比較チャート(相関分析)が使えるFXチャートツール徹底特集!

比較チャートを使えるFX業者特集 通貨ペアや日経平均なども同時表示!

チャート分析をするときに、単一の通貨ペアだけではなく関連する複数の通貨ペアについて、それらの動きを効率よく同時にチェックしたい。そのためにいくつかのチャート画面を並べて開くのも一つの方法なのですが、「比較チャート」という便利な機能を活用するのもおすすめです。

比較チャートは、複数のチャートを同じ画面に重ねて表示させて、各種銘柄の値動きをまとめて確認できるというもの。通貨ペア同士の比較だけでなく、FX業者によっては日経225やTOPIX、WTI(原油)、GOLD(金)といった銘柄のチャートもあわせて見ることが可能です。

このページではそんな比較チャートに対応しているFX業者・チャートツールをまとめて紹介をしています。比較チャート機能が使えるチャートツールをお探しの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

比較チャートが使えるFX業者・ツール一覧比較

FX会社・チャートツール 最大同時比較数 対応銘柄 表示可能足種 便利機能 公式サイト
[GMOクリック証券]「プラチナチャート」 4銘柄 20通貨ペア(+CFD銘柄他) 17種類 描画可能
ライン、ローソク、バー、ドットからチャートタイプ指定可能
詳細
[セントラル短資FX]「プログレッシブチャート」 25銘柄 25通貨ペア 10種類 描画可能 詳細
[外為どっとコム]「G.comチャート」 4銘柄 30通貨ペア 12種類 相関分析
データ差分分析
詳細
[MATSUI FX]「FXトレーダー・プラス」 20銘柄 20通貨ペア 18種類 絶対比較
相対比較
スプレッド比較
スマホアプリ対応
詳細
[DMM.com証券]「DMMFX PLUS」 4銘柄 21通貨ペア 11種類 相関分析
データ差分分析
詳細
[DMM.com証券]「プレミアチャート」 2銘柄 21通貨ペア(+CFD7銘柄) 11種類 テクニカル表示可能
描画可能
詳細
[ヒロセ通商]「LIONチャートPlus+」 2銘柄 50通貨ペア 14種類 対応銘柄が豊富
iPad対応
詳細
[外為ジャパン]「外為ジャパンFX PLUS」 4銘柄 15通貨ペア 11種類 相関分析
データ差分分析
詳細
[外為ジャパン]「プレミアチャート」 2銘柄 15通貨ペア 11種類 テクニカル表示可能
描画可能
詳細
[マネックス証券]「マネックストレーダーFX」 4銘柄 16通貨ペア(+株価指数や先物等多数) 11種類 相関分析
データ差分分析
詳細

比較チャート対応のおすすめツールはコレ!

GMOクリック証券「プラチナチャート」

プラチナチャート

GMOクリック証券のFXサービスで提供されている「プラチナチャート」にも比較チャート機能が搭載されています。20種類の通貨ペアを表示できるのはもちろん、金や原油、指数などの取り扱っている全CFD銘柄と、米10年積、日本10年積などとの比較ができるのが魅力。

チャートの表示タイプは4種類の中から選択できて、縦軸の値をパーセント、重ね合わせ、価格の3パターンから指定も行えます。

プラチナチャート

足種は10種類以上と豊富に対応しており、比較チャートにトレンドラインや水平線を描画できるのも特徴的。GMOクリック証券のプラチナチャートはバージョンアップを経てさらに便利なツールに進化しており、使いやすさの機能性を併せ持つ高機能チャートツールとしておすすめです。

GMOクリック証券 公式サイト

セントラル短資FX「プログレッシブチャート」

プログレッシブチャート

セントラル短資FXのFXダイレクトプラスにて使用できる「プログレッシブチャート」。「設定」のボタンをクリックして「テクニカル指標」の項目を押下、そこから表示される画面で「比較」のタブを選択すれば比較チャートの設定が行えます。

特徴として挙げられるのが、重ねて表示できる通貨ペアの数に制限がないという点。さすがにすべての値動きを表示させるとわけがわからなくなりますが、他にはないメリットであると捉えられます。

描画ツールの利用が可能で、GMOクリック証券と同様にペンタゴンチャートを描くことが可能。また、プログレッシブチャートはリニューアルにともなって発注機能が搭載されましたので、比較チャートを見ながらの注文といった操作もできて便利です。

セントラル短資FX 公式サイト

外為どっとコム「G.comチャート」

G.comチャート

外為どっとコムで使えるPCチャートツールは2種類あり、その内の「G.comチャート」にて比較チャートが利用可能。G.comチャートはチャート機能に特化したシンプルなツールで初心者の方にもおすすめです。比較チャート機能では、30通貨ペアの中から最大4銘柄まで同時表示が可能で、変動率や価格の推移を比較できます。

相場変動の相関性を強弱で確認できる「相関分析」や、基準通貨ペアと比較通貨ペアの差を確認できる「データ差分分析」もサブチャートで同時に表示できます。Webブラウザ版のツールであり、WindowsはもちろんMac環境でも利用可能。

外為どっとコム 公式サイト

MATSUI FX「FXトレーダー・プラス」

MATSUI FX「FXトレーダー・プラス」

MATSUI FX(松井証券)では高機能チャートツール「FXトレーダー・プラス」を提供しており、同ツールにて比較チャート機能を利用可能。FXトレーダー・プラスは足種が豊富に揃っており、18種類もの足種を比較チャート利用時に使えるのがメリットの1つです。

MATSUI FXでは米ドル円やユーロ米ドルなどの主要通貨ペアに加え、トルコリラ円やメキシコペソ円といった高金利通貨ペアも取り扱っているのですが、その全通貨ペアを比較チャートにてご利用いただけます。

MATSUI FX「FXトレーダー・プラス」

比較チャートで比べられる通貨ペアの数には制限がなく、取り扱っている全通貨ペアを同時表示するといったことも可能。さすがに全銘柄を表示させると見にくくなりますが、比較チャート機能の自由度の高さは魅力です。

ちなみに、比較チャートの種類は「絶対比較(Y軸統一)」「絶対比較(Y軸合成)」「相対比較」「スプレッド比較」をそれぞれ使用可能。スプレッド比較は2つの通貨ペアにおける価格差や倍率(比)を比較する機能となっています。比較チャート機能の多彩さで選ぶならMATSUI FXのFXトレーダー・プラスがおすすめ。

MATSUI FX 公式サイト

スマホアプリでも比較チャートが使える!

「比較チャート」で通貨ペア同士の相関関係をチェック!

「PCツールだけじゃなくて、スマホアプリでも比較チャートを使いたい!」という方にはMATSUI FX(松井証券)がおすすめ。MATSUI FXならPCツールに加え、スマホアプリでも比較チャート機能を利用可能なのです。

PC版ツールと同様に取り扱い全通貨ペアに対応しており、好きな通貨ペアの相関関係をチェックしていただけます。絶対比較と相対比較の両方に対応しており、スプレッド比較チャートにも対応。

スマホアプリでも比較チャートが使えるFX業者は非常に珍しいですので、気になる方は要チェック。MATSUI FXのスマホアプリに関しては、比較チャート機能を含めた徹底特集ページを用意していますので、興味のある方はそちらも参考にしてみてくださいね。

DMM FX「DMMFX PLUS」

DMMFX PLUS

DMM FXのサービスでは、「DMMFX PLUS」と「プレミアチャート」の2種類の取引ツールにて比較チャートが利用できます。が、それぞれ機能が異なりますので順番にご紹介します。

まず、DMMFX PLUSでは最大4通貨ペアまで重ねての表示が可能。表示の形式は「変動率比較」と「価格比較」の2パターンから選択できます。

またチャートの下部には、通貨ペア同士の相場変動について相関性を表してくれる「相関分析」と、基準となる通貨ペアと比較する通貨ペアとの差を表す「データ差分分析」を配置することも可能。

DMM FX 公式サイト

DMM FX「プレミアチャート」

プレミアチャート

DMM FXサービスで利用できるもう一つの比較チャート機能は、「プレミアチャート」に装備されています。基準となる通貨ペアと、重ねて表示させられるのは1種類の銘柄のみになるのですが、FXの通貨ペアだけでなく7種類のCFD銘柄も選択できることがメリット。

CFDも取扱っているDMM.com証券ならではの特長であり、JPY225/JPY、USD130/USD、NDQ100/USD、GOLD/USDなど7種類の銘柄が用意されています。テクニカル指標の表示、トレンドラインなどの描画が行える点にも注目です。

DMM FX 公式サイト

ヒロセ通商「LIONチャートPlus+」

ヒロセ通商「LIONチャートPlus+」

ヒロセ通商のブラウザ対応ツール「LIONチャートPlus+」も比較チャート機能を搭載。表示しているチャート画面に別の銘柄の値動きを重ねて表示する形式で、比較できる銘柄は2種類まで。ヒロセ通商は50種類もの通貨ペアを取り扱っており、そのすべてが比較チャートに対応しているのが特徴です。

LIONチャートPlus+は比較チャートの他にも、30種類の豊富なテクニカル指標に対応しており、描画ツールは10種類以上を搭載。ヒロセ通商で取引しているユーザーの指値・逆指値などの注文情報をチェックできるといったメリットも兼ね備えています。チャート機能に特化したツールをお探しの方におすすめ。

 

iPadでも比較チャートが使える!
ヒロセ通商「LION Tab」

iPadなどのタブレットでも比較チャートを使いたい!という方にもヒロセ通商がおすすめ。同社は「LION Tab」というタブレット向けツールを提供しており、このツールはLIONチャートPlus+と同等の機能を搭載しています。

LION Tabでは30種類のテクニカル指標や豊富な描画ツールなどが使えるのはもちろん、LIONチャートPlus+と同様に比較チャート機能を利用可能。iPadなどのタブレット端末でも比較チャートが使えるFX業者は貴重です。

ヒロセ通商 公式サイト

タイトルとURLをコピーしました