10秒足でスキャルピング!秒足ができるFX業者はこちら

10秒足でスキャルピング!秒足ができるFX業者はこちら

1分足を使えるFXチャートツールは珍しくないですが、1分以下の秒足でチャートを表示できるツールは少ないです。10秒足や30秒足などを使えば1分足よりも細かく相場分析が可能。
数秒で利益を得ているスキャルピングトレーダーもいますし、バイナリーオプション取引で秒足を参考にしている方もいらっしゃるかもしれません。

そんな秒足をチャートに表示できるのは、どのFX業者のツールなのでしょうか? ここでは秒足表示に対応しているFX業者・ツールを紹介しています。気になるチャートツールがあればぜひチェックしてみてください。

秒足チャートを表示できるFX業者・ツール

FX会社 対応ツール 対応秒足 ツール利用条件 スマホ対応 公式サイト
[IG証券]IG証券 プロリアルタイムチャート x秒足(秒数カスタマイズ可能) 月4回以上の取引で無料(未満なら4,000円/月) 1秒足 詳細
Webブラウザ版取引システム 1秒足 無料
[ヒロセ通商]ヒロセ通商 LIONチャートPlus+ 10秒足 無料 10秒足 詳細
LION FX C2 10秒足 無料
[オアンダ ジャパン]オアンダ ジャパン Trading View 5秒足 無料 5、10、30秒足 詳細

(※:IG証券のプロリアルタイムチャートと、デューカスコピー・ジャパンのJForexでは、秒や分などの単位に対して数値を自由に設定できます。このようなチャート足のカスタム機能については、特集ページにて詳しく紹介しています)

 

スマホでも秒足を表示できるFX会社は?

秒足チャートをスマホで利用ここでは秒足対応のPC取引ツールを紹介していますが、IG証券やOANDA Japanではスマホアプリでも秒足チャートを表示することができます。上記の比較表にも掲載していますが、IG証券のスマホアプリは1秒足を搭載、OANDAのアプリは5秒と10秒と20秒足を搭載しています。

スマホアプリでの取引機会の多い方、スマホでチェックする機会の多い方は、スマホアプリ版の秒足の特集ページも用意していますので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね。

 

IG証券「ProRealTimeチャート」「新取引システム」

「ProRealTimeチャート」/(x)秒足チャートを表示

IG証券「ProRealTimeチャート」の設定

IG証券は上級者やプロトレーダー向けのツールとして、「ProRealTime(プロリアルタイム)チャート」を提供しています。月に4回以上の取引をすれば無料で使用可能(4回未満だと4,000円の使用量が必要)。

新取引システムは1秒足のみの表示ですが、プロリアルタイムチャートでは期間のカスタマイズをしていただけます。チャートの上の項目にあるところを「(x)秒」に変えて期間を指定するだけで完了です。

「新取引システム」/1秒足チャートを表示

IG証券「新取引システム」「ProRealTimeチャート」

2018年にIG証券のブラウザ取引システムが大幅バージョンアップ。デザインも変わりましたし、レートやチャートの動きもますますスピーディーになりました。
秒足は「1秒足」の表示に対応。チャートの左上にある時間軸の設定から選択できます。リアルタイムの値動きが気持ちいいほどで、秒足チャートの動きもなめらかです。

IG証券「ProRealTimeチャート」の設定

チャートタイプはローソク足やラインなど4種類から選択していただけます。

IG証券「ProRealTimeチャート」の設定

IG証券 公式サイト

ヒロセ通商「LIONチャートPlus+」「LION FX C2」

「LIONチャートPlus+」/10秒足チャートを表示

ヒロセ通商「LIONチャートPlus+」

ヒロセ通商では2つのチャートツールにて秒足チャートを表示することができます。まず最初に紹介するのは「LIONチャートPlus+」。ヒロセ通商はユーザーの要望などを受けて積極的なバージョンアップを行っており、その一環として新たに10秒足が追加されました。

LIONチャートPlus+はブラウザ仕様の高機能チャートなのですがそれほど複雑な構造ではなく、初心者の方にも扱いやすいシステムとなっています。ちなみに、このLIONチャートPlus+はスマホ環境での表示にも対応。

「LIONチャートPlus+」秒足の設定の仕方

チャート上部にある時間足メニューを開き、「10s」を選択すれば10秒足チャートに切り替わります。

ヒロセ通商「LIONチャートPlus+」の設定

「LION FX C2」/10秒足チャートを表示

「LION FX C2」/10秒足チャートを表示

ヒロセ通商の秒足に対応しているもう1つのツールは「LION FX C2」です。こちらも最初は秒足に対応していなかったのですが、バージョンアップを経て10秒足を利用可能となりました。

ヒロセ通商はスキャルピングを公認しているFX業者でもあり、スプレッドは業界最狭水準、さらに短期トレードにも役立つ取引ツールや多彩な注文方法も揃っているのが魅力です。

ヒロセ通商 公式サイト

 

ティック足と秒足、どちらを使うべきか?

ティック足は価格が変化したときに送受信される、ティックというデータの回数を基準に形成されるローソク足で分析するものです。非時系列チャートの一種で、時間の概念がありません。激しく価格が動くときはローソク足の形成も早く、ボラティリティが小さいときはローソク足の形成がゆっくりとなります。よって横軸が時間ではないので、1分足のチャートと比べるとやはり違ってきます。

一方、秒足であれば1分足チャートなどと同じような形状になります。価格が動かないときでも定期的にローソク足が生成され、最近では10秒足が人気のように思えます。

どちらを使うべきかは分析の考え方によって変わってきます。バイナリーオプションのように取引時間が決まっていれば秒足がいいのかもしれません。スキャルピングのスタイルに合わせて選ぶ必要があるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました