外為どっとコム『CFDネクスト』徹底解説!口座開設のやり方は?取扱い銘柄は?いくらから取引できる?

この記事には広告・プロモーションが含まれています

外為どっとコム『CFDネクスト』徹底解説!

ここでは、外為どっとコムの新サービス『CFDネクスト』を徹底解説しています。

CFDはFXと同じ感覚でゴールド(金)などの商品、日経225などの株価指数を取引できるサービス(対応銘柄は業者によって異なります)。国内でも取り扱い業者が着々と増加中です。

FX専業会社として20年以上の歴史を持つ外為どっとコムの『CFDネクスト』は、どのようなサービスなのでしょうか?

当記事では、『CFDネクスト』に関して調査時点で判明している情報を解説。新しい情報が入り次第、随時更新していくのでぜひ参考にしてみてくださいね。

 

提供開始日が2024年2月26日(月)に決定!

外為どっとコム『CFDネクスト』の提供開始日が2024年2月26日(月)に決定しました!提供開始日発表と同時に、取扱銘柄数が20銘柄(株価指数8銘柄、商品4銘柄、個別株式8銘柄)であることも発表。

具体的な銘柄内訳やスプレッド、取引時間などの情報も判明し次第、当記事の情報を更新していきます。

外為どっとコム『CFDネクスト』とは?

外為どっとコム『CFDネクスト』とは?

外為どっとコムが公式サイトにて新サービス『CFDネクスト』の提供決定を発表しました。

提供開始日は2024年2月26日(月)で、2月25日(日)のシステムメンテナンス終了後から申し込み可能となります。

取り扱い銘柄や取引数量について

外為どっとコム『CFDネクスト』とは?

公表されたお知らせには、「人気のある銘柄を揃えており、少額から、時間を選ばず、コストも抑えて、様々な銘柄に投資」できると明記されています。

取り扱い銘柄は20銘柄となっており、株価指数8銘柄、商品4銘柄、個別株式8銘柄の取引が可能。特に個別株式のCFDを扱っている業者は貴重なので要チェックです。

銘柄の内訳はまだ発表されていませんが、CFDで代表的な銘柄と言えば、ゴールド(金)や原油などの商品、日経225やNYダウなどの株価指数といったものが思い浮かびますね。

また、「少額から」取引可能とのことなので最低取引数量が抑えられて、少ない証拠金額から取引できることにも期待。「コストも抑え」られるというなので、スプレッドにも期待です。

外為どっとコムの『CFDネクスト』はゴールド(金)や日経225を取引できるのか?いくらから取引できるのか?スプレッドは?ツールは?といった点に関しては具体的な情報が入り次第、当記事でもお伝えします。

 

【続報】日本証券業協会・日本商品先物取引協会に加入

【続報】日本証券業協会・日本商品先物取引協会に加入

外為どっとコムの公式サイトにて、同社が「日本商品先物取引協会」「日本証券業協会」へ加入したと発表がありました。前者は2023年12月26日に加入済み。

おそらく、ゴールドなどの商品や日経225などの株価指数を取り扱うだろうな…という進展ですね。CFDサービス提供に向けて着々と動いています。サービス開始を待ちましょう。

外為どっとコム『CFDネクスト』基本スペック表

サービス開始日 2024年2月26日(月)
(※口座申込は2月26日システムメンテナンス後より可能)
口座開設方法 FX口座『外貨ネクストネオ』またはFX積立口座『らくらくFX積立』の開設後、マイページから申し込み
(※FX口座またはFX積立口座をお持ちでない場合はいずれかの開設が必要)
取扱銘柄 20銘柄(株価指数、商品、個別株式)
スプレッド 公開前
レバレッジ
(想定)
株価指数CFD:10倍
商品CFD:20倍
個別株式CFD:5倍
取引単位 公開前
注文上限 公開前
建玉上限 公開前
注文方法 公開前
取引時間 公開前
取引ツール PC:公開前
スマホ:公開前
デモ口座 公開前

外為どっとコム『CFDネクスト』の口座開設のやり方は?

外為どっとコム『CFDネクスト』の口座開設のやり方は?

外為どっとコムの『CFDネクスト』は、同社のFX口座『外貨ネクストネオ』またはFX積立口座『らくらくFX積立』を開設後に、マイページから申し込む形となります。

そのため、既にFX口座またはFX積立口座をお持ちの場合は、マイページから申し込み可能。どちらの口座もお持ちでない場合はいずれかの新規開設が必要です。

既存のサービスはは今からでも申し込めますので、興味のある方は公式サイトもチェックしてみてくださいね。

ちなみに、CFD口座は個人のお客様のみ開設可能となっており、法人口座は対象外となっています。

そもそも「CFD」とは?

そもそも「CFD」とは?

CFD(Contract For Difference)は日本語に訳すと差金決済取引。現物を所有することなく、価格の値動きの差によって損益が生じる取引のことをいいます。

価格差によって損益が発生する金融商品としてはFXが広く知られていますが、このFXも為替を対象としたCFDの1種となります。

CFD取引が行える銘柄はさまざま。業者によって取引できる銘柄は異なりますが、日経225やNYダウなどの株価指数、ゴールド(金)や原油などの商品、有名企業の株式などが対象となります。

CFDはFXと同様にレバレッジを活用した取引が可能であり、資金効率の良さが魅力。個人口座におけるFXのレバレッジが最大25倍と決まっているように、国内のCFDも最大レバレッジが定められています。

・商品(ゴールドなど)・・・最大20倍
・株価指数(日経225など)・・・最大10倍
・個別株式(Appleなど)・・・最大5倍
・バラエティ(VIX先物など)・・・最大5倍

そのため、外為どっとコムの『CFDネクスト』でも商品は最大20倍、株価指数は最大10倍、個別株式は最大5倍となるでしょう。

外為どっとコムってどんな会社?

外為どっとコムってどんな会社?

冒頭でもお伝えした通り、外為どっとコムは20年以上の歴史を持つ国内会社です。国内業者でFXを利用されている方であれば、ほとんどの方が外為どっとコムをご存じではないでしょうか。同社は裁量FXを中心に、FXバイナリーオプション、FX積立も展開。

外為どっとコムは総合的なスペックが高く、スプレッド、スワップポイント、高機能ツール、豊富なキャンペーンなど見所が満載です。

外為どっとコムってどんな会社?

スプレッドに関しては定期的に業界最狭水準スプレッドキャンペーンを開催しており、主要銘柄から高金利通貨ペアまで魅力的なスプレッドで取引可能。

スワップポイントも高水準であり、トルコリラ円や南アフリカランド円、メキシコペソ円、人民元円など多彩な銘柄でスワップを狙えます。

外為どっとコムってどんな会社?

取引ツールはPCインストール型ツール、PCブラウザ対応ツール、スマホアプリ、iPad対応アプリを提供。

スマホアプリ『外貨ネクストネオ「GFX」』は特に秀逸で、チャート機能、注文機能、アラート機能などが充実しています。アップデートを繰り返して進化し続けているのもポイントです。

外為どっとコムってどんな会社?

外為どっとコムは20年以上の歴史を持つ上に、口座数と預り金額が右肩上がりに推移しているのも見逃せません。口座数は実に60万以上。経験者はもちろん初心者からも選ばれています。

ちなみに、当サイトでは外為どっとコムへの訪問取材も実施。外為どっとコムの魅力、スマホアプリの見所などを語っていただきました。外為どっとコムについてもっと知りたい!という方はぜひ取材記事もチェックしてみてくださいね。

外為どっとコム 新規口座開設キャンペーン

外為どっとコム

外為どっとコム 基本スペック表

口座開設・取引手数料 通貨ペア 取引単位 ドル円スプレッド
無料 30通貨ペア 1,000通貨単位(※1) 0.2銭(※2)
1度の発注上限 Mac対応 スキャルピング デモ口座
500万通貨 公認(※3)

(※1:ロシアルーブル円のみ1万通貨単位で取引可能)
(※2:上記スプレッドはAM9:00〜翌AM3:00の時間帯、100万通貨以下の注文に適用、原則固定・例外あり)
(※3:業者のシステムの正常運用に支障をきたすおそれがある行為など、取引約款に抵触する行為には制限がかかる場合があります)

外為どっとコム 公式サイト

【会員限定】「外為どっとコムカード」もおすすめ!

【会員限定】「外為どっとコムカード」もおすすめ!

外為どっとコムで口座開設するのであれば「外為どっとコムカード」も要チェック。口座開設者だけが持てるカードです。

外為どっとコムカードはカード利用額の2%(初年度は3%)が「FXポイント」として還元されるのが特徴的。

【会員限定】「外為どっとコムカード」もおすすめ!

「FXポイント」は外為どっとコムの積立投資『外貨積立(らくつむ)』にて買付注文に利用できます。『外貨積立(らくつむ)』は簡単な設定で外貨の積立を始められるので、初心者の方におすすめ。

【会員限定】「外為どっとコムカード」もおすすめ!

外為どっとコムカードは、外為どっとコムの口座開設後にマイページから申し込み可能となっています。外為どっとコムを利用される方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

今すぐCFD取引したい方におすすめの業者はココ!

今すぐCFD取引したい方におすすめの業者はココ!

「外為どっとコムのCFDも楽しみだけど、今すぐCFD取引したい!」という方のために、既にCFDサービスを提供中のおすすめ国内業者も紹介します。

下記表ではおすすめ5社のみ掲載していますが、もっと多くの国内CFD業者を知りたい場合は、CFD業者をまとめた記事もご参照ください。

CFD取扱業者 取引手数料 取扱銘柄 業者の特徴 公式サイト
[IG証券]IG証券 株以外:無料
株:銘柄による
17,000銘柄以上
(株式、株価指数、商品、債券先物)
銘柄の多さで選ぶならIG証券
操作性抜群の取引ツール
詳細
[GMOクリック証券]GMOクリック証券 無料 162銘柄
(外国株、株価指数、商品、バラエティ)
東証プライム市場上場グループ
初心者おすすめの取引環境
詳細
[楽天証券]楽天証券(楽天MT4CFD) 無料 17銘柄
(株価指数、商品)
大手ネット証券会社
MT4でCFD取引
詳細
[GMO外貨]
GMO外貨
無料 20銘柄
(株価指数、商品、バラエティ)
TradingView対応
低水準スプレッド
詳細
[サクソバンク証券]サクソバンク証券 株以外:無料
株:銘柄による
9,000銘柄以上
(株式、株価指数、商品、債券先物)
機関投資家レベルの取引環境
TradingViewで株式CFD取引可能
詳細

 

CFD比較・特集記事一覧