【11/12最新版】NZドル円取扱い業者のスワップポイント・スプレッド一覧比較(NZD/JPY)

NZドル/円のスワップポイント比較

オーストラリアのお隣の国であるニュージーランド。その通貨はニュージーランドドル(NZドル)で、キウイという俗称でも呼ばれます。NZドルの金利は「1.00%」(2019年11月20日時点)となっており、先進国の中でもトップクラス。スワップポイント狙いでNZドル円(NZD/JPY)を買っている投資家の方も多くいらっしゃいます。

さて、NZドル円(NZD/JPY)はほとんどのFX業者で取り扱われている通貨ペアですが、どの業者の買いスワップポイントが有利なのでしょうか? 利益を狙うのであればなるべくスワップの高いFX会社で取引したいところです。とはいえ、数多くの業者で取り扱われているので比較するのは面倒…。

そこで当ページでは、国内FX業者の中でもおすすめの会社に絞り、NZドル円の買いスワップポイントをまとめて比較しています。併せてスプレッドも比較していますのでそちらにもご注目を。いまNZドル円のスワップポイントが高いのはどのFX業者か? 各社のスワップポイントは随時更新していますので、業者選びにぜひご活用ください!

また、NZドル円に限らず、トルコリラ円やメキシコペソ円、豪ドル円などもまとめて比較しているページも用意していますので、そちらもチェックしてみてくださいね。

NZドル円取り扱い業者のスワップポイント一覧比較

【最終更新日:2019年11月12日(毎週更新)】

FX業者 買スワップ スプレッド 証拠金率 スワップポイントページ 公式サイト
[ヒロセ通商]ヒロセ通商 22 1 4 [スワップ一覧] 詳細
[岡三オンライン証券]岡三オンライン証券 22 1.5 4 [スワップ一覧] 詳細
[JFX]JFX 22 1 4 [スワップ一覧] 詳細
[アイネット証券(ループイフダン)]アイネット証券(ループイフダン) 22 6 4 [スワップ一覧] 詳細
[GMOクリック証券]GMOクリック証券 22 1.2 4 [スワップ一覧] 詳細
[みんなのFX]みんなのFX 22 1 4 [スワップ一覧] 詳細
[LIGHT FX]LIGHT FX 22 1 4 [スワップ一覧] 詳細
[SBI FXトレード]SBI FXトレード 22 0.9銭(※1) 4 [スワップ一覧] 詳細
[IG証券]IG証券 18 通常:4
最小:2.5
4 [スワップ一覧] 詳細
[セントラル短資FX]セントラル短資FX 18 0.9 4 [スワップ一覧] 詳細
[くりっく365]くりっく365 16 変動制 4 [スワップ一覧] 詳細
[マネーパートナーズ]マネーパートナーズ(nano) 15 1.8 変動制 [スワップ一覧] 詳細
[マネーパートナーズ]マネーパートナーズ(パートナーズFX) 14 1.2 変動制 [スワップ一覧] 詳細
[ゴールデンウェイ・ジャパン]ゴールデンウェイ・ジャパン 13 1 4 [スワップ一覧] 詳細
[FXプライムbyGMO]FXプライムbyGMO 13 2 4 [スワップ一覧] 詳細
[楽天証券]楽天証券 10 3.9 4 [スワップ一覧] 詳細
[マネックス証券]マネックス証券 5 1.5 4 会員ページで確認 詳細

(※:上記は2019年11月12日時点のスワップポイントです。日々変動しますので、最新のスワップポイントは各FX業者のスワップポイントページでご確認ください)
(※:スワップポイントは1万通貨単位、スプレッドは原則固定・例外ありです)
(※1:SBI FXトレードの基準スプレッドは注文数量によって4区分に分けられます。上記スプレッドの適用は1〜1,000通貨の注文のみ。1,001〜100万通貨の注文では1.19~19.8銭の提示実績。2019年9月2日7時~同年10月1日5時30分時点)

政策金利推移・NZドル円のチャート・分析

ニュージーランド政策金利の推移

ニュージーランドの政策金利は1.00%(2019年11月20日現在)です。

NZドル政策金利

一時は8%を超えていた金利も現在は4分の1まで下がりました。ただまだ1.00%あるという見方もできます。ちなみにオーストラリアは0.75%となっています。今後は景気がよくなるようようだと、金利上昇も見込めそうです。

NZドル/円の年足チャート

NZドル円の月足チャート

アベノミクスで上昇後、下落をしましたが、また再上昇しそうな勢いがあります。70円台を中心として上下に動いているように思えます。

やはり豪ドルの動きは見逃せない

ニュージーランドはオーストラリアのお隣の国ということもあるのか、為替市場は同じような動きをします。NZドル/円とオージー/円の月足を見てみましょう。

NZドル円と豪ドル円の相関

チャートで見た感じ相関は高いように思えます。
ただし、経済という点で見ると、オーストラリアは鉄鉱石など資源が豊富にあり資源輸出国であるのに対し、ニュージーランドは酪農が占める割合が大きいです。乳製品や農産物の価格に影響を受けます。そして両国とも中国経済の影響を受けやすいと言えるでしょう。中国のニュースによって大きく動くこともあるので注意が必要です。

 

Check!!

GMOクリック証券のプラチナチャートプラスGMOクリック証券の「プラチナチャートプラス」には比較チャートという機能が搭載されています。
これは複数の銘柄のチャートを同時に表示できるもので、NZドル/円と豪ドル/円のチャートを重ねて表示するといったことが可能です。

プラチナチャートプラスでは通貨ペア以外にも、日経平均、TOPIX、NYダウ、WTI原油、ロンドン金、日本国債(2年、5年、10年)、米国債(2年、5年、10年)から選ぶことができ、相関を見るときに非常に便利な機能となっています。

比較チャートに関しては特集ページも用意しています。プラチナチャートプラスについてもそちらで詳しくお伝えしていますので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

 

日本
日本
0.10%
豪州
豪州
0.75%
NZ
NZ
1.00%
南アフリカ
南アフリカ
6.50%
メキシコ
メキシコ
7.50%
トルコ
トルコ
14.00%

高金利通貨の取引でスワップポイントの利益を狙うのであれば、トルコリラ/円やメキシコペソ/円、豪ドル/円などの通貨ペアについての各社スワップも比較しておきたいです。以下の各特集ページを用意していますので、ぜひこちらもご参照ください。
スワップポイント早見表では6種類の通貨ペアに関してスワップポイントをまとめて比較しています!

FX業者のスワップポイント比較/早見表
買いスワップ一覧比較
FX業者の売りスワップポイント比較/早見表
売りスワップ一覧比較
トルコリラ/円スワップポイント比較
トルコリラ/円特集
メキシコペソ/円(MXN/JPY)取扱い業者のスワップポイント比較
メキシコペソ/円特集
米ドル/円(USD/JPY) おすすめ取扱い業者のスワップポイント比較
米ドル/円特集
南アフリカランド/円 
お薦め取扱い業者のスワップポイント比較
南アフリカランド/円特集
豪ドル/円(AUD/JPY) おすすめ取扱い業者のスワップポイント比較
豪ドル/円特集
ポーランドズロチ/円 お薦め取扱い業者のスワップポイント比較
ズロチ/円特集
タイトルとURLをコピーしました