ナスダック100先物(NASDAQ)CFD対応業者を比較!買い方、スプレッド、証拠金なども解説

ナスダック100先物(NASDAQ)CFD対応業者を比較!

ここでは、ナスダック100先物(NASDAQ100)のCFD取引対応の証券会社を徹底比較しています。

ナスダック100先物のCFD対応業者を一覧表にてまとめて紹介し、スプレッド・手数料」「最低証拠金・取引単位」「取引時間の各スペックに絞った比較も実施。

さらに、ナスダック100先物のCFD取引のレバレッジ倍率などの解説、買い方・取引方法もお伝えしています。対応業者をお探しの方、各社のスペックを比較したい方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

少額取引で始めるなら「LINE CFD」!
LINE CFDのサービス

少額からナスダック100の取引を始めたい方には「LINE CFD(LINE証券)」がおすすめ!

LINE CFDならナスダック100(米国NQ100先物)の取引単位が「0.01」となっているため、約1,700円という少額から取引を始められます(2022年8月1日時点)。

他社と比べても本当に少額なの?と気になる方は、最低証拠金・取引単位の比較表をご参照ください。

LINE CFDはナスダック100を含む株価指数をはじめ、米国株や日本株、金や原油などの商品銘柄など銘柄を取り扱い。多数の銘柄で少額から取引可能となっています。気になる方は公式サイトもチェックしてみてくださいね。

ナスダック100先物 CFD取り扱い業者比較

ナスダック100CFD取り扱い業者比較

ナスダック100先物のCFD対応業者一覧表

CFD取扱業者 取引手数料 取扱銘柄 業者の特徴 公式サイト
[IG証券]IG証券 株以外:無料
株:銘柄による
17,000銘柄以上
(株式、株価指数、商品、債券先物)
CFD銘柄が多彩
高性能PC・スマホツール
詳細
[GMOクリック証券]GMOクリック証券 無料 148銘柄
(株式、株価指数、商品、バラエティ)
大手ネット証券
初心者おすすめ
詳細
[LINE CFD]LINE CFD 無料 194銘柄
(株式、株価指数、商品、バラエティ)
少額取引におすすめ
高品質スマホツール
詳細
[サクソバンク証券]サクソバンク証券 株以外:無料
株:銘柄による
9,000銘柄以上
(株式、株価指数、商品、債券先物)
海外先物、外国株が豊富
プロ仕様の取引ツール
詳細
[DMM CFD]DMM CFD 無料 7銘柄
(株価指数、商品)
DMMグループ
厳選7銘柄のみ対応
詳細
[OANDA Japan]OANDA Japan 無料 16銘柄
(株価指数)
MT4・MT5対応
オリジナルインジ豊富
詳細
[楽天証券]楽天証券 無料 10銘柄
(株価指数、商品)
大手ネット証券
MT4対応
詳細
[ヒロセ通商]ヒロセ通商 無料 9銘柄
(株価指数)
高機能ツール
約定スピードに定評
詳細
[FOREX.com]FOREX.com 無料 17銘柄
(株価指数)
TradingView対応
ノックアウトオプション対応
詳細
[EZインベスト証券]EZインベスト証券 無料 10銘柄
(株価指数)
MT4対応 詳細
[SBI証券(くりっく株365)]SBI証券(くりっく株365) 50円/枚
(税込)(※1)
7銘柄
(株価指数、商品)
大手ネット証券
豊富なマーケット情報
詳細
[岡三オンライン(くりっく株365)]岡三オンライン(くりっく株365) 30円/枚
(税込)(※1)
7銘柄
(株価指数、商品)
岡三証券グループ
多彩なツール提供
詳細
[ひまわり証券(くりっく株365)]ひまわり証券(くりっく株365) 15円/枚
(税込)(※1)
7銘柄
(株価指数、商品)
ループ・イフダン対応
手数料が業界最安(※3)
詳細
[マネースクエア(くりっく株365)]マネースクエア(くりっく株365) 33円/枚
(税込)(※1)
7銘柄
(株価指数、商品)
トラリピ対応
セミナー充実
詳細

(※1:SBI証券、岡三オンライン、ひまわり証券、マネースクエアのくりっく株365における上記手数料はナスダック100の情報を記載しています)

 

GMOクリック証券が9銘柄の新規取扱を開始!
米国半導体ETFなど9銘柄の新規取扱を開始!

GMOクリック証券が2022年4月11日(月)より、CFDサービスにて9銘柄の新規取り扱いを開始しました。

追加されたのは半導体関連銘柄を中心としたもので、「米国半導体ETF」「AMD」「クアルコム」などが登場。さらに「NQ100ブル3倍ETF」も新たに加わりました。

米国半導体ETFなど9銘柄の新規取扱を開始!

対応銘柄が追加されて選択肢の幅が広まったGMOクリック証券のCFD取引。今後の銘柄追加にも期待です。

 

スプレッド・手数料を比較

CFD業者 スプレッド方式 スプレッド スプレッド変動幅 取引手数料 公式サイト
[IG証券]IG証券 変動制 2.0 2.0〜5.0 無料 詳細
[GMOクリック証券]GMOクリック証券 変動制 1.1 0.5〜1.3 無料 詳細
[LINE CFD]LINE CFD 変動制 1.0 1.0〜1.8 無料 詳細
[サクソバンク証券]サクソバンク証券 変動制 2.0 1.0〜2.0 無料 詳細
[DMM CFD]DMM CFD 原則固定制 2.0 無料 詳細
[OANDA Japan]OANDA Japan 変動制 1.9 1.7〜2.2 無料 詳細
[楽天証券CFD]楽天証券CFD 変動制 2.1 1.0〜2.7 無料 詳細
[ヒロセ通商]ヒロセ通商 変動制 2.0 1.5〜2.0 無料 詳細
[SBI証券(くりっく株365)]SBI証券(くりっく株365) 変動制 6.0 4.0〜6.0 50円/枚(税込) 詳細
[岡三オンライン証券(くりっく株365)]岡三オンライン証券(くりっく株365) 変動制 6.0 4.0〜6.0 30円/枚(税込) 詳細
[ひまわり証券(くりっく株365)]ひまわり証券(くりっく株365) 変動制 6.0 4.0〜6.0 15円/枚(税込) 詳細
[マネースクエア]マネースクエア 変動制 6.0 4.0〜6.0 33円/枚(税込) 詳細

(※:DMM CFD以外の「スプレッド」項目に記載している各社の数値は2022年8月1日時点に公式サイトまたは取引ツールで確認した主なスプレッドです。「スプレッド変動幅」には公式サイトまたは取引ツール上で確認した変動幅を記載しています。これらの業者のスプレッドは常に変動しますので、最新の情報は取引画面でご確認ください)
(※:DMM CFDのみ上記スプレッドは原則固定・例外あり)

 

最低証拠金・取引単位を比較

CFD取扱業者 最低取引数量 最低証拠金額 レバレッジ 公式サイト
[LINE CFD]LINE CFD 0.01単位 1,700 最大10 詳細
[IG証券]IG証券 0.1単位 12,900 最大10 詳細
[GMOクリック証券]GMOクリック証券 0.1単位 17,200 最大10 詳細
[サクソバンク証券]サクソバンク証券 1単位 171,700 最大10 詳細
[DMM CFD]DMM CFD 1単位 171,700 最大10 詳細
[OANDA Japan]OANDA Japan 0.1単位 17,200 最大10 詳細
[楽天証券]楽天証券 1単位 171,700 最大10 詳細
[ヒロセ通商]ヒロセ通商 0.1単位 19,100 最大10 詳細
[EZインベスト証券]EZインベスト証券 1単位 171,700 最大10 詳細
[SBI証券(くりっく株365)]SBI証券(くりっく株365) (※1) 5,660 変動制 詳細
[岡三オンライン証券(くりっく株365)]岡三オンライン証券(くりっく株365) (※1) 5,660 変動制 詳細
[ひまわり証券(くりっく株365)]ひまわり証券(くりっく株365) (※1) 5,660 変動制 詳細
[マネースクエア(くりっく株365)]マネースクエア(くりっく株365) (※1) 5,660 変動制 詳細

(※:2022年8月1日時点に確認した銘柄の価格、ドル円レートを元に算出した最低証拠金を掲載しています。IG証券のみ取引画面で確認した維持証拠金を掲載しています。ヒロセ通商は公式サイトで公開されている最低証拠金額を掲載しています。必要証拠金は常に変動しますので、実際に取引される際は最新の情報をご確認ください)
(※:GMOクリック証券は「米国NQ100ミニ(0.1取引単位)」と「米国NQ100(1取引単位)」に対応しており、上記表では前者のミニ銘柄の最低証拠金額を掲載しています)
(※:くりっく株365の最低証拠金額は東京金融取引所が算出している2022年8月1日〜2022年8月5日の期間における証拠金基準額を掲載)
(※1:くりっく株365では株価指数の数値×10円から取引可能です)

 

取引時間を比較

CFD取扱業者 冬時間 夏時間 公式サイト
[IG証券]IG証券 24時間 24時間 詳細
[GMOクリック証券]GMOクリック証券 8:00〜翌6:15 7:00〜翌5:15 詳細
[LINE CFD]LINE CFD 8:00〜翌6:05 7:00〜翌5:05 詳細
[DMM CFD]DMM CFD 月曜=9:00〜翌6:15
火〜木曜=8:00〜翌6:15
金曜=8:00〜翌5:50
月曜=8:00〜翌5:15
火〜木曜=7:00〜翌5:15
金曜=7:00〜翌4:50
詳細
[OANDA Japan]OANDA Japan 8:00〜翌7:00 7:00〜翌6:00 詳細
[楽天証券]楽天証券 8:00〜翌6:55 7:00〜翌5:55 詳細
[ヒロセ通商]ヒロセ通商 8:00〜翌7:00
(土曜は6:30まで)
7:00〜翌6:00
(土曜は5:30まで)
詳細
[EZインベスト証券]EZインベスト証券 8:00〜翌7:00 7:00〜翌6:00 詳細
[SBI証券(くりっく株365)]SBI証券(くりっく株365) 8:30〜翌6:00 8:30〜翌5:00 詳細
[岡三オンライン(くりっく株365)]岡三オンライン(くりっく株365) 8:30〜翌6:00 8:30〜翌5:00 詳細
[ひまわり証券(くりっく株365)]ひまわり証券(くりっく株365) 8:30〜翌6:00 8:30〜翌5:00 詳細
[マネースクエア(くりっく株365)]マネースクエア(くりっく株365) 8:30〜翌6:00 8:30〜翌5:00 詳細
[SBI証券(くりっく株365)]SBI証券(くりっく株365) 8:30〜翌6:00 8:30〜翌5:00 詳細
[岡三オンライン(くりっく株365)]岡三オンライン(くりっく株365) 8:30〜翌6:00 8:30〜翌5:00 詳細
[ひまわり証券(くりっく株365)]ひまわり証券(くりっく株365) 8:30〜翌6:00 8:30〜翌5:00 詳細
[マネースクエア(くりっく株365)]マネースクエア(くりっく株365) 8:30〜翌6:00 8:30〜翌5:00 詳細

(※:いずれも月曜〜金曜の営業日における取引時間を掲載)

 

ナスダック100(NASDAQ100)とは?

ナスダック100CFDとは?

ナスダック100(NASDAQ100)は証券取引所のナスダックに上場している中でも、金融銘柄を除いた時価総額上位100銘柄で構成されている株価指数です。略称はNDX。

ナスダック100の特徴は「米国を中心に世界トップクラスのIT企業が数多く組み込まれている」という点です。

アップルアマゾンテスラといった米国を代表する銘柄だけでなく、中国の百度(バイドゥ)など米国外の銘柄も含まれています。

アップルなどのハイテク銘柄は景気敏感株と呼ばれる銘柄です。ナスダック100はハイテク銘柄の中でも厳しい採用基準をパスした銘柄が選別されて組み込まれています。

米国を中心とした世界的なIT企業の景気動向を示す指標であるため、全世界の投資家が注目する株価指数の1つです。

ナスダック100の値動き、チャート

ナスダック100CFD

上記の画像はナスダック100の2008年から2021年までの月足チャートです。一目瞭然ですが、2008年から10年以上に渡って右肩上がりを継続しています

この力強さが米国経済の成長力を如実に表しています。2020年3月には全世界で未曾有のコロナパンデミックが起こりましたが、長期スパンでみればその下落さえも上昇トレンドの一部でしかありません。

ナスダック100CFD

上記は2021年5月から11月までの日足チャートです。右肩上がりを続けるナスダック100でも、局所的には下落と上昇を繰り返しています。

2021年5月から6月は米国の長期金利が上昇しハイテク株を中心に売りが広がりました。

2021年9月から10月にかけては、FRB(米連邦準備理事会)がコロナパンデミックからの経済回復が進展しているとして金融緩和策を段階的に縮小していく観測が高まり、株価に織り込まれる形で下落しました。

このように長期的に上昇している相場でも短期的には下落と上昇を繰り返して相場は動きますこの値動きを捉えるのに最適なのがCFD取引です

ナスダック100先物のCFD取引とは?

CFD取引とは、「Contract for Difference」の略称で日本語では差金決済取引を指します。

FX(外国為替証拠金取引)もCFD取引の1種であり、ナスダック100のような株価指数であれば株価指数CFDといいます。

CFDの仕組み(GMOクリック証券公式サイトより)

CFD取引は現物を実際に売買するのではなく、価格変動によって生じる差額を損益とする取引方法です。取引対象はニューヨーク証券取引所に上場されているナスダック100先物です。

株価指数CFD取引では、ナスダック100先物のレートを参照(原資産)し、その値動きを利用して売買差益を狙うことができます。

売りから取引に入る(空売り)ができるため、ナスダック100が下落トレンドに転換したタイミングでもトレードチャンスとなるのがCFD取引の大きなメリットです

また、以下でも詳しく解説しますが株価指数CFDでは最大10倍のレバレッジをかけることも可能。ナスダック100の現物取引よりも取引の幅が格段に広がるのがCFD取引の特徴になります。

 

Check!!

