10秒足でスキャルピング!秒足対応のFX業者・ツール(MT4など)を紹介

10秒足でスキャルピング!秒足ができるFX業者はこちら

このページでは、10秒足などの秒足チャートが表示できるFX業者・チャートツールを紹介しています。10秒足や30秒足などを利用すれば、1分足よりも細かく相場分析が可能。ですが、1分足やティックチャートが使えるFXチャートツールは珍しくないものの、秒足でのチャート表示に対応しているFX業者は少数派です。

数秒で利益を得ているスキャルピングトレーダーの方や、バイナリーオプションでの取引にて秒足チャートを参考にしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。では、秒足チャートが使えるのはどのFX業者なのでしょうか?

当ページでは、秒足に対応している数少ないFX業者と、対応している取引ツールをピックアップ。10秒足や1秒足に対応しているチャートツールはもちろんのこと、ユーザーが秒数を指定して好きな秒足チャートを作れるツールも紹介しています。また、PCだけではなくスマホアプリで秒足を表示できるFX業者にもご注目を。秒足対応ツールをお探しの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

秒足チャートが使えるFX業者・ツール一覧表

秒足チャート対応のPCチャートツール

FX業者 対応ツール 対応秒足 特徴 公式サイト
[IG証券]IG証券 ProRalTimeチャート X秒足(カスタム足) 秒数を自由に指定可能 詳細
[IG証券]IG証券 ブラウザ版取引システム 1秒足 操作性抜群の最新ツール 詳細
[オアンダ ジャパン]OANDA Japan MT4 X秒足(カスタム足) 無料のMT4インジケーター、秒数を指定可能 詳細
[オアンダ ジャパン]OANDA Japan fxTrade
(TradingView)
5秒足 ブラウザ利用の高機能チャート 詳細
[JFX]JFX MT4(分析専用) 1秒足、2秒足、3秒足、4秒足、5秒足、6秒足、10秒足、12秒足、20秒足、30秒足 無料のMT4インジケーター、発注は非対応 詳細
[ヒロセ通商]ヒロセ通商 LIONチャートPlus+ 10秒足 チャート機能特化ツール 詳細
[ヒロセ通商]ヒロセ通商 LION FX C2 10秒足 シンプルな最新ツール 詳細
[ヒロセ通商]ヒロセ通商 .NET4 10秒足 総合的スペックの高い万能ツール 詳細

 

「カスタム足」とは?

上記の比較表にて、IG証券の「ProRealTimeチャート」とOANDA Japanの「MT4」にはカスタム足と記載しています。これは、5秒足や10秒足など利用できる秒足が決まっているツールに対して、秒数をユーザー自身が指定できる機能になります。

IG証券「ProRealTimeチャート」の設定
IG証券のProRealTimeはカスタム足機能を搭載

上記のようにProRealTimeチャートでは「(x)秒」と表示されており、好きな数字を入力すれば表示する秒足をカスタマイズ可能。ちなみに、IG証券のProRealTimeチャートでは秒足の他に、ティックや分足、時間足など8種類の単位でカスタム機能が使えます。使いたい時間足チャートがあるのに表示できない!とお困りの方は要チェック。

 

秒足チャートが使えるFXスマホアプリ

PCチャートツールの秒足対応も気になりますが、スマホアプリでも秒足チャートが使えるのかも気になります。PCツールと同様に、秒足が表示できるFXスマホアプリも少数派。下記表に対応アプリをまとめましたので、こちらも参考にしてみてくださいね。

FX会社 FXアプリ 対応足種 公式サイト
[OANDA Japan]OANDA Japan [オアンダジャパン アイコン]
OANDA Japan
5秒足、10秒足、30秒足、1分足、5分足、10分足、15分足、30分足、1時間足、3時間足、4時間足、8時間足、日足、週足、月足 詳細
[IG証券]IG証券 [IG証券 アイコン]
IG証券
ティック、1秒足、1分足、2分足、3分足、5分足、10分足、15分足、30分足、1時間足、2時間足、3時間足、4時間足、日足、週足、月足 詳細
[ヒロセ通商]ヒロセ通商 [ヒロセ通商 アイコン]
ヒロセ通商
ティック、10秒足、1分足、5分足、10分足、15分足、30分足、1時間足、2時間足、4時間足、8時間足、12時間足、日足、週足、月足 詳細
[岡三オンライン証券]岡三オンライン証券 [岡三オンライン証券 アイコン]
岡三オンライン証券
ティック、10秒足、1分足、5分足、10分足、15分足、30分足、1時間足、2時間足、4時間足、8時間足、12時間足、日足、週足、月足 詳細
[JFX]JFX [JFX アイコン]
JFX
ティック、10秒足、1分足、5分足、10分足、15分足、30分足、1時間足、2時間足、4時間足、8時間足、12時間足、日足、週足、月足 詳細

 

秒足が使えるFX業者・ツールの特徴は?

IG証券

IG証券

IG証券はPC対応ツールとして、「ProRealTimeチャート(プロリアルタイムチャート)」と「Webブラウザ版取引システム」の2つを提供しています。どちらも秒足チャートに対応しており、特におすすめなのが前者のProRealTimeチャート。

ProRealTimeチャートでは秒足をはじめ、分足や時間足、ティックなど8種類の単位ごとに表示するチャートをカスタマイズ可能です。10秒足や30秒足はもちろん、中途半端な数字を設定してチャート表示することも可能。チャート時間足のカスタム機能は非常に便利でおすすめです。

ProRealTimeチャート(プロリアルタイムチャート)

ProRealTimeチャート(プロリアルタイムチャート)

こちらがProRealTimeチャートの実際のチャート画面。チャートの時間軸を設定する箇所にて単位を選択し、お好みの数値を入力すればチャートに反映されます。上記画像では10秒足チャートを表示。

IG証券は上級者やプロトレーダー向けのツールとしてProRealTimeチャートを提供しています。時間足のカスタマイズ機能だけではなく、80種類以上のテクニカル指標やトレンドラインの自動描画、自動取引システムなどさまざまな機能を搭載。

ただし、月に4回以上の取引をすれば無料でお使いいただけるのですが、その条件を満たさなければ月4,000円の利用料が必要になりますのでご留意ください。高機能なチャートツールをお探しの方はぜひチェックしてみてくださいね。

Webブラウザ版取引システム

Webブラウザ版取引システム

こちらはIG証券のWebブラウザ版取引システム。この取引ツールでは1秒足チャートのみ表示することが可能です。ProRealTimeチャートのカスタム足に比べると機能的には劣りますが、ブラウザ版取引システムはインストール不要であり、かつ快適な操作性が魅力。シンプルな構造ですので初心者の方にもおすすめです。

IG証券「ProRealTimeチャート」の設定

チャートタイプはローソク足やラインなど4種類から選択していただけます。

IG証券「ProRealTimeチャート」の設定

IG証券 公式サイト

OANDA Japan

OANDA Japan(オアンダ ジャパン)

OANDA Japanも2種類の取引ツールを提供しており、「MT4」と「fxTrade」をご利用いただけます。どちらのツールでも秒足チャートを使えるのですが、それぞれ利用できる足種の種類と利用の形式が異なります。

特におすすめなのは前者のMT4(メタトレーダー4)。通常、MT4は秒足チャートに対応していないのですが、OANDAが提供しているオリジナルインジケーターを利用すれば、MT4上で秒足チャートを表示することが可能となります。インジケーターの利用は無料。

OANDA Japanでは無料で使えるオリジナルインジケーターが50種類以上も用意されています。同社の魅力はそれだけではなく、NDD方式を採用している取り引き環境や、最狭水準のスプレッド、MT5への対応開始などさまざまなメリットを持ちます。MT4で秒足を表示したい方におすすめ。

MT4(メタトレーダー4)

MT4(メタトレーダー4)

前述の通りMT4には秒足チャートが搭載されていないのですが、OANDA Japanで提供されている無料のインジケーターを利用すれば秒足チャートの利用が可能となります。要口座開設。秒足が使えるようになるインジケーターは「Oanda Tick Chart Trader」です。ティックチャートという名称なのですが、このツールは6種類の機能を搭載しており、その内の1つである「Seconds」にて秒足チャートの表示が可能です。

fxTrade(TradingView)

fxTrade(TradingView)

こちらはOANDAのもう1つの取引ツールである「fxTrade」のチャート画面です。fxTradeという名称なのですが、取引画面に組み込まれているのはTradingViewの提供する高機能チャート。このツールでは5秒足チャートのみお使いいただけます。

ブラウザ対応でインストール不要、チャートの拡大縮小などの操作が快適で、豊富なテクニカル指標を搭載し、比較チャート機能なども利用できます。

OANDA Japan 公式サイト

JFX

JFX

JFXでも「MT4(メタトレーダー4)」にて秒足チャートの表示が可能です。MT4に秒足チャートは標準搭載されていませんが、JFXでは無料で使えるオリジナルインジケーターを提供しており、これを利用すれば1秒足や10秒足など、10種類の秒足チャートの表示が可能となります。

ただし、JFXではMT4を分析専用ツールとして提供しており、発注機能には対応していません。MT4でチャート分析を行いつつ、発注は通常の取引ツールで行う形となります。

ちなみに、JFXはスキャルピングを公認しているFX業者でもあります。秒足チャートを見ながらスキャルピング取引をしたい方におすすめ。

MT4(分析専用ツール)

JFXのメタトレーダー4

JFXでは10種類以上のオリジナルインジケーターが提供されています。口座開設すればすべて無料で利用可能。その中の「JFX-10SecBar」「JFX-10SecBarMain」を使えば、MT4のチャートで秒足チャートを表示することができます。前者の10SecBarはサブウィンドウ表示で、後者の10SecBarMainはメインウィンドウに表示。

デフォルトは10秒足ですが、パラメーター設定にて1秒足、2秒足、3秒足、4秒足、5秒足、6秒足、10秒足、12秒足、20秒足、30秒足のいずれかを選択していただけます。

JFX 公式サイト

ヒロセ通商

ヒロセ通商【LION FX】

ヒロセ通商では2つのPC取引ツール「LIONチャートPlus+」「LION FX C2」にて秒足チャートをご利用いただけます。いずれも10秒足のみ対応。LIONチャートPlus+はチャート機能に特化したツールであり、LION FX C2はシンプルな構造で使いやすさを追求したツール。

LIONチャートPlus+

ヒロセ通商「LIONチャートPlus+」の設定

ヒロセ通商では2つのチャートツールにて秒足チャートを表示することができます。まず最初に紹介するのは「LIONチャートPlus+」。ヒロセ通商はユーザーの要望などを受けて積極的なバージョンアップを行っており、その一環として新たに10秒足が追加されました。チャート上部にある時間足メニューを開き、「10s」を選択すれば10秒足チャートに切り替わります。

LIONチャートPlus+はブラウザ仕様の高機能チャートなのですがそれほど複雑な構造ではなく、初心者の方にも扱いやすいシステムとなっています。ちなみに、このLIONチャートPlus+はスマホ環境での表示にも対応。

LION FX C2

「LION FX C2」/10秒足チャートを表示

ヒロセ通商の秒足に対応しているもう1つのツールは「LION FX C2」です。こちらも最初は秒足に対応していなかったのですが、バージョンアップを経て10秒足を利用可能となりました。

ヒロセ通商はスキャルピングを公認しているFX業者でもあり、スプレッドは業界最狭水準、さらに短期トレードにも役立つ取引ツールや多彩な注文方法も揃っているのが魅力です。

ヒロセ通商 公式サイト

 

ティック足と秒足、どちらを使うべきか?

ティック足は価格が変化したときに送受信される、ティックというデータの回数を基準に形成されるローソク足で分析するものです。非時系列チャートの一種で、時間の概念がありません。激しく価格が動くときはローソク足の形成も早く、ボラティリティが小さいときはローソク足の形成がゆっくりとなります。よって横軸が時間ではないので、1分足のチャートと比べるとやはり違ってきます。

一方、秒足であれば1分足チャートなどと同じような形状になります。価格が動かないときでも定期的にローソク足が生成され、最近では10秒足が人気のように思えます。

どちらを使うべきかは分析の考え方によって変わってきます。バイナリーオプションのように取引時間が決まっていれば秒足がいいのかもしれません。スキャルピングのスタイルに合わせて選ぶ必要があるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました