ピボット・ポイント(Pivot)を使えるFXスマホアプリ特集(iPhone・Android)

ピボット・ポイントを使えるスマホアプリ特集

ここではピボット・ポイント(Pivot)を利用できるFXスマホアプリ、スマホツールを紹介しています。ピボットを搭載しているPC取引ツールは多いですが、実はスマホアプリやスマホ対応ツールでもピボットを使えるFX会社は少数派。描かれる各種のラインに対し、現在のレートがどう動いているのかは外出先でも逐一チェックしておきたいものですね。

ピボットをスマホでも利用できるFX会社を紹介していますが、IG証券サクソバンク証券のようにFXアプリにピボットを搭載している業者もあれば、ヒロセ通商FXプライムbyGMOのようにアプリには搭載していないけどブラウザ対応チャートで表示できる、というFX業者もあります。また、パラメーターが変更可能かどうかという違いもあります。比較表で各社のスペックをまとめて比較し、実際にスマホでピボットを表示させた画像も掲載しています。業者選び、FXアプリにぜひご活用ください。


ピボット・ポイント対応FXスマホアプリ一覧

FXアプリ/FX業者 対応形式 ピボットポイント フィボナッチピボット パラメーター変更対応 公式サイト
[IG証券 アイコン]IG証券 アプリ搭載 × 詳細
[オアンダ ジャパン アイコン]オアンダ ジャパン アプリ搭載 × × 詳細
[サクソバンク証券 アイコン]サクソバンク証券 アプリ搭載 × 詳細
[ヒロセ通商 アイコン]ヒロセ通商 ブラウザ利用 × 詳細
[ヒロセ通商 アイコン]FXプライムbyGMO ブラウザ利用 × × 詳細

IG証券「トレーディング・アプリ」

IG証券アプリのピボット

IG証券のスマホアプリ版「トレーディング・アプリ」は30種類近い数のテクニカル指標や、20種類近い種類の描画オブジェクトに対応。スマホアプリでありながら非常に高いスペックを誇る高機能ツールです。初心者の方には少し分かりにくいと感じる部分もあるかもしれませんが、さまざまな機能を兼ね備えており、今のスマホアプリには満足できないというような方は要チェック。

IG証券のトレーディング・アプリはピボットポイントに対応。ただ表示させられるだけではなく、IG証券はパラメーターの変更や各ラインのデザインを細かく変更できるのがポイントです。パラメーターの設定にて期間を「日間」「週間」「月間」に変更できたり、各ラインの表示色、線の形状といった細かな部分も自分好みにカスタマイズしたりすることが可能。

まとめ
  • スマホアプリ「トレーディング・アプリ」にピボット搭載!
  • ピボットのパラメーターと表示デザインを変更可能!
  • トレーディング・アプリは30種類近いテクニカル指標に対応!

IG証券 公式サイト

オアンダ・ジャパン「OANDA fxTrade(スマホ版)」

オアンダ ジャパンアプリのピボット

OANDA Japan(オアンダ・ジャパン)のiPhone・Android対応スマホアプリ「OANDA fxTrade(スマホ版)」もピボットを搭載しています。こちらのピボットは1つ前の足をもとに形成される仕様になっているため、水平線ではなく細かく動く5本のピボットポイントのトレンド線が表示されます。例えば、5秒足では前の5秒、時間足では1つ前の時間足から計算するといった形式。表示される5本のラインは好みの色に簡単に変更することが可能です。

実際に触ってみると分かりますが、オアンダ・ジャパンのスマホアプリは操作性がとてもいいです。チャートのスクロール操作がスムーズに行えますし、時間軸の変更はスライド操作で行えるのがスタイリッシュ。チャート上からの注文に対応していますので、テクニカル分析を行いながら発注の判断も行えます。

まとめ
  • スマホアプリ版「OANDA fxTrade」にピボットが搭載!
  • ピボットの表示色を変更可能!
  • 「OANDA fxTrade」はとにかく操作性が快適!

オアンダ・ジャパン 公式サイト

サクソバンク証券「SaxoTraderGO」

サクソバンク証券「SaxoTraderGO」のピボット

サクソバンク証券の高機能ツール「SaxoTraderGO」はマルチデバイス対応。PC版もスマホアアプリ版も提供されており、それぞれが連動するという特徴に注目です。例えばPC版で描いたラインがスマホアプリ版にも表示されます。自宅ではPCで取引、外出先でも同じチャート画面を表示させたいという方におすすめ。

SaxoTraderGOはスマホアプリでありながら50種類以上のテクニカル指標を搭載。ピボットポイントにも対応しています。ただピボットを利用できるだけでなく、パラメーターの変更とデザインの変更にも対応しているのが魅力。さらに、チャートのメインウィンドウに表示させるだけでなく、サブウィンドウに表示させることも可能です。

まとめ
  • スマホ版「SaxoTraderGO」はピボット対応!
  • パラメーター、デザインの細かな変更が可能!
  • メインウィンドウだけでなくサブウィンドウでの表示もできる!

サクソバンク証券 公式サイト

ヒロセ通商「LIONチャートプラス+(スマホ版)」

ヒロセ通商アプリのピボット

ヒロセ通商のスマホアプリ(LION FX スマホ版)は残念ながら、ピボットポイントは対応していません。ですが、ヒロセ通商の高機能チャートツール「LIONチャートプラス+」はピボットポイントに対応しており、このツールはスマホ環境でも利用できます。実際に表示させた画面が上記の画像。LIONチャートプラス+は30種類の豊富なテクニカル指標を搭載。LIONチャートプラス+はスマホアプリ版のLION FXから利用でき、口座開設者限定のサービスとなります。

また、LIONチャートプラス+では通常のピボットに加えて、「フィボナッチ・ピボット」も表示することも可能。フィボナッチ・ピボットも利用できるFX業者は貴重です。

LIONチャートプラス+はチャート分割機能にも対応。上記画像のように4つのチャートを表示して、それらにピボットを表示するということも可能です。スマホアプリのチャートに比べるとやや操作性が劣りますが、スマホで使えるチャートとしては高機能なので注目。

まとめ
  • LIONチャートプラス+(ブラウザ表示)がピボット対応!
  • フィボナッチ・ピボットも使える貴重なFX会社!
  • LIONチャートプラス+は最大4分割チャートにも対応!

ヒロセ通商 公式サイト

FXプライムbyGMO「プライムチャート(スマホ版)」

FXプライムbyGMO「プライムチャート(スマホ版)」のピボット

ヒロセ通商と同様に、FXプライムbyGMOではスマホアプリ(PRIMEアプリS)はピボットを搭載していませんが、高機能ツールの「プライムチャート」はピボットポイントに対応。このプライムチャートはスマホ環境でもブラウザにて表示することが可能です。口座開設者限定のサービス。

プライムチャートは54種類もの豊富なテクニカル指標を搭載。パラメーターの変更には対応していません。実際にチャートにピボットを表示させたのが上記画像で、チャートは2分割することもできます。テクニカル指標の豊富さで選ぶならFXプライムbyGMOの「プライムチャート」はおすすめ。

まとめ
  • プライムチャート(ブラウザ表示)がピボット対応!
  • プライムチャートは54種類のテクニカル指標を搭載!
  • 2分割チャートでピボットを表示することも可能!

FXプライムbyGMO 公式サイト

タイトルとURLをコピーしました