CFD取引の銘柄名はCFD業者によって異なります。例えば、GMOクリック証券では「米国NQ100」「米国NQ100ミニ」、IG証券では「米国テク株100」、DMM CFDでは「NDQ100/USD」といった表記です。いずれもナスダック100先物を原資産とするという点は変わりませんが、銘柄名が違う点にはご注意ください。

ナスダック100のCFD取引は「レバレッジ10倍」

ナスダック100のCFD取引は「レバレッジ10倍」

ナスダック100先物の価格は2021年11月8日時点で16,359ドルとなっており、1ドル=113円として円換算すると約1,848,000円という価格になります

普通に買うとなるとある程度まとまった資金が必要ですが、CFD取引であればレバレッジをかけることで、より少ない証拠金から取引を始められます。

国内のCFD対応各社では、ナスダック100(NASDAQ100)を含む株価指数CFDにおいて、最大10倍のレバレッジを利用可能。つまり10%の証拠金で取引を開始できます。

IG証券

IG証券のナスダック100(米国テク株100)CFD取引画面

ナスダック100のCFD取引に対応したIG証券では、最小0.1ロットあたり約16,000円の証拠金から取引がスタート可能

最低証拠金は価格変動とともに常に変わりますが、少額からナスダック100の値動きを狙えるのはIG証券の大きな利点です。さらに、原則24時間(土日除く)取引できるなど、取引時間の長さもIG証券の注目ポイント。

当サイトでは調査時点における各社の最低証拠金(いくらから取引できるか?)を表にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

CFD対応業者を総合的なスペックで比較している特集ページも用意しています。CFD対応業者についてもっと知りたい!という方はそちらも参考にしてみてくださいね。

ナスダック100以外の株価指数CFD特集ページ

日経225(日本225)CFD対応の証券会社を徹底比較!証拠金、スプレッド、取引時間などを解説
日経225CFD特集
NYダウ先物(米国30)CFD対応業者を徹底比較!最低証拠金額やスプレッド、取引時間を比較
NYダウCFD特集
S&P500先物(米国500)CFD対応の証券会社を徹底比較!IG証券やGMOクリック証券のスペックを紹介
S&P500CFD特集

ナスダック100CFDの買い方・取引方法は?

ナスダック100CFDの買い方・取引方法は?

ナスダック100先物(NASDAQ100)のCFD取引をする場合は、まず対応している証券会社にて口座開設を行う必要があります。IG証券やGMOクリック証券など、各社の公式サイトを開くと「口座開設はこちら」といったボタンがありますので、そこから手続きを行えます。

口座開設が完了すれば取引ツールにログインが可能となります。当ページで紹介している各社はPCツールはもちろん、スマホツールにも対応。いずれかのツールから、ナスダック100先物のCFDなど取り扱い銘柄の取引を行えます。

ナスダック100CFDの買い方・取引方法は?

上記画像はIG証券の「ウェブブラウザ版取引システム(PC対応)」。IG証券は株価指数や商品などジャンルによって口座が異なっており、ナスダック100先物のCFD取引は株価指数口座でご利用いただけます。

取引ツールは業者によって異なりますが、取引したい銘柄を選択して、注文方式やロット数を選択し、注文を確定するといった流れは大体同じになります。

 

ナスダック100先物CFDのおすすめ業者はココ!

最後に、ナスダック100先物(NASDAQ100)のCFD取引におすすめの業者をご紹介します。ナスダック100を含むCFD銘柄の取り扱い数、取引ツールの使いやすさ、業者自体の特徴などを考慮してピックアップ。気になる業者があれば公式サイトもチェックしてみてくださいね。

IG証券

IG証券のCFDサービス

CFD取引に対応している国内業者の中でも、IG証券は特におすすめの業者。ナスダック100先物のCFD取り扱いはもちろんのこと、日本225などの株価指数、金や原油などの商品、テスラやアップルなどの米国株式のCFDにも対応17,000以上もの銘柄でCFD取引が可能となっています

IG証券は「米国テク株100種株価指数」という名称にて、ナスダック100のCFD取引が提供されています。ちなみに、当ページでは円建ての銘柄をメインに紹介していますが、同社ではドル建ての銘柄でも取引可能。

IG証券は銘柄数が豊富な上に、それ以外のスペックやツールもメリットが多いのが大きな魅力です。ナスダック100先物のCFD取引は原則24時間利用でき、取引上限が原則無制限というのもポイント。GMOクリック証券やDMM CFDよりも少ない証拠金から取引を始められる点も特徴となっています。

IG証券の新規口座開設キャンペーン!
IG証券で開催中の口座開設キャンペーン

IG証券はナスダック100を含む多彩な取扱銘柄や高機能ツールもおすすめですが、同社の新規口座開設キャンペーンも要チェック。口座開設、キャンペーン登録(メール送信)、初回取引などの条件達成で5,000円をキャッシュバック、さらに取引条件を満たせば最大50,000円をキャッシュバック!

IG証券の新規口座開設キャンペーンは先着600名様限定。キャンペーン詳細は別ページでお伝えしていますので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

IG証券 ナスダック100(NASDAQ100)CFDスペック表

対応銘柄 米国テク株100種株価指数(参考銘柄:ナスダック100)
(※:円建て・ドル建てを選択可能)
取引手数料 無料
スプレッド方式 変動制
取引単位 0.1単位
取引時間 24時間
レバレッジ 最大10倍
注文方法 成行注文、指値注文、逆指値注文、IFD注文、IFO注文、スピード注文、トレーリングストップ、ノースリッページ注文
PC取引ツール ウェブブラウザ版取引システム(基本ツール)、ProRealTimeチャート(上級者向けツール)
スマホアプリ トレーディング・アプリ(iPhone・Android)
デモ取引
ナスダック100以外のCFD銘柄 株価指数CFD:約40銘柄
株式CFD:約12,000銘柄
(日本株250銘柄以上、外国株約12,000銘柄)
商品CFD:約70銘柄
債券先物CFD:約10銘柄

IG証券 公式サイト

GMOクリック証券

GMOクリック証券のCFDサービス

大手ネット証券でCFD取引を利用したい!という方にはGMOクリック証券がおすすめ。同社は東証プライム市場上場のGMOインターネットグループによる大手ネット証券です。GMOクリック証券では「米国NQ100」という名称で、ナスダック100先物のCFD取引が提供されています。

また、「米国NQ100ミニ」への対応も開始。米国NQ100は1単位(CFD価格の1倍)から取引となりますが、ミニ銘柄であれば0.1単位(CFD価格の0.1倍)の少額から取引が可能。

GMOクリック証券はナスダック100の株価指数をはじめ、商品や株式など多彩な銘柄でCFD取引が可能なのが魅力。大手ネット証券かつ色々な銘柄が揃っている業者で選ぶなら、GMOクリック証券は要チェックです。

また、GMOクリック証券は取引ツールの使いやすさが魅力。銘柄の検索や注文の選択、チャート操作などがとても快適かつ分かりやすいので、経験者の方はもちろん初心者の方にもおすすめです。

GMOクリック証券 ナスダック100(NASDAQ100)CFDスペック表

対応銘柄 米国NQ100(原資産:E-mini NASDAQ100先物)
米国NQ100ミニ(原資産:Micro E-mini NASDAQ100先物)
取引手数料 無料
スプレッド方式 変動制
取引単位 米国NQ100:1単位
米国NQ100ミニ:0.1単位
取引時間 冬時間:8:00〜翌6:15
夏時間:7:00〜翌5:15
レバレッジ 10倍
注文方法 スピード注文、成行注文、指値注文、逆指値注文、トレール注文、IFD注文、OCO注文、IFD-OCO注文
PC取引ツール ブラウザ取引ツール、はっちゅう君CFD(インストール型)、プラチナチャート(ブラウザ対応の高機能チャートツール)
スマホアプリ GMOクリックCFD(iPhone・Android)
デモ取引
ナスダック100含むCFD銘柄 148銘柄(株価指数、商品、株式、バラエティ)

GMOクリック証券 公式サイト

LINE CFD

LINE CFDのCFDサービス

LINE CFDはLINE証券が提供しているサービス。LINE証券はライトユーザー向けの投資サービスを運営しており、LINE CFDに関しても初心者おすすめの環境を実現しています。ですがもちろん、銘柄が豊富でアプリも高機能ですので経験者の方にもおすすめ。

まず注目していただきたいのが、最低取引数量の少なさです。当記事の冒頭でも触れていますが、LINE CFDではナスダック100の最低取引数量が「0.01」。

IG証券やGMOクリック証券の「0.1」と比べると10分の1、サクソバンク証券やDMM CFDの「1」と比べると100分の1の数量から取引が可能です。

まずは少額から取引を始めたい方にはLINE CFDが要チェック。また、ナスダック100を含む株価指数だけでなく、金や原油、天然ガスなどの商品、米国株式と日本株式、バラエティ銘柄なども取引できます。

LINE CFDのスマホ取引ツール

さらに、LINE CFDはスマホツールも秀逸。初心者向けのスマホツールと高機能なスマホアプリを用意しており、ニーズに合わせて使い分けられるのも魅力です。より詳しい情報は特集記事または公式サイトでチェックしてみてくださいね。

LINE CFD ナスダック100(NASDAQ100)CFDスペック表

対応銘柄 米国NQ100先物
取引手数料 無料
スプレッド方式 変動制
取引単位 0.01単位
取引時間 冬時間:8:00〜翌6:05
夏時間:7:00〜翌5:05
レバレッジ 10倍
注文方法 ストリーミング注文、成行注文、指値注文、逆指値注文、OCO注文、IFD注文、IFD-OCO注文、全決済注文
PC取引ツール ブラウザ取引画面
スマホアプリ LINE CFD アプリ(iPhone・Android)、LINE CFD ライト版(LINEアプリ内で使用)
デモ取引 ×(※ゲストモードでの取引画面の閲覧は可能)
ナスダック100含むCFD銘柄 194銘柄(株価指数、商品、株式、バラエティ)

LINE CFD 公式サイト

【LINE CFD】人気4銘柄スプレッド縮小キャンペーン!
【4銘柄スプレッド縮小】CFDタイムセール

LINE CFDでは現在、LINE証券3周年を記念したCFDタイムセールを開催中!人気4銘柄(金、原油先物、日本225先物、米国NQ100先物)を対象として、時間帯限定のスプレッド縮小キャンペーンを実施しています。

縮小スプレッドは18:00〜23:00(土日祝除く)の時間帯にて適用。キャンペーン期間は2022年7月1日〜2022年8月31日までとなっています。スプレッドの狭い業者で取引したい方はこの機会をお見逃しなく!

サクソバンク証券

サクソバンク証券のCFDサービス

より本格的な取引環境をお求めの方はサクソバンク証券にぜひご注目を。サクソバンク証券は全世界170カ国80万人以上のトレーダーが利用するグローバルプロバイダーであるサクソバンクグループの日本法人です。

専業トレーダーやプロトレーダー向けに機関投資家レベルの取引環境を提供しているのがサクソバンク証券の大きな魅力。CFD銘柄は約9,000種類以上を取り扱いしており、特に海外先物や外国株式を豊富に取り扱っています。

サクソバンク証券のCFDサービス

株価指数CFDでは、ナスダック100をはじめ日経225、NYダウ、S&P500など主要25銘柄に対応。IG証券やGMOクリック証券と比べると取引単位は大きい(1ロットあたり約16万円)ですが、これも上級者向けのCFD業者だからこそ。

取引ツールも世界で数々の受賞歴を誇るハイスペックツールを提供しています。また、インターバンク直結のMT4口座にも対応。プログラムを組める方であればAPIも公開されているため、独自の取引プラットフォームを構築することができます。

株価指数CFD初心者には少し敷居の高い業者ですが、プロ仕様の取引環境がいい、専業で取り組めるCFD業者を探しているという方はサクソバンク証券をぜひチェックしてみてください。

サクソバンク証券 ナスダック100(NASDAQ100)のCFDスペック表

対応銘柄 米国N100種株価指数
取引手数料 無料
スプレッド方式 変動制
取引単位 1単位
取引時間 24時間
レバレッジ 最大10倍
注文方法 成行注文、指値注文、逆指値注文、トレーリングストップ
PC取引ツール SaxoTraderGO、SaxoTraderGO(Webブラウザ版)
スマホアプリ SaxoTraderGO(スマホアプリ版)
デモ取引
ナスダック100以外のCFD銘柄 株価指数CFD:25銘柄
株式CFD:約9,000銘柄以上
(日本株1,500銘柄以上、外国株約8,000銘柄)
その他、商品CFD、債券先物CFD

サクソバンク証券 公式サイト

DMM CFD

DMM CFDのCFDサービス

DMM CFDはDMMグループによるサービス。DMM CFDでは「NDQ100/USD」という銘柄名でナスダック100先物のCFD取引が提供されています。同社のCFDサービスはナスダック100を含めて7銘柄に厳選されているのが特徴的。

また、当ページでは複数のCFD取り扱い業者を紹介していますが、その中でもナスダック100のCFDにて原則固定スプレッドを採用しているのはDMM CFDのみ。取り扱っている7銘柄すべてで原則固定スプレッドが採用されています。

DMM CFDは扱いやすい取引ツールの提供もメリットの1つ。取引ツールはPC・スマホ共にブラウザ環境で利用できるのでインストールは不要です。PC用に提供されている「プレミアチャート」はチャート分析に特化したツールでおすすめ。

DMM CFD ナスダック100(NASDAQ100)CFDスペック表

対応銘柄 NDQ100/USD(ナスダック100指数)
取引手数料 無料
スプレッド方式 原則固定制
取引単位 1単位
取引時間 冬時間:月曜=9:00〜翌6:15、火〜木曜=8:00〜翌6:15、金曜=8:00〜翌5:50
夏時間:月曜=8:00〜翌5:15、火〜木曜=7:00〜翌5:15、金曜=7:00〜翌4:50
レバレッジ 10倍
注文方法 ストリーミング注文、指値注文、逆指値注文、IFD注文、OCO注文、IFO注文
PC取引ツール DMMCFD STANDARD(ブラウザ対応、iPadでも利用可能)、DMMCFD PLUS(ブラウザ対応、高機能取引ツール)、プレミアチャート(チャート機能特化のブラウザツール)
スマホツール DMMCFD スマホ(ブラウザ対応)
デモ取引 ×
ナスダック100以外のCFD銘柄 株価指数CFD:3銘柄
商品CFD:3銘柄

DMM CFD 公式サイト

原則固定スプレッドはDMM CFDだけ
CFD業者のスプレッドは原則固定?変動制?

当ページに掲載している業者では、DMM CFD以外の各社はスプレッドが変動制となっています。国内のFX業者では原則固定スプレッドの採用が多く見られますが、CFDに関しては変動制スプレッドの方が多くなっています。

上記比較表では、各社の公式サイトや取引ツール上で確認できた調査時点におけるスプレッドを掲載。変動制スプレッドはその名の通り、レート変動に応じて随時スプレッドも変動する形式になりますので、実際に取引される際は取引ツールなどで最新の情報をご確認ください。

GMOクリック証券の取引画面
GMOクリック証券の取引画面。変動するスプレッドが確認可能

各社のスプレッドを比べてみると、GMOクリック証券が低水準の傾向にあります。ただしあくまで変動制であり、スプレッドが広がるタイミングもあるのでご注意を。

また、原則固定スプレッドを重視されるのであればDMM CFDがおすすめです。DMM CFDはナスダック100先物のCFDを含め、7銘柄のみの取り扱いにはなりますが、すべてのCFD銘柄で原則固定スプレッドを採用しているのが特徴的。

ちなみに、当ページではナスダック100先物(NASDAQ100)CFDのスプレッドのみ記載していますが、CFD主要銘柄のスプレッドをまとめて比較しているページもご用意しています。そちらもぜひ参考にしてみてくださいね。

OANDA Japan

OANDA JapanのCFDサービス

OANDA Japan(オアンダ・ジャパン)もナスダック100のCFD取引に対応。同社では「US100(米国ナスダック株価指数100)」という名称で提供されています。最低証拠金・取引単位の比較表を見れば分かるように、OANDAは他社と比べて最低取引数量が少なく設定されているのが特徴的。少額から取引を始めたい方におすすめです。

また、見逃してはならないのが「MT4」「MT5」を取引ツールに採用しているという特徴。OANDA JapanはFXサービスを中心に提供している業者であり、MT4の提供を長く続けてきた業者でもあります。実績のある環境でMT4・MT5を使えるのは魅力。MT4・MT5で使えるオリジナルインジケーターが豊富に揃えられているのもポイントです。

ナスダック100を含む株価指数CFDをMT4・MT5で取引したいという方にはOANDAがおすすめ。ただし、OANDAは現時点では株価指数銘柄のみの取り扱いとなりますので、金や原油などの商品や株式のCFDを利用されたい方は別の業者をお選びください。

OANDA ナスダック100(NASDAQ100)CFDスペック表

対応銘柄 US100(米国ナスダック株価指数100)
取引手数料 無料
スプレッド方式 変動制
取引時間 冬時間:8:00〜翌7:00
夏時間:7:00〜翌6:00
レバレッジ 10倍
注文方法 成行注文、指値注文、逆指値注文、トレーリングストップ注文、If Done注文、OCO注文
PC取引ツール MT4(インストール型)、MT5(インストール型)、ウェブ版MT4(ブラウザ利用)
スマホアプリ スマホアプリ版MT4、MT5(iPhone・Android)
デモ取引 ×
ナスダック100以外のCFD銘柄 株価指数CFD:15銘柄

OANDA Japan 公式サイト

少額で選ぶならOANDA
CFD取引の最低証拠金は?いくらから取引可能?

ナスダック100先物を含む株価指数CFDでは、最大10倍のレバレッジをかけた取引が可能となっています。とはいえ上記表を見ていただければ分かるように、多くの業者では最低証拠金額が高めとなっています。

そんな中でもOANDAに関しては最低取引数量が他社より少なく設定されているのが特徴的。GMOクリック証券は米国ナスダック100と米国ナスダック100ミニを取り扱っており、後者であれば少額から取引可能となっています。なるべく少額からナスダック100先物のCFD取引をしたい方はOANDAがおすすめ。

ちなみに、国内のCFD取り扱い業者ではいずれも最大レバレッジは同一(最大10倍)です。

当ページではナスダック100の取引単位・最低証拠金のみ掲載していますが、別ページではナスダック100を含むCFD主要銘柄の取引単位をまとめています。興味のある方はぜひそちらも参考にしてみてくださいね。

楽天証券

楽天証券のCFDサービス

大手ネット証券の楽天証券でもナスダック100先物を原資産とするCFD取引が行えます。銘柄名は「NAS100(米国NAS100)」。取引単位はGMOクリック証券やDMM CFDなどと同一。スプレッドは変動制となっています。

楽天証券は大手ネット証券で唯一の「MT4」対応の業者であるのが特徴的。MT4でCFD取引を利用できること自体もメリットですが、「大手ネット証券でMT4を使いたい!」という方も要チェックです。ちなみに、楽天証券ではFXでもMT4をご利用いただけます。

楽天証券はNAS100の他にも、日本225(日経225先物)や米国500(S&P500先物)などの証券CFDに加え、金・銀と原油の商品CFDにも対応。今後の対応銘柄の拡充にも期待が持てる業者です。

【CFD】最大10倍!キャッシュバックキャンペーン
【CFD】最大10倍!キャッシュバックキャンペーン

楽天証券では現在「【CFD】みんなで協力で最大10倍!キャッシュバックキャンペーン」を開催中です!キャンペーン期間中にCFDの新規取引1ロットごとにキャッシュバックが貰えるのですが、楽天証券CFD利用者の出来高に応じてキャッシュバックの倍率が変動するというユニークなキャンペーン。

【CFD】最大10倍!キャッシュバックキャンペーン

楽天証券のCFD取引量は増加傾向にありますので、高い倍率に期待です。また、楽天FX・楽天MT4で取引すればさらに倍率がアップ!キャンペーン参加はエントリー必須。この機会をお見逃しなく!

楽天証券 ナスダック100(NASDAQ100)CFDスペック表

対応銘柄 NAS100(米国NAS100)
取引手数料 無料
スプレッド方式 変動制
取引単位 1単位
取引時間 冬時間:8:00〜翌6:55
夏時間:7:00〜翌5:55
レバレッジ 10倍
注文方法 成行注文、指値注文、逆指値注文、IF-DONE注文、IF-OCO注文、ワンクリック注文、トレーリングストップ注文
PC取引ツール MT4(インストール型)
MT4 Web(ブラウザ対応)
スマホアプリ スマホアプリ版MT4(iPhone・Android)
デモ取引
ナスダック100以外のCFD銘柄 証券CFD:6銘柄
商品CFD:3銘柄

楽天証券 公式サイト

ヒロセ通商

ヒロセ通商のCFDサービス

FX業者として人気のヒロセ通商がCFDサービス「LION CFD」をリリース!FXで培った実績を活用し、快適な取引システムや利便性の高い取引ツールの提供を実現しています。

ヒロセ通商では「米国NQ100」という銘柄名でナスダック100のCFD取引に対応。同社のCFDサービスは最低取引数量の低さが特徴であり、ナスダック100に関しては0.1単位(0.1倍)から取引が可能となっています。

ヒロセ通商はPCツール・スマホアプリが非常に便利でおすすめ。PCツール「LION CFD C2」はカスタマイズ性に優れ、チャートや注文パネルの配置変更からデザインの調整まで可能です。

スマホアプリは豊富な分析ツールを備えており、便利なプッシュ通知に対応しているのなど多くのメリットを兼ね備えています。取引ツールを重視される方も要チェック。

ヒロセ通商 ナスダック100(NASDAQ100)CFDスペック表

対応銘柄 米国NQ100(E-mini Nasdaq 100 Index Futures:CME)
取引手数料 無料
スプレッド方式 変動制
取引単位 0.1単位(0.1倍)
取引時間 冬時間:8:00〜翌7:00、土曜は6:30まで
夏時間:7:00〜翌6:00、土曜は5:30まで
レバレッジ 10倍
PC取引ツール LION CFD C2(インストール型、Windows専用)
スマホアプリ LION CFDスマホアプリ(iPhone・Android)
デモ取引
ナスダック100以外のCFD銘柄 株価指数CFD:8銘柄

ヒロセ通商 公式サイト

ナスダック100先物CFDに関するよくある質問

ナスダック100先物CFDに関するよくある質問

ナスダック100先物CFD対応のおすすめ業者は?

17,000銘柄以上のCFDに対応している「IG証券」、大手ネット証券でツールの利便性が高い「GMOクリック証券」、少額取引が可能で初心者向けの「LINE CFD(LINE証券)」などがおすすめです。ナスダック100先物CFDを取り扱っている業者を一覧表にまとめていますので、そちらもご参照ください。

ナスダック100先物のCFD対応業者一覧表はこちら!

ナスダック100先物CFDのレバレッジ・最低証拠金額は?

「IG証券」や「GMOクリック証券」などの国内業者では、ナスダック100を含む株価指数CFDにて最大10倍のレバレッジをかけることができます。最低証拠金額・取引単位に関しては業者によって異なります。業者ごとの最低証拠金額・取引単位を一覧表にまとめていますので、そちらもご参照ください。

最低証拠金・取引単位の一覧比較表はこちら!

ナスダック100先物CFDのスプレッドは?

「IG証券」や「GMOクリック証券」などのCFD対応業者は、ナスダック100を含む全取り扱い銘柄で変動制スプレッドを採用しています。調査時点の情報になりますが、当記事では公式サイトまたは取引ツール上で確認できた、各社のスプレッド情報を一覧表にまとめています。そちらもご参照ください。

スプレッド・手数料の一覧比較表はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました