スマホアプリで5秒足や10秒足のチャートを表示できるFX業者(iPhone/Android)

オアンダジャパンアプリの秒足チャートここでは1秒足や10秒足など、秒足単位のチャートを表示できるFXスマホアプリ、スマホツール(iPhone・Android)を紹介しています。ティックや1分足のチャートが使えるアプリは多いのですが、秒足チャートを表示できるFXアプリは実はかなり少数派です。

当サイトで調査したところ、秒足単位のチャート対応を確認できた国内FX業者はOANDA Japan(オアンダ ジャパン)IG証券ヒロセ通商デューカスコピー・ジャパンの4社のみでした。そもそも秒足チャートを表示できるPC取引ツール自体少ないですから、スマホアプリでの対応となるとかなり少なくなります。もしかすると、スマホで5秒足や10秒足のチャートは見られないのではと思われている方もいらっしゃるかもしれません。短期トレードなどに役立ちますので、気になる方、お探しの方は各社のアプリケーションをぜひチェックしてみてくださいね。

秒足チャートに対応しているFX業者/アプリ

FX会社 搭載している足種 テクニカル指標の搭載数 公式サイト
[オアンダジャパン アイコン]
OANDA Japan
5秒足、10秒足、30秒足、1分足、5分足、10分足、15分足、30分足、1時間足、3時間足、4時間足、8時間足、日足、週足、月足 30種類 詳細
[IG証券 アイコン]
IG証券
ティック、1秒足、1分足、2分足、3分足、5分足、10分足、15分足、30分足、1時間足、2時間足、3時間足、4時間足、日足、週足、月足 26種類 詳細
[ヒロセ通商 アイコン]
ヒロセ通商
ティック、10秒足、1分足、5分足、10分足、15分足、30分足、1時間足、2時間足、4時間足、8時間足、日足、週足、月足 30種類 詳細
[デューカスコピー・ジャパン アイコン]
デューカスコピー・ジャパン
ティック、10秒足、1分足、5分足、10分足、15分足、30分足、1時間足、2時間足、4時間足、8時間足、12時間足、日足、週足、月足(※) 42種類 詳細

(※:デューカスコピー・ジャパンはAndroid版のみ2時間足、8時間足、12時間足に対応しています)

OANDA Japan「fxTrade(スマホ版)」

オアンダジャパンアプリの秒足チャート

OANDA Japan(オアンダ・ジャパン)のスマホアプリ版「fxTrade」は、多機能かつサクサク動く操作感が魅力の高機能ツール。5秒足、10秒足、30秒足を含む16種類の足種に対応しており、テクニカル指標は30種類と豊富に揃っています。IG証券やヒロセ通商のスマホツールでは1種類の秒足のみ対応していますが、OANDAのスマホアプリは3種類も対応しています。複数の秒足チャートにスマホで対応しているのはOANDAくらいでしょう。

また、多くのFXアプリでは足種を項目から選ぶのが普通ですが、OANDAのアプリはスライド操作で足種を変更できるのがスムーズで便利。参考に挙げた画像では分かりづらいかもしれませんが、チャートの下部に青色のバーが表示されており、このバーを操作すればスルスルと足種を変更できます。

OANDA Japanのスマホアプリはトレーダーの注文情報をチャートに表示できるオーダーブックや、豊富な描画オブジェクト、便利なアラート機能の搭載などさまざまな機能を兼ね備えています。今使っているFXアプリでは満足できない、もっと高機能なスマホアプリを使いたい、という方はOANDAのスマホアプリ版fxTradeをぜひチェックしてみてくださいね。

fxTrade(スマホ版)の基本スペック

足種 5秒足、10秒足、30秒足、1分足、2分足、5分足、10分足、15分足、30分足、1時間足、3時間足、4時間足、8時間足、日足、週足、月足
テクニカル指標 ボリンジャーバンド、一目均衡表、指数平滑移動平均、フラクタル、SMA(単純移動平均線)、加重移動平均、ピボット、ストラー・平均レンジ、高値、安値、始値、終値、パラボリック、Tick Volume、ADX、ATR、オーサムオシレーター、バランスオブパワー(BoP)、商品チャネル指数、アルティメットオシレーター、MACD、モメンタム、ROC、RSI、ストキャスティクスRSI、スロー、ファストストキャスティック、フルストキャスティック、標準偏差、ウィリアムズ%R
描画ツール トレンドライン、垂直線、水平線、フィボナッチ・リトレースメント、フィボナッチ・アーク、フィボナッチ・ファン、フィボナッチ・タイムゾーン、ベクトル、スピードライン、ピボット、分割線
その他の特徴 OANDAのトレーダーによる注文情報をチャート上に表示できる(オーダーブック)、オートチャーティストをスマホで利用可能複数のアラート機能を搭載(プッシュ通知対応)

OANDA Japan 公式サイト

IG証券「トレーディング・アプリ」

IG証券アプリの秒足チャート

IG証券のスマホアプリ「トレーディング・アプリ」でも秒足チャートを利用できます。OANDA Japanのアプリのように複数の秒足には対応していませんが、OANDAにはない1秒足チャートを表示させることが可能。チャートタイプはローソク足、ライン、バーチャート、山形の4種類を選択できます。参考に挙げている画像ではラインチャートで1秒足を表示しています。ちなみに、秒足ではないのですが2分足や3分足といったスマホアプリとしては珍しい足種を搭載してる点にも注目です。

IG証券のトレーディング・アプリは合計16種類の足種に対応しており、30種類近いテクニカル指標にも対応。描画オブジェクトは18種類も搭載しています。プライスアラートやテクニカル指標のアラートに対応しているのも特徴的。また、機能の豊富さも魅力なのですが、ヌルヌル動くチャートの操作性もポイントです。秒足チャートの動きでも体感できますが、本当にヌルヌル動きます。ハイスペックなFXスマホアプリをお探しの方は要チェック。


トレーディング・アプリの基本スペック

足種 ティック、1秒足、1分足、2分足、3分足、5分足、10分足、15分足、30分足、1時間足、2時間足、3時間足、4時間足、日足、週足、月足
テクニカル指標 アルーン、ATR、オーサム・オシレーター、ボリンジャーバンド、チャイキン・ボラティリティー、商品チャネル指数、デトレンディッド・プライス・オシレーター、ディレクショナル・ムーブメント、ドンチャル・チャネル、指数平滑移動平均(EMA)、EOM(EMV)、一目均衡表、KDJ、ケルトナー・チャネル、MACD、モメンタム、マネーフローインデックス、移動平均、パラボリックSAR、ピボット・ポイント、変化率、RSI、標準偏差、ストキャスティクス、出来高、出来高加重移動平均線、加重移動平均(WMA)、ウィリアムズ%R
描画ツール トレンドライン、垂直線、水平線、フィボナッチ・リトレースメント、フィボナッチ・エクステンション、ギャン・ファン、ギャンライン、ポイントライン、レクタングル、トライアングル、チャネル、エリオット波動(1波、2波、3波、4波、5波)、エリオット波動(A波、B波、C波)、オーバル、ピッチフォーク、ヘッド・アンド・ショルダー、テキスト、矢印、計測ツール
その他の特徴 リアルタイムに変動するレート、プッシュ通知対応のアラート機能、ウィジェットでレートを確認できる

IG証券 公式サイト

ヒロセ通商「LIONチャートPlus+(スマホ版)」

ヒロセ通商アプリの秒足チャート

ヒロセ通商のFXスマホアプリ版「LION FX」は残念ながら秒足チャートには対応していないのですが、スマホ環境でも使える「LIONチャートPlus+」では10秒足チャートを表示できます。LIONチャートPlus+はもともとPC用のチャートツールだったのですが、アップデートによりスマホ環境でも利用可能となりました。

LIONチャートPlus+は30種類のテクニカル指標に対応、最大4分割チャートの表示にも対応している高機能ツール。ブラウザ利用となりますので、操作性ではOANDAやIGの専用アプリに少し劣るのですが、分割チャートを使えるのは2社にはないメリットです。


LIONチャートPlus+(スマホ版)の基本スペック

足種 ティック、10秒足、1分足、5分足、10分足、15分足、30分足、1時間足、2時間足、4時間足、8時間足、日足、週足、月足
テクニカル指標 移動平均、回帰トレンド、一目均衡表、ボリンジャーバンド、HLバンド、指数平滑移動平均線、エンベロープ、加重移動平均、線形回帰分析、GMMA、ピボット、フィボナッチ・ピボット、スパンモデル、スーパーボリンジャー、パラボリック、モメンタム、RSI、移動平均乖離率、MACD、RCI、ストキャスティクス、ATR、CCI、ウィリアムズ%R、DMI、Aroon-Indeicator、Aroon-Oscillator、ROC、RVI、ZigZag
描画ツール トレンドライン、フィボナッチ・リトレースメント(自動描画)
その他の特徴 最大4分割チャートに対応、ヒロセ通商のトレーダーによる注文情報をチャートに表示可能、GMMAなどのテクニカル指標を搭載

ヒロセ通商 公式サイト

デューカスコピー・ジャパン「SWFX Trader JP」

デューカスコピー・ジャパンアプリの秒足チャート

デューカスコピー・ジャパンのアプリケーションは10秒足を利用可能。チャートの上部に各時間軸の項目が並んでおり、希望のものをタップすれば表示を変更できます。

アプリ内にはiPhoneとAndroidともに、40種類以上の豊富なインジケーターを標準装備。リアルな板情報や、チャートパターンの自動検出など魅力的な機能も備わっています。


SWFX Trader JPの基本スペック

足種 ティック、10秒足、1分足、5分足、10分足、15分足、30分足、1時間足、2時間足、4時間足、8時間足、12時間足、日足、週足、月足(※2時間足、8時間足、12時間足はAndroid版のみ)
テクニカル指標 RVI、STOCH、STOCHF、MACD、MOM、RSI、CCI、ADX、ULTOSC、BBANDS、LWMA、SMMA、SMA、MA、EMA、WMA、TRIMA、DEMA、TEMA、KAMA、MAMA、T3、HMA、ICHIMOKU、SAR、VOLUME、TVS、VOLUMEEXT、 DONCHIANCHANNEL、ATR、BWMFI、FRACTAL、ZigZag、STDDEV、NR、CLASSICPIVOT、FIBPIVOT、CAMPIVOT、PIVOTPOINT、WOODPIVOT、MAX、MIN
描画ツール トレンドライン、水平線、垂直線、半直線、線分、折れ線、長方形、三角形、楕円、多角形、上向き矢印、下向き矢印、価格レベル、タイム・マーカー、チャネル、StdDevチャンネル

デューカスコピー・ジャパン 公式サイト

タイトルとURLをコピーしました