ZigZag(ジグザグ)チャートが使えるFX業者を一覧特集!

ヘッダー

数あるテクニカル指標の中でも一際シンプル、かつ汎用性に優れた指標が「ZigZag(ジグザグ)」です。チャートの高値安値をラインで結ぶだけのシンプルなインジケーターですが、それ故にどのような相場でも使うことができ、その他のテクニカル指標との相性も良くなります。

使い勝手の良いZigZagですが、取引ツールに標準搭載されているFX会社はかなり少数。そこで、今回はジグザグをデフォルトで搭載しているFX会社の取引ツールを徹底特集。各社の特徴やスマホ対応の有無も記載しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ZigZag(ジグザグ)が使えるFX業者の取引ツール一覧表

FX会社 ツール名 搭載テクニカル数 スマホ対応 公式サイト
[ヒロセ通商]ヒロセ通商 【LIONチャートPlus+】 30 詳細
[IG証券]IG証券 【ProRealTimeチャート】 88 × 詳細
[プライム]FXプライムbyGMO 【プライムチャート】 54 × 詳細
[GMOクリック証券]GMOクリック証券 【プラチナチャートプラス】 38 × 詳細
[ワイジェイFX(YJFX!)]ワイジェイFX(YJFX!) 【Exチャート】 31 × 詳細
[tradingview]TradingView 【tradingviewチャート】 100以上 詳細

 

Check!!

FXTF MT4の口座開設&取引で、限定ZigZagインジケーターをプレゼント!

FXナビ ZigZag

「FXTF限定タイアップキャンペーン468」

FXナビでは現在、ゴールデンウェイ・ジャパン(FXTF MT4)との限定タイアップ企画を開催中です。当サイト経由でFXTF MT4の口座を新規口座開設していただき、期間内にFXTF MT4にて5万通貨以上(往復)の取引をしていただくと、特別な「ZigZag」オリジナルインジケーターをプレゼント。

このインジケーターは一般的なZigZagのインジケーターとは違い、数値のパラメーターが存在しないという特徴があります。相場の本質を突いたオリジナルのロジックを採用。興味のある方はぜひ、ゴールデンウェイ・ジャパンの公式サイトもチェックしてみてください!

ヒロセ通商

会社個別紹介

一番最初に紹介するのは、業績をグングンと右肩上がりで伸ばし続けている注目のFX会社「ヒロセ通商」です。ヒロセ通商では、Webブラウザツールである「LIONチャートPlus+」でZigZagを表示可能。LIONチャートPlus+はインストール版の「C2」や「.NET4」に搭載されているチャート分析に特化したツールです。

ヘッダー

LIONチャートPlus+の搭載テクニカルは30種類、描画ツールは8種類を標準搭載しており、その中にジグザグも含まれています。LIONチャートPlus+はチャート分析に特化したツールなので、操作性が良くラインも引きやすいですね。スマホアプリから直接、LIONチャートPlus+にアクセスすることもできるので非常に便利。スマホアプリでZigZagが表示できるFX会社はかなり貴重です。

ヘッダー

ヒロセ通商のLIONチャートPlus+のZigZagは「Depth」「Devition」「Backstep」の3種類を設定可能。直感的に操作できるので、ジグザグの表示からパラメーターの設定まで簡単にできます。

ヒロセ通商といえば、業界最狭水準のスプレッドとスワップポイント、毎月バージョンアップされる取引ツールにバラエティー豊かな食品キャンペーンと注目ポイントがよりどりみどりのFX会社。ヒロセ通商を利用したことがない人は、ぜひこの機会にチェックしてみてください。利便性の高さと真心のこもったサービス運営にきっと驚くはずです。

ヒロセ通商 公式サイト

IG証券

会社個別紹介

全世界13カ国にオフィスを展開、世界中で19万人のユーザーを抱えるIG証券の取引ツール「ProRealTimeチャート」でもジグザグが表示可能。IG証券のProRealTimeチャートは、Webブラウザで起動するツールで、基本的に月額4,000円がかかる有料の取引ツールです。

ZigZagチャート画面

もっとも、ProRealTimeチャートは月に4回以上の取引があれば無料で利用できます。月に4回以上トレードするだけでいいので、条件はそれほど厳しくありません。ProRealTimeチャートの特徴や無料で使うときの注意点は別記事でまとめているので、気になる方はご一読を。

IG証券は100種類以上の通貨ペアに対応、株式や株価指数のCFD商品も含めると約10,000以上もの銘柄が取引可能。1回当りの最大取引数量(ワンショット)も無制限というスペックの高さを誇ります。「大口でスキャルピングをしたい」「上級者向けのツールを使いたい」という方はIG証券が要チェック!

IG証券 公式サイト

FXプライムbyGMO

会社個別紹介

「約定力100%」を掲げているFXプライムbyGMO。強力な約定力が魅力的なFXプライムbyGMOのチャートツール「プライムチャート」でもZigZagを表示することができます。

プライムチャートは業界最高水準の54種類のテクニカル指標を標準搭載、トレンド系24種・オシレーター系30種類ものインジケーターが利用できます。その中にジグザグチャートもあり、細かなパラメーターの調整も可能。最大9画面分割に対応し、複数タブでの表示もラクラク。

ヘッダー

FXプライムbyGMOのZigZagは「ジグザグチャート」と表示されており、チャート画面上部「テクニカル」から追加することができます。設定は「深さ」「偏差」「後退」の3種類からパラメーターの調整が可能。ジグザグ以外にも、54種類ものテクニカル指標が標準搭載されているので、組み合わせは自由自在です。

ヘッダー

プライムチャートは描画ツールも充実の27種類に対応、ZigZagを表示させながらトレンドラインやサークル、ペンタゴンチャートなども表示させることができます。スマホアプリから直接移動することはできませんが、公式サイトからブラウザ表示で起動させることは可能です。プライムチャートの詳しい解説は別記事にもまとめているので、気になる方はチェックしてみてください。

FXプライムbyGMO 公式サイト

GMOクリック証券

会社個別紹介

全世界で取引高7年連続No.1という驚異的な記録を更新し続けているGMOクリック証券でも、ジグザグを利用可能。「高性能を超える、高品位チャート」と銘打たれた「プラチナチャートプラス」はZigZagを含めた38種類のテクニカル指標を標準搭載。描画ツールも25種類を搭載している充実ぶりです。

チャート分割は最大16分割に対応、日経平均やNYダウなどの株価指数を為替チャートに重ねて表示させる比較チャートも可能。スマホ対応はしていないのが残念ですが、PCツールとしてはかなり高機能です。

ヘッダー

プラチナチャートプラスのジグザグはFXプライムbyGMOと同じで「深さ」「偏差」「後退」の3つでパラメーター設定が可能。

ヘッダー

GMOクリック証券といえば、圧倒的な取引コストの低さが特徴。米ドル円やユーロ円などのクロス円はもちろん、ユーロ米ドルなどのドルストレートでも業界最狭水準のスプレッドを提供。使いやすいPC・スマホの取引ツールでコストを抑えながらトレードができる、まさに王道を突き進んでいるのがGMOクリック証券です。

GMOクリック証券 公式サイト

ワイジェイFX(YJFX!)

会社個別紹介

YaHoo!JAPAN!が運営しているFXサービス「YJFX!」のチャート分析専用ツール「Exチャート」でもジグザグを表示させることが可能。Exチャートは全36種類のテクニカル指標を標準搭載、最大6チャートの画面分割・一括変更にも対応している高機能ツールです。

ヘッダー

Exチャートは公式HPの会員ページからアクセス可能。別タブで開くExチャートの上部「テクニカル」から「ジグザグ」を選択できます。YJFX!のジグザグは「最小期間」「転換率」「反転の判断期間」の3つのパラメーターで調整が可能。自分が確認したい高値安値に細かくジグザグのラインを引くように調整できます。

ヘッダー

YJFX!はドル円、ユーロ円を始めとした多くの通貨ペアで業界最狭水準のスプレッドを配信、Exチャートなどの取引ツールも非常に使いやすく、FX初心者でもすぐに使いこなせるのが特徴。特に、スマホアプリの「Cymo(サイモ)」が秀逸。40万ダウンロードを達成したYJFX!のイチオシツールです。「Cymo(サイモ)」にはZigZagが搭載されていないのが残念ですが、かなり使い勝手のよいツールなので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

YJFX! 公式サイト

TradingView(トレーディングビュー)

会社個別紹介

全世界でユーザー数が300万人を突破した次世代チャートツールの「TradingView」。TradingViewはFX会社ではありませんが、その革新的な使いやすさとデザイン性の高さから今、注目を集めている総合金融プラットフォームです。TradingViewには100種類を超えるインジケーターが内蔵されており、その中にZigZagも標準搭載。その他にも、TradingViewのコミュニティで作成されたカスタムインジケーターが5,000種類以上もあります。

ヘッダー

TradingViewのジグザグは「偏差(%)」と「深さ」の項目でパラメーターの調整が可能。チェックボックスの「最後のバーまで延長」にチェックを入れれば最新のチャートにまでZigZagのラインを伸ばすこともできます。

ヘッダー

ただし、注意したい点が1つ。TradingViewのジグザグはパラメーターの設定に限界があります。具体的には、4時間足以上の足種(日足・週足・月足を含む)であれば高値安値をきちんと捉えて表示してくれますが、4時間足より短い時間足(1時間足や15分足)では上手く高値安値を捉えてジグザグの表示ができません。一定以上の値幅がなければジグザグを表示できないのでご留意ください。

もっとも、TradingViewは頻繁にアップデートが入り、機能がグレードアップします。現状では、細かい時間足でジグザグは上手く機能しませんが、今後のアップデートで修正が入る可能性があります。FXナビでは、TradingViewを徹底特集しており、機能の更新には目を光らせているので、気になる方は定期的にチェックしてみてくださいね。

ZigZagチャート画面

トレーディングビューは、チャート分析に特化した世界屈指のチャートツールです。その圧倒的なインジケーターの搭載数と50種類を超える描画ツール、直感的に操作できるチャート画面は一度使うとハマってしまうこと間違い無し。ジグザグを表示させながらダウ理論に従ったトレンドラインやエリオット波動を描画するのもラクラク。各ラインは太さや透明度を個別に設定できるため、テクニカル指標と描画ツールを複数重ねても視認性が落ちません。

ヘッダー

さらに、TradingViewはスマホアプリでもジグザグのを表示させることが可能。Webブラウザツールでジグザグが表示できるFX会社はあっても、ネイティブのスマホアプリでジグザグを表示できるのはTradingViewぐらいです。

FXの鉄板チャートツールといえばMT4(メタトレーダー4)ですが、TradingViewは次世代を担うチャートツールになる可能性を秘めています。「TradingViewって何?」「名前ぐらいは知っているけど・・・」という方はこの機会にぜひチェックしてみてください。使い勝手の良さにきっと驚くはずです。

TradingView 公式サイト

MT4(メタトレーダー4)にもZigZagは標準搭載!

MT4

FXトレーダーに圧倒的な支持を受けているチャートツールのMT4(メタトレーダー4)には、ZigZag(ジグザグ)がデフォルトで搭載されています。したがって、MT4に対応したFX会社でもZigZagをチャートに表示することが可能。国内でMT4を取り扱っているFX会社は別記事にて詳しくまとめているので、MT4でZigZagを表示させたい方はそちらもチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました