんなのFXは内蔵TradingViewでZigZagが無料で使える

みんなのFX×TradingViewイメージ

みんなのFXでは取引ツールにTradingViewを搭載したWebブラウザ版ツールとスマホアプリが無料で利用できます。

この内蔵TradingViewでZigZagが表示できます。

TradinViewみんなのFX

TradinViewみんなのFX

TradingViewは無料プランだと機能制限がかかります。チャート上に表示される広告表示もかなり気になります。

この点、みんなのFXの内蔵TradingViewでは有料プラン相当の機能が無料で利用可能です。

80種類以上のインジケーターと描画ツールも自由に使えます。ZigZagも内蔵されており、本家TradingViewと同じ使い勝手で表示できます。

PC向けのWebブラウザ版とスマホアプリの両方でZigZagが使えるのも便利です。

TradinViewみんなのFX

パラメータは偏差(Deviation)と深さ(Depth)の2つが調整可能。1時間足や15分足など日足より短い時間軸を使う場合は偏差を下げると上手く高値と安値を捉えてくれます。

また、本家TradingViewと同じく多彩なカラー変更、可視性(どの時間軸に表示させるか)といった設定も可能です。

みんなのFXの内蔵TradingViewでは、プレミアム版(月額約9,500円相当)でしか使えないインジケーターの同時表示(25個以上)やテンプレートの保存も利用できます(※)。

※一部搭載していない機能があります。

利用料は一切かかりません。みんなのFXで口座開設をされた方は無料で利用できます(口座開設費や維持費も無料)。

有料プランの契約を検討されている方は無料で使えるみんなのFXもおすすめです。

みんなのFX 公式サイト

コメント

  1. より:

    いつもステキなインジケーターをありがとうございます。

    zigzagスクリプトの一部分に付いてお伺いしたいのですが、
    変わった質問ですみませんが、

    zigzagの山で折り返している高値の値を取得したい場合は、
    どのようにpineスクリプトを書けば良いものでしょうか?

    • masa より:

      星様
      コメントありがとうございます。
      どのようなZigZagのスクリプトかによりますが、高値となった箇所でfalseからtrueになった条件があるはずなのでそのときにta.valuewhen()でhighの値を取得するようにするかと思います。
      これからもよろしくお願いいたします。

  2. なが より:

    いつも使いやすいインジをご提供いただきありがとうございます。
    トレーディングビューのZigZagのパラメータについても質問です。
    「Price deviation for reversals(%)(価格が反転する際の偏差、乖離率)」についてですが、
    このパラメータはどう計算されている偏差なのでしょうか?
    以前から計算の仕組みが調べてもよく分からず、疑問でした。
    よろしければご教授いただければ幸いです。

    • masa より:

      なが様
      コメントありがとうございます。そしてインジケーターも使っていただき、ありがとうございます。
      どう計算されているかの説明が難しいのですが、基本的にはこちらのライブラリーを使ってます。
      https://jp.tradingview.com/script/bzIRuGXC-ZigZag/
      267行目になりますが、直近のZigZagの高値安値と価格の乖離率を計算しています。乖離率自体は101行目で計算れています。
      float result = 100 * (price – basePrice) / math.abs(basePrice)
      basePriceが直近のZigZag高値安値です。
      これからもよろしくお願いいたします。